Neko さん プロフィール

  •  
Nekoさん: 鍵のかかる部屋
ハンドル名Neko さん
ブログタイトル鍵のかかる部屋
ブログURLhttp://kiroku4252.blog.fc2.com/
サイト紹介文観劇(宝塚・ミュージカル・バレエ)それから小説・マンガをこよなく愛しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 11日(平均3.2回/週) - 参加 2018/11/30 09:04

Neko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • K-BALLET『くるみ割り人形』
  • Bunakamura オーチャードホール 2018年12月マリー姫:浅野真由香くるみ割り人形/王子:栗山廉ドロッセルマイヤー:宮尾俊太郎クララ:瀬屑真紀雪の王:石橋奨也雪の女王:毛利実沙子・12月の風物詩、くるみ割りを見て一足早いXmas気分を味わってきました。あらすじと感想。◇プロローグ・シュタールバウム家では多くの子供たちを招いてXmasパーティが開かれている。人形遣いドロッセルマイヤーが披露するのは、ネズミの呪いによって、ネ [続きを読む]
  • 全て捨てて◇蘭陵王◇
  • 花組神奈川芸術劇場公演ロマンス『蘭陵王(らんりょうおう)―美しすぎる武将―』作・演出/木村 信司KAAT 2018年12月8日・全体としてはまあまあ面白かったかな。もちろん役者は好演、美術もいっそう美しいですが、キムシン節がなあ。。でも、日本語がおかしい台詞、多すぎるおうむ返し、同じことを繰り返すだけで内容のない歌に辟易しつつも、ラストにはちゃんと主役とヒロインが結ばれてハッピーエンド、何か良いものを観た、と [続きを読む]
  • 寂しい方が忘れない◇ 映画 くるみ割り人形と秘密の王国◇
  • 原題: The Nutcracker and the Four Realms2018/アメリカ/Disney[あらすじ]シュタールバウム家の次女クララは、物理法則を理解し機械仕掛けのネズミ取り作りに応用できるほど聡明で、また芯の強い少女である。ただ、“女性は女性らしく”というこの時代の風潮に気圧され、女性らしい姉のルイーズに憧れながらも、姉や他の女の子とは少し違う自分にどこか自信を持てずにいる。さらに一番の理解者だった母を亡くし、寂しさから家族に [続きを読む]
  • 誰にだって情熱がある◇花組全ツ◇
  • 宝塚歌劇花組全国ツアー公演神奈川県民ホール 2018年11月23日 15時/24日15時*****■サスペンス・コメディ 『メランコリック・ジゴロ』 −あぶない相続人−・まあくんのバレンシア以来の県民ホール。会場がでかい〜。1回目は3階最後列で舞台がとてもとても遠かった...。2回目は3階上手の横に張り出した席で、そこは全体が見やすくて良かったです。・柚香光ちゃん、正しくジゴロ...!イケメンで気障でモテモテなんだけどちょ [続きを読む]
  • Introduction
  • みたこと、感じたことをすぐに忘れてしまうので、記録を残していくことにしました。そして、どうせなら、それをインターネットという大海に放り込んでしまえと思いブログを始めてみます。neko [続きを読む]
  • 過去の記事 …