レオンテス さん プロフィール

  •  
レオンテスさん: 競馬エッセンシャル思考
ハンドル名レオンテス さん
ブログタイトル競馬エッセンシャル思考
ブログURLhttps://leontes-keiba.com
サイト紹介文重賞レースの出走馬の個別分析を中心とした競馬予想ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 27日(平均11.9回/週) - 参加 2018/12/23 11:27

レオンテス さんのブログ記事

  • [2019年アメリカJCC出走馬分析] ダンビュライト
  • 昨年は2馬身差の圧勝でアメリカJCCを制したダンビュライト。それ以降はなかなか勝利出来ませんが、もともと詰めが甘く決め手の足りない馬で自分の力は常に発揮しています。最近は気難しさが出て来ていますが今回は大丈夫なのでしょうか。 目次 近況から見る能力近走安定度:常に入着級前走内容:後方の内から差を詰める力関係とクラス実績:力関係上位適性コースと距離:適性十分血統:ルーラーシップ産駒は成績抜群中山 [続きを読む]
  • [2019年アメリカJCC出走馬分析] サクラアンプルール
  • 近走はG1戦線を歩みながらもイマイチ結果の伴わないサクラアンプルール。前走の有馬記念も枠順が違っていればというような内容ではありました。得意の中山コースで久々の勝利を目指します。 目次 近況から見る能力近走安定度:着順ほど負けてはいない前走内容:枠に恵まれず力関係とクラス実績:水準級適性コースと距離:中山はベストコース血統:こなす程度か中山外回り2200mへの適性:適性ある筈だが立ち回り力脚質 [続きを読む]
  • [2019年アメリカJCC杯出走馬分析] フィエールマン
  • キャリア僅か3戦、しかも休み明けでG1菊花賞を制したフィエールマン。異例のローテーションを選んだ理由は体質が弱いことが原因ですが、その後も暮れのG1レースは使わずに年明けのアメリカJCCを始動戦に選びました。初めての古馬混合戦でどのようなレースを見せるのでしょうか。 目次 近況から見る能力近走安定度:休み休みでも成績は安定前走内容:好騎乗力関係とクラス実績:古馬との対戦は未知も心配無用か適性コース [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯] 最終見解
  • おはようございます。レオンテスです。早速ですが本日の京都メイン、日経新春杯の最終見解をして行きたいと思います。 目次 最終見解馬場想定印と個別見解買い目まとめ 最終見解馬場想定先週の京都は予想外に時計のかかる幕開けとなりました。昨日の競馬を見る限り本日も同様の馬場状態。ただ逃げ馬も残ってましたし内も悪くなくやや前内有利の馬場状態と見ます。上がりは35秒以上かかる決着となりそうです。印と個別 [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] ルックトゥワイス
  • ここまで15戦、全て上がり3位以内という堅実な末脚が武器の6歳馬ルックトゥワイス。前走の圧勝劇からその潜在能力はオープンクラスでも十分通じるものです。厩舎の先輩パフォーマプロミスに続きここ日経新春杯で重賞初制覇を目指します。 目次 近況から見る能力近走安定度:末脚安定前走内容:ズブさ見せるが圧勝力関係とクラス実績:劣勢だが前走くらい走れば通じる適性コースと距離:ベスト距離血統:ステイゴールド [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] ムイトオブリガード
  • 昨年春から本格化し瞬く間に3連勝と勢いに乗るムイトオブリガード。前走のアルゼンチン共和国杯は2着と地力強化をアピールしました。3度目の重賞挑戦でタイトル奪取を目指します。 目次 近況から見る能力近走安定度:非常に安定前走内容:後方から追い込んでの2着力関係とクラス実績:前走で目処立つ適性コースと距離:距離はいいが左回りがベストか血統:向くはず京都外回り2400mへの適性:右回りだけか立ち回り [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] ノーブルマーズ
