ハンドル名
Mr.トレイルさん
ブログタイトル
Mr.トレイルのオーディオ回り道
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nishikido2840
ブログ紹介文
オーディオに関する「基礎的項目の見直し」に重点を置いて、試行錯誤や実験をしています。そして、もっと音
自由文
「音質アップ」をテーマに、原理・原則を考え、科学的なアプローチをして行きたいと思います。
更新頻度(1年)

64回 / 1581日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2014/09/25

Mr.トレイルさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 5568 5529 5221 5214 5173 5166 5076 946428サイト
INポイント 10 50 50 50 60 40 80 340/週
OUTポイント 0 240 270 280 280 140 310 1520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PC家電ブログ 7 7 7 7 7 7 7 6284サイト
ピュアオーディオ 1 1 1 1 1 1 1 182サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 7086 7284 7287 7290 7338 7660 7773 946428サイト
INポイント 10 50 50 50 60 40 80 340/週
OUTポイント 0 240 270 280 280 140 310 1520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PC家電ブログ 2 2 2 2 2 2 2 6284サイト
ピュアオーディオ 1 2 2 1 1 2 2 182サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946428サイト
INポイント 10 50 50 50 60 40 80 340/週
OUTポイント 0 240 270 280 280 140 310 1520/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PC家電ブログ 0 0 0 0 0 0 0 6284サイト
ピュアオーディオ 0 0 0 0 0 0 0 182サイト

Mr.トレイルさんのブログ記事

?
  • 機器(特にSP)の購入をグッと我慢

    最近は機器の購入をしない様にしている。購入どころか処分するよう奥さんから云われている。65歳を過ぎると、この先何年楽しめるだろうか?と思う事がたびたび出て来る。40代や50代には考えなかった事が60代になると出て来る。身体の異常(ちょっとした変わったこと)が気になるようになるし、実際、人生を60年もやってくると身体もどこか傷んでくる。同級生や同期の友人たちの中には、既に故人となった人も出て来る。相変わらず某オクのSPの項を良く見る。良いSPが沢山出ているのでついついまた欲しくなる。ウォッチリストにチェックするが入札は憚られる。既に4セットもお守りしていて、「お守り」疲れして来ている。「これ以上お守りを増やしてどうする?」と自制心を働かせる。実際問題としても、SPシステムを増設するスペースもない。今後は、息子宅の...機器(特にSP)の購入をグッと我慢

  • 至福のひと時

    最近はオリンパスシステムで午後の時間を過ごしている。8月上旬にケーブルのグレードアップが完了し半年が経った。今月CDTのスチューダーA730も修理が完了し、ピックアップ部が新品になって快調になって来た。高域用アンプの交代も終わり、「ノイズ対策」もほぼ完了。現在はほぼ満足な状態で鳴らせる様になった。唯一不満なのがSPをセットしている部屋の幅が不足している所。しかし、多くを望まなければ、システムは完成している訳で安心して音楽を楽しめる。窮屈そうに見えるかも知れないが、サウンドは「面」で出て来るのでSPの存在が完全に消えている。午後1番に電源を入れて、1時間程FMチューナーで歌謡曲の放送をBGM的に流している。その後、聴きたいCDを引っ張り出して本格的に聴いている。音量を上げてもうるささは殆どない。音量を下げても「音...至福のひと時

  • 久しぶりに「カルミニョーラ 四季」

    昨日はオリンパスシステムの高域用のXLRケーブル(1本)の不具合XLRオスのプラグ交換をしました。前回「ノイズ対策」した時に、不具合XLRプラグ交換用を発注していました。それを漸く入手したので交換となりました。交換後、久しぶりにビヴァルディ:四季(カルミニョーラ)盤を聴いて見ました。前回聴いたのは、ラインケーブルをグレードアップする前でしたので、今回、その成果を確認する様な形になりました。「音数」が相当増えましたね。今まで聴こえなかった音が聴こえます。特にメインのバイオリンの後ろで弾いているサブメロディの第2バイオリン等のバックの演奏の音が増えています。今まで聴いていた音の裏側の音が聴こえてきます。音の密度が圧倒的に増えて、何の調整もしなくても「音楽性」がアップしています。音のバランスも非常に良くなっています。...久しぶりに「カルミニョーラ四季」

