こなー3 さん プロフィール

  •  
こなー3さん: 嫁姑バチバチ夫もつらいよ
ハンドル名こなー3 さん
ブログタイトル嫁姑バチバチ夫もつらいよ
ブログURLhttps://yomeshutomeotto.hatenablog.com/
サイト紹介文嫁姑がいがみ合ったりいざこざがある中で夫もいろいろ大変。そんな毎日の鬱憤を日記に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 8日(平均7.9回/週) - 参加 2018/12/06 21:11

こなー3 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • な〜んか、気分が乗らない日だなぁ〜
  • そんな日ってありませんか?ないですか?いいですねぇ〜。羨ましい。夫は、情緒不安定なのでしょう。それまで普通だったのに、急にむしゃくしゃしてきたり、な〜んにもやる気が出なくなってしまうときがあるんです。知り合いが言ってたけど、そういうときはちょっと俯瞰して自分を冷静にみるといいらしい。すると、気分を乱している原因っていうのは、意外に小さな問題だったりするらしいよ。眼の前にあると、小さなものも [続きを読む]
  • 忘年会も2次会は行くのが勇気がいるんだよなぁ〜
  • 忘年会真っ盛りですよね〜。自分たちの同僚はもちろんだけど、他のテーブルで飲んでいる人たちも、盛り上がってて楽しそう。まぁ、忘年会だもんね。1年のいろんなことをお酒でわ〜っと洗い流しちゃおう!みんなでワイワイ飲むは楽しいよね。でも、2次会どうする?って誘いにどう答えるか。。。迷う。本当であれば、行く!行く!の二つ返事なんだけどなぁ〜。いつの頃からか、「今日はやめとくわ!」って [続きを読む]
  • 妻に負担にならないようにと言ったら怒られました
  • うちは、どうしても嫁姑の問題があって、何かと家の中の雰囲気がピリピリすることが多い。だから、なんとか和ませたいというか、そういう雰囲気になる前に自分でその芽を摘もうと思って、いろいろサポートしたりするんだけど、妻から「なんか無理してない?大丈夫?」とかって、言われたので、「大丈夫だよ。妻が疲れてしんどそうなのを見るほうがしんどいから」って言ったら、「はぁ〜?なにがどうなったって、同居 [続きを読む]
  • 親の病院回りに付き合ってきたよ!
  • 今日は、親の病院回りの運転手として朝はやくから行ってきたよ。いつもは、うちの奥さんが運転手として1日がかりで付き合うんだけど、毎回帰ってきて「はぁ〜、疲れる。マジしんどい。 私は奴隷なの?」って、本当にしんどそうなので、今日はいろんな理由をつけて夫が参戦!でも、夫が運転手でいくのは、嫁姑双方、腹にいちもつ、背に荷物状態。な〜んか、言いたそうな雰囲気。。。夫は夫で、嫁姑双方の気持ちの負担を。。。って [続きを読む]
  • 夫には華金というより、週末の憂鬱な時間を乗り切る鋭気を養う日
  • わたくし夫は、週末が憂鬱です。というのも、週末はず〜っと家族が一緒にいるからです。我が家は、ちょっと変な同居生活を送っています。どう変か?というと、うちの親の家は、夫の家から車で1時間ちょいくらいのところにあるんです。平日は、ほぼほのそちらで生活しています。そして、週末一緒に過ごします。子どもたちは、じじぃ、ばばぁが家にいるので喜びます。妻は、面倒臭がります。そりゃそうです。食事もつくる量が増える [続きを読む]
  • 嫁姑あるあるー共通の敵を見つけたときの一致団結
  • いつもはアレだけお互いに隠れて文句を言い合っているのに、共通の敵を見つけたときに団結力って信じられないくらい強い。そういう姿をみていると、「結局は、仲いいじゃん!」なんて、ちょっとホッとしたりするんだけど、そんな幻想は一気に崩れ去るのが現実。嫁姑あるあるの『共通の敵には一致団結』ってのは、一瞬。一瞬にして夫の夢のような時間が終了するのも嫁姑あるある。。。にしても、夫(オレ)を共通の敵にしたときのツ [続きを読む]
  • FNS歌謡祭、なんか例年と違った?
  • 今日は、嫁姑問題じゃないです。といっても日記2日目なのに、いきなり全く関係のない話になっちゃうのってどうなんだろ?って思ったけど、まぁ、個人の日記だしね。それはそうと、FNS歌謡祭。FNS歌謡祭を見ると、今年も終わるんだぁ〜って思います。今年は、なんとなくですが流行語大賞も不発的な感じで、そんなに世間一般で話題になってないような。FNS歌謡祭も、な〜んとなくですがいつもと違う感じが。。。やっぱり、SMAPがいな [続きを読む]
  • 嫁姑の間での夫の苦悩も
  • いつか書こう、いつか書こうと思いつつ、今日まで来てしまいました。はじめまして、夫です。タイトルと見てもらえばわかるでしょうが、嫁姑の間で振り回されて苦悩している夫です。夫は、気が弱いので嫁にも親にもついついいい顔をしてしまいます。それが、結果的に嫁姑問題で苦労する原因だってことはよくわかってはいるんです。でも、少しは夫のことも考えて欲しい。みんながハッピーになれるように、いろいろ考え、我慢している [続きを読む]
  • 過去の記事 …