合同会社福祉住環 さん プロフィール

  •  
合同会社福祉住環さん: 福祉住環境の視点
ハンドル名合同会社福祉住環 さん
ブログタイトル福祉住環境の視点
ブログURLhttps://hukusijukan.blogspot.com/
サイト紹介文福祉住環境コーディネーター1級・介護福祉士の考察。介護保険外サービスを立ち上げ奮闘中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 14日(平均12.0回/週) - 参加 2018/12/02 07:32

合同会社福祉住環 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 単発派遣も悪くない。
  •  合同会社福祉住環を立ち上げたものの、なかなか依頼を得られず。とりあえず、単発派遣に行っています。初めてのところに行くというのはやはりストレスになるだろうと最初は思っていました。でも、幾つかの理由で、『単発派遣も悪くない』と最近思っています。 まず、今まで経験したことのなかった『施設』での介護を経験することができました。単発(スポット)の場合、殆どがデイサービスでのお仕事です。他に有料老人ホームや [続きを読む]
  • 来年に向けての会社運営。
  •  合同会社福祉住環を設立して早3ヶ月目です。予想はしていましたが、なかなか依頼を受けるまでには至らず、活動は停滞している状態です。もちろん、周知活動には今後も取り組んでいきます。とは言っても、なんの資金援助も受けておらず、わずかばかりの貯金をはたいて作った会社ではたちまち行き詰まってしまいます。それで、こういうことを見越して設立時に安全策を講じておきました。 ・人は雇わない。 ・モノや書類を増やさ [続きを読む]
  • 健康になりたい。
  •  誰でも、ある程度の健康を自分自身に望むものだと思います。世間では『健康寿命』という言葉も定着してきました。では、具体的に言って『健康』とはどのような状態なのでしょうか?  もともと日本語では『健やか』という言葉がありました。丈夫でしっかりしているさまを表す言葉です。『健康』という言葉は明治期に[health]の訳語として作られた言葉のようです(大辞林より)。ですから、『健康』という言葉の定義は[health [続きを読む]
  • 「はたらく」という映画を見た。
  •  先日、「はたらく」という映画を見に行きました。自閉症をもつ翔平さんという男性が監督に誘われて、俳優として映画に出演するという話です。90数分のビデオで前半は翔平さんに依頼するところから、制作過程、練習風景などが映し出されます。後半は3話の短いオムニバスです。 私も"障害を持つ方が働く"というテーマに関心があったので観に行ったのですが、なんとも言えない後味でした。翔平さんと監督のやり取りを見ていると [続きを読む]
  • ラストケア
  •  先日、長くヘルパーとして働かせていただいた事業所を退職しました。介護の仕事を始めた会社でしたので、一から教えていただき、とても感謝しています。ずっと非常勤でしたのに、花束まで頂いてしまいました。 ご利用者様お一人お一人にもご挨拶したかったのですが、色々と事情があり、はっきりと退職についてお話できたのは数名の方だけでした。私が提供していた定期巡回随時対応型訪問介護では、お一人のご利用者様に対して何 [続きを読む]
  • 介護者の限界・被介護者の限界
  •  ここのところ、気温のアップダウンが続いています。皆さん体調はいかがでしょうか?なかなかついていくのが大変です。特に外回りの方は負担が大きいかと思います。私の身の回りでも体調不良を訴える方が増えています。どうぞご自愛ください。 さて、皆さんは自分の限界を感じるのはどんなときですか?人間には皆、限界があります。自分を変えようと思ってもなかなか変えられない、ミスに注意しても必ず何処かでミスが有る。こう [続きを読む]
  • 介護保険サービス3割負担がやってくる!
