言樹 さん プロフィール

  •  
言樹さん: 文学嫌いの慶応文学部生が院試目指す
ハンドル名言樹 さん
ブログタイトル文学嫌いの慶応文学部生が院試目指す
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mad_grammarian_/
サイト紹介文文転した文学嫌いの筆者が院試、学習状況、日常を書く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 7日(平均9.0回/週) - 参加 2018/12/04 19:24

言樹 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「右」の定義
  • 定義という言葉を調べていたら、あるブログ(https://quizknock.com/migiisnani/)の記事を見つけました。右の定義だそうで、以下に引用します。さあ、右を定義しよう。右とは「コバルト60の崩壊に伴い発生するβ線が多く飛ぶ方向をS極、逆側をN極と定め、S極を上、N極を下として、これに直交する導線に電流を流す時、電流手前から見て導線に力がかかる向き」である一般教養の数学の授業で教員が、「国語の辞書ではすぐ、Aの定義にB [続きを読む]
  • 鍋!
  • 鍋が美味しい季節ですね!タラと鶏肉、アサリを投入しました。輪切り唐辛子が良い隠し味です。ちょっと具がなくなってきたら、もやしでかさを稼ぎます。今年は白菜など鍋の具材が安いようですよ。締めは、フォーです!料理番組でやってました。A:そなたは何故迷っている?B: 舌を出したアサリを熱湯にぶっ込むのは気が引けますA: では何故アサリは熱すると殻を開くのかB:そういうものなのでは?A: では、何故アサリは、人が食べら [続きを読む]
  • 文学部の講義は内容が被っている
  • 理系であれば、一年生で習った数学や実験技術は身に付いているものとして、次年度の内容が始まると思います。しかし、文学部は必ずしも講座間に連続性がありません。各々が独立した扱いなので、日吉の言語学で習った、認知言語学の基本と似たような内容を、三田の英語学習の前期にもう一度やって、別の英語学の始めにまた同じ内容…というダブつきが、相当程度あります。確かに、改めて見直して得るものが無い訳ではありません。で [続きを読む]
  • 院試は学部入試より簡単?
  • いやいや、んなわけないでしょ!一年半あげるから、東大理Ⅰか理Ⅱ受かれって言われたら、僕は受かる自信ありますよ!文科は歴史嫌いだから勘弁です(笑)何故かというと、・院試は問題の範囲が明確に定まっていないし、大学ごとのばらつきも多い学部も特に90年代は奇問が多かったが、定員が数百人単位であるなら、標準からやや難くらいが実際に解くべき問題。一方、院試は定員が少なく、どんなにマニアックな問題を出しても、ずば抜 [続きを読む]
  • お、木々が紅葉(もみじ)ってる!という表現
  • 紅葉(もみじ)っている葉は美しいまるで不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった、的な言い方ですね…これは、高校までの古文では見ない言い方ですが、昔の日本語に出てきます。終止形が「もみづ」の動詞があるのです。○万葉集の用法はぎのしたばは あきかぜも いまだふかねば かくそもみてるわかかへるての もみつまで最初のは、「ぞ」がつくから完了「り」の連体形が語末に付いた已然形。受験生が大っ嫌いな奴ですね。どう [続きを読む]
  • 大阪旅行
  • 大阪旅行に行ってきました。たこやきとお好み焼きが定番ながら美味しいです。関東よりもこってりしてないのが印象的ですね。お好み焼きなんか、ポテトサラダみたいにホクホクしてて、あっさりしてます。たこ焼きは天かすが入っています。テレビで、お好み焼きがご飯のおかずとかないわー思ってましたが、自分は真似しませんが多少は理解できます。ポテトサラダでご飯食べれる人はいけるはず!旅行をしてリフレッシュしたおかげで、 [続きを読む]
  • 今やっている院試対策本
  • ◯言語学『言語学大問題集』昔の院試問題を集めたもの。出題者により学問的立場が異なり、それにより正解が変わる可能性はあるが、プロの学者が書いた回答で学べるのは、やはり強み。絶版だが大学図書館にはあるかも。『言語類型論入門ーー言語の普遍性と多様性』未知の言語データから類推させる問題はやはり王道。類型論は、音声から統語論まで広い分野の勉強になる。あるフィールド言語学者いわく、フィールドワークをする人間は [続きを読む]
  • ブログはじめました
  • こんにちは!ブログは昔やっていたのですが、いざ再開するとなると、何を書いて良いやら…PCを前に、大学の授業の発表のようにドギマギしてしまいます最初は勘と慣れを取り戻すつもりで、ブログのサブタイトル「よろづの言の葉を種として」について古今和歌集の仮名序にやまとうたは、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりけるという言葉があります。僕はいちおう大学で言語について勉強しているのですが、文法とか単語の構 [続きを読む]
  • 過去の記事 …