ソルティはかた さん プロフィール

  •  
ソルティはかたさん: ソルティはかた、かく語りき
ハンドル名ソルティはかた さん
ブログタイトルソルティはかた、かく語りき
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/saltyhakata/
サイト紹介文東京在住の♂猫。本・映画・クラシック・落語・旅・山歩き・仏教・スピリチュアル・介護等のエッセイ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 14日(平均16.0回/週) - 参加 2019/01/06 01:00

ソルティはかた さんのブログ記事

  • ● 金沢文庫と称名寺
  • 横浜近辺に用事があったので、ついでに京急線に乗って金沢文庫まで足を延ばした。「鎌倉時代に北条実時が作った図書館」と歴史の授業で学び、その存在は知っていたが、行くのははじめてだ。京急線・金沢文庫駅駅から15分くらい閑静な住宅街を歩く。海が近いとは想像しがたい... [続きを読む]
  • ● 高尾山初詣で
  • 昨日(1/6)は恒例の高尾山初詣でに行った。もう15年以上になる。自分もしっかり大乗仏教徒だな。早朝の京王高尾山口駅に降りると、清新にしてスピリチュアルな山の空気が漲っている。年初めにこの「気」を浴びて邪気を払うと、心身に一本芯が入ったような気がする。リフ... [続きを読む]
  • ● 遍路随想6 歩き遍路回春術
  • 歩き始めて2週間くらい経過した頃であろうか?性欲の高まりを感じるようになった。遍路ころがしの山々を無事クリアして、筋肉痛や足のマメも峠を越えて、連日20キロの歩きを苦痛に思わなくなってきた。最初の頃に感じた緊張や戸惑いや不安も遍路生活に慣れるにしたがい薄... [続きを読む]
  • ● 戌年師走の覚え書
  • ★★★★★ もう最高! 読まなきゃ損、観なきゃ損、聴かなきゃ損★★★★  面白い! お見事! 一食抜いても★★★    読んでよかった、観てよかった、聴いてよかった★★     いい退屈しのぎになった★       読み損、観て損、聴き損12月6日 本:『さま... [続きを読む]
  • ● 遍路随想3 空海と二人の弟子
  • 旅の間、司馬遼太郎の『空海の風景』を読んで、「やっぱり空海の仏教は、釈迦の仏教とは根本的に違う」と思った。空海は遣唐使時代に恵果から密教を受け継いだ。以来、密教こそが空海にとっての仏教であった。が、呪文や印契や一子相伝を重視する密教は、まじないめいたこと... [続きを読む]
  • ● 遍路随想2 山路来て・・・  
  • 毎朝宿を出発する前に必ず済ませておきたいものはトイレである。街中を歩くならコンビニや公共施設や民家のトイレを借りることもできるが、たとえば室戸岬に至る長い海岸線や山の中の道を歩く日は、途中にトイレがないことを前提にしなければならない。むろん、男の場合、小... [続きを読む]
  • ● 四国を遠く離れて
  • お遍路から帰ってきて20日経った。「クリスマスに、平成最後の紅白に、正月に」という時の流れに、地球の回転速度の加速化を感じている。なんだか自分の周りで時間や世間が鳴門の渦潮のように目まぐるしく回転し海の藻屑と消え去っていく中で、自分は依然として四国という空... [続きを読む]
  • ● 続・お礼参り
  • 東寺は真言宗の総本山である。9世紀初頭に嵯峨天皇より空海に与えられ、以後、真言密教の根本道場として、また「お大師様のお寺」として、広く信仰を集めてきた。旅の最後はここで打ち止めしようと決めていた。訪れるたびに京都駅周辺は変わっていく。中央口を出て... [続きを読む]
  • ● お礼参り
  • 結願したあとは、高野山にお礼参りするのが慣わしになっている。例によって、慣わしにはさしてこだわらないソルティである。高野山には宿坊を含め、何回か行っているけれど、あまり強い思い入れはない。聖地とかパワースポットという意味では、伊勢神宮や出雲大社に如く... [続きを読む]