住所
美馬市
出身
大阪府
ハンドル名
ヒロシですさん
ブログタイトル
シニアとオープンカー
ブログURL
http://01886403.at.webry.info/
ブログ紹介文
オープンカーで、第二の青春を謳歌している75歳のシニアです。
自由文
75歳の後期高齢者です。最近、運転免許の更新で必要な認知症検査(自動車学校で検査)に行って参りました。テストでは85点で運転OKとの事でよかったです。いつまで運転が出来るか分かりませんが、オープンカーを楽しみたいですね。
更新頻度(1年)

90回 / 3069日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2010/08/29

ヒロシですさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 7065 6673 6459 6613 6752 6762 6786 946385サイト
INポイント 20 70 70 40 30 30 50 310/週
OUTポイント 0 20 50 60 20 60 50 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 18 17 14 19 16 16 18 9267サイト
オープンカー 1 1 1 1 1 1 1 98サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 27530 24665 23517 23833 23046 22626 22778 946385サイト
INポイント 20 70 70 40 30 30 50 310/週
OUTポイント 0 20 50 60 20 60 50 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 106 87 77 80 73 67 66 9267サイト
オープンカー 1 1 1 1 1 1 1 98サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946385サイト
INポイント 20 70 70 40 30 30 50 310/週
OUTポイント 0 20 50 60 20 60 50 260/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
車ブログ 0 0 0 0 0 0 0 9267サイト
オープンカー 0 0 0 0 0 0 0 98サイト

ヒロシですさんのブログ記事

?
  • カービング!

    2001年に登場したメルセデス・ベンツF400カービングです。いかに安全に速いコーナリングを可能になるかをスキーのカービング滑走を徹底的に研究し作られたオープンモデルとの事。オイラはスキーをやってますのでよく分かります。

  • 大人のラグジュアリー!

    2016年に登場した新型ジャガーFタイプRコンバーチブルは、高級感が漂う大人のオープンカーです。憧れますね。

  • 乗ってみたいな~

    2015年に発売されたポルシェ・ボクスター スパイダーは、高出力のエンジンの採用と軽量化によって動力性能を高めたモデルです。4年前でしょうか、オープンカークラブに岡山の方が入会されました。その時に初めて拝見しました。

  • 憧れのスーパーカー!

    オープンカーに乗って14年以上経ちましたが憧れのオープンカーがあります。それはマクラーレンSLRロードスター(メルセデスベンツSLRロードスター)・・・。でも年金生活では乗れません。(^^;) 夢で乗る事にします。{%表情爆笑deka%}

  • 美しきカブリオレ!

    1954年 に発表されたPegaso Z 102 Series II Cabrioletは、スペイン製のカブリオレです。第二次世界大戦前、アルファロメオで働いていましたエンジニア・Wifredo Ricarがスペインに帰国した後、開発したとの事。

  • 痛車!

    1946年、第二次世界大戦後まもないイタリアで生産されたクルマ(クーペ及びカブリオレ)ありました。当時"奇跡"と言われたようだ。チシタリア 202SCカブリオレです。

  • SLK・ゴム部品のメンテナンス!

    8日にゴム部品(バリアルーフ付近のゴム部品、三角窓、窓部分)をメンテナンスをしておきました。年に3回ぐらい丁寧にしております。

  • 古き良き時代のメルセデス !

    1937年製メルセデスベンツ・540K スペシャルロードスターは、古き良き時代に製作された全てのクルマの中で最も有名です。たった24台しか造られなかった。

  • 謎のオープンカー!

    1992年に登場したチゼータ V16T スパイダーは、以前ランボルギーニに在籍したクラウディオ・ザンポーリがイタリアに設立したチゼータ社のスーパーカーです。現在、高知県・四国自動車博物館に展示してあるようです。9年前に四国自動車博物館にオープンカークラブで行った事がありますが、記憶にないですね。

  • こんなオープンカーがあったんですね。!

    スウェーデンのjcIndigo 3000をご存知でしょうか。1996年発表されたカブリオレです。しかし1999年に破産したとの事。たった43台しか生産されなかった。

  • 戦後初の国産スポーツカー!

    1952年1月に登場した戦後初のスポーツカー、ダットサンスポーツDC-3は、戦後の混乱期、終戦から7年も経たない時期に製作されたとは驚きですね。戦前のダットサン・ロードスターによく似てますね。

  • 最長オープンカー!

    ドイツのデザイナー・ルイジコラー二が 1976年ジュネーブモーターショーで発表したロードスターコンセプト・Colani L’Aiglonは、古き良き時代を彷彿とさせるクルマです。こんな長いクルマは初めて見ました。

  • 永遠の名車!

    1955年に登場したポルシェ550A 1500RS スパイダーは、ポルシェ・356をチューンし足回りを改良、細い鋼管フレームを使用する事でスペースフレームを改良、軽量化されているようだ。生産台数は僅か37台との事。

  • スロベニアで最初のスーパーカー!

