住所
愛知県
出身
愛知県
ハンドル名
司法書士 西垣哲也さん
ブログタイトル
日進月歩 司法書士試験合格への道標
ブログURL
https://roadster11110414.blog.so-net.ne.jp/
ブログ紹介文
TAC名古屋校で講師をしています。司法書士試験の合格のためのモチベーションがここにあります。
自由文
モットーは、垣根を越えたブログです。 司法書士試験の合格はもちろん、会計士や社労士の情報、司法書士実務など、幅広いことを書いていきたいと思っています。
更新頻度(1年)

76回 / 1594日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2014/09/12

司法書士 西垣哲也さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 2118 2201 2246 2116 2102 2113 2146 946444サイト
INポイント 40 160 170 160 170 120 160 980/週
OUTポイント 40 500 530 580 480 460 580 3170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 6 6 6 6 6 6 6 8341サイト
司法書士試験 2 2 2 2 2 2 2 426サイト
法律系資格 1 1 1 1 1 1 1 198サイト
士業ブログ 66 67 69 66 63 65 64 4738サイト
司法書士 9 10 11 10 9 10 10 471サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 3634 3585 3649 3809 3923 3996 3980 946444サイト
INポイント 40 160 170 160 170 120 160 980/週
OUTポイント 40 500 530 580 480 460 580 3170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 8 8 8 8 8 11 12 8341サイト
司法書士試験 2 2 2 3 4 4 4 426サイト
法律系資格 1 1 1 1 1 1 1 198サイト
士業ブログ 78 75 73 73 75 77 76 4738サイト
司法書士 16 16 17 18 18 18 18 471サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946444サイト
INポイント 40 160 170 160 170 120 160 980/週
OUTポイント 40 500 530 580 480 460 580 3170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
資格ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8341サイト
司法書士試験 0 0 0 0 0 0 0 426サイト
法律系資格 0 0 0 0 0 0 0 198サイト
士業ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4738サイト
司法書士 0 0 0 0 0 0 0 471サイト

司法書士 西垣哲也さんのブログ記事

?
  • 昨日の講義のポイントとお礼

      復習 民法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、1月21日(月)は、2020目標の民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 2020目標のみなさんは、今回から、講義も月曜と水曜の週2回で進んでいきます。 頑張っていきましょう! 昨日の講義では、代理の続きである代理権の濫用から、取得時効の途中までを解説しました。 ざっとポイントを指摘すると、代理権の濫用がどういう場合に無権代理とみなされるのか、自己契約・双方代理の効果、自己契約・双方代理に当たらない場合で代理人と本人の利益が相反する場合の効果。 また、復代理全般、そして、何といっても無権代理と相続ですね。 無権代理と相続は、事例と判例の結論をよく振り返っておいてください。 では、過去問です。 今回も、2019目標のみなさんも共通なところですので、これを機会に民法の知識を振り返っておいてください。    ・・・・・..

  • 昨日の講義のポイント 体調管理には気をつけましょう

      復習 民事訴訟法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、1月20日(日)は、民事訴訟法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 今、インフルエンザがとても流行っているみたいですね。 昨日の朝も、講師室でそんな話をしていて、TAC名古屋校の講師の間でも、インフルエンザが流行っているようです。 そうしたところ、いつもに比べて、昨日は受講生さんも欠席された方が多かったです。 ですので、昨日は、休まれた方は、インフルエンザにかかってしまったのかなあと心配しつつの講義でした。 昨日の講義のポイントですが、午前では、控訴や共同訴訟、訴訟参加、午後は、管轄や移送あたりが特に重要なテーマでした。 共同訴訟では、通常共同訴訟と必要的共同訴訟の比較がよく出やすいですし、管轄は、出題されたら確実に正解できるところでもあります。 講義で指摘した点を中心に、条文を確認しながらよく振り返っておい..

  • 今日の講義は民事訴訟法

      復習 民事訴訟法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 2019目標のみなさんは、今日は、民事訴訟法の講義ですね。 前回までの振り返り、大丈夫でしょうか? また、民事訴訟法は、条文を丁寧に読むことが大事です。 その点を念頭に置きながら、学習を進めていきましょう。 では、前回の範囲の過去問をピックアップしておきます。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 当事者双方が、連続して2回、口頭弁論の期日に出頭せず、かつ、その後1か月以内に期日指定の申立てがされなかった場合には、当該期間の経過時に訴えの取下げがあったものとみなされる(平27-5-ア)。Q2  本案の終局判決後に訴えを取り下げた場合には、当事者双方ともに同一の訴訟物について訴えを提起することができない(昭62-1-4)。Q3 請求の放棄及び請求の認諾は、いずれも弁論準備手続の期日において..

