ハンドル名
くわさん
ブログタイトル
7/2旅人
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tabibitoalp
ブログ紹介文
山と旅が好きです。その他日々の出来事書いていきます、 あっ猫達や動物達の事も
自由文
更新頻度(1年)

13回 / 2752日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2011/07/13

くわさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 33659 34042 30837 27317 21886 24207 24776 946562サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 0 40 0 30 0 0 30 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 419 432 373 319 264 286 292 11343サイト
登山 77 76 69 60 50 56 57 2250サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 45681 44424 47030 41593 44634 44735 45347 946562サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 0 40 0 30 0 0 30 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 666 659 697 620 694 697 713 11343サイト
登山 82 79 85 69 74 74 79 2250サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946562サイト
INポイント 10 0 10 0 10 0 10 40/週
OUTポイント 0 40 0 30 0 0 30 100/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 0 0 0 0 0 0 0 11343サイト
登山 0 0 0 0 0 0 0 2250サイト

くわさんのブログ記事

?
  • 夢テラス

    さて今回の山旅は、日本平に出来た日本平夢テラスに、行ってみた。まだ、去年の記録だ。12/242018。日本平ハイキングコースでは一番お気に入りの馬走コースから日本平山頂を目指した。富士山が綺麗だ^ー^平日なので、草なぎのお米やさんのオニギリを🍙を買うのを楽しみにしていたが。営業はしていたのだが、🍙はお休みだとさ_| ̄|○馬走コースは、一旦林道に出て歩道橋を渡ると、唯一の急登が待っている。この急登さえ終われば、平坦な道が多い。日本平山頂の肩に取り付くとちょっと急になるけど、たいしたことない。さあ、日本平夢テラスってどんなんでしょうね??おお、これが夢テラスか!!山頂より高いじゃないのか?あれれ、山頂と同じ高さで作ったみたいだね。中は回廊になっており360度展望可能。二階にはカフェがある。天気が良ければもっといいん...夢テラス

  • トンネルと牛乳

    さて前回の続き玄岳から降ってきた場所は函南町丹那。丹那というと思いつくのは、トンネルと牛乳だ。子供の頃テレビのCMで、たんな、たんな、たんな、たんなっ牛乳おいしいたんな、たんな、たんな、たんな、たんな、たんな、たんな、たんな、たんなっ牛乳・・・・・え~い、くどいわい!^ー^そんな、丹那牛乳の、たんなを連呼するCMがよく流れた気がする。そして今は昔、東海道線は箱根を回り込むように御殿場を経由して通っっていた。鉄道線路としては勾配が急で補助機関車を連結したり、輸送上のボトルネックになっていた、そこで函南から熱海へ丹那トンネルの大工事が行われた、当時は手掘りで地質も悪く、湧水が凄い量だったという。そして水抜き工事も同時に行われた。丹那はもともと、水量豊富な里でワサビ田やお米なんぞを育ていたそうなそれが、東海道線丹那ト...トンネルと牛乳

  • 丹那へ

    さて前回の続き天気は高曇りだが、展望はまあまあだ。山頂から一段下がったところにテントがあるよ、テントを張っていたお兄ちゃんに話を聞くと、今夜の花火をここで写真を撮るそうな。まだお昼前だよ、夜まで長いね・・・30分ほど遅れて、オジジが到着。早速、テントを張っていたお兄ちゃんを捕まえて自慢話を長々話しているやっぱりそういうタイプな人だね。お兄ちゃんは嫌な顔をしないでお話に頷いている。人の良さそうなお兄ちゃんだ^ー^丹沢方面、蛭ヶ岳かな?箱根方面。十国峠方面三角点は何処にある?あれ~これは、水準点だね。三角点は何処??ま、いいか・・・玄岳から南への主稜線は、通れるのか様子をみる。これは無理そうだね、踏み跡すら無い笹でボサボサだ。近くに車道があるからか、歩く人もいないのだろうね。天気もぱっとしないし、氷ガ池に向かう。笹...丹那へ

