イクヤマイマイ さん プロフィール

  •  
イクヤマイマイさん: 東大受験録アラフォウ
ハンドル名イクヤマイマイ さん
ブログタイトル東大受験録アラフォウ
ブログURLhttp://fanblogs.jp/examnavi/
サイト紹介文非常勤講師の昭和生まれ30代が東京大学を受験するまでの記録。何をやったかなどの日記・備忘録も兼ねて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 24日(平均7.9回/週) - 参加 2018/12/21 14:38

イクヤマイマイ さんのブログ記事

  • 中学レベル
  • 『出口の現代文実況中継』1を一通り終えた。全体の正答率は5〜6割。この時期なら、まあまあ。といいたいところだが、これから伸ばしていけばいいや、というほど事態はよくはない。「どういうことか」「なぜか」の記述問題ができない。書けない。「自分では正解だと思っているのに不正解になってしまう」ではない。文字通り、一文字も書けない。書き方がわからない。手も足も出ない。もうこれはひどい。正直、『高1からの〜〜』 [続きを読む]
  • 第二外国語やってやるって!
  • また余計なことを思いついた。東大2次試験の「外国語」。もちろん選択は「英語」だが、その大問4・5は別の外国語に差し替えが可能。大学生だったころの小生は第二外国語で中国語を選択し、成績は常に優(A)であった。大学院の入試も中国語で受けた。(中国語長文の和訳のみ)初見の漢字も発音が推測できた。胡錦濤国家主席の演説もまあ意味は取れた。あれから十数年。中国語をほとんど忘れてしまい、いつか勉強し直したいなあ [続きを読む]
  • 缶コーヒーからデトックスまで
  • ちょっとどうでもいい話。(個人的には重大だが)缶コーヒーは健康に良くないらしい。砂糖が多いし、豆から淹れるコーヒーに比べていろんなものが入っている。そういや小生、この10年くらい、1日1本くらいのペースで缶コーヒーを飲んでいた。缶コーヒーにくわえてペットボトルのコーヒー飲料を2〜3本飲んだ日にゃ皮膚に現れる(゚Д゚)デトックスという言葉があるが、いわゆる毒素の排出。あれって、大部分が大便で排出される。残 [続きを読む]
  • 実行へ
  • とりあえず計画を立てた。時間がかかったが、やみくもにはならないと思う。こういうのは、指令を出すのも自分だし実行するのも自分。やることは、大きく「仕事」と「勉強」に分かれていて、これが勉強であれば各教科にさらに分かれる。豊臣秀吉がトップにいて、五大老が仕事を担当、五奉行が勉強を担当。で、各奉行がそれぞれ英語・国語・・・を担当、みたいな。(秀吉はあまり好きではないが)ただ問題は、これは全部自分1人でや [続きを読む]
  • 鳥の目、虫の目
  • 勉強も仕事も「やること」を全部きっちり洗い出してみる。勉強であれば各教科でどの参考書を使うのか、どういう順番で何月ぐらいに、ということ。もちろん、その通りに進むことはまずないだろうがそれでも全体を俯瞰・網羅する。いわゆる「鳥の目」である。視点を高くして1年とか半年を見通す。けっこう面倒で苦手である。それに対し、1日・1日の作業は「虫の目」。両方大事。特に日本史を教えていて思うが、「鳥の目」を持って [続きを読む]
  • 今年の2大テーマ
  • 2019年になった。今年の目標というかテーマについてである。1つは、勉強だ。その先に東大受験がある。実際に受験するかどうかそれはわからないが、本当に受験するとして、合格したら、入学する。東大は補欠合格とか追加合格がないようなので、合格だけして「入学しません」としてしまうと、自分が合格したために不合格になってしまった若人もいるわけで。よくないね。模試でA判定とって満足でもいいが、Aなら受けるわ。こんなこ [続きを読む]
  • 12月30日。今日も現代文
  • 今日は『高1からの出口現代文講義の実況中継』5〜7回を終えた。これで一通り終了。5〜7回は問題部分をコピーして解説を読みながら文章の論理展開などを記入していった。次はノーマルの『実況中継』1〜3あるいはセンター用の『実況中継』に行きたい。ちなみに『ことばはちからダ!』は91ページまで。実況中継のようなものはじっくりでもいいが、『ことばはちからダ!』のような参考書はある程度スピーディーにやった方がいい [続きを読む]
  • 12月29日の記録とか