  •  いよいよ8月から、年金収入等340万円以上の利用者負担割合が3割に引き上げられます。負担増の対象となる方は12万人くらいで全体の約3%程度だそうです。自己負担限度額も4万4400円に引き上げられます。なので、支給限度額内で利用する分には、3割負担になったとしてもそれほどご利用者様に負担はないのかもしれません。 でも、包括報酬である定期巡回サービスを利用している方で、訪問回数がそれほど多くない方の中には、 [続きを読む]
  • [学習会]ケアラー支援最前線
  •  全国介護者支援団体連合会主催による「ケアラー支援最前線」というセミナーに参加してきました。私は介護職にあって、ご利用者様のご家族の状況にはよく通じているつもりでしたが、ケアラー(介護者)にはもっと幅広い意味、そして深い悩みがあることを知ることができました。  第一部は「ケアラーアセスメントガイドライン報告」で、岩月万季代氏(アセスメント部会リーダー、NPOてとりん代表理事)お話くださいました。ケア [続きを読む]
  • ここがヘンだよ「第30回介護福祉士国家試験」
  •  つい先日、第30回介護福祉士国家試験の結果が発表されました。前回より受験者数・合格者数とも増加したものの、合格率は若干下がっています。筆者はこの試験を受験して、障害福祉に関する問いが多いように感じました。実際、合格者の内訳を見ると、養成施設や学校を除けば、障害者福祉施設や保護施設・児童福祉施設の介護職員の合格率が高くなっています。私が該当する訪問介護職員はほぼ平均値でした。年齢別では、私も該当する [続きを読む]
  • 地域住民から見た介護施設のデザイン
  •  先日、両親と一緒に実家の近くにある特養へ行きました。特養へ行った、と言っても入所や見学のためではなく、週に数日だけオープンしているレストランで食事するためです。同僚から『ここのカレーが美味しくて、いつも売り切れになる』と聞いていたので、機会があったら行ってみたいと思っていました。 ホームページを見ると、美味しそうなカレーの写真が載っています。期待して行ったのですが…決してまずくはなかったです。。 [続きを読む]
  • 本人の意志を尊重する意思決定支援〜事例で学ぶアドバンス・ケア・プランニング
  •  随分前から読み始めていたのですが、ようやく読み終えることができました。『本人の意志を尊重する意思決定支援 事例で学ぶアドバンス・ケア・プランニング』(西川満則、長江弘子、横江由理子 編) ほぼ、医療従事者向けの内容で、用語なども難しいところがあったのですが、幾つかの概念については理論編での論考があって興味深いです。(アドバンス・ケア・プランニング〈ACP〉、アドバンス・ディレクティブ〈ADs〉、代理意 [続きを読む]
  • オープンダイアローグ・地域ネットワーク勉強会
  •  練馬で開催されたオープンダイアローグのセミナーに参加してきました。今年度最後の開催とのことで、もっと早い回から参加できたら良かったのですが。でも、オープンダイアローグについて私が知ったのも最近のことですし、介護福祉士の試験も終わってちょうどいいタイミング(?)だったかもしれません。自分がオープンになっていたので。今回のセミナーではフィンランド研修に行かれた方の報告がメインで、その情報をオープンダ [続きを読む]
  • 東京・4年ぶりの積雪!
  •  東京近郊にお住まいの皆さん、昨日は大変な天候の中、通勤通学お疲れ様でした!昨日はご利用者さんのお宅を訪問しながら、初めて思いました。『雪かきは介護保険内でできるのだろうか?』。 事業所に帰ってから先輩に聞いてみました。『ヘルパーが入るために必要だったり、ご利用者がデイサービスに出かけるのに必要だったりする範囲は保険内でできるはず』とのこと。今回は結構しっかり積もったけれど、東京の『積雪』くらいな [続きを読む]
  • 福祉住環境〜歩道
  •  先日、仕事帰りにいわゆるチョコチョコ歩きの男性を見かけました。その日はとても風の強い日でした。男性と同じ方向へ向かっていた私はすぐに追い越してしまったのですが、その方の歩幅があまりにも狭かったので、角を曲がる前に後ろを振り返ってしばらく見ていました。 男性の家はその歩道沿いにあるようで、2メートルほど幅のある歩道を横断する形で歩いていらっしゃいました。ところが。その歩道は当時工事中でいつも歩いて [続きを読む]
  • 認知症VR体験会
  •  先日、銀木犀(株式会社シルバーウッド)さんの主催する『認知症VR』体験会に参加してきました。1時間の短い体験会でしたが、とても良くできたVRで勉強になりました。 1本目のVRはアルツハイマー型認知症の方の行動から推察される体験をすることができます。まわりにいる人からすると、『車から降りる』というかんたんな動作なのに、本人は怖くてできません。なぜでしょうか。本人にはビルの屋上から下を見るくらい高く感じら [続きを読む]
  • 年末大掃除〜どこを掃除しますか?
  •  もう師走かと思っていたら、今年も残すところ20日程となりました。年末に行う習慣として、『大掃除』を挙げる方もいらっしゃると思います。私も名ばかりの『大掃除』ではありますが、なんとか毎年続けるようにしてきました。 『大掃除』の意味合いとしては、〈日ごろ手をれていないところの掃除をする〉ということだと私は考えてきました。かつては畳を上げて干したり、家具を移動して掃除したり、高いところに溜まったホコリや [続きを読む]
  • 過去の記事 …