菊池伸城 さん プロフィール

  •  
菊池伸城さん: 燃やせ エンタメ魂
ハンドル名菊池伸城 さん
ブログタイトル燃やせ エンタメ魂
ブログURLhttps://www.entamedamashii.com
サイト紹介文バーフェクトヒューマンを演じ続ける男のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 19日(平均19.2回/週) - 参加 2018/11/27 23:24

菊池伸城 さんのブログ記事

  • 象がきたゾー!!
  • 【期待値を追う】よく聞くね、この単語。スロットしてると、まぁーよく聞くけど、俺の腕そのものが期待値の塊だからよくらいでスロット打ちに行ってる俺は、いつも通りHANABIに腰掛けて、(どーせ今日もサクッと遅れて、ぽこぽこBIG当たって判別もそこそこに勝ちましたーなんてブログ書くことになるんだろうなー。今日もメシマズブログで勘弁な!とか言ってよwww)つって打ち始めるわけだよ。で、2ゲーム目。遅れ。ほら [続きを読む]
  • エンタメ魂53
  • 小役とボーナスの重複。5号機の初代デビルマンより搭載された抽選方式であり、小役重複こそが飛躍的にスロットの面白さを高めていく原動力のひとつとなったことは言うまでもない。過去にこんな出来事があった。お琴の店山川の店主「山川」に4号機のジャグラーの海老狙いを教えつつ、ジャグラーの打ち方をレクチャーしながら隣で打っていた時のこと。ご存知の通り4号機のジャグラーにはチェリーとボーナスの同時成立はなく、チェ [続きを読む]
  • エンタメ魂52
  • 大学も卒業し両親を説得した菊池は、いよいよ時間のゆとりを確保してスロプロ生活に乗り出した。演奏家、プロマジシャン、会社経営と様々なことに取り組みながらも、その全てを成し得るのにスロットは大いに役立った。芸の道はとても険しく、一見華やかに見える世界もスポットを浴びて輝ける人間の少なさに、多くの人が夢半ばにして現実との折り合いをつけていく。それほどまでに成功することが難しい。しかし、ひとえに成功の [続きを読む]
  • 末尾1の日
  • 今日は1のつく日恒例の荻窪オリエンタルパサージュへ??今日は60人くらいで、少ないなぁって思いながら抽選??やりたい台は北斗の拳転生の章クレアの秘宝伝(眠)HANABIの順だったから、もはや抽選受ける必要はないと思ったんだけど記念に引いたら57番。痛くも痒くもないです??で、転生に先客1人。もう4台しかない転生ちゃん??あんなに一時代を築いていたのにね??安心してね、僕が打つからね?ガック [続きを読む]
  • 音楽
  • 人の心をつなぐのが音楽傷ついた心癒すのも音楽言葉の壁乗り越えていく音楽目には見えない偉大な力それが音楽(Def Tech おんがくより )僕はこのDef Techのおんがくという曲が死ぬほど好きで、ツアー中の本番前などはルーティンとして聴いて気持ちを高めているほど????海外でのコンサートは10カ国以上してきたんだけどえ?ホントだよ!???いままでコンサートしたことあるのは、アジアだと中国、韓国、 [続きを読む]
  • エンタメ魂漫画化か?!
  • ある日の午後。あかい先生からLINEがきた。「日曜夜に三吉とメシ食いますか?どうですかぁ〜??」三吉??三吉って言ったらだいたいサマンサだろ!??つまりサマンサ三吉先生だろ?!!!すげぇ〜???二大巨頭だよ二大巨頭!!!パニックが誇る二大巨頭【あかいこうじ】【サマンサ三吉】両先生と飲める日が来るなんて、20歳の頃、スロ漫画読み漁ってた自分に自慢してやりたいぜっ(*´ω`*)?? [続きを読む]
  • エンタメ魂51
  • 「スロットって楽しいよ」スロットの魅力にどっぷり浸かっている菊池は、友人にもスロットの魅力、スロットの素晴らしさを二十歳の頃より布教して歩いていた。吉宗撤去まで1年を切った頃。この日も練習とストリートライブを終え、楽器を家に置いた後、駅に着く頃には夜9時になろうとしていた。「なぁ、この後俺スロットのデータ取り行くんだけど、覗いてみない?」と当時の琴のメンバーを誘った。「んまぁ、いいよ」と、男な [続きを読む]
  • 第2回 質問に答えるよ
  • さて、朝の抽選は良かったものの、HANABIを楽しみたかったのに2,000ゲームでBIG3回、しかもすべてパンクしたのでHANABIゲームのハズレすらカウントさせてもらえず「辞めさせて頂きます!」と辞表叩きつけて辞めてきたのでTwitterの質問箱にきてる質問答えます??気がついたらたくさん質問きてました?いつもありがとうございます(つω`*)まぁ答え辛いのは省かせてもらいますが行ってみましょう↓↓↓僕はまず、風邪っ [続きを読む]
  • エンタメ魂50
  • 「きくっつぁん、卒業おめ!!」柳川がメールを送ってきた。ふとした日常会話の中でこうした記念となる日をいちいちしっかりと記憶している柳川のマメさはピカイチで、菊池が感謝メールを返すと「みんないるからおいでよ!」といつものホールへ来るように促した。ホールには町田も井岡もおり、「王様定食いくか!」と笑っていた。「また王様定食ぅ〜?!行くー!!」と笑い返した菊池。皆生活に余裕があるから、ストレス [続きを読む]
