ボサッツ さん プロフィール

  •  
ボサッツさん: それでも僕は辞めたかった
ハンドル名ボサッツ さん
ブログタイトルそれでも僕は辞めたかった
ブログURLhttp://anti4soka.blog.fc2.com/
サイト紹介文創価学会を辞めた一人の男の記録とたまに料理。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 9日(平均3.9回/週) - 参加 2018/12/20 02:13

ボサッツ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • かぼちゃのクリームシチューを作ってみた
  • さ、今日はね、かぼちゃを使った温まる一品をご紹介してまいりますよ。まずは材料です。鶏肉(モモ)・・・300gニンジン・・・中1本ジャガイモ・・・2個玉ねぎ・・・1個かぼちゃ・・・1/8個しめじ・・・1/2株ブロッコリー・・・適量塩こしょう・・・適量バター・・・20gサラダ油・・・適量牛乳・・・300cc水・・・800cc①野菜を切るジャガイモは一口大、ニンジンは乱切りで一口大に切る。かぼちゃは種を取り、同じくらいの大きさ [続きを読む]
  • 三大秘宝って知ってるかい?
  • 日蓮正宗には、三大秘宝というものがあります。本門の本尊本門の戒壇本門の題目このみっつです。本門の本尊とは、日蓮大聖人と、大聖人が御図顕された大曼荼羅のこと。本門の戒壇とは、その御本尊を御安置する場所。本門の題目とは、この仏法を信ずる心と題目を唱えること。創価学会は、この三大秘宝を破壊しました。物理的に壊したのではなく、意味不明な解釈をして、その思想を破壊したのです。本門の本尊とは、日蓮正宗の総本山 [続きを読む]
  • 創価の世界の面白いところ
  • 長年学会に染まっていると、外の世界を知る機会が減ります。いや、別にニュースを見ないとかそういうことじゃありません。外の世界に目を向けられないんです。創価学会の世界観がすべてになってしまう、いわば洗脳状態と同じになってしまうんですよ。例えば、学会の活動は世界各地で称賛されている。ということ。まぁ、一部は本当なんでしょうけど、実際にひも解くと、大して騒ぎ立てるほどのこっちゃないんですよね。よっぽどキリ [続きを読む]
  • 創価の庭ってなんだ?
  • 先に書いた中に『創価の庭』という言葉を出した。これは、生まれながらに創価学会の会員家庭で育った者を指す言葉だ。地域組織に根付いて、活動を行いながら育つこと。そういった環境を『創価の庭』という言い方をする。最近では、創価学園で勉学に励む事を言う場合もあるのだとか。まぁ、僕の子供の頃は『学会の中』を意味する言葉だったかな。さて、その創価の庭なんだけど、色々な人がいるわけです。男女青年部、壮年部に婦人部 [続きを読む]
  • はじめの一歩
  • ようこそ。初めまして。僕の名前は・・・ボサッツとでも呼んでくれ。まぁ、立ち話もなんだし、ちょっと座ってお茶でもいかが?このブログかい?このブログはね、簡単に言うと『アンチ創価学会』のブログだよ。僕は40年間、生まれてからずっと創価の庭で育ってきた学会3世なんだ。おばあちゃんが戦後間もなく入会して、その後に父、母も結婚前に入会し、そして僕は学会家族の元に生まれたってわけだ。僕もそこそこ熱心な活動家だっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …