マッスル・ケン さん プロフィール

  •  
マッスル・ケンさん: 日々雑感
ハンドル名マッスル・ケン さん
ブログタイトル日々雑感
ブログURLhttps://ameblo.jp/kenichimasunaga01/
サイト紹介文ブログを通じて、小文字のコミュニィティを作っていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 1日(平均70.0回/週) - 参加 2018/11/28 13:56

マッスル・ケン さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 水木しげる「魂」の漫画展
  •  「水木しげる『魂』の漫画展」に行きました。龍谷大学「龍谷ミュージアム」(京都・本願寺前)で開催されています。 水木しげるといえば、向井理と松下奈穂のNHK朝ドラの「ゲゲゲの女房」(2010年)。私にとっては、水木しげるは、ガロ系の漫画家。『カムイ伝』の白土三平とともに、独立系漫画雑誌「ガロ」で、若手漫画家を発掘していった漫画家。そして、ガロの前後に、手塚治虫が、「COM」を発刊し、『火の鳥』を連載してい [続きを読む]
  • 吉備高原の雲海
  •  丹波から中国地方にかけては、標高6〜700メートルの低くてなだらかな山が繋がり、山間を川が流れています。晩秋、天気の良い早朝、谷間を流れる川面に霧が発生し、昇っていきます。朝、山の上のほうから見ると、谷間が霧で埋められ、山頂だけが白い霧の上に、ぽっかりと浮いて見えます。ハウルの浮かぶ城みたい。  こんな感じです(10月31日午前7時15分撮影:高梁市成羽町松原)。下の写真は同じアングルの遠景です。 次が、備 [続きを読む]
  • 田舎では全て自前。
  •  吉備高原の別荘(自宅)では、何でも自前です。料理・洗濯・掃除から始まり、家電製品や家屋の補修まで。当たり前と言えばそれまでですが、味噌醤油がないからと言って近くにコンビニはなく、街まで30分程度車を走らせる必要があります。それに、屋敷内だけでも相当に広く、草刈やら葉刈り、除草剤散布に、猪除け柵の設置など、朝から晩まで、用があります。家の周りの畑までは手が回らず、近所の人にお願いしています。まあ、 [続きを読む]
  • 柚子ジャムを作る
  •  岡山の吉備高原にある別荘(とはいっても自宅のこと)で過ごしていました。屋敷の中に生えている柚子の木から、15,6個もいできました。まだ少し早いのですが、南側のこずえになる、色付いた実を選んできました。 料理に使っても余ったので、ずぼらせず、きちんとしたやり方で「柚子ジャム」を作りました。 ①横に二つ割して絞ります。種と汁に分けます。 ②皮の中に残る「さのう」と内側の白い綿状のものを、スプーンでこそげ [続きを読む]
  • S君のこと。命日に思う。
  •  10月21日に、職場の同僚だった故S君の自宅を訪ね、お参りしてきました。あれから14年が経過しました。写真の中のS君だけが40代の若さで、奥さんも私も、そして当時彼が飼っていたポメラニアンも、年相応になっています。 あの日、出勤してすぐ、「主人が死にました」との奥さんからの電話を受けました。押し殺した声で、努めて冷静に振舞おうとしている様子で、事務的な連絡のような声。私は、何が起きているのか理解 [続きを読む]
  • 高浜原発・大飯原発の今。御食(みけつ)の国・若狭を訪ねて。
  •  若狭には、4カ所原子力発電所があります。大飯、高浜は関西電力の商業炉。敦賀には日本原発の商業炉と原子力開発機構の「もんじゅ」高速増殖炉。 先月福島第一、第二を訪ねましたので、一番身近にある原発がどうなっているのか気になり、10月18日、車で大飯と高浜の原発を見に行きました。 大飯原発は、北に向かった岬にあり、進入路は警備員が監視しており入れません。隣の岬のキャンプ場から、海を隔てて施設の一部が [続きを読む]
  • お寺で現代美術を味わう。「結」:観○光ART EXPO2018 京都・鎌倉
  •   京都:泉涌寺、鎌倉:浄智寺・円覚寺で、現代アート展が開催されています。現代アートを、京都・鎌倉の文化遺産の中に置いた時、どのような新しい展望が生じるか。日本の歴史的、文化的価値観が現代アートとと出会うことで、未来に向けて新たな文化が生じるのではないかといった試みで、「NPO法人観○光ART EXPO」により、2009年より毎年開催されています。(受け売りの解説でごめんなさい。) 10月17日、泉涌寺での [続きを読む]
  • もっと住んでいる町のことを知ろう
  •  10月14日、「大津まち歩き:『小関越えの道』と『琵琶湖疏水』を巡る」に参加しました。京阪・びわ湖浜大津駅から琵琶湖疏水の取水口、小関越え(逢坂の関の脇道)を経て、山科に至る6kmのハイキングです。 実いうと私は、平成元年に大津市に移り住んでおり、30年もの間、良き大津市民として暮らしてきましたが(住民税をきちんと収めてきたという意味です)、大津のことは何にも知らないひよっこです。転勤や再就職で [続きを読む]
  • A列車で行こう!ジャズは最高
  •  大津ジャズフェステイバル、2日目(10月14日)。今日も来ました琵琶湖湖畔。ちょうどお昼時は、大津港会場で中山瞳トリオ。力強いピアノで、しっかりと聞かせます。エリントンが好きだとのことですが、60年代のピアニストを思い出させます。でも、オリジナル曲で勝負します。ベース光岡さんも、ドラム引田さんも紳士。舞台を後ろから見るとこんな具合です。屋台も出ていて、皆さんビールを飲んでいます。 そしてお祭り広場(琵 [続きを読む]
  • JAZZって良いですね!大津ジャズフェステイバル
  •  10月13日〜14日、大津市の琵琶湖湖畔で、ジャズフェステイバルが開催されています。湖畔の公園・緑地、市内のあちこち、オープンスペースやお店で。メジャーデビューしているプロの方や、アマチアでワイワイガヤガヤ楽しく演っている方まで、たくさんの演奏家が出演しています。 このフェステイバルの素敵なところは次の通りです。、?)琵琶湖湖畔という自然の中で、ジャズを演るところ。?)演奏者と観客との距離がメチャ近 [続きを読む]
  • 過去の記事 …