銀兎 さん プロフィール

  •  
銀兎さん: 花月夜
ハンドル名銀兎 さん
ブログタイトル花月夜
ブログURLhttps://gintukiryu.hatenablog.com
サイト紹介文ヒーリングルーム銀兎のブログ。 レイキ講座、猫、うさぎ、アニマルレイキ、龍神さんのお話。不思議。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 29日(平均4.6回/週) - 参加 2018/12/19 10:34

銀兎 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 見送り
  • 11歳4ヶ月のウサギさんを見送りました。飼い主の務め、必ず通らないとならないお別れですが、悲しく寂しいですね。去年から体調を崩すことが増えていき、その都度、復活してくれました。麻痺した足も綺麗に治りました。ウサギの平均寿命は7歳です。老いているとわかっていても、まだ頑張ってくれるのではと思ってしまいます。レイキのおかげか、最期まで食べていたり復調傾向に思えました。最期までレイキを送りました。私の [続きを読む]
  • 妖精の住む部屋
  • 目に見えない存在ですが、精霊や妖精っているんだそうです。我が家に視えるご夫婦が来た時にお二人でアッ!と言いながら上を見られてこの部屋には精霊さんがいるね。キラキラと丸い玉が跳ねているよ??と言われました。そういえば台所で洗い物していたらウサギのお茶碗の横にウサギみたいな水滴ができていたりしてびっくりしたことがありました。我が家はお花がとにかく長持ちして花束に入っていたグリーンはよく根が出てきます。 [続きを読む]
  • 2019年 今年も宜しくお願いします
  • 今日から仕事初めの方が多いでしょうか。本年もどうぞ宜しくお願い致します(*´∇`*)初詣は年明けすぐに氏神様と少し離れた麻賀多神社に行きました。日が昇ってからも、麻賀多神社に昇殿祈祷し御札を頂きました。新しい御札、新しい御守りはやはり御神気溢れてとても良いものですね。今年も無事に過ごせ健康で幸せでありますようにお祈りいたします。思いだしましたが、三年位前、麻賀多神社に向かう時に私の車に並走するよう [続きを読む]
  • ターミナルケアとレイキ
  • ターミナルケアとは終末期医療もしくは介護のことです。ペットも医療の進歩や飼い主の意識が高くなり長生きする子が増えてきましたね。我が家の長男うさぎは11歳から足腰が弱り最期は寝たきりの介護生活が約一年間ありました。ペットへのヒーリングは、受けるペットだけではなく、ヒーリングをする飼い主側にも良い効果がみられます。何故ならレイキには心を穏やかにするなど、精神にも作用があるからです。大切な子の最期を看取る [続きを読む]
  • 年越しの大祓
  • 12月31日は各地神社で、年越しの大祓が行われています。6月は夏越しの大祓をいたしましたので、この半年分の、罪穢れを祓っていただき新しい年を迎えます。人形(ひとがた)で身体を拭い、息を吹きかけ神社に持参して祓っていただけます。ペットちゃん用もあるのが嬉しいですね。ペットの場合は息を吹きかけるを鼻息でいいんですよね(^o^;)穢れ=気枯れとも言います。知らず知らずにたまった気の枯れや罪、災いを祓い新しい年を迎え [続きを読む]
  • Christmas.
  • メリークリスマス????クリスマスだから、ベランダからシリーズ?今日は天使さんです。四大天使お顔がクッキリと。私はいつもラファエルを呼んでいるので、ラファエルだと思います!全ての命、みんなに優しい光溢れる素敵なクリスマスでありますように?? [続きを読む]
  • ベランダからこんにちは
  • うちのベランダから見える空はとても狭いんですけど、何故かいろいろなおかたがお出ましになります。ベランダシリーズ、続くかもしれません(笑)雲からお顔だけがどーんと。お鼻、口が下向きの目が可愛い龍神さん。龍神さんは、私の中ではかなりリアルにお髭の動きまでもはっきり見えています。お顔がとても大きいため、片目だけ見えることが多いですが、龍神さんの目はとても光が強くて美しいものです。不思議と写真を撮ると、 [続きを読む]
  • 遠隔ヒーリング
  • レイキの特徴に離れていても、シンボルや言霊を使って癒しをおくることができる遠隔レイキヒーリングがあります。友人のペットの具合が悪い時に何度もヘルプがきました。ペットはエネルギーに敏感で、疑うという蓋が無いためか、結果が早くでる気がします。遠隔ヒーリングをはじめて10分位で、朝から食欲不振だった子が食べ始めた‼?どうもありがとうとメールが来た時は本当に良かったと思います。自分でも出掛けている時に、 [続きを読む]
  • 麻賀多神社2
  • ペットの怪我の平癒を願い3回目の参拝だったかと思います。とてもお天気の良い気持ち良い日でした。全ての社に参拝を終え帰ろうとした時でした。ふと気になり、神楽殿を写真に撮りました。写真の無断転載、複製お断りいたします。なんと、不思議なことに光のなかに男女のお姿が写っていました。個人的なメッセージの写真でもあり、モザイクありですみません。ご縁のあるお方には会った時にお見せいたします。私なりに、これは [続きを読む]
  • 麻賀多神社
