mamoru さん プロフィール

  •  
mamoruさん: スポーツメンタル「体·心·技」
ハンドル名mamoru さん
ブログタイトルスポーツメンタル「体·心·技」
ブログURLhttps://www.sports-menntal.com
サイト紹介文アスリートのメンタルを考える。「言葉」で勇気づけしていく。日々の健康管理を「足もみ」から考える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 3日(平均72.3回/週) - 参加 2019/01/09 23:01

mamoru さんのブログ記事

  • 人をいじめる人。
  • つい 人をいじめてしまう人。つい 人の悪口を言ってしまう人。つい 人の陰口を叩く人は、自分のことが嫌いな人かもしれない・・・今でも話題にあがる学校でのいじめ問題、でも 大人にだって、いじめはある。いじめがあるということは、いじめる人がいて、いじめられる人がいる、ということ。一見、いじめる人がすべて悪いようにも思えるが、実はいじめている人の方が悩みが深かったりする。そしていじめられて [続きを読む]
  • 仲間には「勇気づけ」と「感謝」をしよう。
  • スポーツでも、会社においても、チームとして活動しているのであればその相手、仲間を無条件に信じてみよう。仲間を信じる。仲間を信じて、接する。仲間を信じて、見守る。信じて裏切られることもある。その時は、ただ冷静に受け止める。「そうか・・・」と。そしてまた信じて見守っていく。その繰り返しです。「信頼はする」でも「期待はしない」「信用はできない」でも「信頼はする」このくらいの気持ち [続きを読む]
  • 自分の原石を磨き続けろ?
  • 自分が思うダイヤモンドとはどんなだろう・・・自分が思い描いているダイヤモンドとはどんな感じだろう・・・そしてそのダイヤモンドとなる原石はもう見つけているだろうか・・・自分が思い描いている将来や目標をダイヤモンドに例えたなら・・・今現在、自分が好きだと思うこと、やりたいと思っていることの原石の存在に気づいているだろうか?図解 自分の才能の見つけ方作者: 本田健出版社/メーカー: フォレスト出 [続きを読む]
  • 努力したから結果が出る、は違う。
  • 努力したのに・・・あんなに努力したのに・・・あんなに頑張ったのに・・・昔、自分が良く言っていた言葉です。努力したのに、 うまくできなかった。努力したのに、良い結果に繋がらなかった。あんなに頑張ってきたのに、報われなかった。そうです。努力は平気で裏切る。がんばっても報われない本当の理由作者: 心屋仁之助出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2014/02/27メディア: 単行本(ソフトカバー)この [続きを読む]
  • 人のせいにする。人にあたる。人の悪口を言う。
  • チームスポーツをしたことがある人は誰でも経験があると思います。「人のせいにする」「人にあたる」「人の悪口を言う」でも、この行動は「言う人も」も「言われた人」もその場にいる他のみんなも含めて雰囲気が悪くなっていきます。そしてそれは伝染していきます。みんながつまらない気持ちになっていきます。そんな状況ではチームワークどころの話ではありません。ではどうすればいいのか?自らが変われ [続きを読む]
  • 「五%の優秀な人間」の成功法則とは?
  • いつも、仕事ができる人、いつも、レギュラーで活躍できる人、そういう人っていますよね。うらやましい限りです。そういった優秀な人間というのは全体の五%前後と言われているそうです。No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)作者: 西田文郎出版社/メーカー: 三笠書房発売日: 2006/11/01メディア: 文庫購入: 3人 : 61回この商品を含むブログ (9件) を見るでは、「五%の優 [続きを読む]
  • 人生を変える方法
  • 人生を変える方法は簡単なんです。ただ、「勇気」が必要です。今までの歩んできた道のりや習慣の中で、今の現状に満足していないのなら、または変化がないのなら、今までと違うことをしてみる。今まで嫌だと思っていたことをやってみる。今まで避けてきたことをやってみる。今までならありえないと思うこと、それだけはやりたくないと思っていたこと、仕事・人間関係 「最近なにもかもうまくいかない」と思っ [続きを読む]
  • メンタルが弱いと言われる人へ
  • お前はメンタルが弱い。私がそうでした。よく言われました。今でも親に言われます。昔はすごく気にしてました。すごく悩みました。すごく苦労しました。でも、ほんとは関係ないんです。メンタルが弱いのではないんです。№.1メンタルトレーニング ―本番で最高の力を発揮する最強の自分をつくる作者: 西田文郎,「元気が出る本」出版部出版社/メーカー: 現代書林発売日: 2010/09/14メディア: 単行本(ソフトカバー) [続きを読む]
  • 自信ある?自信ない?