    2012年に発表したスロバキアのTushek Renovatio T500はスーパーカーです。価格は30万ユーロ(4800万円)と高価なクルマですね。30台ぐらいを計画したようですが、テスト車を含めて5台ぐらいが販売されたようだ?

  • 享楽的なスポーツカー!

    2015年に登場したアルファ・ロメオ4Cスパイダーはイギリスのロータス・エリーゼを意識した作りのようで、乗り味もまさに「イタリアのロータス」と評されている。屋根は手動式(脱着はロータスエリーゼと同じ方式)のタルガートップ仕様との事。素晴らしいクルマですね。

  • これぞオープンカー乗りの強者!

    ブログをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年もオープンカーに関する話題やレポートブログに投稿したいと思っておりますが、昨年の12月で75歳(後期高齢者)となりました。又、病を抱えたままですが、今後もスキーやオープンカー、ボランティア活動にと「第二の青春」を謳歌したいと思っております。

  • オープン走行でも暖かい!

    12月29日に大歩危、小歩危ツーリングに行って参りました。外気温4℃と凄く寒いです。でもオープン走行では暖かい。冬のオープンカーライフ、なんで冬に屋根を開いて走るのかと疑問に思われるかと思いますが、周りからは見ているほど本人は寒くありません。冬に外出する服装で運転すればOK。クルマにはドラフトストップ、シートヒーター、エアコン、スカーフ(ネック)ヒーター、ステアリングを握る部分に暖房があたる等の装備が付いております。

  • 大歩危、小歩危ツーリング!

    やっとボランティア活動が終わり、久しぶりに昨日、ツーリングに行って来ました。気温4℃と寒い。勿論、オープン走行です。大歩危、小歩危へ。天気予報は曇りとの事で出掛けましたが、大歩危、小歩危付近の山には雪が少し積もっておりました。9時過ぎに我が家を出発、撫養街道を西へ。

  • 史上最高のグランドツーリングフェラーリ!

    1960年に登場したFerrari 400 Superamerica Cabrioletは、わずか9台しか製作されなかった希少価値車です。58年前のクルマが、まだ現存してるようで凄いですね。

  • 一度は乗ってみたい!

    光岡が往年の名車・ポルシェ356スピードスターのレプリカを製作していたんですね。耐久性、メンテナンス性を考えVWのエンジン、フレームを使用。さらに強度を増す為、サブフレームを加え、FRPボディ仕様。1989 年〜1990年 8月まで生産されたようだ。

  • 時代を駆け抜けたオープンカー!

    1952年に登場した Alfa Romeo 1900 C52はレーシングカーとして合計5台が製作されたようだ。4台が今日も生き残っているとの事。

  • 古き良き時代のオープンカー・REPLICA!

    このクルマは古き良き時代(1936年)に販売されたオープンカー・ AUBURN BOATTAIL SPEEDSTERの レプリカです。強烈なオーラを感じる凄いクルマですね。

  • オープンカーの歴史!

    自動車が誕生したのは江戸時代の1769年、フランス軍の蒸気で走る自動車が最初と言われている。 大砲運搬のために造られたようだ。蒸気自動車で大砲を牽引する事になんったんでしょうか・・・。まさしくクルマの歴史は屋根のない(オープンカー?)クルマから始まったようだ。

  • ニモスコンセプト!

    2014 年に発表された370Z NISMO ロードスターコンセプトはフェアレディZ ロードスターのNISMOバージョンです。すでに、日本市場向けの生産終了したフェアレディZ ロードスターですが、アメリカ市場向けにニモスが開発したクルマとの事。

  • 栄光のレーシングカー!

    2012 年に発表されたベントレーバルナートロードスターコンセプトはレーシングカーですね。戦前(1920年代)、ベントレーはル・マン24時間で4連勝等、歴史的レーシングレースで活躍し、ベントレーのブランド向上に多大の貢献をしたようだ。戦前のモデルをイメージして、作られたようですね。

  • 多くのカーレースで勝利した名車!

    1952年に登場した Ferrari 225s Spyderはレーシングカーです。12台が製作されたようだ。多くのカーレースで勝利した名車のようだ。

  • サーキットで活躍、歴史を刻んだ!

    Alfa Romeo 33 Periscopica Spiderは、1967年に製作されたレーシングカーです。6台ぐらい作られたようだ。51年前に作られたクルマが現存しているとは驚きですね。

  • 強烈なパワー凄い!

    Lamborghini Aventador J 1はコンセプトカーです。複数が製作されたようですが、その後、2億数千論吉で販売されたようだ。

  • 排気音はこれぞテノールの響き!

    アルファロメオ 8C スパイダーは、2010年に発売されました。世界で500台の限定生産で、日本への割当分は70台の希少価値車です。

  • メルセデスベンツは凄い!

    過去と未来をつなげる個性的なEVスーパーカーを発表しました。EQシルバーアロー・コンセプトです。レーシングカーみたいですね。