ハンドル名
八朔さん
ブログタイトル
ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
ブログURL
http://hassakuman.blog103.fc2.com/
ブログ紹介文
京都発、八朔が「明日なき暴食」を理念に関西を中心にラーメンを食べ歩きます。
自由文
更新頻度(1年)

38回 / 2938日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2011/01/08

八朔さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 7331 6983 6793 6994 6965 6943 6935 946611サイト
INポイント 10 40 60 30 40 50 40 270/週
OUTポイント 30 70 150 100 90 100 70 610/週
PVポイント 920 1480 1340 2170 1380 1190 1020 9500/週
グルメブログ 125 114 112 120 118 115 115 29287サイト
ラーメン 10 9 7 8 9 9 8 1418サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 14640 15433 15102 15875 16128 16567 16248 946611サイト
INポイント 10 40 60 30 40 50 40 270/週
OUTポイント 30 70 150 100 90 100 70 610/週
PVポイント 920 1480 1340 2170 1380 1190 1020 9500/週
グルメブログ 381 408 407 435 430 433 428 29287サイト
ラーメン 12 15 14 16 16 16 15 1418サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 3149 3267 3340 3346 3549 3709 3570 946611サイト
INポイント 10 40 60 30 40 50 40 270/週
OUTポイント 30 70 150 100 90 100 70 610/週
PVポイント 920 1480 1340 2170 1380 1190 1020 9500/週
グルメブログ 111 116 117 115 122 130 125 29287サイト
ラーメン 10 11 11 11 12 12 12 1418サイト

八朔さんのブログ記事

?
  • 麺や マルショウ 豊中本店 / 台湾焼き麺 @大阪府豊中市

    前回から5年4ヶ月かそこら。調べたわけではありませんが多分それぐらいぶりの「麺や マルショウ 豊中本店」さん。自分でもビックリしましたが道間違えました。途中で車を停めてナビを合わせましたよ。賑やかな店内と、若いスタッフの活き活きとした仕事ぶりは以前と変わらず。いつもの右端カウンターに座ると懐かしさが込みあげるより前に、我が家へ帰ってきたような気分でほっこり。やっぱりここは私の豊中のホームです。「台湾焼...

  • らあめん ひろせ / しおらあめん @兵庫県姫路市妻鹿

    車で妻鹿駅に到着したもののコインパーキングが見当たらず、飾磨駅前で車を停めてまさかのパークアンドライド。路地が入り組んだ住宅街を不安いっぱいで歩き、明かりを目にしたときの安堵感は訪れた人にしかわからないかもです。超隠れ家的なお店、「らあめん ひろせ」さん。2018年12月オープン。眩い白木カウンターの奥には物腰柔らかな店主さんとお母さん、かな?常連さんらしきファミリーもご近所の方のようで和やかな雰囲気。...

  • 麺や一芯 / おしげ醤油 @神戸市灘区新在家

    兵庫の友人にこちらが未訪だと告げると、「アホンダラッ、さっさと行って清湯食ってこんかい!」と偉そうに言われたのです。ようやくの初訪、「麺や一芯」さんです。昨年の夏に一度訪れたのですが、店の場所がわからず、迷っているうちに閉店時間。なんで駅前で迷子になるねんと、またアホンダラ確定ですが、迷う側からすると駅前だから迷うのです。(キリッ「おしげ醤油(800円)」きっちりと旨味を伝える鶏魚介の出汁と、出過ぎずサラ...

  • 博多とんこつ 真咲雄 / とんこつ @滋賀県草津市穴村町

    年明けにしれっと2周年を迎えられた「博多とんこつ 真咲雄」くん、10周年という噂もチラホラの進化系です。周年イベントが行われたのか存じ上げておりませんが、毎日がイベント並みに賑わっているお店。店主さんの濃ゆい笑顔と、寸胴の濃ゆい豚骨スープがあれば無問題です。「とんこつ (700円)」コチラでいうところのライトなスープ。巷のそれと比較するとかなり濃い、というかディープですが、濃度よりも獣の存在感に強烈な印象を...