  • 自宅システムのサウンドが変わりつつある

    自宅システムのサウンドがどんどん良くなりつつある。突然Rchから音が出なくなり、「パワーアンプ」のクレルKST-100の故障か?・・・と非常に心配した。一度システム全部の電源を切り、基本ライン(CD~パワーアンプ間)の電源ケーブルとラインケーブルの接続を確認した。特に異常は感じなかった。再度システムの電源を入れて見たら、今度は「正常」に音が出て来た。アンプの修理を覚悟したが、故障でなくて助かりました。中古アンプの修理直後の物を手に入れたのでヒヤヒヤです。半年も鳴らし込んでいますので、そう簡単に壊れることはない・・・と思いたくても、特に何もしないで音が出ないと心配になります。漸く両ch音が出るようになったので安心していたら、今度はCDPのEMT981が突然止まっている!!!よく見ると、PLAYボタンのランプが消え...自宅システムのサウンドが変わりつつある

  • ワディア#6のリモコンを修理に出した

    息子宅のワディア#6のリモコンが使えなくなってCDが聴けなくなっていた。やむを得ず替りのSONY業務用CDPと入れ替えて使う様にした。それでワディア#6は今私の手元にある。このワディア#6はリモコンが使えないと殆ど使い物にならない。まず第一に、ボリュームがMUTEになっているので出力が出ない。これをリモコンで上げてやる事が必要。選曲もリモコンでする為、本体では選曲操作ボタンすらない。有るのは、トレーの出し入れSWとPLAYボタンのみ。こちらは機能的には問題ない様だ。リモコンは「赤外線ランプ」が発光しない。完全に死んだ状態。現在「修理」を依頼しているが、治って来るまで使用不能の状態。近所に同じワディア#6をお持ちの方が居るので、そちらのリモコンから「学習リモコン」に複製を作ってやるか?修理して治って来たリモコンか...ワディア#6のリモコンを修理に出した

  • 4つのシステムのお守りをしている

    この所何も取り立ててする事も無いので4つのシステムの「お守り」をしている。「お守り」と云っても昨年交換したケーブルによる「機器の活性化」を図っている。すべてのシステムが微妙に「音質アップ」して来ている。鳴らし込むほどに活性化度が上がる。午前中はサブシステムの2セットを順番に鳴らして、午後はメインのオリンパスシステムで「音楽」を楽しむ様にしている。修理したA730が絶好調になって来てCDラインが生き返った。オリンパスシステムにはCD・MD・DAT・FMチューナーの4つのソースを使っているが、CDラインとDATラインは特に秀逸なサウンドを出してくれる。MDやFMチューナーのラインも一般の方には十分すぎるくらい良質な音源になっている。私のシステム全ての特徴は、「大音量」にしてもうるささやへこたれが出ない事だと思う。「...4つのシステムのお守りをしている

  • 録音を2ヶ月程していない

    FM放送のエアーチェックもMDで700枚以上になりました。もうこれ以上増殖させる必要もないので、ここ2ヶ月程は録音をしていない。12月は録音したい放送がなかった。(12月・1月はクリスマスや新年の音楽番組が多くて閉口する)今後はMDの録音を止めてDATの充実を図りたいと思っている。MDは「音飛び」や「読み取り・書き込み」の不安定な処が有り、これ以上面倒は嫌だな・・・と思っている。DATは非常に音質が良いし、「書き込み・読み取り不良」が少ない。直接磁気ヘッドとテープが触れて録音している点がメリットでありデメリットかも知れない。FM放送で流れるクラシック音楽は1950年代から2010年代までと幅が広い。当然「録音技術」の進歩も有り、新しいほど録音が良い方向にある。番組表から曲名と演奏者名を見て、録音年代を推測して、...録音を2ヶ月程していない

