大検高校 さん プロフィール

  •  
大検高校さん: 80年代アニメ・リアルロボットアニメ
ハンドル名大検高校 さん
ブログタイトル80年代アニメ・リアルロボットアニメ
ブログURLhttp://daiken-koukou.seesaa.net/
サイト紹介文80年代アニメ、とくにリアルロボットアニメを。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 5日(平均23.8回/週) - 参加 2018/11/27 02:36

大検高校 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 『パタリロ!』 40周年&100巻、おめでとう!
  • 『パタリロ!』(1982.4.8〜83.5.13)。『パタリロ!』は、アニメ化された82年ごろから80年代のなかばくらいまで漫画にどハマりしていました。小学校高学年〜中学生の時分です。そのあとは風の便りに、まだまだ漫画がつづいていることを耳にしては懐かしむばかり。すでに1990年代末〜2000年代初頭あたりには自分のなかで伝説化してしまい、思い出をこわすのがイヤで読めない……。その『パタリロ!』ですが、1978年11月20日に『花と [続きを読む]
  • 『機動戦士ガンダム』 ボールはそんなに棺桶なのか?
  • 『機動戦士ガンダム』(1979.4.7〜80.1.26)。ボール全長:12.8m重量:17.2t武装:180mm低反動砲コスト:ジムの4分の1程度(異説あり)出身地:サイド7(?)、あるいはルナツー(?)動力源:燃料電池(通常のMSの動力源である熱核反応炉は機体が高熱をおびるため冷却施設が母艦などに必要になるが、燃料電池ではその必要がなく、特別の設備がなくても運用できる利点あり。ただし、熱核反応炉にくらべて出力は低い)形:丸い(参考:(ボール)『ガン [続きを読む]
  • 80年代のレンタルビデオ店は、けっこうカオスだった
  • いまは小奇麗になってしまったレンタルDVD店。明るいし。80年代のころは、暗く、小汚かったなあ。レンタルビデオ店。89年までβユーザーだったわたしは、それまではダビング専門。89年の前半にVHSデッキを買って、はじめてレンタルできるように。いままで観たくても観られなかったアニメビデオ、とくにOVAをじゃんじゃん借りました。ですから、何件かなじみのレンタル店が。80年代、個人経営の小店舗がたくさんあって、お店ごとに [続きを読む]
  • 『機動戦士ガンダムII 哀戦士』 アッガイは51式戦車に……
  • 『機動戦士ガンダムII 哀戦士』(1981.7.11)(参考:(アッガイ)『ガンダムwiki機動戦士ガンダム大百科事典』さん)『機動戦士ガンダムII 哀戦士』のクライマックスはジャブローの戦い。主題歌「哀戦士」が流れるなか、壮絶な戦いが繰りひろげられます。いまや大人気のアッガイさん。かわいい、かわいいと評判のアッガイさん。しかし、かつて不人気だったゆえ、MSとしてはとんでもないあつかいを受けていました。「スターの知られざる [続きを読む]
  • 『機甲戦記ドラグナー』強い量産機
  • 『機甲戦記ドラグナー』(1987.2.7〜88.1.30)。(参考:『機甲戦記ドラグナーWeb』さん)この作品には「試作機よりも高性能な量産機」という、アニメにおいてはめずらしい量産機が登場する(25話〜)。ケーン・ワカバたちのD兵器(ドラグナー、D-1、D-2、D-3)の実戦データを解析して、それをもとに強化した「ドラグーン」です。のちに、ケーンたちのD-1、D-2、D-3もカスタムされて強力なメタルアーマーとなりますが、そのあいだ、主役機が [続きを読む]
  • 『ガンダムZZ』ジュドーとルー・ルカ いきなり恋人に
  • 『機動戦士 ガンダムZZ』(1986.3.1〜87.1.31)。(参考:(ルー・ルカ)『機動戦士ガンダムZZ 公式サイト』さん、(エル・ビアンノ)『機動戦士ガンダムZZ 公式サイト』さん)ジュドーとルー・ルカって、突然、くっついた印象がありませんか?ほぼ、なんの予告も、予兆もなかったような。伏線の張りわすれ?あるとすれば、ルー・ルカが求愛者のグレミーをみずからの手(Zガンダム)で撃ったことくらい?わたしの心はジュドーに……ということ [続きを読む]
  • 『機動戦士ガンダム』旧ザク 戦場のコンプレックス
  • 『機動戦士ガンダム』(1979.4.7〜80.1.26)旧ザク(ザクI)に搭乗していたパイロットはどんな心境だったのだろう?仲間が、ザクIIに乗っていたりするわけです。自分は旧ザク。これってきついですよね。みんなが貧乏なら耐えられるが、格差が出てくると貧乏に耐えられなくなるといいます。ならば、みんなが旧ザクなら耐えられても、ザクIIが戦線に配備されるにしたがい、そこには劣等感が生まれるでしょう。人間は、他と比較することか [続きを読む]
  • 過去の記事 …