  • 学習相談と思い出話

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 相変わらず寒い朝ですが、みなさん、体調は大丈夫でしょうか。 今日は土曜日ですが、学習相談の予定を入れています。 時間は、11時~13時です。 この学習相談は、講師の私が直接対応しておりますし、電話でも受け付けていますので、受講や勉強についての相談がありましたら、気軽に利用して欲しいと思います。 学習相談を始めてから、結構な期間が経っていますが、割と多くの方に利用いただいているかと思います。 最近で特に印象に残っているのは、何回か受験していて、来年こそは何とか合格したいので、と学習相談に来てくれた方でしょうか。 その後、定期的に学習相談も利用しながら努力を続け、その来年の試験(ちなみに去年です)で見事合格を果たしました。 これは、本当に嬉しかったです。 また、別の方で、いつも決まった時間(ほぼいつも同じ時間)に利用してく..

  • 会社法の基本を振り返ろう

       復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今朝も相変わらず寒いですね。 インフルエンザも流行っていますし、体調管理には、引き続き気をつけてください。 では、早速ですが、いつものとおり過去問をピックアップしておきます。 今回は、会社法の基本を振り返ろうということで、役員の選任などをピックアップしました。 2019目標のみなさんは、まだまだ商業登記の記述式の講義が続きますからね。 問題を通じて、改めて、役員の選任や解任の手続を振り返りましょう。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 取締役を選任する株主総会の決議の定足数は、通常の普通決議とは異なり、定款の定めによっても、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1を下回ることとすることができない(平19-31-ア)。Q2 累積投票によって選任された取締役の選任及び監査役..

  • 2020年に向けて頑張ろう!そして、2019目標のみなさんへの注意点

      復習 民法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、1月16日(水)は、2020目標の民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 2020目標のみなさんにとっては、昨日から、本格的に民法の総則編の学習に入っていきました。 そして、来週からは、月曜、水曜と週2回で講義も進んでいきます。 まずは、講義を受けながら勉強するリズムを作っていきながら、本試験まで地道に頑張っていきましょう。 テキストとでるトコ、条文を何回も往復して、繰り返しながら理解を深めていってください。 そして、本ブログでは、その回のポイントと、代表的な過去問をピックアップしていきますので、どんなことを学習したのか、その復習のきっかけとして役立てていってください。 昨日の講義では、代理を学習しました。 無権代理、有権代理のいくつかを学習しましたが、民法99条の構造、そして、無権代理全般が特に大事なところなの..

  • 商業登記記述式 昨日の講義の急所

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、1月15日(火)は、商業登記の記述式の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日の講義で取り扱った問の22は、とても良い問題でした。 この問のように、種類株式発行会社が取得請求権付株式を発行していて、その対価が他の株式であるときには、よく注意をしておきましょう。 取得請求権が行使されると、その分は、会社にとっては自己株式の取得の場面にも当たります。 講義でもその点は解説しましたが、改めて、その点をよく理解しておいて欲しいと思います。  本問では、まさにそこがポイントでしたしね。 また、この問を通じて、種類株式発行会社が、ある種類の株式に譲渡制限の定めを設定するときの手続を、よく振り返っておいてください。 このほか、問23や24も良い問題ですので、繰り返し解いていただければと思います。 では、いつものように過..

  • 今日の記述式の講座のための振り返り

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 三連休も終わり、今日からまた1週間が始まりますね。 いつもより1日少ないから、今週は、1週間も早く感じられるでしょうね。 そして、今日は、2019目標のみなさんの商業登記法の記述式の講義です。 ということで、今回は、商業登記法から印鑑証明書に関する過去問をピックアップしておきます。 商業登記規則61条4~6項の印鑑証明書は、もう大丈夫ですか? 記述式の問題での印鑑証明書の通数、正確に判断できるようにしていって欲しいと思います。    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 取締役会設置会社以外の会社において、定款の定めに基づく取締役の互選によって代表取締役を定めた場合には、当該代表取締役の就任による変更の登記の申請書には、当該代表取締役の就任承諾書に押印された印鑑につき市区町村長..