  • 玄岳

    皆々様、本年もよろしくおねがいいたします。m(__)mさて今回の山旅は、とは、いっても前年のお話なのだが。何処の山に行こうかな?と地形図を眺めるのは楽しいものだ。相変わらず雑用が山積みで、遠出は無理。県内で行っていない所を探してみる。むむむ、熱海と函南の境に玄岳なる山がある、近くには池もあるらしい。ここに行きましょう^ー^熱海駅から歩くのはちょっと億劫なので、登山口に近い紅葉台までバスに乗った。ここから少し歩くと玄岳の登山口だ。しかし、熱海という所は海からすぐ山で家も山の斜面に張り付いているように建てられている。ハイキングコース入口からも、まだ住宅地が続く、道は急坂だ。愛犬供養塔。やっと住宅地が終わり、山道に入っていくようだ。写真を見ると展望が良さそうだな、しかし今日の天気は高曇り。_| ̄|○手書きの看板が良い...玄岳

  • 今年もおせわになりました。m(_ _)m

    今年も今日でおしまい。仕事もやっと終わった。この一年この拙いアホなブログを、見てくださった方々、コメントを書いてくれた皆様。本当にありがとうございました。m(__)m皆様、良いお年を!!^ー^」」」12/312018今年もおせわになりました。m(__)m

  • 笛の音が聞こえる、再び・・Ⅱ

    さて前回の続き登ってきた、かんぽの宿からの尾根。なんか、結構良いじゃん^ー^さて、山頂には二人の登山者、ちょっと行った日向には、ご夫婦がいた。花沢山の三角点は確か木の根にある。やっぱし、食べられてるね。今日の天気は、バツグン。気持ちいいね^ー^行動食のパンを齧りながら、何処に降りようか考えていたら。近くで笛の音が聞こえる。もしや、あの時の笛の音の主ではあるまいか?前回は「椰子の実」や「四季の歌」なんぞを奏でていたが。この方のレパートリーは、半端ない。なんか僕には解らない、クラシックの名曲や難しそうな曲を吹いている。一呼吸、ついたようなので、ちょっと聞いてみた。く「あの失礼ですが、西敬寺から日本平へ向かう登山道でも吹いてなかったですか?」と聞いてみた。笛吹オジジ「日本平へは行った事がありますが、そこは行ったことが...笛の音が聞こえる、再び・・Ⅱ

  • 笛の音が聞こえる、再び・・

    さて今回の山旅は、11月の初めから雑用が増えて山に行けてない_| ̄|○そんな、バタバタした隙を狙って、近場に行ってみた。花沢山、満観峰のルートは、ほとんど歩いたのだが。かんぽの宿からのルートのみ通行止めだったので、お初だ。焼津駅を降りて、かんぽの宿に向かう。途中、岩盤が出ている斜面。大崩もこんな岩が多い。約30分でかんぽの宿の登山口に到着。ここから、170分か。。結構かかるな。今日はいい天気だ。海が青いねえ^ー^松風園の建物より高くなったよ。北に目をやると高草山。かんぽの宿コースの危険箇所とは此処なのだろうか?それほど危険ってわけでもないが。補修したのかな?あまり気になるところは、無かったけど。無事に通過。お!これはお休み処だね。一服しましょうか^ー^何を獲っているのだろう、シラスかな。一服していると妙齢の女性...笛の音が聞こえる、再び・・

  • あきらめない。

    Bearcubclimbsmountaintoreunitewithmamabearあきらめない。子熊に感動しました。^ー^11/132018あきらめない。

  • 白岩へ

    さて前回の続き。よもぱっら、の原っぱを堪能して、白岩の集落に降りていく。最短のトワタリ沢のコースは荒れているようなので、林道東山線を降っていく。未舗装だね。紅葉が輝いている。^ー^黄葉もいいねえ~^ー^この稜線が、四方原山のようだ。平らだね。足元は、落ち葉でいっぱい。どうやら、紅葉の最盛期に当たったようだ。^ー^来週にはもう、落ち葉のほうが多いだろう。風が吹くと、落ち葉吹雪だ。こっちの木も、パラパラバラバラ落ちてくる。すごいね。(´゚д゚`)四方原山へ案内板があった。ここがトワタリ沢の登山道との分岐らしい。四方原山、南北1km、東西2.5kmの溶岩台地。北にある荒船山も、航空母艦のように台地上の山だ。なにか、この地域にそういう地形が出来やすい理由があるのかもしれぬ。いいなあ、紅葉^ー^この季節が終わると、冬だね...白岩へ

  • よもっぱらやま 四方原山へ 朝日に向かって進め!

