ジョージとヒロコ さん プロフィール

  •  
ジョージとヒロコさん: 子供の潜在能力のコーチングとお金と起業のコーチング
ハンドル名ジョージとヒロコ さん
ブログタイトル子供の潜在能力のコーチングとお金と起業のコーチング
ブログURLhttps://ameblo.jp/19hinazuru67/
サイト紹介文子供にお金の苦労はさせたくない。ママとパパへ。一生お金に困らないための子供のお金塾、起業塾。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 21日(平均9.7回/週) - 参加 2018/11/25 21:35

ジョージとヒロコ さんのブログ記事

  • アメリカ人と日本人のお金の価値観の違い。
  • 本日も ジョージとヒロコに訪問していただき感謝します。(*^^*) ありがとうございます。?? 《アメリカ人と日本人のお金の価値観の違い。》 皆さんこんにちは本日のテーマはお金の価値観についてです。ご存じですか日本人が一年間にいくらぐらい寄付をしているか? 日本人の一年間の平均寄付額はたったの2500円 これに対してアメリカ人は平均13万円も寄付しています。 これは億万長者が莫大な寄付して、全体の数字 [続きを読む]
  • お金の教養は幸せの教養
  • 本日も ジョージとヒロコに訪問していただき感謝します。(*^^*) ありがとうございます。(o^O^o) 《お金の教養は幸せの教養》 働き方改革、親が子どもに伝えるべき話。 先ずは政府が掲げてる働き方改革とは。 一言でいうと一億総活躍社会を実現するための改革。 一億総活躍社会とは少子高齢化が進む中で職場、家庭、地域で誰しもが活躍できる社会で多様な働き方を可能にする。 政府が掲げている多様な働き方 今、大 [続きを読む]
  • 時代の流れはやい。
  • 本日もジョージとヒロコに訪問していただき感謝します。(*^^*)ありがとうございます。(o^O^o) 《時代の流れはやい。》企業に勤めて安心、という時代は終わった。勉強ができる子どもより、起業家精神を持った子どもを育てよう。お金に関してもっと意識を高め主体的になってほしい。世の中にはお金に対して以外と無頓着な人が多い、ということを私は日々感じています。特に子どものお金教育はしていない家庭が多い。日本人はその [続きを読む]
  • 今の子どもへのお金の教育が将来に花開く
  • 本日も ジョージとヒロコに訪問していただき感謝します。(*^^*) ありがとうございます。(o^O^o) 《 今の子どもへのお金の教育が将来に花開く》 お金の教育をすると、はたして子どもにどんな影響が出るのでしょう。 お金とは人生で切っても切れないものです。 お金の教養とは、すなわち人生の教養だと私は考えてます。 お金について知れば知るほど、そして体験を積めば積むほど、より賢く、より豊かに生きることができる [続きを読む]
  • イノベーション力が欠けている日本人。
  • 本日も訪問していただき感謝します。 ニックネームを本名に変えました。 太郎と花子から、 ジョージとヒロコです。画数を調べたら大吉だったからです。??(単純明快、ポジティブシンキング??) 心機一転 良いブログを発信しますのでよろしくお願い致します。(*^^*) イノベーション力が欠けている日本人。 今日はイノベーションについてです。 子どものいるパパ、ママも是非参考にしてください。 イノベー [続きを読む]
  • 幸福の正体とは親が学び子どもに伝えるべき大切な話。
  • 本日も 太郎と花子に訪問していただき感謝します。 ありがとうございます。 幸福の正体とは親が学び子どもに伝えるべき大切な話。 みなさんお元気ですか本日は幸福の正体とはについてです。 幸福は一人ひとり価値観が違いますが一般的に幸福とは三つの要素から成り立っているといわれてます。 1??お金2??健康3??人生の充実感 みなさんどうですか〜? これからの時代は人生の充実感が重要ではないでしょ [続きを読む]
