akira さん プロフィール

  •  
akiraさん: ふるさと納税
ハンドル名akira さん
ブログタイトルふるさと納税
ブログURLhttps://furusato-nouzei-mania.hatenablog.jp/
サイト紹介文ふるさと納税サイトのさとふるやふるさとチョイス、Wowma!などの情報をまとめて解説。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 20日(平均22.4回/週) - 参加 2018/11/26 11:57

akira さんのブログ記事

  • さとふる 100億円還元キャンペーン
  • ふるさと納税ポータルサイトのさとふるでも、PayPayとLinePayに続いて「100億円還元キャンペーン」が今日から始まりました。他の100億円還元キャンペーンと同様に、さとふるでふるさと納税を行った全ての人が対象で、Amazonギフト券で還元されますので、これからふるさと納税をする人は絶対に見逃せないポイント!選ぶ返礼品によって3%なのか、10%なのかが変わってきますので、より還元率のよい返礼品を選びたいですよね?さ [続きを読む]
  • さとふる 有効活用 寄付
  • さとふるでふるさと納税して、寄付したお金を有効活用して欲しい。そう考えているのなら、「使い道から探す」を利用すると良いかも。さとふるには、どんな使いみちをするのかを決めることができる寄付方法もあります。自分で決めた分野なら、間違いなく有効活用してもらえると思いませんか?使いみちとしては、教育・人づくり健康・医療・福祉こども・子育て環境・衛生地域・産業振興スポーツ・文化支援まちづくり・市民 [続きを読む]
  • さとふる 米 定期便
  • さとふるの返礼品で嬉しいのは、お米の定期便。米どころから送られてくる美味しいお米たち。しかも発送間際に精米されたとても新鮮なお米たち。我が家も毎月10kgのはえぬきが届いていますので、それで食卓は潤っています。お米って案外高いし、どんどん減っていくし、買い物すると重たいし…(;´Д`)結構面倒なんですよね。さとふるの米の定期便なら、そんな手間もかからずに、毎月新鮮なお米が届く。これは本当に [続きを読む]
  • さとふる 松阪牛
  • さとふるの返礼品で、普段は買えない松阪牛とか。めっちゃ立地な気分になる。さとふるなら松阪牛のすき焼きも、しゃぶしゃぶもステーキも返礼品にある。1万円ってことはないけど、やっぱり魅力的な霜降りだわ。見ているだけでよだれが…wあ〜めっちゃ食べたくなってきた。ちなみに1万円の寄付だと、松阪牛しぐれ煮&松阪牛牛すじ煮セットという商品なら見つけた。これ加工品だからなぁ〜ちょっと欲しいものとは違う。 [続きを読む]
  • さとふる 年末年始
  • さとふるでは、年末年始もふるさと納税をすることはできますが、いくつかの注意点があります。まず、さとふるサポートセンター。平日ののみの受付対応なので、元旦は確実にお休みです。31日は平日なので、受付対応をすると思いますが、年始は特定休業期間にあたり、受付対応はしないでしょう。また発送関連も止まるので、年末年始に発送が行われる返礼品は、ほぼないことを理解しましょう。事前に配送指定している返礼品や [続きを読む]
  • ふるさと納税 ビビット
  • 今朝のTBSテレビのビビット。ふるさと納税特集でしたね。やはり気になる還元率。人気ランキング上位は、5割以上の高還元率ばかり。やはり人気の返礼品は、高還元率の商品だということが改めてわかりました。本当に高還元率じゃないと、ふるさと納税する意味がないと私は思ってしまいます。2019年6月からさらなる見直しを総務省が目指しているようですが、本当にどうしたいんだろう?furusato-nouzei-mania.hatenablog.jp [続きを読む]
  • ふるさと納税 返礼品見直し
  • 総務省がまたふるさと納税の返礼品に対する厳しいルール変更を行おうとしているようです。今回のルール変更が行われると、「返礼品競争」は集結しますが、ふるさと納税のうま味がなくなる。特に大阪府泉佐野市は、ふるさと納税という仕組みから抜け出すこと間違いなしでしょう。だって、ふるさと納税ができる自治体は、総務相が指定した自治体のみ。還元率が3割以下であること、地場産品以外の返礼品は用意しない。これ [続きを読む]
  • さとふる エビスビール
  • ふるさと納税の返礼品で、エビスビールが欲しいのなら、さとふるで大阪府泉佐野市に寄付するのが一番。さとふるでも還元率が話題の大阪府泉佐野市では、1万円のふるさと納税でエビスビール350mlを24缶もらえる。しかもおまけのタオル付き。返礼品の還元率が3割以下になると、2万円の寄付をしないともらえない量なので、そういった意味では大阪府泉佐野市は、おすすめの寄付先でしょう。まだまだ2018年度分の受付を行って [続きを読む]
