雲心 さん プロフィール

  •  
雲心さん: 大いなるもの
ハンドル名雲心 さん
ブログタイトル大いなるもの
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/unshin
サイト紹介文悟り、覚醒、真理、瞑想、リラックス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 9日(平均6.2回/週) - 参加 2019/01/13 12:35

雲心 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 苦しみの最中から早く逃げて
  • あなたが今、とっても苦しくて苦しくて、どうしようもなくて八方塞がりの状態なら、逃げてもいいよ。いやむしろ、もう逃げよう。 だってこれまで、あなたはことあるたびに逃げずに正面から向き合って、一生懸命努力して走り続けてきたからこそ、今疲れ果てて八方塞がりの状態になっているのではないですか。 今まで逃げずにやってきたからこそ、疲れて疲れて疲れ切ってしまっているのではないですか。そんなあなたに必要なのはね、 [続きを読む]
  • 大いなる気づきは世界観が変わる
  • 僕がブログの中で書いている、『大いなる気づき』。 これは、自分の本質、自分の奥深いところ、自分の本当の姿に気づくということです。 その自分の本当の姿、自分の本質を、このブログでは『大いなるもの』と言っています。普段生活している、自分で自分と思っている自分。これを『いつもの自分』と呼ぶとします。すると、いつもの自分とは違う、『もうひとりの自分』がいるっていうことなんですね。あなたは、普段泣いたり、喜 [続きを読む]
  • ワンネス
  • 自分の本質が何なのか。 そのことに気づくのが、『大いなる気づき』です。悟り・覚醒とも言いますね。普段の僕たちは、泣いたり笑ったり怒ったり、悲しんだり苦しんだりしています。 当然のことながら、自我として生きている。 笑ってる自分や悲しんでる自分を、『自分』だと思っている。これは、至極当然の感覚です。しかし、実はもう一つの世界が在る。この自分という感覚を、『いつもの自分』と呼ぶならば、いつもの自分とは違 [続きを読む]
  • あなたは本当に凄い存在
  • 自分とは、どんな存在なのか。 普段の僕たちは、生活にまみれて、自分を改めて振り返る機会ってあまりないんですよね。あくまで、生活の中にどっぷりと浸かっている。 なので、意識的に自分を振り返ってみるっていうことが大切かな、と思います。 例えば夜、落ち着いた頃合いを見て、部屋の電気を消して布団の中に潜ってもいいですけどもね。 そして、真っ暗闇の中で、自分という存在を感じてみる。まず、部屋の中にいる自分を意識 [続きを読む]
  • 二度目の気づきの後は人生が趣深くなりました
  • 自分の本質が、目には見えない『いのちの仕組み』そのものであることに気づくこと。『いのちの仕組み』とは、この世の存在をそのように存在せしめている、『大いなるもの』です。僕の場合は7年前と、つい先日2019年1月11日に気づきが訪れました。7年前の一度目の気づきの後、大いなるものを傍らに感じながら、ずっと生きてきました。 一度目の気づきの後の、内的変化って凄まじかったです。 在ると思っていたことが、実はなくっ [続きを読む]
  • 悔いのない人生を送る
  • 私たちはいずれ必ず、絶対死ぬ。 平均寿命まで生きたとして、僕の場合だったらあと30年程度。 それって、大学を卒業して会社に入ってからの年数とほぼ同じじゃないか、と思うとぞっとします。会社に入って自分なりに一生懸命働いてきたつもりではあります。しかし、その年数と同じくらいの年数が経ったら、もう死ぬって事だよ。平均寿命まで生きたとしても。そう考えると、人生の残りはもうあっという間なんだろうな、という実感が [続きを読む]
  • 大いなるものと現実的な問題
  • 私たちは、命を吹き込まれて生きています。肉体という乗り物に乗っかって、人生を何十年って生きています。今この瞬間にも、心臓は鼓動を打って、呼吸もしていて、消化管も活動しています。これらって、でも自分が意識してやってるんじゃないんですよね。考え事をしてたり、悩み事してたり、泣いたり笑ったり、人生を味わっている最中でも。。意識してないけども、心臓は動いている。意識してないけども、呼吸は続いている。意識 [続きを読む]
  • 大いなる気づき
  • あなたが今、苦しみの最中にいるのであれば。。それは、大きな『気づき』がもうすぐ訪れるのかもしれません。ここで言う大きな気付きとは、私たちの命を営んでいる『何か』に気づくことです。それは、命を生かしめている存在のことです。それは、すべての存在を存在たらしめている、大いなる存在のことです。大きな『気づき』とは、大いなる存在に気づくということです。そして、自身の本質が、実はその大いなる存在そのものであ [続きを読む]
  • 過去の記事 …