  • あなたは自分に自信がありますか?それとも自分に自信がないですか?私は自分に自信がない方でした。今現在も、自信あるといえば、あるし、自信ないといえば、ないような、中途半端な感じです。でも、以前よりは自信あるんです。どんな変化があったからなのか、どんなことをしてみたからなのか、やったことといえば、いらないモノをどんどん捨てたこと。今まで捨てれなかったモノもどんどん捨てたこと。モノ [続きを読む]
  • 「体・心・技」 
  • スポーツの世界などでよく耳にする言葉「心・技・体」すべてのバランスが整ったときに力が発揮できるという考え方です。この言葉の順番と意味を私なりに改めて考えてみました。それは、「体・心・技」1 体調管理(体)2 心のあり方(心)3 技術の向上(技)なぜこの順番なのかというとまず「体が資本」で体調が良くない状態ではいくら「技術」や「やる気」があっても試合や仕事などで自分の力を思う存分発揮することはで [続きを読む]
  • 自分を治すのは自分自身だ
  • 「自分を治すのは自分自身だ」漢方薬剤師 堀江 昭佳さんの言葉です。血流がすべて解決する作者: 堀江昭佳出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2016/03/11メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (5件) を見る今日はこちらの本から学ばせていただいたことを書いていきたいと思います。「血流がすべて解決する」これは足のリフレクソロジーを学んだ私にとっては「その通りだ!」と納得のタイトルでした [続きを読む]
  • 自分を大切にしていますか?
  • あなたは自分を大切にしていますか?自分を大切にせず、人のためにと行動していませんか?自分を後回しにして、人のためにと行動していませんか?自分が犠牲になってでも、相手のためにと行動していませんか?強がらない。 (角川新書)作者: 心屋仁之助出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/09/08メディア: 新書この商品を含むブログを見る自分の心、気持ちを大切にしないで人のためを思って行動してもうまくいか [続きを読む]
  • 勝と負も表裏一体
  • この試合勝ったかもと勝ちを意識しだすと、決して油断したわけではないのに逆転され、負けたりする時があります。逆にこの試合負けたかもと諦めかけていたとき、相手の思わぬミスでチャンスが転がり込んできて気がついたら勝っていたなんてことあります。勝も負も表裏一体。表裏一体とは・・・表と裏のように相反する二つの物の関係が同体で切り離せないこと勝と負もこのように考えておいた方がいいのだと思っていま [続きを読む]
  • 1日の1/3は睡眠
  • 最近、睡眠を大事にしています。なぜなら1日の約1/3時間は睡眠時間だからです。若い頃はあまり睡眠に対して意識していなかったというか興味がなかったというか・・・さらには毎日7時間くらいの睡眠には必需品となる枕や布団などにもあまり興味もなくお金もかけたりもしたことがありませんでした。それがここ最近、歳が40代に突入してからというもの「快適な睡眠」というものに興味が出始めてきたのです。それまではど [続きを読む]
  • 神社ミッション 2
  • 前回、はじめて神社ミッションを行いました。この1ヶ月で何が起こったのか書きたいと思います。まず、宝くじを初めて買ってみました。結果はすべてはずれましたが楽しかったので、できたら毎月買ってみようかななんて考えてます。他には、部屋の片付けをしました。せっかくなのでこの際、断捨離を決行!とにかく、使っていないもの昔からあって使っていないもの着なくなっている服いつか読もうとしてずっと読めていない本な [続きを読む]
  • 相手(仲間)を責める
  • すべてのチームスポーツに言えることですが試合中、同じチーム内で仲間がミスをした。一度や二度ならそれほど気にならなくても何度も同じミスをされたとき大事な場面でミスをされたとき相手(仲間)を責めたくなります。相手(仲間)のミスを責めたくなります。なにより勝ちたいから自分たちの力を出し切りたいから気持ちはわかります試合をするからには勝ちたい試合をするからには自分たちの力を出し切りたいでも、どんなことが [続きを読む]
  • 努力の見返り