  • エンタメ魂49
  • 「パチスロで月に30万円勝つ方法」これは菊池が大学の卒業論文に掲げたテーマだ。大学では経済学部に在籍し、ゼミでは統計学を学んでいた。しかし、マジックのクオリティを上げるための心理学の授業以外、ほとんど大学には行かずにストリートライブやスロットライフに明け暮れていた菊池は、ついに卒論のテーマまでスロットを選んだのだった。そして40枚に及ぶ卒業論文を、朝から大学内の自習室にこもり一日で書き上げて提出。内容 [続きを読む]
  • 今1番エキサイティングしてること
  • 今日は寒いねぇ??????いよいよ冬っぽい気候だけどまた明日から暖かいとか????最近は年末や年始の特番に向けて収録などたて続きで遊ぶ時間が足りないよっ!って思うけどよく考えたら一昨日は1日中スロットしてたなってなる菊池です??普通そんなに遊べないからな???昨日は年明けの麻雀番組の収録だったんだけどね↓↓↓プロデューサーがさ、スーツ着てトイレで自撮りする時代ですよ(照)でね、今回 [続きを読む]
  • エンタメ魂48
  • 現在、機械割を語る上で皆がひとつの基準にするのが設定6の機械割が110%より上かどうか、が議題に上がる。しかし一昔前は119%かどうか、と言われていたのだから時代の流れは不思議なものだ。それ以前の爆裂時代は140%だ150%だと言っていたが、その頃の設定6のエクストラぷりが凄すぎてあまりお目にかかることはなかった。ちなみに4号機の有名な機種で高い機械割と言えば初代ミリオンゴッドやサラリーマン金太郎が159%、コンチ4 [続きを読む]
  • おもスロい人々
  • 僕が感じたSNSって凄いなぁって思う出来事のひとつに、こんな出会いがある????2017年の5月頃だったかな????知り合いの紹介で出会ったスロットタレントであり、カメラマンであり、編集も出来るイケメンのナオヤくんと打ち合わせしてたとき。「菊池さんってマジックうまいよ」っていう知り合いの一言でナオヤくんが「見たいっす!」って食いついてくれたんだけど、その動画を彼がSNSにあげたことが事の発端 [続きを読む]
  • エンタメ魂47
  • 「割がある」これが柳川の口癖だった。平たくいえば「期待値が高い」ということなのだが、スロットで勝つ上ではこの見極めがうまいほど優位に闘える。そしてこの意図するところを理解するのがなかなかに難しい。例をいくつか上げてみると、初代北斗の拳で、バトルボーナス中の台が空いていたら誰でも勝てると分かる。吉宗で鷹狩直後の台が空いたらそれ即ち天国であるから勝てる可能性が高いということも分かるだろう。ジャグラーで [続きを読む]
  • セクシー麻雀の収録
  • 今日は僕のプロデュースしてる麻雀アイドル【More】の番組収録へ来てます??(twitter @More_Stage)年末年始の娯楽といえば麻雀番組!という人のために頑張って撮影しまっせ〜??メンバーが、ねあら可愛い?まぁここまでくるとプロデューサーなんかやることは何もなく、ただモニター見ながらおにぎり食べるくらいしかないわけで??あとは時々こうして写真を撮るくらいですな????んで、普通に番 [続きを読む]
  • エンタメ魂46
  • 独自に解析を進めようとする時、センス、地頭の良さ、目押し、この3つが必要と言える。1/12コマを押し分けることが出来る寸分たがわぬ完璧な目押し力。国家試験の為に休むことなく働かせている頭脳。抜群のスロットセンスによる解析力。間違いなく、町田にはその全てが備わっていた。ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてを熱心に打ち、約3,000枚の出玉を持ちながら最も効率的な打法を編み出していた町田。解析本を読んだ [続きを読む]
  • 最後尾
  • 12/1はいつも通り荻窪へ並びは150人くらいか??あれこれってもしかして??最後尾キター!座れそうな最後尾が好き?先頭も最後尾も結構あるんだけど、最後尾の日はかなり勝ってるイメージ笑しっかしこれじゃあ…「まぁ転生になっちゃうかなぁ?」ってなんで転生、フル稼働なの??⊂(???)つついにみんな転生の面白さに…気づいてたか???仕方ない、とりあえずハーデスで遊ぶことにして…6000円でヘル [続きを読む]
  • エンタメ魂45
  • スロットやパチンコの歴史は、保安通信協会(通称 保通協)と開発メーカーとの駆け引きが織り成してきた歴史と言える。射幸性や性能に対する規制を保通協が考えて施行し、その中でいかに面白いスペックや高い出玉性能を実現するかが各メーカーに課せられた命題となる。法の抜け道とはよく言ったもので、「なるほど!そういう解釈が出来るか!」といった、簡単には思いつかないようなある種の「答え」を導き出すことに関しては開発 [続きを読む]
  • 何を切るか??