  • ラーメン天 / ラーメン @京都市山科区西野

    遅がけするとどえらいことになります、山科の至宝、「ラーメン天」さん。21時に訪問。この辺りが最終のまったりタイムでしょうか。賑わう深夜の山科ワールドを堪能するのも良しですが、並ぶ可能性もありますので、しもやけ気味の私は早めに天張りました。「ラーメン (700円)」自宅から最短距離のラーメン店でありながら1年ぶりとはこれ如何に。移転後、5、6回訪れてはいるものの、恋人にそっぽ向かれたように私の知る「天」そこに...

  • 中村商店 高槻本店 / 豚のうまみ @大阪府高槻市

    凄いのキター!市役所から駅までの間、ポケストップいっぱいでテンション上がる高槻。勢いのまま行列に並んでいると、「ジローですか?」とクエスチョンは「中村商店 高槻本店」さん。「いいえ、コウジです」とは答えませんでしたが、何かと思えばこの日は26日でジローの日。スペシャルな限定メニューが提供されていました。並んでいる間にオーダーシートにカスタマイズを記入します。「豚のうまみ 野菜増し (830円)」+肉増し(250...

  • 麺屋いえろう / 塩ラーメン @名古屋市中川区

    イエローであって家郎ではないと思い込んでいたのですが、今になって画像を見たら「いえ郎」なるメニューが存在しており、ドッヒャ~。とある夜、閉店間近でドキドキしましたが黄色い暖簾がいらっしゃい、1年ぶりの「麺屋いえろう」さん。競馬では血統は気にしませんし、ラーメンでも修行先どうこうは思案せず、目の前にあるものがすべてと考え、目を見てケツを見て喰らうがモットーなんですが、こちらの場合やはり意識してしまい...

  • 麺屋 赤橙 / 特製つけ麺 @愛知県江南市

    愛知県を訪れると必ず寄る場所があります。愛人宅と言いたいところですが、「ウソこけ!」の声が聞こえそうですので自重しときます。で、その際に毎回、前を通るのがコチラ「麺屋 赤橙」さん。同敷地内にパチンコ店やホームセンターがあり常に賑わっているエリアですが、主婦のプリケツ以上に気になるのがこちらの大行列。この日も1回目訪問時には約20人、ギヴして他店へ向かうも臨休でUのターン。戻ってくれば並び5名でオメデトサ...

  • あらき軒 / 得チャチャ!!つけ麺 @岐阜県羽島郡岐南町

    なんちゅうエロイ麺!艶やかで喉越し良く、適度なコシも備えた極上麺。これでイケなければ何でイクのというぐらいに口の中が楽しさで溢れます。背脂だけでなく躍る心もチャチャチャのチャ「あらき軒」さん。「得チャチャ!!つけ麺 (990円)」心地良い食感に終始夢中。こちらでは何種類の麺が提供されているのか存じ上げていませんが、あれでもこれでもとイキたい願望尽きぬが男の性というヤツで。とにかく今回は啜り倒しました。つけ...

  • 麺屋 號tetu / 濃厚鶏SOBA 醤油 @ 滋賀県長浜市

    近頃は昔話が楽しくて。人生最終コーナーどころか直線の坂手前といった感じDEATH。湖北で一等星の輝きを見つけて早や8年。あのときも寒い夜でした。こんなラーメンがあるのかと衝撃を受けたものです。鉢が劇場なら、スープ、麺、具材は役者、それぞれが舞台の上で最高の働きを見せ、感動の物語を作り上げているという印象でした。これが「號tetu」さんのRa-men Styleなのだと知った現在より8才若かった私、今ではムチ入れながらで...