  • 一難去ってまた一難

    CDPのA730の修理が終わったと思ったら、今度は息子宅のワディア#6がリモコンの故障で使えないとの事。一難去ってまた一難。半年ほどまともに鳴らしていなかった様だ。そう云えばアポジーのDACも接触不良であったし、高域用に使っているGE6550ppパワーアンプもノイズが出ていたのを、真空管の抜き挿しだけで復帰したりと、「使わない事」が原因のトラブルが多い。仕事が忙しいらしく、私程マメに鳴らしていない様だ。ワディア#6を復活させるために「学習リモコン」を購入した。ご近所に同じワディア#6を使っている方がいるので、そちらから「学習リモコン」に記憶させて動かそうと思う。先日の日曜日に手配をかけようとしたが、時間が折り合わず次回に延期。肝心のオリジナルのリモコンは「修理」に出す事にした。あちこちメールやTELして修理でき...一難去ってまた一難

  • ノイズが止まった

    昨日は一日「ノイズ対策」で終わりました。XLRケーブルのプラグとソケットの相性で対策しました。同じケーブルを使ってMD機を鳴らしてもノイズが無かったので、基本的な処は問題ないと判断しました。見栄え的には何も変わっていませんがノイズはほぼ無くなりました。どう云う状態で「ノイズ」が出るのか?をじっくり調べて対応策を取りました。XLRケーブルも「自作品」です。今回のケーブルは中古のプラグを使いましたので、ピンの出方に若干のバラツキが出ていた様です。単純に「敏感な部分」には正常な物を持ってくれば収まります。「ノイズ」が出ている状態では「音楽」を楽しめません。何とか「ノイズレス」の状態になりましたので、午後からはCDをかけて楽しみました。これで一安心です。次は息子宅で使ってもらっていたワディア#6のリモコンが死んでいまし...ノイズが止まった

  • ノイズ取り・・・

    オリンパスシステムの高域用パワーアンプを入れ替えて、「ノイズ」に苦しんでいます。サブシステムでRCA接続では「ノイズ」は有りませんでした。サブシステムはRCA接続専用なのでXLR接続は試せません。オリンパスシステムは「オールバランス伝送」にしていますので、すべての接続ケーブルはXLRケーブルにします。このXLRケーブルにしますと「ノイズ」が出ます。昨日は、真空管を入れ替えして見たり、内部配線を確認したりとやっていましたが、最終的に入力のXLRケーブルの差し込み方でノイズの出方が変わります。XLRケーブルをMD用の物と入れ替えて見てもノイズは変わりません。MDではノイズなしで使えました。本来は「ノイズレス」になる筈ですが思い通りになりません。1)アンプ自体に問題はない(真空管も問題なし)2)XLRケーブル自体も問...ノイズ取り・・・

  • スチューダーA730の修理完了

    1月7日に修理に出したA730が修理を終えて帰って来ました。動作確認を終えて修理代の支払いを完了しました。専用台にセットして結線して音出しの「鳴らし込み」を始めました。今回はCDM-3ピックメカの交換と40ピンのデコーダーIC不良との事でした。修理費用は¥37000かかりました。これを高いと思うか?安いと思うか?は別として、メインソースのCDラインが使えるメリットは大いにあります。これで、ソース機器が4種類(CD・MD・DAT・チューナー)使える様になりました。昨年8月にケーブル類の最終グレードに交換を終わって、現在鳴らし込みを続けている最中なので、すべてが揃って初めて完了させる事が出来ます。メインソースのCDが鳴らせないとやはり困ります。好きな「アルバム」を聴きたい時に、FM放送の録音では思う様に選曲できませ...スチューダーA730の修理完了

  • スチューダーA730の水平台

    1月7日に修理に出したスチューダー#A730の修理が終わったとの事。今回はピックアップユニットが劣化して交換が必要だとの事だった。それを見越してCDM-3ピックアップユニットの予備品を同梱して発送したので、無事に交換が終わり動作確認が終わったとの事。後は運送して当方に届くのを待つのみ。A730には首記の写真の様な「水平台」を合わせて使っている。A730のオリジナルでは傾斜したスタイルになっているが、モーター軸への負担が出て来る。この為、1個の木材を彫り込んで「水平台」を作成した。長寿命化と音質アップを考えての事。水平台も木材の材質を変えて何種類か作成した。ヒノキ、桂、カヤ材(スプルース)と作って見たが、囲碁で使われる最高級材のカヤ材が一番音質的に良かった。音のヌケや響きが好ましく感じられた。1台を彫り込むのに5...スチューダーA730の水平台

