tsukurusc さん プロフィール

  •  
tsukuruscさん: 理科の観察と実験
ハンドル名tsukurusc さん
ブログタイトル理科の観察と実験
ブログURLhttps://tsukurusc.blogspot.com/
サイト紹介文手近な材料で理科の実験と観察をします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 6日(平均17.5回/週) - 参加 2019/01/12 23:00

tsukurusc さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 食塩と砂とうが水に溶けるようす
  • ものが水にどのくらい溶けるかを、「溶解度」といいます。「溶解度」は、中学校の入学試験にもよく出る問題です。今日は、食塩が水に溶けるようす、そして食塩の結晶があらわれるようすを観察して、理解を深めたいと思います。なべに200グラムの水をくみ、お湯を沸かして、やく60度にして、その中に食塩を溶けるだけ溶かしていきました。それ以上溶けなくなったところで、小さいうつわに移します。そして、どんぶりの中の氷水で、 [続きを読む]
  • 部分日食
  • 今日は2019年1月6日、部分日食がありました。古い望遠鏡を引っ張り出して太陽の像黒い紙に写してみました。焦点が合った状態でレンズから紙までの距離は約82cmでした。焦点距離は82センチということになります。薄雲がかかってベストコンディションではなかったですが、見られて良かったです。 [続きを読む]
  • かならず西をむく鳥を作りました
  • この画像は何に見えますか?鳥に見えた人、ありがとうございます。その通りです。12月は、方位磁針をたくさん作りました。ならべると、みんな同じ向きを向くので、おもしろいです。はじめ、バランスをとるのがむずかしく、やじろべえの原理を使えばよいことに気づくのに2週間かかりました。そこで次に、やじろべえの実験をしたわけです。ネットにバランスバードというおもしろいやじろべえが紹介されていました。鳥が羽を広げて大 [続きを読む]
  • やじろべえを作りました
  • 先週、粘土を丸めておだんごを作りました。置いておいたら水分が飛んで硬くなりました。竹ひごをさしてやじろべえを作りましたが、いかがですか。 これはおもりになっているおだんごの場所を変えることができます。これはちょっとバランスが不思議な感じのやじろべえです。あなただったらどんなやじろべえを作るでしょうか。 [続きを読む]
  • やじろべえを作ります
  • やじろべえを作ったことがある人は多いと思いますが、今回は面白いやじろべえを作りたいと思います。やじろべえは、ごぞんじの通り、2つのおもりを軽い棒でつないで、まん中を支えてバランスを取るものです。重心というものを感覚で理解するのに役に立ちそうです。今回はまず、いろいろな長さの棒と、いろいろな重さのおもりを作りました。それをつなげて、いろいろなやじろべえを作り、バランスの取りやすさを体で感じられるとい [続きを読む]
  • 方位磁針の作り方
  • 作り方を簡単に説明します。コーヒーの空き缶を、丈夫なハサミでチョキチョキと切ります。怪我をしないように平らに伸ばします。だいたい平らになったら、平たい木の板の上に伸ばして、もっとよく平らにします。そのとき、木のぼうでしごくといいです。次に、方位磁石の形に切ります。だいたいのかたちに切ったら、真ん中にへこみをつけます。大きいもくネジの先っぽがちょうどいい丸になっているので、木ネジをあてがって、金槌で [続きを読む]
  • 方位磁石を作っています
  • コーヒーの空き缶を使って方位磁石(方位磁針)を作っています。職場で飲んでいる飲み物の缶は、ほとんどがアルミ缶なのですが、このコーヒーだけスチール缶です。切りひらいて伸ばせば、鉄の板ができて、これを使って何かできないかと思いました。今回は、方位磁針を作ってみましたが、これが意外と難しいのです。コーヒーのスチール缶を切り開くのに、飲みくちにはさみの刃を差し込んで切り始めたのですが、はじめはかなり力がい [続きを読む]
  • スマホマクロレンズの限界?〜顕微鏡のまとめ〜