  • 中華そば 政次郎 / 中華そば @愛知県豊橋市

    一度行ってみたかったお店、「中華そば 政次郎」さん。以前に訪れたことがありますが早じまいで食べられず。お目当ての一本がレンタル中でモヤモヤ、もう無性に・・・そんな感じでした。店内はカウンターとテーブル席。駐車場も広くてファミリー層にも向いていますね。「中華そば(800円)」頑固っぽい店名とヴィジュアルから昭和テイストの懐かしいヤツかと思いきや、今風の洗練された鶏醤油で、優しく迫る名古屋コーチン使用のクリ...

  • ラーメンひばり / まろやか @滋賀県大津市

    営業時間と定休日が少し変更されました、「ラーメンひばり」さん。どこがどう変わったのか詳しく説明できませんので、下の画像でご確認ください。〇と×が〇〇っぽいですが「ひばり」さんです。来週も再来週も〇と×は変わりません。たぶん。「まろやか 肉増し (1050円)」訴求力ピカイチの鉄板メニュー。実はこの日、そそられる限定もありましたが、まろやかの口だったので他は眼中ナッシングです。そうさせるだけの魅力はスープの奥...

  • 実咲庵 / 煮干しつけ麺 @大阪府堺市三国ヶ丘

    頻繁に訪れている印象がある堺ですが、啜った麺がそれほど思い浮かばず、こちらも初訪となります「実咲庵」さん。オープン当初にラーメン本で見た「油かすつけ麺」に惹かれ、烏賊粘発動から8年弱、ま、私のスケジュール帳にはいつも「気まぐれ」と書かれていますので。この日、胃腸がお疲れモードで油かすを回避。サラッとイクべしと煮干しをいただくことにしました。「煮干しつけ麺 (780円)」煮干しと節が力強く迫るつけ汁。魚介...

  • ラーメン モリン / 煮干しの塩ラーメン @滋賀県大津市島ノ関

    穂先ってますがド定番のニボシオ。仕様が変わってたらスミマセン、2019年も私の居場所は「ラーメン モリン」さん。おけいはんで島ノ関下車もありですが、JR大津駅から移りゆく周辺の景色を眺めながらブラブラするのもオツなものです。ただ、途中で「みふく」さん、「ひばり」さんに吸い込まれる可能性もあります。それはそれで良しです。「煮干しの塩ラーメン(680円)」数えてませんから大きな声では言えませんし、しれっとここに書...

  • ラーメンにっこう / 白カブのベジポタ酒粕ラーメン @滋賀県彦根市河瀬

    恒例の1月限定。Photoshop使わんでも色鮮やかに描かれる一杯は「ラーメンにっこう」さん。2018年12月にはオランダDELFT店がオープン。私ごときの山科で半世紀な人間からすれば、オランダってどこよって話ですが、幼少時に食べたオランダ焼きが未だに忘れられず。ベビーカステラではなくお好み焼き風のんです。ほんまに向こうにあるんかな?「白カブのベジポタ酒粕ラーメン」 ※1月限定レアチャと赤こんにゃくでセンターラインを固め...

  • HEITAIYA / 濃厚鶏白湯らーめん @愛知県西尾市

    リトルビジネスで豊橋へ向かう途中の西尾市で面白そうなお店を発見、それが「HEITAIYA」さん。鶏白湯ラーメンとローストビーフの専門店ということで興味を惹かれる方も多いかと。ただ私の場合、年齢的、経済的、そして嗜好の問題もあってか、ここでお肉食わないという、ホント、面白味のないヤツですんません、すんません。テーブル席のみですが1人用の席もあり、ゆっくりと食事ができます。「濃厚鶏白湯らーめん (780円)」+煮卵(...

  • 元祖安さん / ラーメン @京都市右京区梅津

    ポンコツ車にラーメン本で最初に食べ歩きを始めたのが30年前。結局、1年ほどしか続けられませんでしたが、記念すべき1軒目に訪れたのが、「元祖安さん」でした。あれからずっと食べ続けていれば私のお腹は今頃どうなっているのでしょう。確実におらんわ、という助手席の声を軽くいなして入店。前回からも5年ぶりで、どこか雰囲気が変わったなと思ったら、京都市のFU〇K条例で黄色いテントが撤去されたんですね。味のある看板やテン...