  • 昨日の講義の急所・民事訴訟法

      復習 民訴等(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、1月13日(日)は、民事訴訟法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日の講義も、重要なテーマが目白押しでした。 午前の講義では、証人尋問・当事者尋問、文書提出命令、証拠保全に既判力。 午後の講義では、既判力の続きに、訴えの取下げ、和解。 どれも、試験ではよく問われやすいテーマばかりです。 証人尋問・当事者尋問は、比較の問題がよく聞かれますが、ここはとにかく条文が大事ですね。 特に、210条では、証人尋問のどの規定を当事者尋問に準用しているのか、ここはしっかりと確認するようにしてください。 また、いくつか、「証人尋問をしなければならない」という場面が出てきました。 証拠保全と直接主義のところでしたが、どんな場合だったか、その二つをよく振り返っておいてください。 訴えの取下げも、条文をしっかりと読み込みことが重要で..

  • 今日の民訴の振り返りと日程について

      復習 民訴等(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今朝も相変わらず寒いですね。 引き続き、体調管理には注意していきましょう。 では、早速ですが、過去問をピックアップしておきます。 今日は2019目標のみなさんの民事訴訟法の講義なので、前回の講義の範囲からです。    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 被告が、口頭弁論期日の呼出しを公示送達によって受けた場合において、当該期日に欠席したときは、相手方の主張した事実を自白したものとみなされる(平18-1-オ)。Q2 裁判上の自白は、相手方の同意がある場合には撤回することができる(平3-5-4)。Q3 証人尋問は、当事者双方が期日に欠席しても、実施することができる(平18-1-エ)。Q4 判決の言渡しは、当事者が在廷しない場合においても、することができる(平26-2-オ)。    ・・・・・..

  • 株主総会を振り返る

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今日はかなりゆっくりな更新となりました(^^; ということで、早速、過去問を通じて知識を振り返りましょう。 今回は、会社法の中から株主総会をピックアップします。 少し前にも、株主総会に関する過去問をピックアップしましたが、それに引き続いて、という形ですね。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 会社法上の公開会社でない取締役会設置会社における株主総会の招集に関し、会社法所定の要件を満たす株主が、取締役に対して株主総会の招集を請求した場合において、その請求があった日から8週間以内の日を株主総会の日とする株主総会の招集の通知が発せられないときは、当該株主は、裁判所の許可を得て、株主総会を招集することができる(平25-30-ア)。Q2  公開会社でない取締役会設置会社において、総株主の議決..

  • 不動産登記法の得点源にしたいテーマ

      復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日はかなり寒い1日でしたよね。 今朝も、昨日ほどじゃないにしても、寒いですね。 布団の中が気持ち良すぎて、なかなか起きられない日々が続きます(笑) 引き続き、インフルエンザなどには気をつけていきましょう。  さて、いつものように過去問をピックアップしておきます。 今回は、久しぶりにような気がしますが、主登記・付記登記に関する問題です。 ここは、よく出るテーマですし、また、得点源にすべきテーマなので、スパスパッと答えられるようにしておきましょう。    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (過去問)Q1 根抵当権の極度額の変更の登記は、付記登記により行われる(平21-23-ア)。Q2 抵当権の利息の組入れの登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平22-18-エ)。Q3 買戻期間の満了..

  • 振り返りの学習、できていますか?

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今朝の名古屋も、かなり寒いです。 年末に雪が降りましたが、1月が2月に、また積もるくらいには雪が降るかもしれませんね。 では、早速ですが、いつものように過去問を通じて復習をしておきましょう。 今回は、解散、特例有限会社に関する登記からのピックアップです。 以前にも書きましたが、ただ漫然と解くのではなくて、このテーマではどんなことを学習したかな? それを自分の頭で振り返ってから、先に進みましょう。 こうした振り返りの学習のリズム、できていますか?     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 清算中の会社は、清算の目的の範囲内でのみ存続し、営業を前提とする行為をすることができないため、本店移転の登記、募集株式の発行による変更の登記、資本金の額の減少による変更の登記などをすることができない(平..

  • 商業登記法の記述式 今回の良問

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 何やら、今朝は風が強くて、かなり寒いですね。 まだまだインフルエンザも流行っているみたいですし、体調管理には、十分気をつけてお過ごしください。 さて、昨日、1月8日(火)は、商業登記法の記述式の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日が、年明け最初の記述式の講義でした。 昨日から応用編に入り、問21を解説し、1問、演習をしてもらいました。 不動産登記法の時もそうでしたように、教室で時間を計って演習するということは、とても貴重な機会だったかと思います。 みなさんは、今年が本番ですので、こうした実戦的な演習の機会を、今後は積極的に経験するようにしていってください。 そして、今回の演習で感じた自分の課題をきちんと記録しておいて、そして、これをどう改善していこうかということを考えて、次の機会に備えるようにしていってくだ..