  • この実験をはじめたきっかけは、顕微鏡がありふれたものを材料にして何とか作れないか?という疑問を持ったことでした。いくつかのウエブサイトを参考にしてなんとか形はつくりあげました。ここで、レンズについては 1.100均のマクロアダプターレンズを組み合わせる 2.カメラなどから採集したレンズの再利用のふた通りを試しました。比べると、2.の方が有利でした。次の画像はカビの胞子のうと思われる部分ですが、対物 [続きを読む]
  • カビを観察しました
  • 顕微鏡を作ったので、観察するものを探しています。今日はパンにはえたカビを観察しました。これは、ほったらかしにして2週間たった食パンです。カビのお花畑ができました。パンをあつかうときに手で触れたので、自分の手か、あるいは飛来した胞子から成長したものと思われます。常にしっとりするくらいに水分を与えましたが、それ以外何もしませんでした。いまは秋で、気温は20度前後だと思います。スマホの撮影画像はこのとお [続きを読む]
  • 顕微鏡はこうなりました
  • 今、自作の顕微鏡は、こんな形になっています。コーヒーの空き缶を、途中で切って、向かい合わせにつなぎました。キャップに穴をあけて、レンズを接着しました。顕微鏡をささえる台は、これまた100円ショップの自撮り棒(スマホで自分を写すときに使う棒)です。自撮り棒のスマホ取り付け部分を活用して、木の板で少し細工をしています。ボルトを回すと本体が上下するようになっています。接眼レンズには、ウェブカメラをつなげて [続きを読む]
  • 顕微鏡のレンズには何を使うか?
  •  顕微鏡には接眼レンズと対物レンズの2種類のレンズを使います。 どちらのレンズも凸レンズです。焦点距離は、おおよそ数ミリから1 センチ 程度がよさそうです。対物レンズには 望遠鏡の接眼レンズを使っている人もいました。ネット情報が役に立ちました。 ガラスを磨いてレンズを作ることはできませんが、それでも、売っている顕微鏡用のレンズではなくて、単体のレンズを使ってみたいので、少し工夫したいと思います。 100円 [続きを読む]
  • 工具をしまう場所
  • 工具棚が欲しいんです。ちゃんとした工具棚は高いので、安上がりに体裁よく作りたいと思って、、ひとつ考えたのはダイソーのプラスチックの A 4書類ケース 。トレーが100円 、重ねるための枠が100円 。200円で 一段できます。問題は強さですが 、意外と しっかりしていて一段あたり、普通の大きさのスパナやペンチ 3・4個だったら大丈夫そうです。ダイソーに行はA 4サイズの書類トレーがいくつか 並んでいます。 合うものを買わな [続きを読む]
  • 今日の観察
  • 今日はこの手作り顕微鏡で池の水を見てみました。 ポチっとして動画をごらんください。動かないものはゴミかレンズのよごれです。たくさん見えてじゃまですがごめんなさい。その間を、体をくねらせながら動く微生物が、ときどき視野に入ります。倍率は100倍ぐらいなので、長さは0.1ミリぐらいで、ほんとうに小さいです。 学校で習うアメーバやゾウリムシが見えないか期待したのですが、それらしいものは見えませんでした。なにしろ [続きを読む]
  • 今の顕微鏡を初めて作ったフック
  • 単レンズ顕微鏡、いわゆるレーヴェンフックの顕微鏡の記事を、ときどき目にします。 これがレーヴェンフックの顕微鏡です(Wikipediaより)ですが、僕は、今日教室で使われているロバート・フックの顕微鏡をイチから作ってみたいと思いました。これはフックの業績をまとめた本です。ニュートンと同じ時代の人で、互いに議論したライバルだったようです。それでも、フックはニュートンほど有名ではないですね。ところでいわゆるフッ [続きを読む]
  • 顕微鏡を作ります
  • この夏、よく飲んだコーヒーの空き缶を利用して顕微鏡を作ります。始めようと思ったきっかけ子供のときに好きだったことを少しずつ思い出してみたいと思ったのが最初のきっかけです。 小学生のころ顕微鏡を買ってもらいました。おもちゃに毛が生えたような小さい顕微鏡だったのですが、鳥の羽、蚊の口の針や花粉などが封じ込められたプレパラートのセットも買ってもらい、ワクワクして見たと記憶しています。 ただしその後は、生き [続きを読む]
  • 過去の記事 …