  • 友愛亭 / カミソリパンチ @大阪市浪速区日本橋

    オーディオ好きだった若かりし頃、よく来ました日本橋でんでんタウン。「変わった」という方もおられますが、店は変われど雰囲気はあの頃のまま、For myself♪用事を済ませて啜りますかとグーグルに問えば、どんぴしゃで目の前に「正油ラーメン専門店 友愛亭」さん。店内はボクシング一色、メニュー名も同じくで、雰囲気に圧倒されてしまいました。「カミソリパンチ (700円)」淡口醤油と塩で切れ味を追求したというメニュー。鶏がら...

  • 福ちゃんラーメン /とんこつラーメン @大阪府茨木市阪急茨木市駅

    以前に車で前を通ったとき、外観のごっつい雰囲気に思わず振り返ってしまった、「福ちゃんラーメン」さん。年中やる気のない私が振り返るなんて、ボンキュッボンのオネーチャンと落ちてる100円玉見つけたときぐらいです。阪急茨木市駅前のごちゃついたところからチョット行った辺り。昭和の風情を残した黄色いテントに赤い暖簾、いつからお店を営まれているのか存じ上げていませんが、隅から隅まで昭和です。「とんこつラーメン (5...

  • らーめん みふく / 鶏白湯麺 @滋賀県大津市大津駅前

    周囲を見渡すと、ええ感じの飲み屋さんがいっぱい。ええもん出すのならコチラも負けてません、「らーめん みふく」さん。店近にコインパーキングが出来て、膝の痛い私にはありがたい話です。この日は未食の鶏白湯狙い撃ち。思えば、アゴ、麻辣、鶏白湯、中華そばに、謎の突発準レギュラーのみふジローを加えて、レギュラーメニューがバラエティに富んでいます。一筋縄ではいかない、それもまたみふくあるある。「鶏白湯麺 (850円)...

  • ラーメン モリン / 鯛ラーメン @滋賀県大津市島ノ関

    初夢も初日の出も酔いの彼方。でも初モリンだけは欠かしませんよとシャッター。2019年は元日夜から営業開始。開店前にはズラ~リ、しかもほとんどが初訪問のお客さんのようでアリガタイことですね、「ラーメン モリン」さん。お正月らしく鯛と餅を使用した限定メニューで今年もシクヨロの1年が始まりました。「鯛ラーメン(850円)」 ※正月限定店前に漂う香りが既に神。この匂いだけで白飯食える旨さ、その正体は鯛です。お正月らし...

  • 鳥そば 真屋 / 味噌らーめん @岐阜県大垣市

    冬になれば、でも雪が降る前に。ノーマルタイヤ人の執念で毎年いただいております、この逸品、あざっす。入店と同時に鼻腔をくすぐる獣の香り、もう匂いからして旨いです、「鳥そば 真屋」さん。久しぶりにレギュラーの鶏白湯でパネ~と言いたいところ、やはり冬季限定の味噌を。こちらのお店の話になると鼻息荒くなる湖北の元オム屋一押しのメニューです。「味噌らーめん (900円)」+全増し(400円)山形の味噌2種類と九州の麦みそ...

  • あけましてお麺でとうございます

    謹んで新年のお祝いを申し上げます。旧年中は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。と昨年のコピペで始まる2019年。  ...

  • あきん亭 瑞浪本店 / あきんめん @岐阜県瑞浪市

    天気が良いので古虎渓を望みながら軽くドライブ。目指した「あきん亭 瑞浪本店」さんはお湯割りラーメンがいただける東濃の人気店です。駐車場には他府県ナンバーもチラホラ、ウェイティングボードの人数をひーふーみーと数えればざっと20人ほどの待ち。待ちます、待ちます。お店が広いのでほどなく順番が来ました。「あきんめん(800円)」スープはチャーシューの煮汁をお湯で割ったもの。あっさりとした中にも豚のコクがしっかり、...

