hiryu kayama さん プロフィール

  •  
hiryu kayamaさん: HiryUP blog
ハンドル名hiryu kayama さん
ブログタイトルHiryUP blog
ブログURLhttps://hiryuvelo.hatenablog.com/
サイト紹介文18歳サイクリスト。プロになる為にフランスに自転車留学を決意。競技活動や考え方を発信するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 2日(平均105.0回/週) - 参加 2019/01/09 23:17

hiryu kayama さんのブログ記事

  • 香山飛龍 2018年総まとめ
  • 2017年は海外を初経験し、「意識が変わった年」と締めくくりました。早いものでジュニアカテゴリー最後の年、2018年ももう終わりです。今回は2018年の自分をを振り替えってみようと思います。????2018年最初のレースは2/10のアジア選手権ジュニア????(ミャンマー)。ジュニアとしてナショナルチームの活動を開始して出場したレース。沖縄の合宿を通し早めのシーズンオンになった。ミャンマーは気温が高く日本の冬とは正 [続きを読む]
  • 2018/12/21 整体の勧め 麻生スポーツ理学センター
  • みなさん、整体に通っていますか?今回は高1年生の時からお世話になっている麻生スポーツ理学センターの紹介です!【麻生スポーツ理学センター】場所は上麻生(小田急線柿生駅周辺)。新百合ヶ丘や町田の近くと考えてもらって大丈夫です。自分は競技生活の中で大きな怪我をしたことはありません。落車を出来るだけしないのは勿論ですが、麻生スポーツ理学センターによる定期的な治療&怪我防止のトレーニングによる効果だと考えてい [続きを読む]
  • 【report】宇都宮シクロクロスday1 day2
  • 宇都宮シクロクロス day1?Category - Men elite (uci)?result -33/48?time - 35min (-4lap)カテゴリー1に昇格してしまったので、宇都宮cxはエリートカテゴリー(uci)に出場。出走メンバーは国内トップ勢は勿論、steve chainel選手????を筆頭にFelipe orts lloret選手????、chritopher jongewaard選手????とレベルが違う選手ばかり。(フランスチャンピオン、世界選手権u23 2位、オーストラリアチャンピオン)優勝! [続きを読む]
  • 【Report】湘南cx 中井中央公園 C1
  • 60min, 8lapResult...13/16Av 168bpm max188bpm今回は初のC1でのレース。湘南シクロクロス自体は2年前にシクロクロスバイクを手に入れて出場したことはあったが当時はc4。それからシクロクロスに関しては冬の取り組み方針から触れられていなかったが、今年から取り入れどれだけ速くなっているかが楽しみなレースではあったが...笑。コースは今まで出場したコースよりも起伏が多く、長い階段→土の崖(乗車は不可能)→校庭のよ [続きを読む]
  • 【report】野辺山シクロクロスday2 C2
  • Time...40min(5lap)Results...2nd??前日昇格したのでday2はC2に出場。コースは前日と同じく完全なドライコンディションなのでタイヤをマッドから練習で使ってるオールラウンドなものに変更。気圧は2.0に設定した。【舗装路が速くて好き??】今回も昇格後なので最後尾スタート。野辺山は舗装路が長いのでパスしていき、芝、舗装路の登りを終えた頃には10番手以内に着けることが出来た。C2からはコースが変わり溝を越えるセク [続きを読む]
  • 【report 】野辺山シクロクロス C3 day1
  • Category 3Time...30s (4lap)Result...3rd??シクロクロス初戦は幕張のスターライトシクロクロスだっが、オフ期間(身体を完全に休める期間)明けだったのと、レース時間が15分しかなかったのでざっくりと。1日目は猛プッシュして1位、2日目はテクニックが足りず15分では先頭集団までたどり着けず6位だった。【楽しかった!】オフトレーニングを開始し軽い強度とは言え自転車に乗っていたのでスターライトシクロより手応えはあ [続きを読む]
  • 【Report】2018/10/20 japancup オープン
  • 10.3km×7 72kmResult 21th前回のjbcf南魚沼に比べしっかり調整が出来たジャパンカップ。シーズン最後のレースなのでしっかり走りたかった。出走人数が166と多く、先頭を見える範囲で捉えておかないと逃げに反応できずレースが終わってしまう可能性があったので古賀市林道までに前に出る。一周目には大きな動きはなかったが、二周目に入ると集団に動きが出た。それまで逃げ(厳密には先頭に米谷選手がいたのでブリッジ)が発生 [続きを読む]
  • 2018/10/18 来期チームについて????
