natsu さん プロフィール

  •  
natsuさん: パートナーはポリアモリー
ハンドル名natsu さん
ブログタイトルパートナーはポリアモリー
ブログURLhttps://ameblo.jp/zuisyonisyutonare/
サイト紹介文ポリアモリーという道を選択した彼 「愛を生きる」とは? その日から私の愛をめぐる旅が始まった
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 52日(平均1.6回/週) - 参加 2018/11/27 18:32

natsu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 愛ってなんだ?
  • 私とAちゃんの間を行ったり来たりする彼はあまりにもスマートに軽やかに充実して楽しそうに生きてるように見えて どちらと会っている時もその時、目の前にあること(人)に心をくだきただ 今ここを生きているようであり・・・ うまく心のバランスが取れないときなんかは「人の気も知らないで」ってなんだか恨めしく思うこともあった 一緒に過ごす時間がやっぱり前よりは減ってしまったからつい彼女と比べて私との時間が少なくな [続きを読む]
  • 再会
  • 昨日はふと思い立って Aちゃんに会いに行った。3人でランチして、その後お互いにいろいろあって3ヶ月ぶりの再会だった。会えばお互いにすぐ、通じ合えたうれしかった会ってよかった私たちは、2人の女 対 1人の男 ではなくて、同時には存在しえないカップルとカップル ではなくて、1人の人間どうし、1対1対1 なんだ。私と彼Aちゃんと彼だけじゃない。私とAちゃんのつながりもしっかりとあるんだ。よく一緒に行動してた時 [続きを読む]
  • 愛を生きる=いまを生きる
  • ポリアモリーと呼べるのは彼だけで私のほうはずっと嫉妬で大変だった。(たぶんAちゃんも) この苦しさがこれから先ずっと続くなんて耐えられない!と思ったから、とことん嫉妬と向き合った。この感情はどこから来るのか?私の中の何が反応してるのか?・・・ 彼のすること、2人を同時進行で愛するってことが理屈では「わかる」と思ってたけど、感情はそう簡単にはいかなかった。やっぱりわからない!(わかりたくない!) って [続きを読む]
  • 体のもっと底のほう
  • こうやって文章を書くときっていうのは落ち着いてるときなんで自分のことを俯瞰できる。 俯瞰して気付いたことをそこ、大事よねって自分のために書いてる 苦しかった過去の私に向けてそれからまた迷うかもしれない未来の私のために 前回の狂気についての記事なんかは 「報告。地獄に片足突っ込んでみて、こんなことがわかりました。以後気をつけような、私」 って感じで書いたんだんだけど気付きがあって、「わかった」と思った [続きを読む]
  • 狂気について
  • 3人でランチした日っていうのは私が、彼と彼女の関係を知ってから3人揃って会った最初で最後(←今のところ)の日。 この後、私は強い嫉妬に苦しめられることになる。 3人で会った数日後。その日は彼が家に来ることになっていた。相変わらず不眠気味だった私は昼過ぎ、とてもだるくなってベットにもぐりこんだ。 眠くてだるいのに、やっぱり眠れない。眠ろうとすると、彼と彼女のことが頭に浮かんだ。 彼にはじめに打ち明けら [続きを読む]
  • ふりかえり 〜いつのまにか秋〜
  • 彼女とのことをはじめて聞かされた時2日間は何も喉を通らなかった。 人って極度に受け入れがたいことに出くわすと吐き気をもよおすんだって思った。 それから1週間くらいはほとんど眠れなかったと思う。 眠りたいのに眠れない壊れてしまうんじゃないかと思った。 食べれるようになってまとまって3時間くらい眠れたとき嬉し泣きしたくらい。 それからとにかくよく泣いた。よくもまあこんなに涙が出るもんだ!というくらい泣い [続きを読む]
  • 恋愛の、恋(レン)
  • 彼はとにかく優しかった。私のわがままはなんでも許してくれた。何をするにも過保護だった。 その前のパートナーとは、精神的にも経済的にも辛い結婚生活だったのでその反動でその甘さに、私は酔った。 小さなことでも何でも彼に相談して決めるようになり一人でやってたことも、できない!って頼ったりいつのまにか、精神的に依存していった。 彼のほうも、「甘やかすことで自分が優位に立つ快感があったのかも・・」ってその頃を [続きを読む]
  • ふりかえり 〜夏から秋へ〜
  • もともと私と彼は、一緒には住まない選択をしていた。彼の家と私の家は車で45分。彼の家と彼女の家は車で2時間。。はじめはとにかく、彼はよく動いた。 あっちで彼女が揺れれば彼女の側に寄り添いこっちで私が揺れれば私に寄り添い仕事もあるのによくあんなに動けたな―って思う。ほとんど寝てなかったんじゃないかな。 私は最初のころは二人の関係を受け入れようと、必死だった。ムリヤリだった。聞いて落ち込むのがわかって [続きを読む]
  • ふりかえり 〜夏の終わり〜
  • 私と彼と彼女の関係。始まったときは三人が、同じ一つの難題に立ち向かってる気がした。 みんなが納得できる答えなんてあるのだろうか?はじめはとにかく混乱した。たぶん3人とも。 彼は、「君(私)のことも彼女のことも愛している。僕と君、僕と彼女、そこに生まれる関係性はまったく違う世界で比べようがないしそこに優劣なんてない。君との関係はこれからも続けていきたいし彼女ともこれから新しい関係を築いていきたい。」 [続きを読む]
  • あなたから見えるものをいま愛しなさい
  • 時おり自分の内、深いところから、言葉が湧いてきたり上から降りてきたりすることがある。テーマ「お告げ」には、そんな言葉たちを記していきます。 ******************* 2018 11/16 愛されたかったらあなたがまずあなたの周りを愛しなさいいま見えるもの触れるものあなたの座っている椅子その部屋その家いま使っている道具そばで寝ている猫いま していることあなたが今いる環境はあなたの愛の顕れ不足を言う前にあなたがあな [続きを読む]
  • 彼と彼女のこと
  • 彼とは付き合い始めて2年になる。性格はぜんぜん違うけど生きるということや、命についての洞察に近いものを感じる。視点は違うけど、見ている先が同じ。って感じがする。 彼と初めて会ったのは14年くらい前会った瞬間から彼のことは大好きでだけど反射的にその気持ちにフタしてた。その時、彼は既婚者だったから。私は無関心なフリして近づかないようにしてた。 そしてそのあと私が遠くに引っ越したり、結婚離婚したり、また近く [続きを読む]
  • はじまり
  • 私(女性)のパートナー(男性)にはもう一人、パートナー(女性)がいる。 ポリアモリーって言葉は最近知った。 ほんとのところ、この関係の名前なんて どうでもいいと思っている。 生きている人と人の関係性は生きているものだから。 生きているって移ろうものだから。 移ろうものに名前はつけられないよ。 だけどまあ便宜上、使ってみる。 「二人の女性を愛する」彼がこの選択をしたとき私の世界は足元からグラグラと揺さぶ [続きを読む]
  • 過去の記事 …