  • 自宅システムの電源ラインが落ち着いて来た

    最近はどんよりとした空で冷たい風が吹く日が多くなった。毎日1万歩目指して2時間ほどはウォーキングをしている。健康こそが「音楽を楽しむ」余裕を作ってくれる。オリンパスシステムは主に昼間に炬燵に寝そべって聴きます。2時間くらい聴き続けますので、ゆったり出来る姿勢が良いです。毎日、CD、MD、DAT、チューナーとソースを変えて楽しんでいます。昨年交換したケーブルの効果も出て来ていますので、音楽を聴くのが楽しくなっています。夕方5時過ぎには自宅に帰ります。帰ったら直ぐに自宅システムの電源を入れ、夕食やTV・風呂を済ませ、音楽を聴き始めます。自宅システムの電源ラインを分電盤から取り、専用化してから約1週間が経過した。接続当初「けばけばしい音」で不快な音が有りましたがそれも消えてしまいました。非常に歯切れがよく、エネルギー...自宅システムの電源ラインが落ち着いて来た

  • スチューダーA730を修理に出す

    1月7日にスチューダーA730を修理に出した。出した処は前回修理してもらった処と同じ会社。今回は多分ボタンバッテリーの消耗だけだと思うが、モーターの回転軸のブレも大きくなっていた様なので、予備のCDM-3ピックアップユニットも添付して発送した。予備のCDM-3ピックアップユニットは13年ほど前に「ロビン企画」から確か¥4万円ちょっとで購入していたと思う。ピックアップユニットは「静電気」に弱いので出来るだけ触らずに箱に入れて保管していた。10年以上も保管していたが、置き場所は正確に把握していたので探す事はなかった。修理発送しているので後は修理の見積もりが来るのか?いつ修理が完了するか?修理費用は?等の確認が出来ればありがたい。修理すると、戻って来てから当分は鳴らし込まなくては元のサウンドにならない。どこかのブログ...スチューダーA730を修理に出す

  • 自宅システムが更に良くなっている

    1月3日にシステム専用電源ラインを引いてから、表現力が大きく変わって来た。中低音から上の帯域は非常に好ましくなって来た。まだ最低音域の再生は50Hz止まりだと感じる。もう一段下の帯域が出てくれれば更に表現力が大きくなると思う。このまま鳴らし続けて出て来る様になるのか?確認して見たい。もう少し下の帯域まで出て来てくれるだろうと思うが、さらにその下の帯域を出すスキルはすでに確認済み。だからそんなに悲嘆はしていない。もう一オクターブ下の帯域が出せる様になれば自宅システムも完成になる。4種のシステムをお守りしながら、1セットづつ「音質アップ」をして行く。セット数が多いと対策費用も大変ですが、「技術の確立」の為には複数のシステムで同じような効果を「復元」出来る事が技術の証。一つ一つ誰もした事の無い実験をしながらスキルを磨...自宅システムが更に良くなっている

  • 音楽を楽しむには「時間」も重要

    現在流行は「ネットワークオーディオ」やPCオーディオかも知れないが、自分は「パッケージソース」とそれを再生する「デッキ」に拘っている。PC機の作りの脆さやその端子類のチャチさゆえに手を出せないでいる。CD・MD・DAT・FMチューナーの4種のソースを使い分けて鳴らしている。その中で特に感じるのが「時間の長さ」である。CDなら1時間、MDなら75分、DATは2時間を標準としていた。音楽を聴きたいと思ったらCDの1時間が丁度良い時間の長さではないだろうかと思い始めている。DATで2時間物を真剣に聴こうと思っても、1時間を過ぎると集中度がキレる。2時間をお持て余してしまう。その点CD1枚60分くらいなら何とか全部を集中して聴ける。MDの75分もちょっと長すぎる様だ。今後はDATも60分物を準備していきたい。もちろん6...音楽を楽しむには「時間」も重要