  • 今日は外出の用事があったこともあり電車内で・『ことばはちからダ!』を60〜83頁まで見て終わり。しかも眠くなってしまい、けっこう寝ていた。何かと用事があるため、(忙しいというほどではないが)電車内とかスキマ時間を見つけてやっていく感じだ。その方が時間の使い方もうまくなるし集中もできるようになるのでいいと思う。にほんブログ村大学受験ランキング [続きを読む]
  • 現代文の実力認識
  • 『高1からの〜〜実況中継』は7回分の講義があるが、昨日4回までやった。うち、3回が問題演習。北大と、甲南女子大と、中央大。北大の問題はまったくわからなかった手も足も出ない「何でもいいから書きなさい」と自分も言うことあるけど、全く書けない。無理なものは無理だ。うわー自分こんなレベルかぁ。まあだからこそ勉強するわけだが。でもその後の2大学はちゃんとできた。中央大は全部正解まあ、マーチレベルはあるのかな [続きを読む]
  • 平成30年12月28日の記録
  • 12月28日の勉強内容現代文・『ことばはちからダ!』(約200頁)→59頁まで・『高1からの〜〜実況中継』(全7回)→4回まで世界史・『マンガ世界の歴史がわかる本』第1巻→145頁まで(約270頁中)※全3巻、三笠書房にほんブログ村大学受験ランキング [続きを読む]
  • 世界史の参考書
  • ブログタイトル変えた。さて、世界史である。最初は漫画がいいという。(日本史もそうらしいが)三笠書房の『マンガ世界の歴史がわかる本』(全3巻)とか学研の『学研まんが世界の歴史』(全15巻)を以前に購入しているので、そこらへんからやっていく。というか、読む。にほんブログ村大学受験ランキング [続きを読む]
  • 1日が短い・・・
  • いやほんとあっという間ですわ外出する用事があった日とかは特に。朝起きてから時間が経つにつれて加速度的に速くなる。なので1日にやれることは限られてくる。まあ時間間隔は主観的な話だが。苫米地氏の本(タイトル忘れた)では「実際の10分を(自分にとっては)1時間と決める」ことで集中力が高まるとか仕事が速くなるとかタイムマネジメントがうまくなるといったことが書いてあったがそういう意識的な取り組みも大切かもしれ [続きを読む]
  • 現代文の参考書・続
  • 現代文というのはやりづらい、難しいそんな印象がある。苦手意識にとりつかれているのだろう。学校の現代文の先生に話を聞いてみると「そんなに難しいものではない」と言うけど。。福井本ではいろいろな参考書が紹介されているが、現代文の読解については出口汪の参考書にまずは絞ることにした。理由は2つ1.各指導者(参考書執筆者)のやり方がそれぞれ異なっている(と感じる)ので、あれもこれもと手を出すとこっちが混乱する [続きを読む]
  • 数学はこの参考書から
  • 数学学研の『やさしい高校数学』IA福井本には載ってない。数学は以前からやりたいと思っていていろいろ購入していた。『やさしい高校数学』IIBもあるし『やさしい中学数学』も。講談社ブルーバックスの『新体系 中学数学の教科書』上下『新体系 高校数学の教科書』上下なんかも持ってる。だが、参考書を買ったはいいが、数学をやる理由がない。買ってきたその日と次の日くらい少しだけやって、放置。なので、そうだ、東大行こうと [続きを読む]
  • 英語の民間資格の件
  • 2020年度(2021年1〜2月実施)の入試システムが新しくなる一環で民間の英語試験の活用というのがある。東大はどうするのかということが今年の9月に発表された。↓こんな感じ------(http://www.fourskills.jp/tokyo-university-news926 からの引用)?活用可能な英語民間試験の成績(CEFRのA2レベル以上)を提出?受験者の高校が「同等の英語力がある(CEFRのA2レベル以上)」と記入した調査書の提出?障害や病気によって成績の [続きを読む]
  • 現代文はこの参考書から
  • 書店に行き、実際に手に取りながら必要だと思える参考書を何冊か購入した。全部まとめて買うのではなく、自分の勉強の段階に合わせてその都度必要なものをそろえていく。現代文では、河合出版の『ことばはちからダ!』を購入した。現代文の重要語句をまとめた参考書はいろいろあるが、(英単語帳みたいな感じの。 自分もいくつか持っている)この本は、その1つ1つの用語をより詳しく実戦的に解説した参考書、といったイメージ。 [続きを読む]
  • 参考書の布陣は決定
