lawlabama さん プロフィール

  •  
lawlabamaさん: Law(法)Lab(研究)Amature(素人)のブログ
ハンドル名lawlabama さん
ブログタイトルLaw(法)Lab(研究)Amature(素人)のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/lawlabamature/
サイト紹介文Law(法)Lab(研究)Amature(素人)のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 10日(平均11.2回/週) - 参加 2019/01/07 23:35

lawlabama さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 先日警察へ行き、確認してきた件
  • 私は、一応の親族、民放の定めによるところの6親等以内に看護師を職業とした人間がいる。 世間では埼玉県熊谷市で最高気温が41度を超える記録的な猛暑であったころ、私は非常に運がいいというべきか、不孝中の幸いというべきか、ええ、どちらも結果的には私にとってはマイナスにはならなかった。 これは私にとってはという前提であるが、そうです。行政入院ということで、病院にミニマムの一か月間、精神科病棟に入院をしていまし [続きを読む]
  • 離婚裁判を経験した身として
  • 少し前に私がなぜ禁煙をしたのか、子供のため、お金のため、健康のためと聞いてきたが、 私はたばが辞めたいからやめた ということである。自分でも伏木であるのですが、タバコなんてどうでもいいものはどうでもよく、私は紙巻きたばこではない例外として、葉巻を断ることはしない、これはシャンパンでも同じである。 そう、その時気づいたんですが、「離婚したいこら離婚する」というのもなかなか理由としては納得できると思いま [続きを読む]
  • 今日も続けて記事を書くというのはスタートダッシュを予感させる
  • 正月があけて、心機一転というのは、案外と曲解を生むのではと予測します。 傷害以前には新規一転はしなかった →特別心機一転をしなくても常にベストパフォーマンスである →心機一転というの、ほんことなにおいて、本年がマイナスであるというイメージより現在の心のための機材とでも世ぬものが一新したから未成年で言えば「お小遣い」といった子供相手の事情や、新年のあいさつおいうこともりお土産に期待することはごく自然 [続きを読む]
  • 自宅、つまりインターネットでも取り寄せできる文章
  • 私は「一応」、資本金1000万の代表取締役であり株主である。外部資本はありません。本社は東京都目黒区の駅前。それに関することは、しっかりと自己責任で今後も営業を行って、当時関わっていただいた人物への恩返しの意味もありいろいろ画策をしています。繰り返しですが、自己責任です。 私は普通科の高卒のITファームの人間です。 近い親戚のコンビニの登記簿を試しに閲覧してみました。平成19年設立である。設立は中央大学商 [続きを読む]
  • 公務員が人権侵害
  • 人権侵害についての被害相談は法務局で受け付けています。国家公務員の職員や、人権擁護団体か何かの相談員です。 では、公務員が民間人の人権侵害行為についてはどうか? まず、法務局に判例に様なものを聞いてみると、公立学校のバッドを用いた教師の体罰です。私は、傷害事件に抵触するかもしれませんが、「体」罰を「生徒」という人間にたいして行ったので人権は侵害しているというより「尊重」であると感じました。 しかし、 [続きを読む]
  • 私が本気で考えなければいけないと思った事件
  • 今は、もうどうすることもできません。 しかし、私はアラフォーで全く関係ないかと言われれば、18歳でも選挙権があるなら酒とたばこをやりたいから引き下げてほしいという権利行使ができます。 そもそも18歳で選挙権は全世界規模では珍しくはないかもしれませんが、成人式までわざわざ受験シーズンに充ててくる。 刑事事件ですが、これは法ではなく、かつて医学部を目指した自分であるなら、というより捜査資料の漏洩などは一 [続きを読む]
  • 自己破産したとは言うけれど
  • 10年前私がこの土地に移住したときには1社IT企業があった。もう、まもなくして倒産し、本人は自己破産をしたという。 1年前当時の状況を聞いてみた。・それでも現金は1000万ぐらいあった・まず、自己破産を決めたので弁護士に委任したところ処分に200万かかるとのこと・その弁護士はその本人が自分で委任契約したので、味方だと思っていた。・自己破産=債権の免責 という認識が一切なかった。・法人は倒産、個人は自己破 [続きを読む]
  • ソフトウェアの著作権についてお困りの場合
  • お話をお聞きすることはできますが、 わたしには相談者様のお困りの救済措置や問題解決を行うことはできません。 お話は、システム開発という受注が確定したら行うことは私にはできます。それなりの覚悟やリスクをもってしてエンジニアの視点で世に数多くあるライセンスについての条項や制限事項、禁止事項は回避して、「ライセンス準拠のシステム及びソフトウェアの設計業務」はおそらく私の独占業務並みです(太字について、わ [続きを読む]
  • 私が観測した現象
  • これは、名前を出させていただきます。 東京港区にあるTMI総合法律事務所の石原修弁護士の事件。 そうです。貴乃花部屋の消滅や力士2名の引退、モンゴルの実家での騒動、貴乃花親方の引退。 内部告発といったものや、おととしの年末からの沈黙の状況からもしやと思っていました。 暴力は果たして絶対に障害行為か?「親が子供の躾として、バッドでお尻を叩く」「本業の素手では命の危険があるので、カラオケのコントローラー(武 [続きを読む]
  • 勉強する課題 GPS捜査のGPSの記録は十分な証拠といえるか?
  • 「捜査令状のないGPS捜査は違法」先日、テレビを見ていたら、とある辯護士の紹介でこのような事件があったとのこと。調べてみたら2年前の最高裁の判決であったが、最高裁の判決のためいつかはあまり重要ではなく、この判例主義にそって刑事訴訟法の「証拠」 のあるべき方を将来に向けて考察するべきである。 GPSというのは、証拠としてどの程度の有効性があるか。 繰り返しになりますが、最高裁についての詳しい判決文の理解と [続きを読む]
  • 法の支配
  • 「法」 これはいったい何か?まず憲法というものもあれば、サイバーセキュリティ基本法案、改正個人情報保護法といった世界で日本だけといったものもある。警察に民事を持ち出しても、基本は刑事には刑法と刑事訴訟法、それ以外のトラブルは一応は「生活安全課」として話は聞いていただくことができても、解決策は警察官が警察を志してからその時点までに体験や経験していなければ無理である。 なにより行政機関であるし、疑問に [続きを読む]
  • 昨年末、弁護士が「教唆」として逮捕された 大学生の性犯罪2件
  • 報道のなかでは、別の委任者からの「刑を免れるための相談」を、事実の曲解があるにもかかわらず、弁護士として、「真実の解明」という職責を全うせず、私利私欲で「教唆」という墓穴というべきか、そのような事件があった。 この教唆に関して、放映されていたテレビではそのような「刑罰を免れる、または軽くするためにそのようなアドバイスをすることがあるか?」という発言に対して、「殺すつもりはなく、けがをさせるつもりで [続きを読む]
  • 過去の記事 …