super-griffins88 さん プロフィール

  •  
super-griffins88さん: 法政大学経済学部(通信教育)DIARY
ハンドル名super-griffins88 さん
ブログタイトル法政大学経済学部(通信教育)DIARY
ブログURLhttps://ameblo.jp/lovely88mariwaka/
サイト紹介文勉強しようと思い 法政大学で通信教育を始めてみました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 17日(平均7.8回/週) - 参加 2018/11/29 21:52

super-griffins88 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 経済学特講(戦後日本経済史) 第10回(デフレからの脱却)
  • 先週は、経済学の単位修得試験の試験勉強や、12月になると仕事が多忙になるやら、忘年会や学生会の飲み会等々で、「経済学特講」もすっかりご無沙汰になってしまいました。 ですので、久しぶりに(戦後日本経済史)の更新です。今回はバブル崩壊してから、政府はその脱却のためにどのようなことをしたのかが内容でした。 ※1 1999年から2000年初頭にかけて、米国のITバブルの恩恵を受けて、日本も景気回復したのですが、長続きしま [続きを読む]
  • 明治大学GRIFFINS④(TOKYO BOWL)
  • 12月9日(日)の明治大学GRIFFINSは、川崎球場で、関西学生リーグ3位の関西大学を招待してのBOWLゲームでした。 なんと第2回の甲子園BOWLの対戦校が明治大対関西大なのですね。もう70年も昔の話です。 ※1 なお法政大学のボアソナード博士は、明治大、関西大ともに強い縁があるようで、この三校は三兄弟みたいなものかもしれません。三校ともフランス法学を主とする法律学校が前身です。さて、このTOKYO BOWLとは、甲子園BOWLとい [続きを読む]
  • 学習ガイダンス③(担当教員による学習活動方法の講演)行ってきました!!
  • 初学者向けの学習ガイダンス、3回目に行ってまいりました。私は10月の入学ですので、それぞれの月にガイダンスがあって、今回が後期生向けとしては最後になりますかね。 今回のテーマは各学科の担当教員による学習活動の進め方です。 第1回目と2回目は大教室で実施したのですが、今回は各学科ごとに教室が割り当てられてたので、とても小さな教室でした。高校の教室の半分くらいでしたね。スペース的には。 私は「経済学部経済学 [続きを読む]
  • 映画鑑賞②「えちてつ物語」
  • スクーリングが終わった後は、時間が余っていたので、映画鑑賞に行ってきました。前にもブログで書きましたが、場所は有楽町の「スバル座」です。 当然株主優待券を使用してですよ。学割も効くのですが、優待券は無料ですから! 鑑賞した映画は「えちてつ物語」です。 えちてつとは、「えちぜん鉄道」のことですよ。 (えちぜん鉄道)wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%88%E3%81%A1%E3%81%9C%E3%82%93%E9%89%84%E9%81 [続きを読む]
  • 経営学特講(所得税)?週末スクーリング
  • 今週も行ってまいりました。週末スクーリング「所得税」最終日です。 最終時限には試験ですからね。因みにこの科目は、書籍以外は持込み可の科目になります。ですから、答案方式は論述式ですね。 昼間の学部生なんかで破天荒な人間だと、税理士を持ち込んだなんて笑い話もあるとか! 語学のドイツ語の試験で、ドイツ人を持ち込んだなんて笑い話も、現役の学生の頃は聞いたことがあります。 さて、最終日の講義は、「損益通算」、 [続きを読む]
  • 経済学(資本と利子から考える)第14講 (産業革命)
  • 1825年に株式の有限責任が認められ、1844年には株式会社の設立が、まずは英国において自由に認められたのですが、それは何故かというますと、理由は「産業革命」にあるのです。 ※1(産業革命)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%9D%A9%E5%91%BD 「産業革命」により蒸気機関が発明されると、鉄道(機関車)と運河(船舶)が建設されました。 蒸気機関による運輸の「イノベーション」ですね。両方とも巨大な資本を必 [続きを読む]
  • 明治大学GRIFFINS③
  • 先週の日曜日、平成30年11月25日は、関東学生アメリカンフットボール1部リーグ「TOP8」の最終戦でした。 週末スクーリングでいけなかったんですけどね・・・ 明治大学は、慶應義塾大学と対戦しました。※1 結果はですね・・・勝ちましたよ!19-10で明治大学の勝利です。 今年は♯4のQBの調子が良かったんでしょうか?結果的には5勝1敗でリーグ戦は2位で終了です・・・ あと一歩なんですがね・・・まあそれもまた明治大学っぽくて [続きを読む]