  • 自宅システムの電源ライン交換後

    自宅システムの電源ラインの専用化を1月3日に実施して、累計5時間以上鳴らし込みました。プラグ類の馴染みは取れて居る筈なのに、まだサウンド自体が「けば立って」いる。「しなやかさ」がまだ出ていないので、何処かが馴染んでいないのだろう。これは使って行けば自然と取れて行く現象だ。電源ラインの専用化をやってみたからこそ判る事だが、対策前は、アンプ類に十分な電気が流れていなかったと思われる現象が対策後な無くなった。自宅システムでは、プリアンプの「バランス」が安定せず、本来12時の方向で左右のバランスが取れるはずなのに、10時から11時の方向でないと、左右のバランスが取れなかった。それが、電源の専用化後、12時の方向でキープ出来るようになった。そううなると当然セパレーションが非常に良くなる訳で、本来のステレオの効果がうまく出...自宅システムの電源ライン交換後

  • 近所の常連さんがお見えに

    久しぶりに近所の常連さんがオリンパスシステムのサウンドを聴きにいらっしゃいました。お持ちのシステムはSP:(D130+大型バスレフ箱+#375+2395お化けホーン+075+077ネットワーク#3160+3105)、アンプ:(マッキンC22復刻+MC2500・当方作成プリアンプ(内部配線特殊銀線仕様))CDP:ワディア#6・・・プリアンプは前年2月に当方作成に変更された。プリアンプ交換してそろそろ1年になる。音がヌケて来てサウンドが非常に良くなって来たそうだ。(初めから1年かかると申し上げていた)今回はスチューダーA730が故障の為、DATとMDをメインに聴いていただいた。特にDATの「ピアノソロ」(生録盤)をメインに聴いていただいたが、エネルギー感溢れる音で「生の演奏の様だ」とのお言葉をいただいた。この録音自...近所の常連さんがお見えに

  • 自宅システム専用電源ライン 作業終了

    昨年末に息子(電気工事士)にお願いしていた「自宅システムの電源ライン」の専用化工事が、午前9時から始めて10時には完了しました。一般の家庭では2連のΦ1.6㎜の単線を使う所を、Φ2.6㎜の極太単線でしてもらいました。工事完了後、1時間程音楽をかけて聴いて見ましたが、「馴染み」が無い状態でもSN比が上がっているのが分かります。全体の印象は、「抜けていた電気が集中して来た」感じです。冷蔵庫やクーラー、電灯等が繋がっていましたので、使わなくてもそちらに「圧力が抜けて」いた様に感じます。音質的には、周波数特性的にも広くなり、エネルギー感も強くなり、解像度がアップして、ダイナミックレンジも大きくなっています。1時間聴いた処では「悪い」要素はほとんど皆無で、「良い」部分ばかり増えた様な感じです。もう少し馴染ませないと本領発...自宅システム専用電源ライン作業終了

  • 私がSP切り替えセレクターを使わない訳

    私のブログを読まれている方は不思議に思われる処が有るでしょう。それは「SP切り替えセレクター」を使わず、必ずソース機・アンプ・SPと1セットのシステムを作る点だと思う。現在4つのシステムをお守しているが、サブシステムぐらい「SP切り替えセレクター」もしくは「パワーアンプのA・B切り替え」でもいいじゃないか?と不思議に思われるだろう。基本的に「セレクター」は使わない主義。何故なら「小手先遊び」になるからだ。本当にそのSPシステムの音を作り上げたいなら、本格的にアンプ類も別にして(専用化)作り上げたいから・・・。「セレクター」でSPを切り替えて遊ぶ方がコストはかからない。しかし、「セレクター」は「音質低下」の原因の塊でもある。だからセレクターは使わない。これは15年間通して貫いている。(単なるおバカなだけかも・・・...私がSP切り替えセレクターを使わない訳

  • アンプは大事

    オーディオシステムにおける花形はスピーカーだが、アンプは「血流」とも云える大事さが有る。プリアンプは再生音自体を支配する。「生演奏型」・「音場型」等の「音の出方」を決めてしまう。またソースの切り替えや、ボリュームの精度・音量調整等システムの可能性を決めてしまうくらいの影響力が有る。決しておろそかにできない点です。パワーアンプもSPのドライブ力やローインピーダンス対応力等非常に重要な機器です。アンプ類には音色や解像度等の見方も必要でしょう。複雑な回路ほど「多様な音色」を持つ傾向にあり、シンプルなものはシンプルな音にもなり易い。重たいものは「重い音」(重低音)を出してくるし、軽いアンプは「軽快さ」が出て来る。物性の音をそのまま出してきます。45年ほど前はアンプの重さ「1Kg=1万円」とさえ言われていました。私がアン...アンプは大事