  • さとふる 阿賀町 コシヒカリ
  • さとふるでお米の返礼品なら、新潟県阿賀町に寄付すると良いと思います。なぜって?それはさとふるでも一番人気のお米だから。新潟県阿賀町は、2017年度さとふる総合ランキング6位、お米部門1位だったんです。お米の返礼品なら、間違いなく新潟県阿賀町に寄付すべきだと思いませんか?新潟県阿賀町は、山間部特有の厳しい寒暖の差があり、モチモチとした食感と甘さが特徴のお米の産地。JAL国際線のファーストクラスと、ビ [続きを読む]
  • さとふる GCF
  • ふるさと納税の新たな形であるGCF、ガバメントクラウドファンディングという制度を知っていますか?これまでのふるさと納税は、希望の自治体に寄付をして返礼品をもらう。ということが目的でしたが、GCFは寄付要素の強い仕組みです。GCF(ガバメントクラウドファンディング)とは?GCF(ガバメントクラウドファンディング)では、各自治体がふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングを実施して、それぞれの地域で解決した [続きを読む]
  • さと ふる ログイン 2019
  • さとふるやWowma!ふるさと納税など、ふるさと納税ポータルサイトでは、ログイン後のマイページで様々な情報をチェックすることができます。最も気になるのが、キャンペーン情報ではないでしょうか?furusato-nouzei-mania.hatenablog.jpfurusato-nouzei-mania.hatenablog.jpなど、毎月のキャンペーン情報は、ログイン後のマイページの中で、確認&参照することが出来ますので、ログインさえしていれば、メルマガ登録していな [続きを読む]
  • さとふる amazonギフト券
  • さとふるでは、amazonギフト券が当たるキャンペーンを不定期に開催していますが、レビューキャンペーンなら、amazonギフト券を貰える可能性が毎月あるかも。さとふるでふるさと納税をして、amazonギフト券をゲットできる方法を紹介します。さとふるレビューキャンペーンとは?さとふるには実際に寄付をした人が、返礼品の質や量、見た目や味がどうだったのかなど、実際の返礼品をもらった人が書くことができるレビュー欄が [続きを読む]
  • さとふる amazonギフト券
  • さとふるでは、amazonギフト券が当たるキャンペーンを不定期に開催していますが、レビューキャンペーンなら、amazonギフト券を貰える可能性が毎月あるかも。さとふるでふるさと納税をして、amazonギフト券をゲットできる方法を紹介します。さとふるレビューキャンペーンとは?さとふるには実際に寄付をした人が、返礼品の質や量、見た目や味がどうだったのかなど、実際の返礼品をもらった人が書くことができるレビュー欄が [続きを読む]
  • さとふる 復興支援
  • ふるさと納税ポータルサイトのさとふる。さとふるには、復興支援の専用ページがあるのを知っていますか?通常のふるさと納税では、希望の自治体に寄付をすることで返礼品をお礼にもらえますが、復興支援の場合は、返礼品をもらわない形での寄付ができます。2018年には北海道で地震が起こったり、西日本を中心に豪雨被害があり、住民生活に様々なダメージを与えました。そんな自治体にふるさと納税をすることで、復興支援の手伝い [続きを読む]
  • ふるさと納税 寄附金
  • ふるさと納税の寄附金がどう使われるのか?実はふるさと納税をする際に、どのような用途で使ってほしいのかを指定することができるのを知っていますか?せっかく希望の自治体にふるさと納税で寄附するなら、少しでも希望の用途で使って欲しいと思いませんか?ふるさと納税の寄附金の用途を指定できる自治体とそうではない自治体がありますが、私の好きな大阪府泉佐野市は、寄附金の用途を選択することが出来ます。まなびプ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ
  • ふるさと納税するなら、確定申告の必要がないワンストップ特例制度を利用すべき。ワンストップ特例制度を利用すれば、申請書類を送付するだけで、確定申告をしなくても住民税の控除を受けることが出来ます。これってすごく楽な制度。会社員やOLさんなら、確定申告の手間なくふるさと納税の節税効果を実感できるので、非常に楽ですよ。ワンストップ特例制度の対象になる条件とは?ワンストップ特例制度の対象は、寄付を行った年 [続きを読む]
  • ふるさと納税 安心