  • 昨年の宝塚記念で3着と好走したノーブルマーズ。重賞レースこそ未勝利ですが、いつでも勝てる力があることは昨年の春に証明済みです。果たして今回が重賞初制覇となるでしょうか。 目次 近況から見る能力近走安定度:やや不安定前走内容:単純な力負け力関係とクラス実績:ここでも互角適性コースと距離:この条件での勝利経験あり血統:好走率高いが2〜3着ばかり京都外回り2400mへの適性:時計が掛かればベストに [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] シュペルミエール
  • 長期休養を挟みながらも安定した成績を続けるシュペルミエール。一年半の休み明けからの2戦目であっさりと準オープン戦を突破しました。いよいよ重賞戦線で戦うこととなりましたが、その素質が何処まで通じるのでしょうか。 目次 近況から見る能力近走安定度:抜群の安定度前走内容:先行策でしぶとく粘る力関係とクラス実績:未知適性コースと距離:距離はベストだが時計が掛かったほうが良い血統:父ステイゴールドの産 [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] サラス
  • 3歳の6月に古馬混合の1000万クラスで好勝負をしていたサラス。秋華賞トライアルの紫苑Sでも人気を集めましたが13着と結果は出ませんでした。しかしその素質は紛れもなく重賞級のものです。 目次 近況から見る能力近走安定度:自分の力は常に発揮している前走内容:伸びずバテず力関係とクラス実績:かなり劣勢適性コースと距離:京都は2走前に勝利血統:ステイゴールド系なので向くはずだが京都2400mへの適性 [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] ガンコ
  • 昨年春にG2日経賞を制してG1路線へと進んだガンコ。G1では苦戦しましたがG2戦の今回の舞台なら格上的存在です。昨年は3着でしたが今年はそれを上回ることが出来るのでしょうか。 目次 近況から見る能力近走安定度:大敗続き前走内容:先行したが見せ場なく大敗力関係とクラス実績:G2勝ちがあり格は上位適性コースと距離:圧勝経験あり血統:系統的に向く京都外回り2400mへの適性:ベストコース立ち回り力脚質:安定 [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] ウインテンダネス
  • 昨年5月のG2目黒記念を勝利し晴れて重賞ウイナーとなったウインテンダネス。前走のG1ジャパンカップも好メンバーの中8着と頑張りました。G2の今回は格上の存在です。 目次 近況から見る能力近走安定度:やや不安定前走内容:逃げ打てず中途半端力関係とクラス実績:ここでは格上の存在適性コースと距離:距離はベスト血統:血統的に取り立てた強調点はない京都外回り2400mへの適性:右回りが課題か立ち回り力脚質: [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] アフリカンゴールド
  • 阪神の1000万条件を4馬身差で圧勝し次走の菊花賞でも穴人気を集めたアフリカンゴールド。1000万条件を勝利した時と同じ2400mの日経新春杯を今年の始動戦としました。 目次 近況から見る能力近走安定度:前走除けば安定前走内容:終始外を回って失速力関係とクラス実績:未知だがハンデも軽い適性コースと距離:非常に得意血統:父ステイゴールド産駒は抜群の成績京都外回り2400mへの適性:ほぼベスト条件 [続きを読む]
  • [2019年日経新春杯出走馬分析] アイトーン
  • 皐月賞トライアルの若葉Sを制して牡馬クラシック路線を歩んだアイトーン。結果こそ伴いませんでしたがその先行力で牡馬クラシック戦線を湧かせました。今回は昨年の菊花賞以来の久々の実践となります。 目次 近況から見る能力近走安定度:大敗続きで不安定前走内容:逃げれず本来の力出せず力関係とクラス実績:見劣る適性コースと距離:コースはこなすが距離は未知血統:案外向くかもしれない京都外回り2400mへの適性 [続きを読む]
  • [2019年京都金杯] 最終見解
