たぬきさんの考え事 さん プロフィール

  •  
たぬきさんの考え事さん: たぬきさんの考え事
ハンドル名たぬきさんの考え事 さん
ブログタイトルたぬきさんの考え事
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tanukisan823
サイト紹介文人生について模索中の日々。。。 現在、興味があることは育児・アフリカ・インテリア・株
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 2日(平均28.0回/週) - 参加 2019/01/10 23:32

たぬきさんの考え事 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • コンゴ民主共和国の大統領選挙の結果
  • コンゴ民主共和国の大統領選挙の結果がやっとでました。カビラ大統領の後継者であるラマザニ前副首相兼内務・治安相が破れ、チセケディ氏が勝利しました。私の感想としては、とにかくカビラ政権が終ってよかったと思います。(カビラ側がチセケディ側に交渉し、政権分担の取り引きをしたとみられるそうですが…)しばらく混乱が続きそうですが、少しは良い方向に国が変わればよいのですが。ちなみに、現在の在日コンゴ民主共和国大 [続きを読む]
  • 乳幼児の睡眠時間・・・2歳6か月までの実測値
  • たぬ坊が生まれて一番最初にぶち当たった壁は、たぬ坊が思ったほど寝ない!!!ということでした。新生児の頃のたぬ坊は、起きている時間はほぼ泣いていました。それはそれは大変でした。育児書や、育児情報サイトに載っている「新生児は1日の平均睡眠時間は、16〜18時間」なんて、嘘ばっかりとよく思いました。毎日、睡眠時間の記録をつけていましたが、たぬ坊の睡眠時間はどうも一般的な乳児の睡眠時間より少ない気がしました。 [続きを読む]
  • たぬ坊2歳7か月 登園拒否その2
  •  たぬ坊は相変わらず登園拒否を続けています。しかし、ずっと祖父母の家で預かってもらう訳には行かないので、先週の木曜日からなんとか保育園に預けています。 先週の水曜日の夜、保育園の園長先生が時間を割いて下さり、話し合いをしました。 園では楽しそうに生活をしているので、とにかく園の玄関まで連れて来て下さい、とのことでした。玄関まで連れてこれれば、そこから先はこちらでどうにかしますので、ともおっしゃって [続きを読む]
  • タッキーって、コンゴに行ったことあるんだ?
  • 私、たぬきはジャニーズファンではないのですが、昔からタッキーこと滝沢秀明さんには勝手に親近感を抱いています。わりと好きなタレントさんです。年内に芸能界を引退されるそうで、残念です。何故、勝手に親近感を抱いていたかというと、①性格が良さそうだから②同学年だから③たぬきが18歳の頃、女友達に「タッキーに似てる」と言われたことがあるから(注意:たぬきは女性です。しかし、タッキーのような美少年に似ていると言 [続きを読む]
  • たぬ坊2歳7か月 登園拒否
  • 先週から、たぬ坊(2歳7か月児)が登園拒否をしています。仕事に行かなければならない身としては、本当に困ります…たぬ坊が登園拒否に至るまでと、現在の状況を書こうと思います。(下に続く)新品!歯車 遊び歯車玩具 /幼児教育/創意玩具/子供おもちゃ/知育玩具/大人気/面白いおもちゃ/新奇/誕生日プレゼント/木製品/wanj0055tansukuwanj0055きっかけは私の風邪でした。私が熱を出して仕事を休むことに決め、たぬ坊は [続きを読む]
  • 紙粘土でおもちゃ作成
  • 紙粘土で、息子のたぬ坊(2歳児)用のおもちゃを作成しました。これは、モンテッソーリ教育の本に載っていたものを真似て作ってみたものです。材料は、100円ショップの紙粘土と皿立てで計200円です。高校の美術の授業で使用したアクリル絵の具で色をつけました。粘土は伸ばして、型(厚紙で作成した)で抜くだけ。約1時間の作業中、たぬ坊は小麦粘土をこねこねして遊びました。(途中、せっかく型抜きしたものを何個か奪われました [続きを読む]
  • 塗り絵作業
  •  突然ですが、私はよく仕事中に「塗り絵作業」をします。…と言っても遊んでいる訳ではなく、建物の機械設備図を系統や配管ごとに色分けしているのです。デスクには常に色鉛筆を常備しています。建物の点検や調査に行く場合や、設備に関する相談を受けた場合などに、まずは図面上で対象物を色分けすることから始めます。私はこの作業のことを心の中で「塗り絵作業」と呼んでいます。 図面上の機器や記号、配管を丁寧に「塗り塗り [続きを読む]
  • 書籍の紹介(大半は育児関係)
  •  1年ぶりのブログ更新になってしまいました。幼児が一人家にいるだけで、本当に慌ただしい毎日です。私は今年の4月から約2年ぶりに仕事に復帰しました。往復の電車内と、昼休みが一番ホッとできる時間です。 妊娠・出産後の私の生活の中では、読書が最大の娯楽となりました。子連れだと外出範囲が限られるし、テキストを広げてゆっくりフランス語の勉強をする時間もありません。テレビのスイッチを入れようものなら子供から「し [続きを読む]
  • 過去の記事 …