  • 昨日はたくさんの温かい応援やメッセージありがとうございました。精一杯頭使ってトレーニングして経験値を積んで頑張りたいと思います!さてチームですが、自分は来期「Vélo Club de Corbas」というフランスのDN3アマチュアチームで活動していきます!写真のジャージは横浜高校ですが、格好良く紹介して頂きました。戦績と自己紹介?目標が書いてあります。チームはフランス南東部のLyon(リヨン)を拠点としていて、昔から存続 [続きを読む]
  • 2018/10/17 進路について。
  • こんにちは。今回は僕の進路について書こうと思います。長く悩み、考え、相談して決めました。まずは4月辺りから悩んでいた大学に行くかヨーロッパ(フランス)のチームに行くか。これは大学に行って学業を修めつつ競技をを続けるか、ヨーロッパに行ってプロを目指すかという選択になります。まずこの2択の結論から言うと、自分はヨーロッパに行く道を選びました。僕がネイションズカップやベルギー遠征を通じて走り、感じた事はヨ [続きを読む]
  • 【report】2018/10/7-8 jbcf 南魚沼 day1 day2
  • 世界選手権後初めてのレース。しかし一番標準を当てていた世界選手権が終わった事と私情に時間を割いたのもあり濃い練習は一切せずに挑むことになってしまった。Day1 12km×4+2km 750m↑Result...20th天気は晴れで夏を思い出すような暑さだった。レースがスタートし、このレースのポイントといえる2kmの登坂に入ると心拍数が簡単に180を越え、ヤバイ日だという事を確信。確かに調整を怠った(仕方ない部分が大きいが)とはいえペ [続きを読む]
  • 【report】2018/9/27 world championship
  • 2018/9/27 world championship132km (84.8km+23.8×2)結果...DNF人生で始めての世界選手権。目標は世界のプロを目指す同年代との差を確める事と、経験を積む意味を込めての完走。レースがスタートすると分かってはいたが、今までのネイションズカップとは比較にならないほどの密集度で驚く。なんとか前方に位置してローリングを終えようと思ったものの、ロータリーを遠距離の方から回ってしまい集団後方に位置してしまう。出場人 [続きを読む]
  • 【report】2018/9/3~4 tour de dmz stage4~5
  • 【2018/9/3 tour de dmz stage4】112km 1200↑結果...39位2回目の山岳ステージ。実質このステージで総合順位が決定する。自分の役割は変わらず有力選手の逃げに反応する事と先頭付近で待機しアシストすること。登りを先頭で越えられた場合は総合に関係ないためにステージ優勝を狙った逃げを打つ許可は出ていた。ローリングが終わりスタートするとすぐに1.5kmの登りが始まる。集団前方で終えて下りも安全な位置で終える。その [続きを読む]
  • 【report】2018/9/1~2 tour de dmz stage2~3
  • 【2018/9/1 tour de dmz stage2】96.2km 401m↑2h24m結果...86位2日目は去年の第1ステージと同じ高速道路を進む平坦の高速レース。自分の役割は主要チームのアタックへの反応、スプリントになる場合はトレインを組み牽引する事だ。13kmのローリングを終えてスタートするとアタック合戦に。チームメンバー全員で対応し危険な逃げには確実に1人送り込む形を作る。高速でレースが進むため落車回避の意味も込めて前方で固める。 [続きを読む]
  • 2018/8/31 Tour de dmz stage1
  • 92km結果...81位コースはプロフィールで見ると平坦で海沿いを走る横風レースが予想されたが、蓋を開けてみるとパンチのある登りが多数設定されたものだった。レース前の狙いは山岳賞。レース序盤からのカザフスタン、オランダ、フランス、アメリカのアタックには馬越選手、小野寺選手、福田選手と自分で対処していく。そのままアタック合戦状態になり前方に固めていくが、想像以上に心拍数があがり苦しさを覚える。コンディショ [続きを読む]
  • 【report】2018/8/25 bury????
  • 8km×10...80km結果...3位ベルギー最終戦。コースレイアウトは横-向かい風区間、緩い登り(7%300m)、追い風の細い道といった周回コースだ。レースはスタートからハイペースで進む。アタック合戦が落ち着いた際に鳥倉選手がアタックし4人の逃げ集団が出来る。2人がブリッジをかけたが逃げにチームメイトが乗っている上、集団を引き伸ばしタイム差を縮めるリスクは取りたくなかったので容認。そのままレースが進み4周目で逃げを吸 [続きを読む]
  • 【report】2018/8/21 langemark????
  • 5.5km×15...83km結果...5位ベルギーナショナルが2人参加しているものの出走人数は30人程で少なかった。コースは2~3%程の登り500mと石畳のコーナー2ヶ所がある以外は至って普通の平坦コース。レースは序盤からアタック合戦になり、福田選手を含む逃げ集団が完成。そのままレースを追走を作る動きで消化し、中盤で逃げ集団が見えるところまで差を詰めることが出来た。そのタイミングで鳥倉選手ともう一人がブリッジ。少し間をおい [続きを読む]
  • 【Report】2018/8/19 UCI1.1 Omloop der vlaamse gewnsten???