  • 子どもを起業家にしてみよう。
  • 本日も太郎と花子に訪問していただき感謝します。??? ありがとうございます。 子どもを起業家にしてみよう 世の中には雇われる人と人を雇う人がいます。90パーセントが雇われている人です。 私は思うんです 自分の子どもを起業家にしようという親が今後増えていくと思います。 勿論子どもが興味なければ駄目ですけど しかし親が子どもにそういう環境をつくってあげることは出来ます。 たとえばイチローは父 [続きを読む]
  • 自分に制限をつくらない、親が子どもに伝えるべき話。
  • 本日も 太郎と花子に訪問していただき感謝します。???? ありがとうございます。 自分に制限をつくらない、親が子どもに伝えるべき話。 人生は乾電池、?極?極があってこそ灯りがつきます。 良いこと悪いことを経験して自分の目標や夢の達成が実現できる。 失敗を恐れない 失敗してもふーんこうしたら失敗するんだと思うようにする。 ああそうか こういうやり方だと上手くいかないん [続きを読む]
  • 欲しいと必要は違う親が子どもに伝えるべき話。
  • 本日も太郎と花子に訪問していただき感謝します。ありがとうございます。??欲しいと必要は違う親が子どもに伝えるべき話。小学校に入る前の子どもたちは小さくてとても可愛らしいが、消費者としてはすでに頑固で激しい慾望に突き動かされてしまう。あなたの子どもが慾望に負けての物質主義の地雷を踏まないように次のこてを教えて欲しい。欲しいと必要は違う必要なものとあったらいいものの違いははっきりしているように見えて [続きを読む]
  • クレジットカードに頼って生活しない。親が子どもに伝えるべき話
  • 本日も太郎と花子に訪問していただき感謝します。ありがとうございます。クレジットカードに頼って生活しない。親が子どもに伝えるべき話このことは、親が伝えるべきお金の話の中でもとっても重要なことです。なるべくクレジットカードは持たない。使わないことが大切なことだ。親は何度も繰り返し言い聞かせた方がいい。毎月全額返せる分だけしか、カードは使ってはいけない。大学を出たばかりで収入が少ないと衣服や食料品とい [続きを読む]
  • 就学まえに、教えるべきお金の話
  • 本日も太郎と花子に訪問していただき感謝します。ありがとうございます。??就学まえに、教えるべきお金の話子どもに借金とは何か教え始めるのは、学校に入る前がベストだ。ものを買うのにお金を払わなければならないし、クレジットカードはそのひとつの方法だ。でもいくら欲しくても、欲しいものを全部買うことはできない。ことを教えよう。ものを買うにはお金がかかる。現金であれクレジットカードであれ子どもの目からみると [続きを読む]
  • 発表、目標達成の新しい方法。
  • 本日も太郎と花子に訪問していただき感謝します。ありがとうございます。??発表、目標達成の新しい方法。誰でも自分の目標、ゴール、夢の実現はありますけど。どうやって実現をするか、モチベーションをあげて目標を達成したいかは自分ではわからない。そこでいい方法を教えます。まずは将来の目標から逆算した、現在のあるべき自分の姿を冷静に判断し、リアリに思い浮かべる。例えば私の目標は世界で活躍できるビジネスマンに [続きを読む]
  • 本当はわかっていない、頭がいいとはどういういか。親が子どもに伝えるべき話
  • こんばんは。本日も太郎と花子に訪問していただき感謝します。ありがとうございます。本当はわかっていない、頭がいいとはどういういか。親が子どもに伝えるべき話頭がいいとはどういう状態のことを言うのでしょうか。これはいくつかの説に分かれるところだと思います。まず真っ先に思いつくのが。物知りな人でしょう。知識量が多い人を頭がいいと呼ぶことも多いものです。学校の試験などでも知識を問う問題は多いですし、圧倒的 [続きを読む]
