chestetree さん プロフィール

  •  
chestetreeさん: meli - melo
ハンドル名chestetree さん
ブログタイトルmeli - melo
ブログURLhttps://chastetree.hatenablog.com
サイト紹介文内向型、ウツ気味、無趣味、小学生の子持ち専業主婦。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 34日(平均4.1回/週) - 参加 2018/12/09 17:45

chestetree さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • パソコン作業
  • 年を無事越せたと思ったら、もう年度末の準備。最近はスマホでなんでも調べたり申し込んだり出来るようになってきたけど、やっぱり重要な手続きにはパソコンが必須。昨日の朝は、子どもを送り出した後すぐにパソコンに向かった。働いていた頃は、パソコンに毎日向き合っていたのに、家でやるのはなんでこんなに苦痛なのだろう。パソコンをやる姿勢も悪いのか、すぐに首が疲れて頭痛になってしまう。手続きのわかりづらさや、IDやら [続きを読む]
  • 情報から遠ざかる
  • 冬休みが終わり、また気持ちが落ち込んで、体もなかなか動かない日々が来るのだろうかと覚悟していた。けれど、学校が始まった今、不思議と落ち着いて過ごせている。休み中にサボってしまったそうじを再開して、家の中を忙しく動いている。頭痛も少なく、体の調子も悪くないせいか、いつもより張り切ってしまう。休むのが怖くなるくらい動いている。テレビを見なければ、流行の話題に一喜一憂しなくてすむし、登校する我が子をベラ [続きを読む]
  • 年賀状
  • 今年も年賀状をたくさんいただいた。わたし宛はもちろんゼロ。毎年年賀状のコメントを考える必要もないし、誰に出すか悩む必要もないし、毎年悩みながら書く旦那を見ていると、ある意味気楽ではある。旦那は機械が苦手なので、年賀状作成はわたしが担当。写真入りの年賀状は卒業したかったけれど、写真はどうしても入れたいという希望のもと、子どもだけの写真を小さめにレイアウトした。本当は、家族写真を使いたかったようだけど [続きを読む]
  • ふりだしに戻る
  • 冬休み年が明けるまでは慣れないリズムに調子を崩してしまっていた。普段いない旦那も約一週間の冬休み。内向型のわたしと正反対で、外向型の旦那。ここへ行きたいと突然言ってみたり、夕方一人でぷいっといなくなったり。子どもと二人の夕食も何度かあった。食べ終わった頃にバタバタと帰宅してくるのでもう一度夕食作りがふりだしに戻る感覚。冬休みはじめの頃はこんな夕食になる予想をしていなかったので、いつものリズムが崩れ [続きを読む]
  • わたしばかり損している
  • わたしばかり損しているダメな人の口ぐせらしいけど、そう言う人はそんな気持ちになった事ないだろうし、損はした事ない人だと思う。声の大きい人、影響力のある人に皆寄っていくし、なんでも引き受けてるフリして、目立たない事はわたしの様な声の小さい、何も言わない人に押し付ける。いかにも忙しいフリして。だったら初めから引き受けないで。わたしばかり損している体調が悪い中必死でやっても損。体調が悪いと声に出した人に [続きを読む]
  • 冬休みの過ごし方
  • 長期休みの恒例、子どもと二人で映画を観に行った。わたしが一人で連れて行ける数少ない場所。候補は3つあったけど、安心のディズニー映画にした。昼過ぎに帰宅して軽いランチ。冬休みは家にいても、子どもの遊び声がほとんど聞こえず、他の家庭を気にせずに過ごしていられる。もしかしたら皆出かけているのかもしれないけれど、姿が見えない方が気持ちが楽。我が子は、一人遊びを楽しむ日もあるし、友達と遊びたくなったらインタ [続きを読む]
  • クリスマスイブ
  • クリスマスイブの夜。今年は祝日で旦那の仕事もお休みだったので、家族三人で夜の食事をする事が出来た。家族が揃う、しかも、こんなに落ち着いてゆっくり食事をするなんて、一年に一度あるかないかくらいだと思う。家族で食事できることが楽しい、幸せそう旦那が言った。我が子は普段話す機会の少ない父親に、最初は遠慮気味に接していたけれど、もう元通り、にぎやかに接している。わたしは、他の人の言う言葉を素直に受け取る事 [続きを読む]
  • わたしの世界
  • 我が子は自宅から少し離れた場所へ習い事に行っている。もっと近くにも同じ条件の所はあるのかもしれないが、口コミを得られるはずはないし、探すとしたらインターネット。そうやって探していった結果、車で通える距離の所へ通っている。今では学年や性別を超えた習い事での友達がたくさんいる様子。助手で来ている学生さんにも、気さくに接してもらっているようだ。わたしの子どもの頃の習い事といえば、ほとんど同じ集合住宅に住 [続きを読む]
  • 生きることのむなしさ
  • 人に会うのが本当に怖い。知ってる人初対面の人レジやお医者さん、美容師さん、仕事だからわたしと対面している人全員の心の中でわたしはマイナス評価されていると思う。よく、どん底に落ちたら後は上がるだけとかいう言葉を聞くけれど、わたしのマイナス評価は底なし沼だし、むしろ忘れてもらえる方がマシだと思う。人づきあいは自分らしくとか積極的にとか言われてもピンと来ない。友達もいないから一人では何もしないし、どこに [続きを読む]
  • 性格の違いすぎる親子