  • 12km×10=120km結果...13位コースレイアウトは平坦の12km。長くて広い横風区間の後バイク2〜3台が通れる細い追い風直線区間、その道幅のまま向かい風&横風を通り、広い追い風区間を通ってホームストレート。細い道が多いので後ろにいると完全に不利なコースでかなりインターバルが掛かる。逆に前は余裕があり、横風区間でエシュロンを組む動きが出来ても第一集団に位置することが出来る。走る前の作戦は序盤のアタック合戦には [続きを読む]
  • 【Report】2018/8/15 lauwe junior????
  • 6km×15=90km結果...19位ベルギー遠征2戦目。コースは細い道の多い緩いアップダウンが続くコース。1ヶ所6%〜7%の短い登りがあるのでそこでアタックが起きそうだ。エントリーに3人ベルギーナショナルがいて、コースと共に厳しい展開が予想される。レーススタートと同時にペースが上がる。この日は最初あまり調子が良くないと感じていたのもあり、集団前方で走れない時間が続く。真ん中〜後方に位置し4周回程を消費。このあたり [続きを読む]
  • 【report】2018/8/12 sint-lambrechts-herk
  • 4.8km×18 85km結果...完走中ビリ??今回はベルギーに来てから初のケルメスだった。到着してから2日間軽めのトレーニングを行い、4.8km×18のレースに挑んだ。コースは細い道と広い道に大きく別れるレイアウト。ホームストレートを終えると左にヘアピンコーナーで、2台通るのがやっとの細さだ。そこからは細い道が続き、広い道に出てからはまた左ヘアピンコーナーで軽い登りがある。そしてホームストレートに帰ってくるレイア [続きを読む]
  • 【Report】2018/8/7 インターハイ ロードレース
  • CSC5km×14 70km 結果...5位インターハイロードは修善寺csc5kmサーキットを14周する70kmで行われた。天候はトラック期間に比べても涼しく、朝方にかけて雨が降った。今回の目標は前で展開すること(実力のある選手がアタックしたら乗り、勝ち逃げにする事)。日本のジュニアのレースは集団で追えないので、前で展開する事が吉。レーススタートすると、福田選手(横浜)、日野選手(松山城南)、津田選手(三好)を中心にペースア [続きを読む]
  • 【Report】2018/8/6 インターハイ 3kmip
  • 予選 4位 3"27'3553~4位決定戦 3位 3"29'167予選は序盤の選手達が30秒〜 32秒をマークし自分のベストタイムを越えていたので急遽ギアを 52-15から53-15へ変更。 予定通り入りの一周目を27秒、 周回をすべて22秒台で終えて27秒台でフィニッシュ。 失敗もなくすべて計画通り行ったがスタートを改善すれば2秒は速 くなると色々な方に言われた。【今回は空力を重視したポジションに。】3~4位決定戦は確実に勝つことを意識。 タイム [続きを読む]
  • 2018/7/15 JBCF石川ロードレース ユースステージ
  • パレード+13km×4 61km結果...1位上り区間と流れるようなアップダウンと、下りのコース。気温が非常に高かったので暑さ対策にも気を配った。 前日から意識的に水分を補給し、熱中症にならないようにした。また、最近はエアコンをつけて寝ている。喉の為にエアコンをつけない選手も多いが、選手の回復に一番重要なのは“睡眠時間”と“睡眠時の室内温度”らしく、暑い状態や寒い状態での睡眠では回復量が下がるようだ。特に [続きを読む]
  • 2018/6/23 全日本ロードレース
  • 14km×6→85km 結果...33位ジュニアとして最後の全日本選手権。 日本国内では一番狙っていたレースだったのでレース二日前に現地入り。 飛行機等の準備をしてくれた親や引率してくださった福田選手のお兄さん、ありがとうございました。二日前はイメージをしっかり物にする為にコースを5周。計80km程走る。最後以外は強度は上げてはないが、コース的に普通に練習になった。基本SST強度。レース前日は軽く乗り回復日。レー [続きを読む]
  • 【report】2018 6/17 全日本タイムトライアル ジュニア
  • 13.1km 結果...2位 top+07.52秒 コースは序盤3kmが平坦、それから短いものの8〜10%のパンチのある登りと下りが続くコース。 終盤は基本的に下り基調なのでここでタイム差が大きくつきそうだ。 自分としては序盤3kmは平坦で飛ばさないで温存するには長すぎるし、全体の距離が13kmなので飛ばすことに。終盤の下り(-1%〜-2%)が2km程あるので中盤である程度温存して飛ばすのが吉と見た。 当日二日前から入り試走を行った。 今回はタ [続きを読む]
  • 2018 6/9〜6/11 関東大会
  • 6/9〜6/11まで関東大会で山梨県境川競輪場、静岡県サイクルスポーツセンターに行ってきました。【まずは】実は高校生の間という条件でWIAWIS様よりWIAWIS TXTをサポートして頂きました。自分のTXTは韓国のナショナルチームが使用していた物でナノカーボンで出来ています。非常に巡航能力が高く感じられます。ジオメトリも扱いやすいものでポジション出しに時間を要しませんでした。個人的な事ですが、今までアルミの格安のモデ [続きを読む]