  • 「浅草酉の市」に行ってきました。
  • スクーリングが終わった後、浅草で「酉の市」がやってましたので行ってきました。 今年は「三の酉」まであります。因みに年によっては「二の酉」までしかないときもあります。何故なら、干支と一緒で、12日毎に酉の日が来るのですが、それに当てはめると、11月に3回「酉の日」が来る時とこないときがあるからなのです。 (酉の市)wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%89%E3%81%AE%E5%B8%82 さて、飯田橋から大江戸線に [続きを読む]
  • 経営学特講(所得税)②週末スクーリング
  • 経営学特講「所得税」の2回目の週末スクーリングに行ってまいりました。 前回までは、10個ある所得区分のうち、「利子」、「配当」、「不動産」、」「事業」、「給与」の各所得の解説までが終わりましたので、今回は残りの「退職」、「山林」、「譲渡」、「一時」、「雑」、の所得の解説でした。 ※1 今回の講義で一番面白かったのは、競馬の払戻金は、「一時所得」なのか「雑所得」なのかを、判例をもとに考察したことですね 論 [続きを読む]
  • 学校説明会③(法政大学第二中学校・高等学校)
  • 今週の学校説明会は、「法政大学第二高等学校」に参加してきました。 法政大学の付属学校ですからね!楽しみでしたよ! ※1 法政二高というと、この「時計塔」のイメージですね。この建物は戦前の法政大学予科の校舎がここ武蔵小杉にあり、その時の建物らしいです。 伝統があるのですが、共学化に伴い改修したみたいですね。画像は改修前の古い時計塔です。今は新しい時計塔が形もほぼそのままで立て直してあります。そして、この [続きを読む]
  • 経済学特講(戦後日本経済史) 第9回(バブル崩壊後の日本経済)
  • 今回の講義は、1991(平成3)年にバブル経済が崩壊した後の、10年間についてが内容でした。 当時、貿易摩擦に悩んでいた米国は、米国の製品が海外でももっと売れるようにするために、先進各国と協調して「円高ドル安」政策に舵を切りました。そうすると、日本の円安でもそうですが、自国の製品が海外でよく売れるわけですよね。 日本から見れば悪名の高い「プラザ合意」です。 その為、日本では円高による不況から脱するために、公 [続きを読む]
  • 法政大学硬式野球部 優勝祝賀会
  • 法政大学野球部が、秋の東京六大学リーグ戦において優勝しました!おめでとう〜ございます。 なんと6年ぶりだそうです。意外ですねっ今回の優勝で通算45度目の優勝だそうです! 勝敗表は下記のとうりです。最終節の早慶戦までもつれたようですね。でも見事に優勝しました! ※1 六大学野球で優勝した学校は優勝パレードを行うのですが、以前市ヶ谷校舎に行ったときに、パレードの告知のポスターを見たので、行ってきましたよ!優 [続きを読む]
  • 経営学特講(所得税)①週末スクーリング
  • 秋の週末スクーリング行ってきました。週末スクーリングは、2単位の科目を週末の日曜日に3週連続して講義を行います。 私が履修した科目は、経営学特講(所得税)になります。11月18日(日)、11月25日(日)、12月2日(日)の3週に渡って9時から17時までぶっ通しで講義を行います。 教室は「富士見ゲート」のG403教室でした。少し奥まったとこなので分かりにくいですが、まあ何とかなります。 教室の雰囲気はこんな感じですね! 大教 [続きを読む]
  • 経済学(資本と利子から考える)第13講 (株式会社)
  • 経済学も第13講に入りだいぶ進んでまいりました。今回は「株式会社」についての講義です。 「株式会社」とは、近代資本主義の主役となるわけですが、近代の前半、後半と分けるとするならば、どちらかというと後半の部類になります。 この境目は、政治的には「フランス革命」、経済的には「産業革命」であるとこの講義では定義づけします。つまり18世紀後半から19世紀初めを近代の後半とするのですね。 ではこの「株式会社」という [続きを読む]
  • 博物館巡り(東京国立博物館①)
  • 上野の上野公園の中に「東京国立博物館」という博物館があります。 下の画像は、博物館の正面入り口の門柱です。 ここの博物館は、「法政大学」の学生証を提示すると無料で「常設展」が観覧できます。※1 とても歴史のある日本を代表する博物館なのです。ですから、外国人も大変多いですね。英国の「大英博物館」や台湾の「故宮博物館」にも引けを取らない、立派な博物館です。 さて入場方法ですが、学生証を売り場で提示してチ [続きを読む]
  • 過去の記事 …