  • 最近はもっぱら秋刀魚ばかり??秋だからねぇ????ってそっちのサンマ??じゃないから!三人麻雀のサンマね!はい。でさ、麻雀ってやればやるほど難しくなるゲームだよね。ホント一生やれる素晴らしいゲームだわ??僕はたぶんあんまり切るのは遅くないほうだけど、悩む時はやはりあるわけで??????サンマだから5は全部ドラで、半分は赤、残り半分の青は5,000点相当。これ、②を切ったんだけどなにが [続きを読む]
  • エンタメ魂44
  • 面白いニュースが菊池の耳に入ってきた。「全国で初めて、低貸しのスロットコーナー(10円スロット)」が誕生したというニュースだった。スロプロとしても2年が経とうとしている時期。どうせ勝つのだからレートは高い方が良いに決まっていると柳川たち皆で笑っていたが、2018年現在ここまで低貸しスロットが流行るとはこの時は思ってもみなかったようだ。そんな2005年の年の瀬。世間では朝青龍が史上初の7場所連続優勝を飾り、デ [続きを読む]
  • プレミア大安売り
  • 昨日飲みすぎて久々に頭ガンガンで起きたけれど、スロット打ちに行きまして??こんなの買ってまで打つなら、ホント寝とけ?まぁ朝イチは天国あがりそうなHANABIへ行くも、1万円ノーボーナスで諦めバイバイ(ヾ(´・ω・`)(なおこのHANABIはその後キッチリ天国上がって1500枚出てました??さすがHANABI)それから何打とうかなー???って悩んでたら、あの有名なマカロン先生がいらしてて「転生よっ!」って教えてくださ [続きを読む]
  • エンタメ魂43
  • 新世紀エヴァンゲリオンが世に送り出され、それに続く形でサクラ大戦が設定1or6の2段階でリリース。そして小役との同時当選を実現しデビルマンが登場したが、全てにおいて、スロプロ達は更に息を呑む展開となる。この日も菊池達は変わることなくいつものノリ打ちを行い、1ゲーム連や天国など絡めて2時間ほどで大量のコインを獲得したあとに、各々夜のデータとりまで自由時間となるわけだが、柳川と町田は5号機の各機種を触ってい [続きを読む]
  • エンタメ魂42
  • 9月とはいえまだまだ夏の名残が強かった2005年秋。ついに。『使徒襲来』使徒と言えばエヴァンゲリオンだと分かる昨今。ついに5号機第一弾としてホールに登場したのが『新世紀エヴァンゲリオン』だった。駆け込みで登場した4号機最後の機種達の評価が上がらない中にあって、BIGブランドとのタイアップ且つ、最初の5号機ということで誰しもが注目をした機種。菊池の地元のホールにも数台設置され、当初数日間は打てなかった。 [続きを読む]
  • エンタメ魂41
  • 人生観を語る時、『人生はいつでも自分が主役である』と常々考えている菊池も、では「他人はどうでも良いのか?」というとそれは違う。誰かのために生き抜いてこその人生なのだ。仲間は多い方が良い。力になってくれる人は多い方が良い。そして誰かの為に力になれるのはカッコ良い。何より幸せだ。世間では縄張り争いや談合などが平然と行われ、裏切りや嫉妬の嵐が渦巻く中にあって、菊池は柳川や町田、井岡にスロットを惜しみな [続きを読む]
  • エンタメ魂40
  • 『次回予告』今では一般的な激アツ演出として認知されたこの言葉も、この年の夏に初めて登場し、その後各メーカーがこぞって取り入れるなどして大人気演出となった頃。「海老カツ」という今にもサクッと音を奏でそうなジャグラーの海老台を探す活動、略して「海老活」を独り続けていた菊池は、スロプロ生活1年5ヶ月で『500万円』の貯金を蓄えることに成功していた。あの日、山川の男気によって手に入れた10万円は確実に菊池の [続きを読む]