  • まず各教科とも何の参考書を使うかは、ほぼ決まった。手元にないものは購入する。1〜3月までにどの参考書をどこまでやるかといったことを検討している。もう勤めている学校では非常勤講師の仕事はなく1月上旬まで休みなので明日か明後日、大きめの本屋に出向いてあらかじめ検討をつけていた参考書を手に取って、確認のうえ、購入する。自分が昔使っていたものを利用しようと思っていたが、なかには現在販売されている方がわかり [続きを読む]
  • 戦略・戦術は大事だ
  • 英語以外の教科の参考書は実際に勉強を始めてから書いていくことにしたい。今書くのは結構面倒なので。本題。特に現代文と数学について思ったことだが、世の中にはこんなにも多くの種類の参考書があるということ。福井本によれば現代文だと・濃縮読書・記号読解・高レベル演習本・漢字・文学史数学だと・基礎本・パターン暗記本・3W1H演習本・横割り本・盲点本と分類され、それぞれおすすめの参考書が数冊ずつ紹介されている。思え [続きを読む]
  • 英語の参考書2
  • 英語で使用する参考書の続き4-1.長文読解の中の「会話英語」●『大学入試英語口語表現300』旺文社、絶版昔の福井本に掲載。100ページちょっとの薄い本構文と同じように決まり文句を和訳と対応で暗記していく●『英会話問題のトレーニング』Z会、絶版福井本に載っていたと思うが記憶は定かでない。例題と問題演習一通りやれば大抵の問題には対応できるだろう●『日常英会話パーフェクトブック』ベレ出版、CDつき大学入学後に購入 [続きを読む]
  • 英語の参考書
  • 英語で使用する参考書勉強の流れは福井本に従う。※福井本=『一発逆転マルヒ裏ワザ勉強法』(エール出版社)まずは基礎文法から。使用する参考書はできるだけ自分が持っているものにする。買う場合は福井本で現在推薦されている参考書を優先的に選ぶ。1.基礎文法●『高校新基礎英語』桐原書店通称「マスタリー」である。高校の時に全員に配布され授業で使っていた当然絶版である2.構文●『ポイント攻略 新英語構文365』三省 [続きを読む]
  • 地歴公民・理科の選択科目
  • 自分が受験生の時は、東大受験の場合センター試験は800点満点であった。英国数が各200点で、地歴公民から1科目100点理科から1科目100点だったが、今は科目数が増えている(゚Д゚)地歴公民2科目理科2科目で900点満点とな。センター・2次とも社会は地理・日本史と考えていたが、地理・世界史というのもアリだと思った。その組み合わせの方が点数を取りやすいとも聞く。ちなみに、日本史は学校で何年も指導していることもあり現時 [続きを読む]
  • つまみ食いはダメ
  • 今日は、参考書を含む書籍類を整理・総入れ替え。時間がかかった。相当疲れた。缶コーヒー190gをマグカップに注ぎ残りを牛乳で満たし電子レンジで2分と27秒温めると美味い。飲みながら西郷どんの最終回の再放送を録画していたのを視聴。さて、参考書についてはもともとある程度そろっているので足りないもの、必要なものを見極めて、購入することにする。今は販売されていない参考書を使うのはなんかうまく表現できないが平成 [続きを読む]
  • 勉強法
  • 勉強のやり方について。『一発逆転マル秘裏ワザ勉強法』(福井一成、エール出版社)という本が毎年出ている。(マル秘は秘を〇で囲んだ文字)私はかつてこれを買い、そこで紹介されていた参考書・問題集を選んでそろえた。著者曰く、出版されている全ての参考書に目を通して厳選したとのこと。中には全くの無駄に終わったというか、なんか合わなくて手を付けずにブックオフに売ってしまった参考書もあったが、7〜8割くらいは確か [続きを読む]
  • どうせオイラはどこかの怠け者
  • 小生、イヤなことはやらない。怠け者である。勉強についても同様で、やりたくないときは本当にやらない。それは今も変わらない。中学の時は勉強する習慣があったので問題なかったが、高校に入ってからは全く勉強しなくなった。ケツを叩いて勉強させる学校ではなかったので。とはいえ、留年は困るので、定期試験前にだましだましやっていた。もちろん、すぐ忘れる。初めて全国模試を受けたのは、高3の夏であった。(学校では予備校 [続きを読む]
  • で、いつ受けるの?
  • 今でしょ!といいたいところだが、そういうわけにはいかない。教科の勉強をして、発信していくこと、それが高校生や受験生の役に立つことが目的であって、受験勉強は手段。受験することはオマケである。非常勤講師の仕事の兼ね合いもあるので、2020年1・2月か、2021年1・2月になるだろう。現在の学校からは今のところ次年度の講師継続の打診がないので、(多分継続されると思うが。たぶんね)来春で辞めることになったら2020年 [続きを読む]