Kresna さん プロフィール

  •  
Kresnaさん: 私はタイLv.2
ハンドル名Kresna さん
ブログタイトル私はタイLv.2
ブログURLhttps://ameblo.jp/kresna/
サイト紹介文愛を探しにタイに行き遠距離恋愛中。夜遊びだけのタイが貿易国に。タイでの恋の想い出や経験を綴ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 14日(平均11.5回/週) - 参加 2018/12/04 16:28

Kresna さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ナースのマリー 7 (バンコクのVIPシネマ)
  • 2017年7月。 私はタイに飛んだ。 基本的に私がタイで仕事をするのは、10月〜3月の半年間だ。なので4月〜9月の半年は、タイで仕事がないんだけど、家族には「仕事」と言って出る(笑) 過去のアルバムを見ると、7月に行っているので、これは遊びに行っているようだった。 写真を振り返ってみると、私は映画に行っていた。 皆さんは、こういった写真を見られた事があるだろうか? Bangkok Airways Blue Ribbon Screenの広告 [続きを読む]
  • ナースのマリー 6 (タイの誕生日)
  • もう本気の恋はしない。 アミとの別れを決断した時、私はそう誓った。 アミはフリーランサーだった。若い頃はどこかの店に在籍していていた「元嬢」だっただろう。 ・早い時間にお休みメール 客を取りに行ってるんじゃ? ・メールのレスポンスが遅い 同時に色んな男とメールしてるんじゃ? ・地元に帰る 別の男と旅行に行ってるんじゃ? こういう感じで、疑心暗鬼になってきたら、手遅れ状態だ。 こんな事を考えた毎日は [続きを読む]
  • ナースのマリー 5
  • あれからマリーとはどうなったか? バンコクで会おうという”カラ約束”をして、逃げた私。 バンコク滞在中、LINEはブロック 帰国後、スマホが盗難されたことにして、未読スルーのイイ訳にした。 冷静に考えると、ひどい事をしちゃったな... タイムテーブル的に、色んな話が被ってくるんだけど、マリーに出会った頃は、アニー・ナンシーの3本柱を軸とした”タイコミュニケーション”を取っていた。 この頃は、まだ暇な [続きを読む]
  • フェアトレードについて考える
  • Facebookでタイ人の友人がシェアする記事なんだけど、たまに「現在/未来のタイ」についてのコラムがある。 最低賃金の引き上げから始まり貧富の差を減らそう子孫のために豊かな国作りを目指そう 簡単には、そういった内容の記事だ。 こんな時、貿易をしている私は少し複雑な気分になる。 タイへ旅行に行く人たちにとっても、他人事ではないかもしれない。 2018年1月撮影(in ?????????????????) タ [続きを読む]
  • 続)初めてのタイレディとの恋愛 (最終回)
  • それからのアミとの付き合いだが、私的には一定の距離を保った状態で進んだ。 一度冷めた恋。そして彼女はフリーランサー 再会前に、一般人と結婚まで考えていた私にとって、再度ハマる要素は少なかった。 彼女から送られてくる画像や動画は、楽しいものがいっぱいで、傷心の私を癒やすに十分だった。 アミは友達としては最高のパートナーだった。 雪を見た事がない そう言う彼女のために、私は日本行きのチケットを用 [続きを読む]
  • 続)初めてのタイレディとの恋愛 4(インドネシアからバンコク)
  • 2017年1月。 私は仕事でインドネシアを周遊し、帰りにバンコクに寄る日程を組んだ。 この内容はインドネシアからバンコクまでの出来事になります。 旅行記のスタイルで、詳細を記載する流れで。 インドネシア(ジャカルタ以外)に仕事がある日本人の場合、利用するアライアンスは「ガルーダインドネシア航空」か「シンガポール航空」の2択になる可能性が高い。 私の場合は、国際線はSQ(シンガポール航空)になる。 2 [続きを読む]