    さて前回の続きから・・・日中は、風もなく、暑くもなく、寒くもない日だった。そして、そんな静かな夜を迎えると、思っていた。ところが、風が強くなってきた・・・・・夜半からバタバタ、はためく国旗の真横で寝ているようだ。張り綱を張り直し、また寝ようとしたけどツエルトは風で踊りまくり、吠えまくりそして・・・・・・・・・・・・・・・・朝を迎えた。_| ̄|○そして朝が来た。朝になれば、空気が澄んで遠くまでよく見える。八ヶ岳。ちょっとボケてるけど甲斐駒ケ岳、アサヨ峰。そして月・・・・睡眠不足は否めないが、「よもっぱら」に、出発だあ!!四方が原っぱ、そう四方原山は原っぱの山なのだ。平成生まれの方々は知らないけど。昭和生まれの僕の子供の頃は、近くに原っぱがあった。虫を撮ったり、怪我をしたコウモリを拾ってきて赤チンを塗ったり秘密基地...よもっぱらやま四方原山へ朝日に向かって進め!

  • 茂来山コブ太郎。その2

    さて前回の続き茂来山の登山口まで、あと3.5kmか。まだ結構あるね。右に入って次を左の、左だな。左に行く。暫く歩くと、沢沿いの道になった。きれいな流れだ。お、洞窟を発見!!う~ん何かが、あるねえ。フラッシュを焚いてみた。なんだよ~空き缶じゃねえか、近所のガキンチョの隠れ家だな^ー^紅葉は、いい感じ。あれ、なにかキラキラ岩が光っている。ここも岩盤の根本が、洞窟になっているそして此処は水が・・・・・なかなか、幽玄で美しい処だ。沢沿いも綺麗で、なかなかいいところだね。駐車場がある、登山口に到着したようだ。さーて、コブ太郎君に逢いに行きますか。登山道が広いね。樹間から紅葉が見える。あと500mだ。沢をどんどん詰めて行く。あれか?コブのたくさんある栃の巨木。茂来山コブ太郎だ。流石にデカイね^ー^今は昔年によっては凶作で食...茂来山コブ太郎。その2

  • 茂来山コブ太郎。

    さて今回の山旅は、久しぶりに遠出だ。7月に行った金峰山以来だね。今回は長野の山、茂来山、四方原山だ。アプローチは身延線から中央線を小淵沢へ、そして小海線で海瀬へ。休みは土日月と取ってある、しかし土曜日は雨が残りそうだ。土曜日は野辺山まで行って、日、月で山に登る予定だ。野辺山駅に到着。JRでは、最高点の駅だ。標高1345.67m、電車を降りるとひんやりとした空気、高原だねえ^ー^おまけに風が強い。お目当ての紅葉は?おお、いいねえ~ちょうどいいね。駅から見える、東側の山。左から天狗山、男山、御座山。西は八ヶ岳だ。明日は天気が、いいかな?そして、野辺山で一泊。・・・・・・・・・・・・・・・・・翌朝、快晴を約束する。モルゲンロート赤岳が美しい。電車に乗り込む時、八ヶ岳を見ると。赤岳と横岳の上に、月がでていた。・・・・・...茂来山コブ太郎。

  • 晴れの日曜日

    さて前回の続き、またもや梅ヶ島に行ってきた。今回は珍しく、単独では無く、相棒付きだ。ひょんなことから知り合った、すーさん。スーさんは。全国あちこちを登っている、フルマラソンは3時間15分、富士山は吉田口から二時間半で登る強者だ。僕とは登山スタイルの違う相棒だが、安倍奥東山稜には登った事がないのでご招待した。出発のさい、ザックを見るとデカイ!!く「何が入っているの?」ス「買ったけど、使った事が無いので今回使ってみようと、いろいろ持ってきました。20kg位あるかな?、ふふf。」く「あ。そう」僕の荷物は二人分の夕飯入で10kgだけど・・・・・・・・・まあ、なにはともあれ、出発だあ!!今回の山行は安倍の大滝経由、安倍峠経由、奥大光、三河内の予定だ。安倍の大滝から林道へ出る道は、通行止めになっているが、行ってみた。特別、...晴れの日曜日