  • 明けましておめでとうございます。

    明けましておめでとうございます。このブログも開設して15年程になります。ピュアオーディオに限定して活動して来ました。ブログ開設当初は、色々な機器やSPを実際に入手して鳴らして、その音色や質感、再現能力等を確認して来ました。同時にメインスピーカーシステムを3セットアセンブリーして作り上げました。スピーカーシステムを作り上げた後は、機器の選定やケーブル類・端子/プラグ類の音質確認やグレードアップをして来ました。最後は「ケーブル類」(電源・電源ケーブル・ラインケーブル・SPケーブル・SPユニット配線等)のグレードアップで「音質アップ」を図って来ました。昨年ケーブル類の最終バージョンを完成し、水平展開を完了しました。現在はその「鳴らし込み」(2000Hr)の途中です。5ヶ月を経過して少しづつ最終バージョンの性能の高さを...明けましておめでとうございます。

  • 自宅システム専用の電源ラインを作りたい

    オリンパスシステムは、分電盤から2系統の専用電源ラインを引いて作っている。コンセントはどちらも2口づつ。ここから大型電源トランス付きのタップ(自作品)に電源を供給している。その為、SN比の良い電源になっている。これに対して自宅システムは、一般のコンセント方式で、冷蔵庫や電灯とも一緒になっている。これをオリンパス並みに「専用電源ライン化」したいと思っている。幸いな事に分電盤に1個ブレーカーを追加できる「空き」が有る。2種電気工事士の免許を持っている息子がいるので工事を頼んでみました。費用は1万円ぐらいで出来ます。(オリンパス用の工事で旧知)壁コンも色々試して「これだ!!」と云う壁コンを使っている。そろそろ在庫もなくなって来ているので自宅用に使いたいと思っている。具体的な工事の日程を詰めて行きたい。工事時間は1時間...自宅システム専用の電源ラインを作りたい

  • 今年もあと僅か

    今年は本当に良く「半田こて」を握りました。今年のビッグイべントは「最高峰の電源ケーブル・ラインケーブル(XLR・RCA)を作り交換したこと」です。作成期間は5月~8月。交換最終時期は8月上旬。・・・現在約5ヶ月経過。SPケーブルは8年前に作成交換済。ケーブルによる「機器の活性化期間」は約1年かかります。交換後の最悪の期間は峠を越しました。これからは「聴くほどに良くなっていく」過程に入ります。一般市販のケーブルではこんな事は有りません。とんでもないグレードのケーブルだからこの様な事が起きます。(機器の活性化に1年とか・・・)一般のケーブルでは「機器の活性化」と云うより「馴染ませる」ぐらいの事しか出来ませんが、本当にグレードの高いケーブルでは「反作用」も非常に大きいのです。反作用で一番困るのが「ふん詰まり」した音に...今年もあと僅か

  • ケーブルのグレードアップをすると・・・

    今年は5月から8月上旬にかけて、オリンパスシステム・自宅システム・サブシステム2種の「ケーブル類のグレードアップ」を実施した。その為、「機器の活性化」期間に入ってしまって、まともなサウンドにはまだなっていない。8月から12月まで連日「鳴らし込み」を続けて来た。漸く5ヶ月を経過して少しづつ「ケーブルのグレードアップ」の効果が少しずつ聴こえ出した。SPケーブルとSP箱内配線(ユニット間)の配線は8年前に「最高峰グレード」にしていたので今回は触っていない。交換したのは、電源ケーブルとラインケーブル(XLRorRCA)である。電源ケーブルだけで20数本、XLRケーブル10セット、XLR→RCA変換ケーブル3セット、RCAケーブル6セット。オリンパスシステムと自宅システムはすべてのケーブルが「最高峰グレード」になりました...ケーブルのグレードアップをすると・・・