  • 続)初めてのタイレディとの恋愛 3
  • 帰国日。 私はアミと「ラチャダ」で待ち合わせをした。 1年数カ月ぶりの再会。 大きく変わったのは、彼女が車で来たことだった。 別れの発端は「車の購入」を巡っての話からだったな〜。 久しぶりに会って思ったのは アミに対しての気持ちは十分吹っ切れていて、出会いも含め、いい思い出に変わっている。 ということが確認できた。 彼女と私の立ち位置を冷静に見る事ができ、自分のレベルが少しは上がっている事もだ。 [続きを読む]
  • 続)初めてのタイレディとの恋愛 2(中国国際航空Cクラス)
  • アミからは意外にも 連絡したのに、返事が無い という返信が。 実は私は、別れを決断すると同時に相手をブロックする習慣がある。 過去と決別するため、そして過去を振り返らないためだ。 この連絡までアミとは、1年以上空いていたので、アレからの事や思い出話に花が咲く。 空白の1年を埋めるには、そう時間はかからなかった。 来月(12月)上旬にバンコクに行くんだけど会えるかな? アミの返事は、もちろんDai(OK) [続きを読む]
  • 続)初めてのタイレディとの恋愛 1
  • 私が最初に恋をした、タイレディのアミ。彼女はフリーランサーだった。 現役から引退している彼女は、日常生活において「客を取っている姿」を見せないため、私は「一般人」と勘違いをしてしまい、彼女の「かゆい所に手が届く魅力」にドップリとはまってしまう。 しかしたった一言のジョークで、彼女との関係が終わり、私は目が覚めていく。 そういう物語であった。 初めてのタイレディとの恋愛 全26話 で、一旦完結している [続きを読む]
  • 黒髪のナンシー 最終回
  • *** 最初に *** 昨日から相互リンク先として「ブログ村」を追加させていただきました。(応援よろしくお願いします 実は今までブログ村に登録されているブログを見た事が無かったんだけど、見ると興味深いサイトがいっぱい。 実際にブログを拝見していると・・・色々面倒な事(作業面)が多かった。 アメブロもそうだが、ブログのシステムには常に疑問を持っている。 そのシステムだが、過去の内容を連続で読みにくい カテ [続きを読む]
  • 黒髪のナンシー 6
  • 私は、プロンポンのホテルにチェックインし、BTSに乗った。 この日は日曜日。少し両替をしにサラデーンに。 皆さんがよく知る光景。夕方?頃のBTSの下は、ローカルフード屋台がいっぱいで活気あふれている。 においに負けそうになったが、サイアムに向かった。(笑) 私は、サイアム駅内の「KARMART]前にいた。 ここでナンシーと待ち合わせをしていたからだ。 ※ナンシーについては「黒髪のナンシー1〜5」ご参照 [続きを読む]
  • ブリラムのアニー 最終回
  • 仕事の関係で、本日は更新が遅れ申し訳ございませんでした。 **** 続き **** 昨日のブログの最後に書いた 5PMにAsokでマリーとの約束だが・・・ 本当は何らかのいい訳をして「行けない」という事にする予定だったんだけど、アニーとの前半は「ゴメンナサイ攻撃」をしていたので、ほったらかしにしていた。 マリーからは怒涛のメールが入っていたが、未読スルーにし、ややこしいんでついてにブロックしてしまった。 [続きを読む]
  • ブリラムのアニー 1(ルブアの紹介)
  • この辺のことは、私がブログを始めた頃にサラッと1行で、まとめてしまった話しだ。アレから5カ月程度経過して、多少ブログ構成が慣れてきたので、当時の思い出を振り返ってみようと思う。 この時に、私がブッキングしたのはルブアだった。 最初に泊ったのは、2回目のバンコク滞在の2012年ごろ。 当時は夜遊びも知らなかった時期で、スカイバーにも興味があり、私はココに泊った。 部屋からのビューが素晴らしいのを [続きを読む]