  • おはようございます。レオンテスです。年末のホープフルSが終わってまだ1週間しかたっていませんがもう2019年の中央競馬が始まります。今年は中山金杯の予想は間に合わなかったので京都金杯だけを予想しました。馬場状態は全くの未知ですので例年通り変わらないと仮定して予想しています。 目次 出走馬個別分析へのリンク京都金杯最終見解想定する馬場状態印と個別見解買い目まとめ 出走馬個別分析へのリンク1 [続きを読む]
  • [2019年京都金杯出走馬分析] ロードクエスト
  • 2走前のスワンSで2年ぶりの重賞制覇を飾ったロードクエスト。前走のマイルCSこそ崩れましたが、依然として重賞級の能力を持っていることはスワンSで証明済みです。 目次 近況から見る能力近走:意外と安定している前走内容:17着と大敗だが0.9秒差力関係とクラス実績:実績は最上位適性コースと距離:距離もコースも実績はある血統:マツリダゴッホ産駒は全く実績なし最も得意としていると思われる条件:1400m立 [続きを読む]
  • [2019年京都金杯出走馬分析] リライアブルエース
  • ディープインパクト産駒の高素質馬としてデビュー当初から期待されてきたリライアブルエース。体質の弱さで出世が遅れましたが昨春からは重賞戦線で活躍できるまでになりました。半年ぶりの復帰戦で初の重賞制覇を狙います。 目次 近況から見る能力近走:重賞戦線でも末脚安定前走内容:後方からジリジリ伸びる力関係とクラス実績:力は足りるか適性コースと距離:コースも距離も問題ないはずだが血統:父ディープインパク [続きを読む]
  • [2019年京都金杯出走馬分析] マイスタイル
  • 一昨年のダービーではまさかの逃げ粘りで4着と好走したマイスタイル。古馬になってからは中距離の逃げ馬として本格化してきました。今回は2年ぶりとなる久々のマイル戦ですが新しい一面を見せてくれるのでしょうか。 目次 近況から見る能力近走:逃げ馬なので多少浮き沈みあるが前走内容:ハイペースで逃げて8着力関係とクラス実績:2走前に重賞2着適性コースと距離:2年前には1600m戦でも勝利があるが血統:ハ [続きを読む]
  • [2019年京都金杯出走馬分析] ヒーズインラブ
  • 昨年の春にG3ダービー卿CTを制して重賞ウイナーの仲間入りを果たしたヒーズインラブ。その後はG1戦線で壁に当たっていますが持っている実力は紛れもなく重賞級です。 目次 近況から見る能力近走:G1で壁に当たる前走内容:マイルCSは8着と悪くない力関係とクラス実績:ここでも上位適性コースと距離:京都コースはまずまずの成績血統:本質的にはキレ負けする最も得意としていると思われる条件:時計のかかる1600m立 [続きを読む]
  • [2019年京都金杯出走馬分析] パクスアメリカーナ
  • 重賞こそ未勝利ですが3歳マイル路線のトップグループの一頭として活躍してきたパクスアメリカーナ。久々の復帰戦だった前走リゲルSは2着馬に4馬身差をつける圧勝劇を演じました。これから姉ホエールキャプチャのように重賞戦線で活躍する馬になって行くのでしょうか。 目次 近況から見る能力近走:3歳マイル路線で安定前走内容:ムチも使わずの圧勝劇力関係とクラス実績:古馬相手でも上位適性コースと距離:何の問題 [続きを読む]
  • [2019年京都金杯出走馬分析] ストーミーシー
  • 昨年春のダービー卿CTで3着入線を果たし改めて重賞級の能力を示したストーミーシー。不器用な追い込み馬ですがその差し脚は常に安定しています。 目次 近況から見る能力近走:末脚安定前走内容:外からジリジリ伸びる力関係とクラス実績:4走前にG3で3着適性コースと距離:昨年の京都金杯は5着血統:アドマイヤムーン産駒は抜群の適性を誇る最も得意としていると思われる条件:1400〜1600m立ち回り力脚質:追 [続きを読む]
  • [2019年京都金杯出走馬分析] サラキア
  • 昨秋は牝馬3冠路線の2〜3番手グループを形成していたディープインパクト産駒のサラキア。昨年の夏以降は中距離戦を主体に使われて来ましたが、デビュー戦で勝利したマイル戦の京都金杯に矛先を向けて来ました。 目次 近況から見る能力近走:牝馬3冠路線で善戦前走内容:好騎乗も伸び止まる力関係とクラス実績:G14着の実績はここでも上位適性コースと距離:守備範囲だが特別良いわけではない血統:ディープインパクト [続きを読む]