離れ小島 さん プロフィール

  •  
離れ小島さん: 韓国自毛植毛フサフサへの道
ハンドル名離れ小島 さん
ブログタイトル韓国自毛植毛フサフサへの道
ブログURLhttp://jimoufusafusa.livedoor.blog/
サイト紹介文アラフォー男の韓国自毛植毛moten医院での術後を見てもらうブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 7日(平均16.0回/週) - 参加 2018/12/05 19:31

離れ小島 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 手術後7日目
  • すっごいカサブタ取れる。触る。取れる。ハマる。赤みもかなり和らぐ。植毛部は皮膚ぺりぺり日焼けあとのようにムケてくるが、植毛部に触れることが怖すぎてそのまま放置。むしろフケのようだ。今までこんなにフケになった事がなくて困惑。残している離れ小島部分もハゲてきているのではないかと少し不安。にほんブログ村">にほんブログ村MOTEN自毛植毛医院http://www.motenhair.jp [続きを読む]
  • 手術後6日目
  • 朝カサブタが枕にポロポロ。ブラックペッパーみたい。採取部は痒みがあり、触るとカサブタさらにポロポロ。植毛部は赤みがさらにひいてきた。さらに、頭皮の薄皮が浮いてきた。フケ?早くこすり洗いしたい。全体と植毛部とどちらも少し伸びてきているような気がする。仕事中はニット帽をかぶっているの。蒸れて暑い。後頭部は圧迫のため少し痛い。にほんブログ村">にほんブログ村MOTEN自毛植毛医院http://www.motenhair.jp [続きを読む]
  • 手術後5日目
  • まあ今日もかゆい。植毛部を触りたくないが、採取部は触ってしまう。カサブタかりかり。ポロポロ。あ 取れた。黒胡椒の粒のようなカサブタが取れる。施術部の頭皮全体の色の赤みが治まってきている。顔はまだ少し腫れている。にほんブログ村">にほんブログ村MOTEN自毛植毛医院http://www.motenhair.jp [続きを読む]
  • 手術後4日目
  • 5日目の変化は、「安心感」プラス1。枕には血も汁も付いていない。カサブタか?なんなのか?状態。顔のむくみも治まってきた。画像で伝えれないのが悔しいが、有名人で言えば、ザコシショウみたいな輪郭になっていた。それが前日で今日はそうでもない。頭皮の赤みが前日より微妙に肌色に近く。後頭部採取部のカサブタが夜には取れ始めている。後頭部のガーゼのカスがいまだに取れない。しぶとい。全体の髪がほんの少し伸びてきてい [続きを読む]
  • 手術後3日目
  • 朝、枕に敷いたタオルをチェック。うすい血が2滴。もう安心かな。鏡を見ると顔の腫れが一番気になる。もみあげあたりが一番腫れていて、なんていうか「丸い」丸顔中の丸顔。施術箇所がカサブタ化し始めているように変色してきている。そのせいか痒みがある。なんとか我慢はできそうだけど、寝ている間に引っ掻かないか不安が残る。実は画像を取り損ねたが、手術日の夜に触ってしまった時に何か汗のようなものがオデコを伝わってき [続きを読む]
  • 手術後2日目
  • 起床。夜寝る瞬間少し痛かった。朝は枕に敷いたタオルのチェック。まだ少し血と汁が出ている。流石に36時間ぐらいでは傷は塞がりきらないらしい。後頭部が少し突っ張る。問題は無い。顔の腫れが広がって顔全体の半分上が試合後のボクサーのように腫れている。アラフォーの自分の肌だとハリが出て少し若返る。冷えピタの範囲を広げる。完璧と思ったら流石に5枚貼ると寒くなりフリースを着る。頭皮泡シャンプーの画像泡だてボールお [続きを読む]
  • 手術後1日目夜
  • 日本に到着。すぐに帰宅。ガーゼの上からのニット帽を脱ぐ時は少し怖い。引っ張らないようにクルクル巻いていく作戦を実行。とても良い。冷えピタを取った。少し汗で光っている。よく見ると2日目でというか24時間後で少し腫れてきている。冷えピタは寝るときも移動中も貼っていたのでこのまま腫れすぎないことを願う。そして恐怖のシャンプー。パリパリになっているガーゼ。ぬるめの湯と優しいシャワーで結構濡らしてから5分ぐらい [続きを読む]
  • 手術後1日目
  • 日本に帰る日。ガーゼから滲み出ている血と汁が混ざって薄朱色になったものが枕に付いている。ホテルのタオルを二つ重ねておいてよかった。よく見たら枕カバーにもうっすら付いていたけど、気にしないでおこう。頭皮は血が固まっているような状態。後ろのガーゼはカチカチになっている。着替えのおすすめ緩めのタンクトップ×シャツorパーカータンクトップが下から(足の方から)着れるという裏ワザ。9時55分イ ゼチョン氏との待ち合 [続きを読む]