  • オリンパスシステムのサウンドが変わって来た

    昨日はオリンパスシステムで久しぶりにFM放送を聴きました。以前は録音しながら良く聴いていたのですが、ケーブル類のグレードアップを7~8月にかけて実施したので、「ふん詰まり」してしまいました。その為、システムの前に座って聴く様な事が出来ませんでした。CDTは入れ替えたばかりなのでまだ聴ける状態では有りません。現在使えるのは、FMチューナー、MD機、DAT機の3種。8月上旬に交換が終わったので約5か月経過しました。FM放送は以前の音質レベルではなくなりました。実に「麗しい質感」になって来ました。音数の増加はもとよりですが、質感がかなりグレードが上がりました。こうなると聴くのが楽しくなりますね。ケーブル交換から5か月経過して使えるサウンドになりつつ有ります。最終的には1年ほどかかると思いますが、漸く使える状況になって...オリンパスシステムのサウンドが変わって来た

  • ズルズルと・・・

    ズルズルとサブシステムを使い続けている。なかなか踏ん切りが付きません。連日D208システムを鳴らして、次はLE8Tを鳴らしてと・・・今までと変わりなくお守りしている。BGM的に鳴らしながらPC作業をして、時々システムの前のリクライニングシートに座って耳を傾ける時もある。午前中は殆どサブシステムだけになる。40年以上前のアンプだが、1年かけて活性化させたおかげで最近は殆どトラブルがない。もともとJBL:#4343(38㎝ウーハー)クラスを鳴らせるアンプなので、20㎝クラスのフルレンジくらいなら問題なく鳴らしてしまう。実にいい感じでなってくれるので手放すのがもったいないのです。SP自体も「端子」や「内部配線」を良質のものでやっているので(自分用に作っているので気の付く処は音質対策をしている)ストレス無く鳴っている。...ズルズルと・・・

  • マルチアンプ成功の秘訣

    「音質」を考えるなら「マルチアンプ方式」になると思う。ただ機器の増加とケーブル類の増加は避けられない。その分だけ「コストアップ」になる。更に調整力も必要になって来る。上の写真のチャンデバのダイアルを見て「おや?」と思われる方は、マルチアンプ方式にトライされたことの有る方だと思う。チャンデバのダイヤルは「PASS]して、音量調整用ボリュームは使っていない。パワーアンプの低域用はゲインコントロールが付いていないので、こちらもフルの状態で使っている。中・高域アンプにはゲインコントロールを付けているので、こちらで音量調整をしている。チャンデバのボリュームを使うよりアンプのゲインコントロールを使った方が音質アップになる。それだけチャンデバのボリュームはチャチな場合が多い。マルチアンプで注意すべき点は、機器の形式(Tr型・...マルチアンプ成功の秘訣

  • studer A730を修理に出さなければ・・・

    studerA730が故障したのでSONYの業務用CDプレーヤーをトランスポートにして使っています。音の厚みや実在感が全く足りません。A730の故障は8年周期ぐらいできています。これから推測すると、内蔵のボタンバッテリーが消耗している様だと思います。多分読み取り不良の原因は、このバッテリーで「読み取り保持」が出来ない為と思う。そんな症状だ。現在はMDデッキやDATデッキ、FMチューナーが有るので音楽を楽しむのには不自由しない。ただCDの音を確認したい事が出来ない状況だ。年末なので来年年明け早々に修理依頼する予定。今月初旬に高域用パワーアンプを入れ替えた。しかしすぐ使える様になったわけではない。しばらく使っていなかったアンプなので「ノイズ攻め」に有ってしまった。3週間経ってようやくノイズが消えて来た。これからが本...studerA730を修理に出さなければ・・・

  • DENON DN-H4600N の再生音

    暗い写真ですが、DENONDN-H4600Nで外付けMOディスクドライブを使って再生している状態の写真です。操作系がPC98系の操作になります。チョッと使い慣れしないと操作できません。操作できなくて手放された方も存じています。写真を明るくするとこうなります。DN-H4600Nは2015年まで地方のFM放送局で使われていた「デジタルプレーヤー」になります。USB端子が有りますので、MO、CF、USBメモリー、HDDが使えます。接続はエクスクルーシブシステムのC3+M4の方に繋いでいます。SPはJBL:D208システムになります。メインのオリンパスシステムの方でスチューダーA730が故障したので、SONYの業務用CDプレーヤーをメインシステムの方に持って行っています。その為MDデッキをメインソースにしています。トリ...DENONDN-H4600Nの再生音