  • 我が子が少し咳をしていたので、風邪薬を飲ませた。宿題を終えて遊びに行こうとしたので、今日はやめといたら?と言った。わたしの言葉に納得はするけれど、遊びに行けないショックで少しふてくされていた。しばらくするとそのまま眠ってしまっていた。目が覚めたのは、17時過ぎ。もう外は真っ暗で、遊ぶ時間もとっくに過ぎている事がわかった我が子は、突然うわーんと泣き出してしまった。毎日我が子と接していると、本当に考え方 [続きを読む]
  • パーティーシーズンの一人下校
  • いつもは誰かしら友達と下校する我が子。いきなり玄関のドアをガチャガチャっと開けようとするのが日常。だけど、昨日はエントランスのインターホンが鳴った。一人下校だった。そして、いつもは習い事に行く前の短い時間ですら遊びに行く我が子なのに、今日は黙って宿題をしている。この時期、パーティールームの明かりが毎日ついている。我が家から中は見えない。入り口の明かりだけ。敷地内では小学生らしき子ども達がたくさん遊 [続きを読む]
  • 夢の中の話
  • 一日のうち、大人と話す言葉は、レジでの返事と挨拶くらいだ。丸一日ひきこもる日も多いから、大人とはしゃべるどころか、会わない日の方が多い。テレビからは多すぎるくらいの情報が入ってくるので、あまり見ないようにしているが、どうしても子どもと過ごしていると、耳に入ってしまう。スマホも見ないようにしたいが、こちらは手放せなくなってしまっている。テレビやネットでの情報、子どもからの話。それらを普通は夫婦の会話 [続きを読む]
  • 内向型の家族団欒
  • 週末は珍しく旦那が休みだった。いつもなら子どもと二人。わたしがキッチンに立っている時、子どもは好きな事をしたりしてそれぞれの時間を過ごす。時々子どもの会話につきあう。わからない事を調べてあげたり、手が濡れていたり、料理のタイミングが悪ければ待ってもらう事も出来る。それが一人大人が増えると全く状況が変わる。わたしはいつも通りキッチンに立っている。けれど、スマホやテレビの音声は二人分聞こえてくる。カラ [続きを読む]
  • たった15分の個人面談
  • 冬休み前の小学校の個人面談があった。大体どのクラスも時間オーバーしていて、聞こえてくる話し声。一体どんな事を話しているのだろう。我が子には面談前に、学校で困っている事がないか聞くのだけど、いつも決まって、学校楽しいよー、の返事。いざ面談に臨むも、先生からも、特に問題なしとの返答。冬休みの宿題を聞いてみたものの、予想通りの宿題ばかりで、気の利いた言葉も浮かばない。幸い、担任の先生は人の話をうまく広げ [続きを読む]
  • 頭痛と週末の予定
  • わたしはひどい頭痛持ちで、月の半分以上は頭痛の日。大体は朝方に頭が痛くて目が覚めて、そこから憂鬱な一日の始まり。すぐに薬が効く日もあるけれど、大体は次の日まで痛みが続いて、ひどい日は吐き気が止まらなくて三日間くらい寝込んでしまう時も。病院に行った時期もあって、毎日飲む予防薬をもらったりしたけど、結局は痛くなる前に飲むという対処方法しか教えてもらえなかった。話やすいおじいちゃん先生だった。ただ、目覚 [続きを読む]
  • 親子喧嘩
  • 我が家の親子喧嘩の原因はいつも時間に関係している。小さい頃から「早く!」という言葉が全く通用しなかった。むしろその言葉を使うとわざとのんびり行動になる時があるので、「早く」という言葉は滅多に使わない言葉になっている。昨日は、遊びながら宿題をしていて、あまりにも時間がかかりすぎていたので、つい怒鳴ってしまった。「遊びながら宿題やらない!」「早く…早く!早く!早く!」わたしは怒りだしたら納得いくまで口 [続きを読む]
  • 機械式駐車場
  • 機械式駐車場が苦手。同じレーンの人とタイミングがかぶってしまったら、その無言の視線とプレッシャーに耐えるのに頭がいっぱいいっぱいになってしまう。ゲートが開くまで停車している時も、猛スピードで通り過ぎていく車があれば、邪魔になっていたのだろうかとずっともやもやが頭から離れなくなる。少しハンドルさばきを間違えて何回も切り返ししたなら、下手くそという声が聞こえてきそうで、その場から逃げ出したくなる。車が [続きを読む]
  • 子どもの褒め方
  • 自己肯定感が0の親にとって、子どもを褒める事はかなりの体力を使う。昨日は我が子にとっていい事続きの一日だったようだ。「今日、図工の作品が選ばれた!」やったね!どんな作品作ったの?うれしいね!わたしの頭の中にある辞書から精一杯の言葉を全部口に出す。何にどう選ばれたのかはまだ詳しくわからないけれど、自分でも満足のいく作品が出来て、クラスで選ばれた様子。会話がひと段落すると、また、「今日、図工の作品選ば [続きを読む]
  • 週末のバーベキュー
  • すっかり寒くなってきたこの頃。我が家のベランダからは、バーベキュースペースとパーティールームの明かりが嫌でも目に入ります。そして週末になると必ず聞こえてくるのは、バーベキューのにぎやかな声。今週末は子ども達のにぎやかな声がしてきた。子どもに聞くと、同じ学年の子達が集まってるそう。そういえば顔見知りのお母さんが中心にいるような…。わたしはバーベキューとは無縁。旦那の職場のバーベキューに2回 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 専業主婦です。小学生の子とほぼ不在の旦那。ワンオペ子育てしています。無趣味です。食にすら興味が湧きません。内向型です。さみしがりなので、昔ははがんばって友達作らなきゃとか、表に出ようとがんばってたと思いますが、最近はほぼ引きこもりです。人が怖いです。外出に恐怖感があります。外出したらいつも逃げるように帰宅します。冬はマスク依存です。友達なし。ラインの登録は学校の登校に関わる方達のみ。昔の友 [続きを読む]
  • 過去の記事 …