  • 手術日 その4
  • ホテル到着。イ ゼチョン氏に送ってもらい会計までも通訳してくれる。この頭だと外に行けないので、出前を取ってくれた。なんて気の利く人だ。ただ、お気に入りの出前が時間的に終了しているので、別の店のものを頼んだようだ。とても美味い。素直に美味い。韓国料理好き。量がかなりあるので、コレで15000ウォンは安いのではないか。今日から薬を忘れずに飲むイ ゼチョン氏はすでに帰った。仕事ができる人だ。信頼ができる人だ。 [続きを読む]
  • 手術日 その3 グロ画像注意
  • 次に採取した2600グラフトの植毛。今度は仰向けでの始まりそして恐怖の麻酔プスプスプス・・・横の方痛い。そしてまたサイの皮膚への変身。リズミカルな音サクサクサクサクッなにやらとても早い。終わったかなと気を抜いていたら女性の先生2人がなにやら狙いを定めて刺しているようだ。なるほど、先に穴を開けて、次に植毛か。サイの皮膚はイノシシのようになれるのか!?途中何度もいびきをかいて寝たような気がする。それほど麻 [続きを読む]
  • 手術日 その2
  • before画像を撮ってもらい手術室へバリカンでツルツルまで行かないぐらいに坊主にしてもらい(産まれて初めての経験かも)手術台へ。イ デヒ先生は優しく「麻酔しますよー。少し痛いですからね。」他の方のブログを見て覚悟を決めていましたが、どこの医院でもこの麻酔の瞬間が1番痛い。自分はキワのラインが涙が出るほど痛い。プスプスプス(リズミカル)コレさえ乗り越えればプスプスプス・・・コレさえ・・・・ああああ嗚呼嗚呼アア [続きを読む]
  • 手術日
  • 約束の9時10分丁度にホテル前に行くとイ ゼチョンさん丁度来る。昨日のBMWで。海外の人はなぜか時間にルーズな印象があったのに彼はとても正確。昨日のホテルまでの時間も1時間丁度。そしてコレからのMOTEN自毛植毛医院までも宣言通り50分ピッタリ。聞いてみたら、そういう性格なようだ。自分はそういう人間は好きだ。MOTEN自毛植毛医院で少し待つそのあとカウンセリングをしに行く。イ デヒ先生登場。とても優しいオーラがある。 [続きを読む]
  • 出発日 その2
  • ホテル到着よくわかりません類の深みが滲み出ている系のビル入り口なんかね。こんなもんかな。でも中身はとてもキレイ。そして、40000ウォン(4600円ぐらい)と海外にしてはとても安い。イ ゼチョンさんが、安い値段だったらと探してくれたそうだ。しかも、トイレがウォシュレット付き。自分は海外で初めて見た。韓国はデジタルや家電が強い。ホテルwi-fiも調子が良い。「お腹すきましたか?」YESそして、一旦ホテルを出て、サムギョ [続きを読む]
  • 出発日
  • 忘れ物がないか最終チェック。そして出発。意外と緊張していない。飛行機は乗り慣れているんで、むしろ心地いい。1つ後悔していることは、新しいブーツの履き初めが今日なので、少し紐をキツくしすぎて足パンパン。それぐらいどうでもいいことを気にするぐらい心が平和。韓国に到着外は雨出口まで結構距離があったので(シャトルトレイン?乗りますよ)歩きながら空港のフリーwi-fiが届くところでイ ゼチョンさんに到着の連絡LINEを [続きを読む]
  • 出発前日
  • 何度かイ ゼチョン氏とラインでやり取りをして手術日が決まった。1ヶ月ぐらい待ったかな。人気なんだなと逆に安心。そして出発前日の買い出しをする。ダイソーにて・コンセント変換機cタイプ・バスタオル(手術後の枕用)・ニット帽(手術後のかぶる用ゆったりめ)ドラッグストアにて・冷えピタ子供用12枚入り×2(顔が腫れてくるみたいなので、顔や隙間も貼りやすいように小さめタイプを選んだ)準備完了ナビゲーターのイ ゼチョンさん [続きを読む]
  • 韓国での自毛植毛への決意
  • はじめまして「離れ小島」です。私はアラフォー男性ですが、最近特に髪型が決まらなくなってきたことを感じて、ミノキシジルを使ったりしましたが、使えば使うほどの「もう遅い感」が見えてきまして、以前から気になっていた自分の髪(後頭部の毛)を毛根ごとハゲている頭部に移植するという「自毛植毛」手術を調べていました。様々なクリニックの説明や画像を見ていく中で、ブログでの体験談がすごく多いことに気づきました。しかも [続きを読む]
  • 過去の記事 …