ゼロ さん プロフィール

  •  
ゼロさん: 障害者ケアマネの備忘録
ハンドル名ゼロ さん
ブログタイトル障害者ケアマネの備忘録
ブログURLhttp://www.zero19080.com
サイト紹介文社会福祉士として18年以上、相談支援の仕事をしてきた経験から語る福祉のリアルや転職経験を綴ったブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 7日(平均15.0回/週) - 参加 2018/12/04 00:05

ゼロ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 辞めたい時が辞め時〜前向き転職のススメ
  • 「こんなカイシャ、辞めてやる!」と決意したヒトは転職すべき 他の国はどうなのか知りませんが、少なくともこの国では転職者に対して、どちらかと言えばネガティヴな印象を抱きがちであります。特に、転職を繰り返したヒトに対して、「アイツは根性がない」など、あらぬ偏見の目を向けがちなコトも。 われわれ福祉業界ではどうなのかと申しますと、やはり初志貫徹で同じ職場で長年にわたり福祉の仕事に打ち込んでいるヒトが尊重 [ [続きを読む]
  • エレキギター自作の最難関〜塗装について
  • 購入とも演奏とも一味違う、自作という愉しみ方 かれこれ3年前になりますが、僕がエレキギターを自作するキッカケになったのは身近に自作派ギタリストがいたワケではなく(というか、自作派ギタリストに出会ったコトすらありませんが)、単なる思いつきでした。 既製品のエレキギターは手放す際の費用対効果が悪い。バイクなら最高1/2近い査定がつきますが(YZF−R1の03モデルは信じられない高値で売れました)、エレ [… [続きを読む]
  • テレキャスターvsストラトキャスター
  • テレキャスターとストラトキャスター、その違いとは 世界に名だたるギターメーカー、フェンダーが開発した2大モデルといえるのがテレキャスターとストラトキャスターです。これらは世界各国のギターメーカーが自社モデルのお手本として数えきれないほど模倣されているモデルでもあります。 人気及び販売台数という点においては、圧倒的にストラトキャスターが勝っていますが、テレキャスターもまた根強い人気があり、半世紀以上 [ [続きを読む]
  • 「弾き易さ」でエレキギターを選ぶなら
  • 弾き易いエレキギターの特徴とは エレキギターに興味がないヒトにとって、色合いが似たようなモデルであれば全部同じに見えるモデルでも、われわれギタリストが実際に手に取って弾いてみると、カタチは似ていても、メーカーが違えば弾き心地はまるで違います。 では、同じメーカーであれば同じ弾き心地なのかと聞かれれば、それも違うと答えざるを得ません。同じメーカーの同じモデルでも、何本も弾き比べると「なんか違う」とい [ [続きを読む]
  • 福祉業界における転職活動の心得
  • 福祉業界への転職活動をする前に 僕は学校を卒業して社会人になってから20年以上、社会福祉士になってから18年以上にわたり福祉業界で過ごしてきました。その間、数回の転職を経験しましたが、初志貫徹で福祉の仕事を続けてきました。 というワケで、他業界には疎いですが「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る」者として、福祉業界の事情については多少の知識があります。 そこで今回は、異業種から福祉業界へ転 […] [続きを読む]
  • 社会福祉士の経済学
  • 就業スタイルによって社会福祉士の給料はさまざま社会福祉士は喩えるならトランプのジョーカーのようなもので、およそ福祉と名のつく仕事であれば、どんな職業でも使い回しが利く国家資格であります。そのため、社会福祉士国家資格を取得すれば、精神保健福祉士や介護福祉士のように専門性に特化した国家資格とは違い、あらゆる福祉分野から幅広く就職先を選ぶコトができます。3福祉士の中で最も選択の自由が与えられています。就 [続きを読む]
  • 障害者ケアマネが行う初回面談について
  • 初回面談の際に、障害者ケアマネは何を観て、何を聴くのか一般的に用いられるアセスメントの意味は「評価・査定」ですが、福祉業界で用いられる場合は、もう少し具体的な解釈がなされております。一般社団法人長寿社会開発センターが発行している「介護職員初任者研修テキスト」から引用しますと、「利用者に関する情報を収集・分析し、自立した日常生活を営むために解決すべき課題を把握すること」とあります。このテキストはあく [続きを読む]
  • コピーするのにオススメなギターバンド
  • 脱初級〜中級ギタリストがコピーするのにオススメなのは?どこまで弾ければ「弾けた!」といえるかは個人の主観によりますが、楽器をやらないヒトたちから「巧いね」と言われるレベルまで弾けて、1曲につき2〜3回程度のミスで済ませられるなら、充分に中級レベルといえるでしょう。そこで今回は、コピーバンドの脱初級〜中級ギタリスト向けに、相応の練習は必要ですが、ギターソロの見せ場があり、ライヴで客ウケがいいコピー、 [続きを読む]
  • 社会福祉士国家試験に一発合格するための10ヶ条
  • 福祉系の最難関資格、社会福祉士福祉系の国家資格には、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士のいわゆる「3福祉士」資格があります。その中で最も世の中に名称が浸透しているのは介護福祉士と思われますが、難易度については社会福祉士がブッチギリであります。それは例年の合格率を比較すれば一目瞭然。厚生労働省のホームページで3福祉士の2018年の合格率を確認したところ、その差は歴然でした。2位以下にダブルスコアをつ [続きを読む]
  • エレキギター「初めての1本」を選ぶなら
  • 世に出たその時点で、すでに完成形だったエレキギターエレキギターの製造ブランドは世界中に多数ありますが、現時点において絶対的かつ圧倒的な人気を誇るのはフェンダーとギブソンのであります。それもそのハズで、世の中に出回っているエレキギターのほとんどがこれら2大メーカーの亜流モデルといっても過言ではありません。僕がエレキギターを始めた頃の2大メーカーのイメージといえば、「ギブソンは値段が高くて見かけたらオ [続きを読む]
  • 44歳にして3度目のリスタート
  • 21年にも及んだ迷走の社会人生活これまでのブログで、転職を繰り返した結果、3度目の正直でようやく理想の職場と巡り合うコトができたといった趣旨のお話を綴りました。最初の就職をしてから10年くらいは何の疑問もなく、当時の職場で職務を全うするのだろうと信じて疑っていなかった当時を振り返ると、まさしく一寸先は闇であります。人生は小説より奇なり、展開が読めません。展開が読めないといえば、僕が現在の職場に転職し [続きを読む]
  • 利用者と支援者の「適切な距離感」について
  • 支援者もヒトの子、どうしても差はついてしまう?再び障害福祉の業界に返り咲き、計画相談支援に特化した仕事に従事するようになってから2ヶ月が過ぎました。まさに光陰矢の如く、あっという間のできごとでした。前職での相談支援専門員とは違い、現在は個別支援が最優先事項となりましたが、正直なところ、ここまで個別支援に適性があるとは思っていませんでした。とにかく、今が楽しくて仕方がない。今が楽しいといえば、半独立 [続きを読む]
  • どうしても仕事のヤル気が出ない時は
  • 「ダメだ、なんか気分が上がらない」という朝独り職場だからこそ、自分を厳しく律する必要があるのは充分に判っているのですが、日々蓄積する疲労と加齢による老化現象は如何ともしがたく、特に冬期間のヤル気の落ち込みというのは毎年の悩みであります。孟浩然が後世に残した漢文であまりにも有名な「春眠暁を覚えず」というフレーズがありますが、動物の本能から鑑みれば、どう考えても「冬眠暁を覚えず」に違いない。雪と氷で閉 [続きを読む]
  • ギタリスト目線で語るロックバンドの魅力
  • 10代の頃から未だに聴き続けているバンドといえば僕の人生を振り返って、最も楽しかったなと思える時期は大学4年間と最初の就職をしてからの数年間でした。つまり10代後半から20代半ばにかけての青春時代であります。その当時はバブル経済が弾け、この国の景気が悪化の一途を辿っていた時代でした。あの頃は良かった的な話や若かりし頃の武勇伝を当時の上司からさんざん聞かされ、「自慢話はもういいわ」と食傷気味だったのも良い [続きを読む]
  • 過去の記事 …