桂花 さん プロフィール

  •  
桂花さん: 海外からの中学受験2020
ハンドル名桂花 さん
ブログタイトル海外からの中学受験2020
ブログURLhttps://mantianxing.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文海外在住2020年組。非英語圏で日本人学校のため、四教科での一般受験。情報の少ない海外からの挑戦です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 9日(平均7.0回/週) - 参加 2019/01/09 13:56

桂花 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 朝顔を見たことがない
  • 「朝顔を見たことがない」中学受験の勉強を始めた頃、うちの息子が言いました。いや、正確にはあります。まだ日本にいた頃、私は花が好きなので庭で色々育てていました。朝顔もヒマワリも。でも、幼稚園児だった息子の記憶には無いらしく、中学受験のテキストを見て上のセリフになったわけです。それを聞いて私はビックリしましたが・・・確かに今まで日本人学校では朝顔もヒマワリも育てていませんでしたね(低学年のとき、何か育 [続きを読む]
  • 気がかりなこと
  • 受験に備えて日本に戻ることはせず、卒業まで赴任地に残る、と決めた我が家ですが、我々の気持ちとは別に実は大きな問題があります。そう、転勤族には付きものの「思いがけない辞令」です。日本国内間の場合はかなり直前のこともありますが、海外の場合はそれなりに前から言われます。だいたい2〜3か月前?でしょうか。船便が時間かかるので、早目ではあります。そうは言っても、日本に帰任の場合はビザ取得とかの面倒な手続きが [続きを読む]
  • 卒業まで居るか、受験前に帰るか
  • 受験に際しての帰国の時期は悩ましい問題です。受験の時まで赴任地に居る場合、説明会や見学会等にも出られませんし、最後の3月に帰国引っ越しと卒業入学が凝縮されて、かなり大変なことが予想されます。大変どころか、半分パニック状態で突き進むことになりますね・・・卒業まで居るか、受験学年前に日本に帰るか。高校受験の場合は中2、中学受験の場合は小5に上がる段階で、日本人学校ではみなさん一度すごく悩みます。小学生 [続きを読む]
  • 転勤と受験
  • 国内外を問わず、転勤のある家庭の悩みのひとつに、子供の就学問題があります。転居も幼稚園まではあまり気にならないですが、小学校以降大きくなるにつれてなかなかに難しくなってきます。中学まではともかく、高校の転校は何かと難しいので、父親の勤務地とは切り離してどこかに一旦落ち着く必要があります。なので、たいていは一番上の子供が高校に上がるタイミングで家族会議となりますよね。海外赴任の場合は、皆さん子供が高 [続きを読む]
  • 志望校選び
  • 先日、塾の宿題は関知しない、と書きましたが、やっぱり冬期休暇中に出ていた分で一部をやっていなかった模様。わざとではなく、単純な抜けですが。まあこれも、私に言われるよりも、塾で先生に言われる方が何倍も効き目があるようなので、どうぞ存分に怒られてくださ〜い、という感じです。塾の方にも「私の言うことは聞かないので、厳しめでよろしくお願いします」とお願い済みです。親が勉強に一切関わらずに合格できるのか?と [続きを読む]
  • 日能研PRE合格判定テスト
  • いよいよ受験も本格的に始まりましたが、この時期の日本はインフルエンザも流行しますね。いま住んでいる国では一年中インフルエンザが発生します。季節は関係なく散発的に発生し、ときたま日本人学校でも学級閉鎖があることがあります。年間を通して常にあるため、予防接種を打つタイミングが難しく、受験生でもなければ打つこともない状態です。とは言っても、やはり冬の間は日本に行った人が持ち帰ってくる率が高まるので、12月 [続きを読む]
  • 反抗期と受験
  • 我が家は夫婦ともに中学受験の経験はありません。それなのに中学受験をすることに決めた理由のひとつに、義母の「反抗期の高校受験が本当にタイヘンだった」の言葉でした。男の子二人それぞれに苦労したらしく・・・そう言われて、自分の夫なので私もそれは想像に難くありませんでした。孫が息子によく似ているのを見て、「その気があるなら、中学受験を勧めるわ!」と言われました。また当時、高校生から大学生のお子さんをお持ち [続きを読む]
  • あと1年ちょっと
  • 2019年も始まり、もうすぐ関東地方の中学受験も始まります。今年6年生の皆さんはいよいよですね・・・うちもあと一年なんだな、とちょっと今からドキドキしています。冬季講習が終わり、塾も今週からは通常の授業です。冬休みの宿題はちゃんと終わってるのだろうか・・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • このブログについて
  • 2020年受験の息子を持つ母です。海外在住ですが、非英語圏かつ日本人学校のため、英語ではなく四教科での一般入試で中学受験します。現在居る国は比較的日本人が多く、個人塾ですが中学受験対応の塾があり、中堅〜上位の学校を目指しています。日本に帰るのは年に一回程度。見学会、説明会や文化祭には参加出来ず。問題集や参考書もすぐには手に入らない。公開模試は日能研だけ。周囲にもあまり受験する子はおらず、いたとして [続きを読む]
  • 過去の記事 …