みく さん プロフィール

  •  
みくさん: 蝶々結び
ハンドル名みく さん
ブログタイトル蝶々結び
ブログURLhttp://cranberryjuice.blog.jp/
サイト紹介文夜男子に恋をしたわたし
自由文恋煩いをするほどの恋をしたあの頃の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 13日(平均8.1回/週) - 参加 2018/12/03 20:59

みく さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • みなさんへー2
  • こんにちは。さ...寒いですねー(*´艸`)ε3。゚ε3体調を崩したりしていませんか?私は、毎日ぬいぐるみ状態で過ごしてます((?????????? ?)プッ♪────────────早々にたくさんコメントを頂いていたのに...お返事が遅くなってしまい...すみません。同居人さんには内緒にしているブログなものでして....( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ...であるからして...少ししか出来なくて...(本当にごめんなさい??)今日、頂いたすべて [続きを読む]
  • 362. 今日から夜バイト
  • バイトの初日。従業員用エレベーターで地下2階のロッカールームへ行き懐かしい制服に着替える。鏡に映る自分の姿...ふふっ。若返った気分だ。ナナヌーに買ってもらったシルバーのへアコームを束ねた髪につけて『さっ!がんばろっ!』エレベーターに乗り、最上階...10階のボタンを押した。なんかドキドキ。一気に上がってく...ピンポーン?従業員の休憩室前で扉が開いた。わたしがここでバイトしたいって思ったのは屋上なのに庭園 [続きを読む]
  • 361. 先生と秘密
  • 「ねー...どうしたの?」なんか言いにくそうに...「ご飯...食べようって事に...なっ..ちゃったんだよね...」ちょっと申し訳ないって顔を向けてくる。「なんだー...そんなことー。笑 いいよ。別に」どこまでも呑気なわたし。笑「い...いいんだー。」「うん、いいよ。笑」...って、あっさりな感じで言いながらあの当時の甘酸っぱさが甦っていた。これは、ジュンにもぜったい言えない。先生の事は、この先も、こうやって、とぼけるっ [続きを読む]
  • 360. 先生のこと
  • 火曜日の夜。明日からバイトが始まる。ジュンは、その前に、ゆっくり夕飯を食べようって言ってわたしの好きなものをたくさん作ってくれた。ジュンの部屋で、ゆーっくりまーったり。食べながら...飲みながら...「あのさー、昨日、ちょっと用があってさー、高校へ行ったんだよね。そうしたらさー、浅井に会ってさー」「ふーん、浅井先生、元気だった?」「元気だったよ。みくさー、おばあちゃんちに住んでた時、駅で会ったんだって? [続きを読む]
  • 359. 彼の想いとわたしの想い
  • 「みくっ!」階段を下りる間際、ナナヌーに手を取られた。「一人で帰るのか?」「...うん、そうだけど?」彼を見上げる。今日、はじめてだなー、こうやって見るの。「送ってく」強く手首を握られる。「何言ってんの?いいよー、大丈夫っ」「休憩するから...」「...笑。ありがと。んーじゃ、前でね...」「うん」わたしは、エントランスからお店を出てナナヌーは2階の搬入用扉を開けて出て来る。...いつも通り。先に出たわたしは、 [続きを読む]
  • 357. 過去にしたいのに
  • とにかく、落ち着こう。平常心...平常心...。一番奥まで行き、ガラス越しに外を見て、心を落ち着かせていたら「みくー!!」久しぶりに聞く声だ。振り返ると、カケル君がニコニコ顔でこっちへ向かってきていた。...変わってない。可愛い顔も、雰囲気も...カケル君の後ろから、ケン君、環ちゃん、そしてトモさん...連なってやって来た。「みくー、久しぶりだな。元気だったか?」ケン君が優しい眼差しを向ける。「...うん。元気... [続きを読む]
  • 358. 触発