  • 麺の大夢 / 塩らーめん @愛知県岡崎市

    澄みきったスープ、味わいも清涼感のあるもので、店主さんの心の中を覗き見てみたくなります。「麺の大夢」さんは、大阪の名店「麺のようじ」グループのお店で2018年の秋、岡崎にオープン。まさか東海でようじさんの味に再会できるとは思ってもみませんでした。関西人の私としてはちょっとエッヘンな気分です。潔さ全開の券売機。正直、こんな大きな券売機いらんや~ん、とか(笑)「塩らーめん(830円)」黄金スープから伝わる鶏の旨...

  • じゅんちゃんラーメン / みそにんにくバターらーめん @愛知県豊田市梅坪

    豊田市の人気店、「じゅんちゃんラーメン」さん。ロードサイドの大箱店ながら地域密着型の雰囲気プンプン。けんもほろろとまでは行かずともドライな接客が心地良かったりで。ファミリーにロンリー、店の内も外も賑やかなこういったお店、私は結構落ち着きます。「みそにんにくバターらーめん (790円)」どこかで情報を得ていたコチラの味噌。マイルドな豚骨ベースに、甘味や酸味のバランスが良い味噌を合わせた、イメージ通りの味噌...

  • 麺農園himawari / 淡麗煮干ラーメン @奈良県奈良市富雄

    実はそんなに理解していませんでしたが、行ってみてわかった「麺農園himawari」さんの実態。今さらかよー。ラーメン家みつ葉(昼営業のみ)の弟子達で営業する時(みつ葉の店主はいません)のみ屋号を変更して営業しています✨ 営業日は毎週水曜日の18時~21時で営業しています!メニューはみつ葉の通常メニュー、煮干し、限定メニューなどその日によって異なります! 月末には次の1ヶ月分の営業内容をツイートするので確認お願いし...

  • 麺屋 彩々 昭和町本店 / 味噌らーめん @大阪市阿倍野区

    リトルビジネスがモアリトルになった切なく侘しく悲しい師走の夜、御堂筋線に揺られて昭和町で下車、「麺屋 彩々 昭和町本店」さんです。間もなく提供終了の味噌をいただくため久しぶりに訪問。そういえば初訪時、並び中に常連さんからオススメされて、同行者と辛味噌をシェアしたなぁとシミジミ。「味噌らーめん(850円)」諭すようにクリーミーで滑らかな鶏白湯が実直。その土台にコクとパンチ、そして優しさで全体を包む味噌ダレ...

  • バリバリジョニー 草津エイスクエア店 / 2018年12月24日閉店 @滋賀県草津市エイスクエア

    またひとつ街の灯りが消えます。2018年12月24日、切ないジングルベルを鳴らして、「バリバリジョニー 草津エイスクエア店」さんが閉店です。ジョニーグループのお店として2013年7月にオープン。今夏からは「麺屋ジョニー」のメニューで営業されていました。数日前、お店を訪れた際に貼り紙を見てガビ~ン。SNS等での情報発信をされないお店ですので、突然の閉店は衝撃でした。「みそジロー (760円)」最後にいただいた一杯は冬季限...

  • 麺屋 希楽夢 / 味玉塩そば @愛知県知多郡東浦町

    定点観測ではありませんが知多半島を訪れれば自然に足が向いてしまいます、「麺屋 希楽夢」さん。今回で3度目の訪問。もうカーナビなしでも大丈夫です。画像を編集していて気付いたのですが、券売機の限定ボタンに「×」が点いていない。何かあったのかー。積極的に限定メニューにも取り組まれており、常連さんからラオーラ漂わす面倒臭い方々まで気になって仕方がないお店です・・・と、たった3回のチェリーが喋んなという話ですが...