  • 近くにあり、良く車で前を通っていたこの神社に初めてお参りに行ったときのお話しです。麻賀多神社・台方は印旛にある麻賀多神社十八社の惣社です。 歴史的にも大変由緒ある神社だそうです。当時の拝殿になります。樹齢約1400年の御神木は今日も静かに見守って下さいます。 目通り幹回り8m、高さ40mもある関東一の大杉で、 長寿・厄除けの守護神として崇められています。 麻賀多神社の杜は千葉県より天然記念物に指定されています [続きを読む]
  • 四肢麻痺になってしまったウサギさん その後
  • 四肢麻痺になって4ヶ月。毎日、一生懸命生きてくれました。毎日レイキヒーリングとマッサージ、時に鍼灸の治療を受けてきて立つこともできず、圧迫排尿をしないとならない状態でしたが自分で少し排尿できるぐらいに良化もしました。腸の長いウサギや馬などの草食獣は動けないことが命取りになります。胃腸の動きにも影響してきます。最期の方はやはり胃腸の動きが悪くなってしまい、眠るように天に還ってしまいました。まだ5才 [続きを読む]
  • 四肢麻痺になってしまったウサギのケース
  • ある日突然、足を引きずるようになってしまったウサギがいました。病院に行き診ていただきましたが、詳しい原因は不明。ただ、4ヶ月前に避妊手術をしたときに取った子宮に病変が認められたことと、腹水が認められたこと等から、子宮癌による神経か骨への転移の可能性もあるだろうとのことでした。投薬治療をしましたが、進行が早く後ろ脚の麻痺が前脚にも拡がり、とうとう動くことも自分でおしっこすることもできなくなりました [続きを読む]
  • 宗像神社
  • 宗像神社 御祭神:市杵嶋姫命、多岐都姫命、多紀理姫命の宗像三女神先日は動物病院へ行くときに通る宗像神社へ参拝。 いつも通る度、車の中から失礼ながら遙拝し 「無事でありますように」と願掛けをしていました。 今回はお礼参りです。龍じゃなくて獅子の彫り。 右端上のほう、、おや?白龍さんか?巳さんかな? 御眷属さんが挨拶に来てくれたのかも。天照大御神と天手力男命の天の岩戸本殿の彫り物は大変素晴らしいです [続きを読む]
  • ウサギの膿瘍(お腹)が治ったケース
  • お腹にポッコリと500円玉大膿瘍ができていたウサギさん先日、動物病院で診察してもらったときは 赤く腫れてカチコチになっていて毛が抜けてしまい そのカサブタの下は膿瘍との診断でした。治療は麻酔をかけて切開、切除しかないけど 体調の良くない今はリスクが高くて無理だと言われました。 放っておけば膿瘍はあちこちにできてくるとも言われました。投薬療法しか手がなく、口の中の膿瘍が診られないため お腹の膿瘍が目安に [続きを読む]
  • ヒーリングの効果
  • ヒーリングルーム銀兎のHPペットヒーリングの効果について当時の日記より。怪我から2ヶ月半が過ぎました。 目をぶつけてしまう事故を起こした日の事を思い出すと今も心が震えます。 怪我をした左目、血の涙が流れ眼球は1cm以上飛び出しました。 心の準備も無いまま全身麻酔での緊急眼瞼縫合手術になったあの日。 小さい体で本当に良く頑張ってくれました。 痛みにジッと耐え頑張っている姿に逆にわたしが励まされ [続きを読む]
  • 夢か現か幻か
  • 夢の中で神様は言いました。 人の本来の姿とは(神がつくった本来の人とは)あるがまま、正しき素直な心 森羅万象すべての現象に感謝の心(生かされていること) 愛とはいつくしむ心、思いやる心、愛でる心、与える心、 寛容な許す心、全てあたたかい愛の心素直な清らかな心を持ってこの世を生きていくこと。 ものごとに執着したり、ねたんだりすることなく、広い心、 感謝の心で生きていくこと。 誰に対しても慈しみの心を持っ [続きを読む]
  • 鹿島神宮
  • 2011年2月7日、あの大震災の1ヶ月ほど前東国三社巡りをしたときに鹿島神宮の龍神と出会いました。鹿島神宮御祭神:武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)日本国家成立に大きな功績を挙げられる。紀元元年、神武天皇は使いを派遣。東国鹿島の地に武甕槌大神を祀られた。お詣りを終え楼門をくぐり帰ろうとしたときです。どこからか自分の周りにだけ風が吹いてきました。風が吹くのは龍神が近くにきたとわかる時があり [続きを読む]
  • ペットヒーリングとレイキ
  • 2011年当時の日記です。ペットのウサギが目をぶつけ怪我をしてしまい、なんとかしてあげたいとヒーリングを習いました。当時の経過を書いた日記を載せていきます。ヒーリングを習って半年以上が過ぎました。 その間、ペットのウサギの怪我も奇跡的な治り方をしたと思います。動物病院の先生が彼の眼を診て言いました。 色の目薬をさして光を当てると左の眼球は傷だらけでした。 「こんなに傷だらけだけど、白く濁らずに済んだんだ [続きを読む]
  • 始まりのこと
  • 小さな頃から不思議な世界があることを知っていました。 高校生の頃に少し怖い思いをしていて悩み母の知り合いに神様とお話しができるという奥様がいて 怖い思いはもうしないようにと願掛けをしていただいてからは何も無く なり不思議な世界、目に見えない世界のことはずっと忘れて過ごしました。数年前のある日、可愛がっていたペットが怪我をしてしまい その子の為に何か出来たらいいなという思いからヒーリングを知りました [続きを読む]
  • 過去の記事 …