シンキチ さん プロフィール

  •  
シンキチさん: シンキチ
ハンドル名シンキチ さん
ブログタイトルシンキチ
ブログURLhttps://moveibar.work
サイト紹介文作品の感想を、おすすめしたい作品を紹介していますw
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 10日(平均12.6回/週) - 参加 2018/11/30 14:41

シンキチ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • モテキ
  • 2010年にドラマ化された「モテキ」。それからの続編が映画化。ドラマでは、結局童貞を捨てることができなかった藤本幸世でした。それからモテキも過ぎ、派遣社員から会社員となって真面目に仕事に打ち込んでいる最中、再びモテキが到来します。ツイッターを通して、長澤まさみ演じる松尾みゆきと知り合います。この出会いから、童貞草食系男子はモテモテの日々が始まります。実に、私たちの生活に寄り添ったストーリーでなんの取り [続きを読む]
  • 海を駆ける
  • ディーン・フジオカさんが主演で監督脚本の深田晃司監督が7年の歳月をかけて作った作品でカンヌ国際えいが際でも審査員賞を受賞したのも話題となっていたので期待度も高く見てみました。インドネシアの海岸にディーンフジオカ演じるラウが漂流します。身分も人種もわからない見た目は日本人という謎の男は日本から移住しNPO法人で災害復興の仕事をしてる日本人家族に預かられることになります。それから不思議な体験や奇跡を目の [続きを読む]
  • 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ
  • 高校の落ちこぼれが集まるクラスで社会に対するやり場のない怒りや民族的、宗教的な対立を1人の教師が、ある授業で変えていくヒューマンドラマ。この作品は、マリー=カスティーユ・マンション=シャール監督へ送った一通のメールから始まり、送信者の体験談から監督が心打たれ映画化した実話に基づくサクセスストーリーです。日本の、学生にもよく見かける問題児たち。そんな子達が「アウシュヴィッツ」の課題からホロコーストの実際 [続きを読む]
  • ジュラシック・ワールド 炎の王国
  • ジュラシック・パーク作品の第4作目。「ジュラシック・ワールド 炎の王国」ジュラシックパークから22年もの月日が流れて本作品では、夢に見た恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を実現させ世界中から毎日観光客が訪れるまでに成長していました。現代の世界では、まだありませんがこの映画を見ると可能性を感じることができてワクワクします。遺伝子操作によって生み出された恐竜たちを動物園の動物のように飼育してい [続きを読む]
  • インクレディブル・ファミリー
  • 「Mr.インクレディブル」の続編、「インクレディブル・ファミリー」特殊能力を持つ5人の家族が世界の危機を救います! 普段は平穏な日常で、どこの家族とも変わらない生活を送るインクレディブル一家。家事!育児!世界の危機!をインクレディブルがこなしていきます。新しいヒーローの赤ちゃんも登場してより作品を盛り上げています。潜在能力未知数の赤ちゃんは、強くて可愛くて見ものです! 第1作のシンドロームの戦いの後に、 [続きを読む]
  • ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
  • あのハリー・ポッターシリーズから新しいシリーズがスタート!魔法動物学者が主人公です。 ハリー・ポッターと賢者の石から約70年前のアメリカが舞台。1926年イギリスの魔法使いでおっちょこちょいで魔法生物学者が主人公。主人公がアメリカのアリゾナに向かう道中。ニューヨークでの出来事。 トランク片手に魔法使いを集めていたのだが、危険な魔法動物たちが逃げ出してしまいます。その影響で街中が大パニック!!そんな時に、 [続きを読む]
  • ザ・コンサルタント
  • 田舎町に住む天才的な頭脳を持つ会計コンサルタントのストーリーです。表向きは、優秀な会計コンサルタントでその裏の顔は殺し屋。 そんな二つの顔を持つ主人公が大企業から財務調査のオファーを受けます。それがきっかけになりある人物から命を狙われるようになります。 いったいなぜ命を狙われるようことになってしまったのか?主人公は、無事にこのピンチを切り抜けることができるのか?本格的なサスペンス映画です。キャスト [続きを読む]
  • ドラゴンタトゥーの女
  • スウェーデンの大ベストセラーの推理小説を映画化した作品。「ドラゴンタトゥーの女」主役の女性の奇抜なファッションからホラー映画と勘違いしてしまう人も多いかもしれません。実際私もそう思ってました・・・ちょっと怖がりながら見てみましたが見終わる頃には、この作品の虜になっていました。 主役のドラゴンタトゥーの女の子が映画を見ているととても可愛い。。。 食わず嫌いとはこのことですね。いかんいかん。 これは、ブ [続きを読む]