  • 2020年の本試験に向けて

      復習 民訴等(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、1月7日(月)は、2020年目標の民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 2020年目標のみなさんにとっては、昨日が、新年最初の講義でした。 みなさんは、これから本格的に勉強を始めていくわけなので、まずは、講義と復習のリズムを作っていくようにしていきましょう。 昨日の講義では、抵当権などの担保を中心に、取り消すことができる行為や債権者代位権、詐害行為取消権など、現時点で確認しておいて欲しい基本を解説しました。 そして、次回の講義から代理をはじめとして、総則編を解説していきます。 ここから本格的に民法の内容を学習していきますので、2020年の本試験に向けて頑張っていきましょう! まずは、次回の講義までに、できる限りの予習ということで、テキストをしっかり読み込んでおいてください。 また、できれば、でるトコで問題演習..

  • 講義再開!民訴の学習

      復習 民訴等(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 1月6日(日)は、民訴等の講義でした。 昨日が2019目標のみなさんの新年最初の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 民訴の学習で大事なことは、条文をきちんと読むことです。 民訴に限らず、基本的なことですね。 近年は、細かな判例の知識が要求される問題も出てきますが、それでも、条文知識を問う問題が中心です。 そういう問題を、まずは、確実に得点できるようにしていきましょう。 平成の1ケタの年代の問題などは、ものすごく基本的なものが多いので、そういうところから、民訴の問題に慣れていくといいと思います。 また、今回の講義の範囲でいえば、弁論主義と自由心証主義、処分権主義の意味するところをよく理解しておいて欲しいと思います。 他には、陳述擬制、擬制自白、争点及び証拠の整理手続あたりが大事ですね。 このあたりは条文中心に出題されると..

  • 今日から講義再開!本試験までベストを尽くしていきましょう!

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今日は1月6日(日)、相変わらず寒いですが、いよいよ今日から2019年の講義が始まります! 2019目標のみなさんにとっては、今年の7月が本番です。 本試験までは、何だかんだとあっという間に過ぎていきます。 日々の時間を大切にしながら、その時その時の自分にとってのベストを尽くしていきましょう。 我々がすべきことは、本試験までに、自分ができる限りの準備をすることです。 まずは、この年末年始でゆっくり過ごした時間を、少しずつ、いつもどおりのペースに戻していくことから始めていきましょう。 では、今日は会社法の機関に関する過去問です。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 取締役を選任する株主総会の決議の定足数は、通常の普通決議とは異なり、定款の定めによっても、議決権を行使することがで..

  • 明日から講義再開!頑張りましょう!

      復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今日は、1月5日。 いよいよ、明日、1月6日(日)から講義再開です。 2019目標のみなさん、明日からまた講義頑張っていきましょう! すでに告知済みですが、明日から、日曜日の講義は、民事訴訟法です。 テキストは、第4版を使用します。 また、2020目標のみなさんは、明後日、1月7日(月)から講義再開です。 新年最初の講義、改めて、よろしくお願いします。 では、今日は、不動産登記法のうち仮登記に関する過去問です。 仮登記では、どんなことを勉強したでしょうか。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 真正な登記名義の回復を原因とする所有権の移転の請求権の仮登記を申請することができる(平19-23-イ)。Q2 所有権の移転の仮登記は、真正な登記名義の回復を登記原因として申請することができる(..

  • もうすぐ講義も再開です!

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 講義再開まで、まだもう少しあるかなと思っていたら、もうあと2日で再開となりました。 やっぱり、年が明けると、あっという間ですね。 ということで、2019目標のみなさん、明後日、1月6日(日)から講義再開です。  年明け最初の講義は、民事訴訟法です。 使用テキストは、民訴等の第4版ですので、間違いのないように確認をしておいてください。 では、早速ですが、いつものように過去問をピックアップしておきます。 今回は、会社法のうち、株主総会の招集手続に関する問題です。 株主総会の招集手続、どんなことを学習しましたか? ざっと頭の中で思い出してから、次に進みましょう。 この「振り返り」のリズム、怠ってはいけませんよ。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 公開会社でない取締役会設置会社..