  • な...なに..そんな真剣な顔で...「うん?なに?」「迷惑だった?」す..鋭い...。...ってか、そう言われてもしょうがない顔をしてるんだもんね、わたし。「ううん...そんなんじゃないよ。ただ、どう接していいのか、分かんなくて...カケル君もそうー...みんな、タカを通して知り合ったでしょ。だからさー...」「笑。あいかわらずなんだな、その..何て言うか、真面目?気にしすぎ?みたいなとこ。笑」「...かもっ。笑」「カケルー! [続きを読む]
  • 356. 週末の嵐・その2
  • ...混み過ぎっ。当然のことながら、ナナヌーと話すなんて事、出来るはずもなく...ちょっとでいいからさー≪こっち向けっ!ナナヌー!≫...って念を込めてみたりする。笑だって、今日は一言も交わしてないし、見てもない...「みく?どうした?」飲みながらジュンが覗き込む。「あっ...ううん。なんでもない」それからは、楽しく飲んだ。飲んでいたら...ほんと、どうしたの?ってくらいに、仲良しさん達に会う。ゆっくり喋ても、飲ん [続きを読む]
  • 355. 週末の嵐・その1
  • ジュンにバイトの事を話したらちょっとした攻防があったけど...笑わたしの思いを分かってくれた。週末のファビュに当分行けないかもね...という事で夕飯を食べてから、行く事に。この夜を境に、わたしの周辺の人間関係が複雑に動き出す。再会や初めましてや...他色々...。2階へ上がりドリンクを貰うために、並んでいたらうん?珍しい人がカウンターの中に。笑「ねー、ジュン、あの人ってさー」 「うん、えーっと..ナナセの友達? [続きを読む]
  • 354. ささやかな願い
  • 来週から、わたしも朝まで働く。水曜日の夜をゆっくり過ごせるのは、今日が最後だなーなんて思いながらお風呂に入って、眠りに就いた。いつものように、朝、ナナヌーが来て、寝ているわたしを抱きしめ...そして、エッチをする。次からは、きっと疲れていて...ちゃんと出来ないような気がする。もしかしたら、毎週会えないかもしれない...。だから今日は、じっくり彼を感じたいって思った。「ねー、もっとしたい...」終わって、抱き [続きを読む]
  • 353. 夜、働く
  • 「あーーっ!みくちゃんっ!久しぶりねー」エントランス近くに居た、小阪さんが駆け寄て来てくれた。わたしがバイトしていた時にお世話になった山さんと同じくらいの歳の店長さんです。笑「あーっ!小阪さーん、ご無沙汰してますっ。なんかすみません。営業中なのに...」手を握り合って、再会を喜ぶ。笑「待ってたのよー!会えてうれしいから、気にしないで。笑」それから、あの当時、一緒に働いていた人がまだ数人居るってことで [続きを読む]
  • 352. タイムスリップ
  • 週末。今日は、柊司とご飯。都合が合えば、1か月に一度のペースでご飯を共にする。柊司は、わたしにとって、もはや!家族同然だからナナヌーに言えない事も、うーん、彼氏に言えない事だって柊司になら話せる。バイトをしようって思うに至ったジュンと山さんの事などを話したら「なー、バンビで働かない?俺さー、週2でヘルプに来てくれないか?って言われてんだ。この前さー、偶然、浜さんに会ってさー。笑」*トラットリア・カ [続きを読む]
  • みなさんへー1
  • こんばんは。読者のみなさんへ私、PC派なものでして、スマホからカテゴリの記事を読むことが出来なかった事、今まで気づかなかくて...ご不便をおかけして、すみません。今は読めるようになっております。パスワードの詳細は、カテゴリの「パスワードについて」を読んで頂けると、ありがたいです。GTからの読者のみなさんへみなさん、たくさんのコメントをありがとうございました。私こそ!!また繋がる事が出来て、とてもとて [続きを読む]
  • GTからお越しのみなさんへ
  • こんにちは。まだ、お引越し作業が終わってないので、取っ散らかっております・・・すみません。(更新の日付など、お引越しを何度かしているの、気にしないでください。)続きは、もう少しお待ちください。GTでは大人記事も普通にアップしていましたがここでは一応・・・ワンクッション挟む形にした方いいかな?って思いまして...パスワード付きの記事しています。────────────わざわざ、こちらにまで、ありがとう [続きを読む]
  • 過去の記事 …