  • ふるさと納税って安心なの?これはじめてのふるさと納税をする前に感じる不安のひとつですよね。一言で言えば、安心の制度です。総務省が返礼品の還元率を抑制するくらいなので、政府も本腰を入れている制度だということ。ただふるさと納税の詐欺サイトや偽サイトも話題になっているので、そこは注意する必要があります。>>ふるさと納税 偽サイトそれともうひとつ。ふるさと納税をしても、本当に税控除されるの?という部分の [続きを読む]
  • ふるさと納税 エラーコード 表示
  • ふるさと納税の決済手続きをする際に、エラーコードが表示されてしまい、決済手続きを完了することができないことがあります。ふるさと納税をしているポータルサイトのサポート時間内であれば、電話で問い合わせたり、メールで問い合わせることですぐに解決することも可能かもしれません。しかし深夜にふるさと納税の手続きをしていたり、土日祝日だとサポートセンターやコールセンターが営業時間外で確認できないこともあるで [続きを読む]
  • ふるさと納税 確定申告
  • ふるさと納税したら、絶対に確定申告をしなければならないのか?数年前までは、ふるさと納税+確定申告という流れが普通でしたが、ここ数年はふるさと納税+ワンストップ特例制度の利用がほとんど。確定申告の際に、ふるさと納税だけの申請が必要な人は、事前にワンストップ特例制度の申請を行うことで、確定申告をしなくても住民税の控除が受けられます。しかしワンストップ特例制度は、自治体に書類が翌年の1月10日までに到着 [続きを読む]
  • ふるさと納税 おすすめ?
  • ふるさと納税っておすすめなの?まだふるさと納税をしたことがない人にとって、お金を払って返礼品をもらうという部分に納得出来ないような人もいると思います。確かにふるさと納税をしても、本当に税金がお得になるのかとか、節税効果があるのかということはわかりにくいですし、面倒なら何もせずに過ごしていた方が楽ちんという考え方もあるでしょう。ふるさと納税がおすすめの理由を簡単に説明!これは実際に私もふるさと [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元率
  • ふるさと納税の還元率って悪化したの?確かに野田総務大臣の通達で、多くの自治体が2018年9月、10月に返礼品の還元率を見直して、3割以下に抑えてかなり魅力は減少しました。やはり還元率の高い商品の方がお得感はあるし、商品券やギフトカードなどはチケットショップや金券ショップで換金する事もできたので魅力的だったでしょう。ただあまりにも自治体の返礼品争いがひどくなったために、総務省が還元率に対する通達を出し [続きを読む]
  • ふるさと納税 年金受給者
  • 年金受給者だけど、さとふるや、Wowma!ふるさと納税などで、ふるさと納税をしても問題ないのか?という疑問がある人もいらっしゃると思いますが、年金受給者でも、ふるさと納税をすることはできます。ただ税控除という意味では、年金受給者の場合は、あまりメリットがない場合もあるので、あなたの年金受給額をチェックしてから、本当に税控除されるのかを確認してかから行うべきでしょう。年金受給額でふるさと納税をしてはいけ [続きを読む]
  • さとふる すぐ届く 特盛肉
  • さとふるの返礼品でも人気の特盛肉。牛肉や豚肉、鶏肉など様々な商品がありますが、特盛肉でも年内に欲しいとか、今すぐに欲しいという人も多いでしょう。以前のさとふるでは、翌日発送ですぐ届くという期間限定キャンペーンを行っていましたが、現時点では受付をしていない様子。12月はふるさと納税をする人も多く、ここ数年は宅配業者(ヤマト運輸・佐川急便・ゆうパック)なども年末年始の配送スケジュールを今までと変更してい [続きを読む]
  • Wowma ふるさと納税 節税
  • Wowma ふるさと納税を利用すれば、誰でも簡単に節税することができますので、少しでもお得に税優遇を受けたい人は、Wowma ふるさと納税を利用することをおすすめします。Wowma ふるさと納税で寄付すれば、全ての人が節税効果があるわけではなく、ワンストップ特例制度か確定申告を行う必要がありますので、いずれかの申請を行わなければ税優遇は受けられません。ワンストップ特例制度とは、確定申告をせずにふるさと納税による寄附 [続きを読む]
  • wowma ふるさと納税 確定申告
  • wowma ふるさと納税を利用して、少しでも確定申告を楽にしたいのなら、「ワンストップ特例制度」の申請を行って利用すべきでしょう。ワンストップ特例制度を利用せずにふるさと納税を行うと、2018年度に行ったふるさと納税の控除申請をするために、2019年2月15日〜2019年3月15日の間で、税務署に対して確定申告を行う必要があります。確定申告は私も何度かやっていますが、事前に書類を準備したり、税務署まで申請や相談に行っ [続きを読む]