  • ナースのマリー4(アニーとダブルブッキング)
  • そして。。。ドンムアン空港に到着。。。 時間通りなら、私はブリラムからの飛行機より15分早く着く予定だったが。。。当日ディレイで25分程度の遅れだ。 ということは。。。。 アニーに見られる可能性が非常に高い いうことだ。 国内線の出口は1か所。 そこにアニーが待ってて、私たちを見つけた時点で.... 私は終わる... ブリラムからの飛行機も遅れている事を祈り 帽子を出来るだけ深くかぶり下を向いて歩く [続きを読む]
  • ナースのマリー 3
  • コーヒーを飲んでいると、マリーから衝撃的な提案が来た。 朝食を食べながらの景色。suneeホテルはジサツの名所でもある。 実は、ここに来る1週間ぐらい前に、 「私もバンコクに行こうかな?」 と聞いていた。 彼女はこの日を含め、私が来るために有給を3日間取っていた。 そして、コーヒーを飲んでる私に 【マリー】:私もあなたと同じチケットを取ったの! そう言ったのだった。 同じ飛行機に乗って私もバンコクに [続きを読む]
  • ナースのマリー 2
  • マリーに会い、とりあえず晩飯にということで、どこかのモールに行った。 この時彼女は車がなかったため、タクシーで移動したんだけど、ここウボンはタクシーが非常に少ない。 イサーンは車社会なので、現地人はよほどじゃないとタクシーを使わないため、旅行者などに限定される。 本当は写真があったんだけど、事情があってそれがない(笑) その理由は後ほどご説明します。 マリーはこんな感じ。 LINEに残っていたその日の [続きを読む]
  • ナースのマリー 1
  • 私はウボンに到着した。 ウボンラチャタニ空港 今では何度か訪れている空港だが、どれくらいの日本人が来たとこがあるんだろうか? 工場へ行く途中で、取引先の社長から昼飯を食おうと。 クッティヤオ屋に入って、クッティヤオを食べた後、イサーン料理だということで是非食べてほしいと出てきたのがコレ。 これらをライスペーパー巻いて食べるらしい。 こういうのって最初の一口はいいんだけど、すぐに飽きるんだよね [続きを読む]
  • 黒髪のナンシー 5
  • 2016年3月。 2カ月後、私は再びタイに行く事になった。 この時は、初めて商品の検品にウボンラチャタニーに行く事がメインだった。 私のブログのタイムテーブルが混ざってしまったので、この辺が分かりにくくなってしまったが、2015年の夏に、私はそれまでインドネシアで生産していた商品をタイでの生産にシフトする事を決めた。 その理由は、「仕事という名目」がタイに欲しかった。 ただそれだけだった。(爆) それ [続きを読む]
  • 黒髪のナンシー 4(エビ釣り)
  • BTSでエカマイに向かった私達。 これを読んでいる人はタイの事を知っている人が多いと思うので、BTSや路線図などについては書かないが、モーチット駅について少し言うとBTSの始発駅になる。 始発駅ということは、座れる可能性があると言う事。 エカマイまで距離があるので、普通に考えると空いてれば座る。 しかし、日本人の私は電車ではほぼ座らない。※よほどの時は座る(笑) 電車に乗ると、ナンシーは席が空いてるの [続きを読む]
  • 黒髪のナンシー 3
  • あくまでも私の持論ではあるが、出会いkei(一般)でのコミュニケーションにおいて、 会ってみたいと思っているか? ここが、最重要課題ではないだろうか。 会うためにやってるんだしね^^; 実際、もう2年近くこの遊びをしていなく、今でもコンタクトを取り続けている人は、ほとんどいない。 友達としてでもいい。長く人間関係を続けていくには、絶対に会う必要がある。と思う。 会わないと何も始まらないのだ。 会 [続きを読む]
  • 過去の記事 …