  • 子どもの幸せを願うなら、親が知っておくべきこと。
  • こんばんは。本日も、太郎と花子に訪問していただき感謝いたします。太郎こと中村常治です。子どもの幸せを願うなら、親が知っておくべきこと。すべての親は基本的に子どもが幸せになってくれることを願うものです。子どもの教育に多額なお金と手間をかけるのも、子どもに幸せになってほしいからでしょう。そこで幸せってなんだろう?子どもの幸せってなんだろう?少し考えましょうどうでしょうか、私は思うんです。親が考える幸 [続きを読む]
  • 脳にも体にもいい、親が子どもに伝えるべき話。
  • 脳にも体にもいい、親が子どもに伝えるべき話。就学前の子どもを持つママ、パパも知っておくべきことです。子どもの勉強する時間についてです。よく、朝型か夜型かなどということが論議されてますが。結論から言いますと、すべての勉強は朝にやるほうがいい。もちろん大人も当てはまります。勉強というのはいわば脳の運動のようなものです。酸素を使いますし、エネルギーも使います。実際スキューバダイビングでの実験結果によると [続きを読む]
  • 今すぐできる親が伝えるお金の話とやり抜く力。
  • 今すぐできる親が伝えるお金の話とやり抜く力。子どもに将来どうなってほしいか親に聞くと、みんなこう口をそろえてただ幸せに暮らしてほしい。まあ確かに、それはそうかもしれない。でも、ここに問題がある。子どもを幸せにするために、親は子どもの欲しがるモノを与えたり、楽しいことをさせてあげたりする。だが、幸せな人生を支えているのは、努力して自分の目標を達成することであり、その努力でしか得られない充実感を感じる [続きを読む]
  • 中学、高校生の親は早めに子どもと話そう。大学進学について。
  • 中学、高校生の親は早めに子どもと話そう。大学進学について。中学、高校生にもなれば子どもの時と違って貯金についてよく理解ができるようになる。その頃にはお金を貯めなければ買えないようなちょっと高いものを欲しがる時期だ。貯金の大切さが理解できる。そこで大学4年間にかかる費用総額を書きましたので。子どもと話そう。大学、短大への進学率は年々増えており今や大学へいくことが当たり前の時代になってきました。親とし [続きを読む]
  • いよいよ子どものお小遣いの話
  • 子どものお小遣いについてお小遣いについてはそれぞれの親が正しいと思うようにするといい。その上で少しづつお金を与える方法としてお小遣い制は役に立つと思う。家庭の事情はそれぞれ違うので親がルールを決めてほしい。その上で使いみちは子どもにまかせる。親が決めることで大切なことはいくらあげるかだ。常識の範囲内で年齢にあったお小遣いを決めてほしい。毎週1回、月に4回のお小遣い制はどうだろう。お小遣いをあげること [続きを読む]
  • 子どもの貯金額に年2回ボーナスを出して励まそう。
  • 子どもの貯金額に年2回ボーナスを出して励まそう。現在の銀行の金利は極端に低すぎる子どもが楽しく貯金に励むように親が年 2回ボーナスとして貯金額に応じて子どもにボーナスを払ってあげてほしい。1万円の貯金額の10パーセントから20パーセント。1000円から2000円のボーナスである。両親で相談して子どもがはげみになるように応援しよう。子どもが継続して頑張ったご褒美です。継続は力なり、私も思うんです小さい時期から継続し [続きを読む]
  • 浪費家になる子ども倹約家になる子ども。
  • 【全国送料無料】しゃべるATM型貯金箱・マイATMバンク・暗証番号とカードのWセキュリティー・声で貯金額をお知らせ!貯金が楽しくなってくる。かっこいいパネル・おもちゃ・ATM・銀行・貯金・おこづかい・プレゼント・クリスマスプレゼント/マイATMバンク3,480円楽天浪費家になる子ども倹約家になる子ども。あなたは子どもとお金の話をしてますか。子どもとお金。多くの大人は子どもたちはお金についてあまり考えていないと想定し [続きを読む]