  • そろそろペースを戻していこう

      復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今日は1月3日、早くも正月三が日が過ぎようとしています。 年が明けると、あっという間ですよね。 もう仕事をしているという人もいるかと思いますが、まだ休み期間中という人は、そろそろ、日常のペースに戻していきましょう。  では、早速ですが、今日もいつものように過去問をピックアップしておきます。 今回も不動産登記法の総論のうち、会社法人等番号です。     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 申請人である会社法人等番号を有する法人が、作成後1か月以内の代表者の資格を証する登記事項証明書を提供して不動産の登記の申請をする場合には、当該法人の会社法人等番号の提供を要しない(平28-18-ア)。Q2 甲土地を要役地、乙土地を承役地とする地役権の設定の登記を、乙登記所を管轄する登記所に書面により申請す..

  • 年明けの復習 不動産登記法・総論

      復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 少し遅めの更新となりました。 正月期間中ということで、ご容赦ください。 ということで、早速ですが、今日の復習といきましょう。 今回は、不動産登記法の択一でよく出題される主登記、付記登記に関する問題です。 このあたりは、結論知っているか知っていないかというところなので、スパスパッと判断できるようにしていきましょう。      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 抵当権の利息の組入れの登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平22-18-エ)。Q2 転借権の登記の抹消の登記は、付記登記によってする(平27-19-イ)。Q3  抵当権の設定の登記の破産法による否認の登記は、付記登記でされる(平2-24-エ)。Q4 所有権の更正の登記は、付記登記によらないで登記される場合がある(平..

  • 2019年、合格目指して頑張ろう!そして、司法書士の魅力

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) みなさん、明けましておめでとうございます! ついに、年明け、2019年を迎えましたね。 2019目標のみなさんは、今年の7月が本試験です。 ここから先は、本当にあっという間ですから、気持ちを引き締めて、これからの日々、ともに頑張っていきましょう! 2020目標のみなさんは、今年から本格的にスタートです。 まずは、学習のリズムを作っていきながら、2020年の本試験に向けて、ともに頑張っていきましょう! そして、みなさんにとって、2019年がより良い1年となりますように。 私自身も、そうなることができるように、コツコツと頑張っていきたいと思います。 では、本ブログは平常運転ということで、いつものように過去問を通じて、知識を振り返りましょう。 新年最初の過去問は、会社法のうち、設立無効の訴えに関連するものです。 このテーマでは、どんなことが大事で..

  • 今年も1年ありがとうございました!今年最後の振り返り

      復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 今日は、いよいよ大晦日ですね。 本ブログに訪れてくれるみなさん、今年も1年、本当にありがとうございました。 時が流れるのは本当に早いものです。 来年の本試験を目指すみなさんは、ここから先、時間を無駄にすることなく、できる限りのベストを尽くしていきましょう。 本試験まで、まだまだ色々とあると思いますが、少しずつ乗り越えていきながら、これからもコツコツ頑張っていくだけですね。 また、本ブログは、これからも「毎日更新」を目標に突き進んでいきます。 ここに来れば合格に必要な何かがある、そんなブログでありたいと思っていますので、これからも引き続きよろしくお願いします。 では、いつものように過去問をピックアップしておきます。 今年最後の過去問は、不動産登記法の買戻特約です。 記述式で出てもおかしくないテーマですので、どんなことを学..

  • 2018年も残り2日になりました

      復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、名古屋でも雪が積もりましたが、いつものとおりといいますか、あっという間に溶けましたね。 今朝は、見た感じ、どこにも雪は残ってないようです。 相変わらず、かなり寒いですけどね。 ということで、いつものように過去問を通じて知識を振り返りましょう。 今日は不動産登記法のうち、登記原因証明情報に関する問題です。 前にも少し書きましたが、そのまま漫然と解くのではなくて、登記原因証明情報といえば・・・という具合に、まずは、自分の頭で振り返りましょう。    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 所有権について処分禁止の登記がされた後、当該処分禁止の登記に係る仮処分の債権者が、当該仮処分の債務者を登記義務者とする所有権の移転の登記と同時に、当該処分禁止の登記に後れる登記の抹消を申請する場合には、当該抹消..

  • ボヘミアン・ラプソディと雪

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今日もゆっくりの朝となってしまいましたが、起きてビックリ。 ここ名古屋でも雪が積もっていますね。 どうりで、夕べからものすごく寒かったわけです。 ここ何日かは、路面の凍結に気をつけないといけませんね。 出かける際は、足元に十分気をつけてください。 では、年末年始の復習、今日も会社法の設立のうち、発起人の責任に関係する部分です。  そのテーマではどんなことを学習したのか、その点を思い出してから問題を解いてみてください。 この機会に、振り返ってから進むという、このリズムを改めて確認して欲しいと思います。 振り返ること自体は、手元にテキストなどがなくても頭の中でできますから、一つのテーマをきっかけに随時振り返ることが大事です。    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 募集設立における発起人は、会社..