  • 晴天の霹靂
  • お笑い芸人劇団ひとりが初の映画監督作品自身の小説を映画化。幼い頃に親と生き別れ39歳まで生きてきた売れないマジシャンの主人公(大泉洋)ある日、父親の訃報が入ります。父の人生と主人公の人生を振り返り、「なんで生まれてきたんだろう」と絶望に暮れていました。そこに晴天の霹靂雷が主人公を直撃します。気絶をしてふと気づくとそこは、40年前の浅草でした。40年前の若き主人公の父親とアシスタントの母親と出会います。こ [続きを読む]
  • フォクスキャッチャー
  • 1996年に実際に起きた大富豪による殺人事件の全貌を映画化した作品です。コメディ映画で有名なスティーヴ・カレルが大富豪のデュポンを演じ今までとは違ったシリアスな雰囲気は見ものの作品です。ロサンゼルスオリンピックのレスリングで金メダルを獲得したマークは、デュポン財団率いるレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に入り次のソウルオリンピックに向けてトレーニングを開始します。のちにマークの兄で優秀なレス [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • この作品は、ミュージカル映画ラブストーリーですが若い男女が夢を追いかける青春ストーリーです。ミュージカルシーンでは高速道路で人々が一斉に踊り出したりロマンティックな風景にこんなところに住んでみたい!なんて感じます。主演は、R・ゴズリング、エマストーンが務め代役なしのピアノ演奏やブロードウェイ仕込みの歌やダンスで見ている私たちを楽しませてくれます。2人は恋に落ちますが、夢を追う2人は、夢を追いかければ [続きを読む]
  • ラブ・アゲイン
  • この作品は、私の大好きな作品の一つで本当に人を好きになることがどんなことなのかというマンネリ夫婦やカップルに初心を思い出させてくれる素敵な映画です。安定した職業と素敵な奥さん、可愛い子供達に囲まれ理想の人生を送っていたキャルは、突然奥さんから離婚を告げられます。落ち込むキャルは、毎日酒を飲み自分の人生を振り返ります。奥さんに裏切られたとバーでグチっているところに遊び人のジェイコブと出会います。キャ [続きを読む]
  • 暗黒少女
  • セレブな女子が通う聖母マリア女子高等学校で1人の女子高生が謎の死を遂げます。その死がやがて文学サークルの誰かがその子を殺したという噂が広がります。そんな中、文学サークルでは自作の物語を朗読する定例会が開催されます。発表される物語には、犯人を告発する作品が朗読されていくのですがどれも不気味な話しで、まさかの?誰も予想できない結末に驚きます。キャスト出演(澄川小百合)清水富美加(白石いつみ)飯豊まりえ(高岡 [続きを読む]
  • グローリー 明日への行進
  • 歴史的衝撃を与えた「血の日曜日事件」を描いた作品。主人公は、公民権運動の指導者であるキング牧師です。キング牧師は、幼少期に白人が住む街に住んでおり同じ年の白人の友達と遊んでいました。そこに友人の母親が現れはじめての人種差別を受けます。そんな経験からキング牧師は、立ち上がります。黒人の選挙権を求める525人がキング牧師と共に行った平和的なデモ行進。白人知事率いる州警察が暴力でこのでも行進を制圧した事件 [続きを読む]
  • 太陽の末裔
  • 韓国や中国で視聴率が41%を記録するほどの大ヒット作品と聞いたので期待も込めてみてみました。軍人と女医が紛争地で繰り広げるラブストーリーで設定が日本ではあまり馴染みのない設定ですが主役のシジンとモヨンとのやり取りが何とも甘くてゾクゾクしました。ドラマとは考えられないような綺麗な映像から観る者を魅了してしまう作品だと思います。 キャスト出演ソン・ジュンギソン・ヘギョチン・グキム・ジウォンオンユ脚本キム [続きを読む]
  • 大丈夫、愛だ
  • 韓国ドラマを初めて見る人におすすめしたい作品が「大丈夫、愛だ」韓国ドラマというと美男美女の主演でベタベタの恋愛ドラマなんでしょ?そんなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?実は、私もそうでした。いくら人気があるからって。。。本当に面白いのかなぁ一回ぐらいはみてみようかな。。。って感覚でした。その時僕が初めてみた韓国ドラマがこの作品です。心に問題を抱えた人々を救う精神科医のヘスとイケメン [続きを読む]
  • キャリー
  • 1976年に公開されたアメリカホラー映画のリメイク版です。原作は、ホラー小説作家のスティーヴン・キングの作品です。狂信的なキリスト教信者である母が自力で出産する場面から物語が始まります。そんな母に育てられた少女キャリーは学校でいじめにあいます。初めて生理が来た時に、シャワー室で血まみれになったところを同級生に動画を撮られその動画がネットに流されます。地味で内気な女子高生キャリーは、学校で起こったことを [続きを読む]
  • 過去の記事 …