  • 「努力」とは・・・目標実現のために、心身を労してつとめること。ほねをおること。辞書で調べてみてもなにかそう簡単にはいかない息苦しさを感じます。苦労してはじめて報われる・・・たくさん苦しみを乗り越えた先に目標達成のゴールがある・・・でも、本当にそうなのでしょうか。私も高校時代野球部として甲子園を目指していたとき、まさにこのような「努力」をしていました。他の人よりも、他のチームよりも、苦しい [続きを読む]
  • 本当の感謝
  • 本当の感謝とは何だろう・・・私が高校の野球部時代(25年位前)によく指導されてきた「感謝しなさい」という言葉感謝とは・・・その人の、または相手の「行い」「労い(ねぎらい)」に対して、「ありがとう」という気持ち。その当時はただ なんとなく、という感じで「感謝」という言葉を口にしていたように思います。「感謝する」「親に感謝する」「監督やコーチに感謝する」「野球に関わる全ての人達に感謝する」この [続きを読む]
  • 捨てる
  • 何かを始めるとき、気持ちを新たに行動していくとき「捨てる」ということも同時にしていくことが大事かもしれないよく「断捨離」という言葉も聞きますがなんかわかる気がします。必要のないもの必要なくなったもの今はほとんど使ってないもの今はもう着ていない服などなど、「全部捨ててみよう」そうすることで新たに気持ちを入れ換えるきっかけになったり、気持ちがスッキリしたり、気持ちがスッキリできた [続きを読む]
  • 今までの人生と逆のことをして生きてみる
  • 私も 人生かれこれ 40 数年生きてきましたがこれといって何か良い結果を出したとか自分で満足のいくことができたとかそういった経験がありませんでした。でもその都度、もっとがんばらないともっと努力しないともっと一生懸命やらないとと思ってやってきました。今考えてみると、苦しかった。辛かった。生きていくことに疲れていた。毎日、歯を食いしばっていた。寝ているときも・・・(歯軋り)そしてあるとき歯医者さ [続きを読む]
  • 他人と比べない
  • 「他の人と比べなくていい」「他人と比較しなくてもいい」そのままの、今の自分でいいのだ他人と比べるから自信をなくするのだ他人と比較するから自信がなくなるし行動できなくなるのだ。「自信がない・・・」とはもともとあったのに他人と比べたり他人に否定されたりが原因となって失っていくもの折れない自信をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)作者: 心屋仁之助出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2014/04/11メ [続きを読む]
  • のびのび野球から学ぶこと
  • 甲子園のスターとして、またプロ野球界を引退してもなお活躍を続けている元巨人のエース、そして元PL学園のエースだった桑田真澄選手。桑田真澄の常識を疑え! KUWATA METHOD ― 父と子に贈る9つの新・提言 !作者: 桑田真澄出版社/メーカー: 主婦の友社発売日: 2015/03/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見るそんなスーパー高校生だった桑田選手が唯一理解できなかった試合が [続きを読む]
  • 大阪桐蔭 根尾 昂(ねお あきら) 選手
  • 今年の夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭高校。西谷監督、すごい!監督と甲子園5 西谷浩一監督 大阪桐蔭(大阪)作者: 藤井利香出版社/メーカー: 日刊スポーツ新聞社発売日: 2014/11/14メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る主将の中川選手も、4番の藤原選手も応援していた全部員もすばらしかったです。そして今、特に注目したい選手が副キャプテンを務めた 根尾選手です。すごく、自分に対してストイックさを感じま [続きを読む]
  • おもしろそう
  • 自分が興味のあることこれおもしろそうだなと思うことこれやってみたいと思ったことはまずやってみよう!やってみて、なんかめんどくさい、なんか思ったよりおもしろくない、やっぱりやれない、ならやめればいい。でも、また何かおもしろそうなもの見つけて興味が湧いたらやってみる行動してみる。体験してみる。そうやって自分の感性が少しずつ磨かれていき、本当に好きなこと、やりたいことに辿りつく。見つけることが [続きを読む]