  • 年末年始の復習・会社法と学習相談

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます!  今日は12月28日(金)、今日で仕事納めという人も多いのではないでしょうか。 また、仕事によっては、年末年始関係ないという方もいるでしょう。 寒い日が続いていきますし、体調管理に気をつけて、この時期を乗り切っていきましょう! では、早速ですが、いつものように過去問を通じて、知識を振り返りましょう。 今日は会社法をピックアップしますが、テーマは必ず出る設立です。 会社法は、出題テーマがある程度固定されていますから、出るとわかっているところからは確実に得点できるようにしましょう。 そのためにも、曖昧かなと感じるところは、理解が深まるまで、その該当部分のテキストをしっかりと読み込みましょう。    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 発起設立では、すべての発起人は、それぞれ設立時発行株式を1株以上..

  • 年末年始の学習

      復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 少し遅めの更新となってしまいましたが、私個人は、昨日で仕事納めとなりました。 とはいっても、自宅で色々とやっておかないといけない仕事がありますけど、とりあえずは一段落です。 さて、みなさんは、この年末年始、適度なリフレッシュは必要ですが、勉強中心というリズムを引き続き維持していきましょう。 受講生のみなさんは、しばらく講義がお休みですが、何だかんだとあっという間に休み期間は過ぎるものです。 色々と復習しないといけないなと思うところはあるでしょうが、消化不良にならないよう、優先度をつけて無理のないスケジュールを立てましょう。 たとえば、会社法なら、この期間に持分会社と組織再編をしっかり復習しようとか、ですね。 また、毎日、間違いノートに目を通してから寝る、というように、習慣づけられるものは習慣づけていきましょう。 その毎日..

  • 2018年の講義お疲れさまでした!いい形で2019年を迎えましょう

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます!  昨日、12月25日(火)は、商業登記法の記述式の講義で、これが、2019目標のみなさんにとって、年内最後の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 2018年も、もうすぐ終わりです。 ここまでを振り返ると、2019目標のみなさんは、途中で来なくなる人も少なく、とても良く頑張ってくれていると思います。 必ずしも、順調にここまで来ているわけじゃないと思いますし、試行錯誤の繰り返しかと思います。 今後もそんな状態が続くと思いますが、それは、これまでの合格者の方も同じです。 完璧な状態のまま本試験まで進められることはなく、みな、一杯一杯になりながらも、少しずつ乗り越えていった結果、合格を勝ち取っているわけです。 みなさんは、まだ新しく学習する科目がまだまだありますし、まだまだ大変な時期が続くと思います。 それでも、1年で..

  • 2020に向けて頑張ろう!そして、今日は年内最後の講義。

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 夕べもかなり寒かったですが、年末年始にかけて一気に寒くなるみたいですね。 風邪を引かないように、気をつけて過ごしたいですね。 さて、昨日、12月24日(月)は、2020年目標の民法の第2回目の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日は、民法177条の第三者の話と、契約の有効・無効を中心に解説をしました。 2020年目標のみなさんは、昨日で年内の講義が終わり、次は、年明けの1月7日(月)です。 民法を本格的に学習していくのは、年明けからということになります。 2020年はまだ先ですが、勉強のリズムを作りながら、2020年の合格を目指して、コツコツと頑張っていきましょう! また、昨日、体験で受講していただいた方も、昨日の講義を参考に、受講を検討していただければと思います。 今後も、体験受講の機会はありますので、講座..

  • 会社法・商登法終了!ぜひ得意科目にしていこう!

      復習 会社法・商登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、12月23日(日)は、会社法・商登法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日で、ついに、会社法・商登法の講義が終わりましたね。 会社法は、出題されやすいテーマが決まっているといってもいいです。 ですので、今後の学習の指針としては、設立、株式といったテーマごとに整理していくのがいいと思います。 そうして、一つずつ積み重ねていって、ここから出ても何とかなるかなという状態に持っていくことにより、自信につながっていきます。 どの科目でもそうですが、試験で聞かれやすいところから優先的に潰していくことが大切だと思います。 特に、やることが多くて大変だという状態になったりしたときは、落ち着いて優先順位を見極めながらこなしていくといいと思います。 頑張ってください。 では、今回の講義のテーマのうち、確実に1問取りたい法..