住所
-
出身
-
ハンドル名
MR.コールマンの挑戦日記さん
ブログタイトル
MR.コールマンの挑戦日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ymmt117korman
ブログ紹介文
セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴って
自由文
更新頻度(1年)

41回 / 1554日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2014/10/22

MR.コールマンの挑戦日記さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 7487 8563 9494 10317 11332 11704 11165 946385サイト
INポイント 40 50 40 40 30 40 40 280/週
OUTポイント 30 40 40 40 40 40 30 260/週
PVポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
オヤジ日記ブログ 21 22 26 28 30 31 30 10646サイト
定年オヤジ 2 2 3 3 3 3 3 86サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 27453 28399 29972 32082 33892 35441 37382 946385サイト
INポイント 40 50 40 40 30 40 40 280/週
OUTポイント 30 40 40 40 40 40 30 260/週
PVポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
オヤジ日記ブログ 44 45 49 55 61 69 85 10646サイト
定年オヤジ 3 3 4 5 5 5 5 86サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 28788 28865 0 0 28927 29029 28985 946385サイト
INポイント 40 50 40 40 30 40 40 280/週
OUTポイント 30 40 40 40 40 40 30 260/週
PVポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
オヤジ日記ブログ 269 270 0 0 271 272 269 10646サイト
定年オヤジ 4 4 0 0 4 4 4 86サイト

MR.コールマンの挑戦日記さんのブログ記事

?
  • ぶらりJOG~引地川親水公園

    大寒を迎えて厳しい寒さが続いていますが、快晴となり久しぶりに引地川親水公園をスロージョグしていました。昨秋に痛めた足首の快復を快復を確認しながらJOG&Walkでしたが、歩を進めると回復もままならず、レースを控えて長い距離のランは困難で、親水公園に群れる帰ってきたカモメ達と戯れていました大庭大橋付近では、カモメたちが飛び交い久し振りの再会でした。珍しいサギの姿も対岸で呼び掛けているようでした。高名橋付近の田園ではハトの大群が田圃で餌の奪いあっているような珍しい光景が見られ数人のバードウオッチャーの絶好のモチーフとなっていました。さらに上流の天神橋では、白鷺も数が増えてカモメ達との交流する光景も冬の引地川の代表的な風景となっています。さらに上流の鷹匠橋の鯉の溜まり場では、持参したパン切れを与えると、壮絶な奪い合い...ぶらりJOG~引地川親水公園

  • 横田フロストバイトロードレース大会

    米軍の横田基地内で開催される「第38回横田フロストバイト・ロードレース大会」に家族達が参加したので、家族全員で応援に行ってきました。過っては、家族でロードレースや駅伝大会に参加してきた懐かしい横田基地ですが、最近は子ども達や孫の活躍を期待して応援していました。今年もハーフや5Kmレースとキッズ、ファミリーレースで約1万人以上が参加し、限られたエリア内はランナーで埋め尽くされていました。最も期待していた娘と孫が組んで出場したファミリーの部では、例年申込み開始後直ぐに締め切られた最も人気の部門で今年も350組の健脚ファミリーで賑わいでした。霜焼け(フロストバイト)が出来そうな寒さに耐えながら緊張感を持って早めにスタートラインに立ち、スタート直後は無理して飛び出さないようにアドバイスしていました。ペースを確認していた...横田フロストバイトロードレース大会

  • 湘南の宝石・江ノ島イルミネーション

    湘南の冬の風物詩として江ノ島を色鮮やかに彩る光と色の祭典「湘南の宝石」のイルミネーションが開催中で、快晴の江ノ島へ行ってきました。5時前にサムエルコッキング苑のサンセットテラスに着くと、西の空が赤く染まり始めて幻想的なサンセット・シーンが見れました。約20分のドラマでしたが、相模湾の伊豆半島付近の空が茜色に染まり、富士山も鮮やかなシルエットを描き、多くの観客から感動の拍手が湧いていました。5時30分にカウントダウンが始まり、島全島のライトが点灯されシーキャンドルもライトアップされて直径約70mの「光の大空間」を創り出していました。「湘南の宝石」は、「日本夜景遺産」と「関東三大イルミネーション」に選ばれており、江の島がカラフルな光に包まれて人気スポットとなっています。昨年より規模も拡大された灯が点灯されると苑内の...湘南の宝石・江ノ島イルミネーション

  • ぶら散歩~二宮梅沢海岸

    吾妻山菜の花ウオッチングから石仏巡りして、梅沢海岸へ出るとエメラルドグリーンの蒼い海原が雄大に拡がり、小田原から箱根連山、真鶴半島、伊豆半島、湘南海岸、三浦半島が臨める絶景が見られました。この日は、波も少なく時折寄せる波が護岸のテトラポットに白波を立て画になる光景を創りだしたいます。梅沢海岸は、海釣りの名所となっているようで、護岸堤防には多くの釣り客で賑わっていました。堤防の西側は、砂浜では無く美しい玉砂利の浜で、過って湘南ビーチマラソンが開催されていたことがあり、波打ち際の砂と石ころの上を走っていたころが懐かしい想い出となっています。玉砂利浜をぶらぶらしながらビーチコーミングでストーンペイントの描くモチーフを想定しながら石集めでした。しばし、石浜でストーン集めながらアートを描いていました。カモメたちもアートを...ぶら散歩~二宮梅沢海岸

  • 二宮石仏巡り

    吾妻山公園で菜の花と富士山、相模湾の絶景を堪能して吾妻山から旧東海道の路傍に立つ石仏を巡ってきました。吾妻山公園から梅沢口へ向かう途中の「吾妻神社」では、日本武尊の妃である弟橘姫命(オトタチバナヒメ)を祀る神社として地元の信仰を集める神社で、立派な社殿が見られました。奥の院では、社格に相応しい立派な彫刻が飾られています。境内には、梵字で書かれた三猿の傘つき庚申塔や古い石仏が並んでいます。山道の参道を降りた所に鎮座する「神明社」には、社殿の両側に道祖神や道録神などの石塔群が並んでいますが、近くにあったものを集めたようです。旧東海道沿いの「小澤観音堂」前には、地神社や五輪塔などの石塔です。山西交差点近くの石塔群です。押切坂上の茶屋薬師堂前には、傘付三猿の供養塔など珍しい14体の庚申塔や道祖神が並んでいました。本堂に...二宮石仏巡り

  • 吾妻山・菜の花ウオッチング

    寒い朝でしたが快晴の日本晴れとなり、湘南に早春を告げる二宮吾妻山公園に「菜の花ウオッチング」してきました。吾妻山公園は、「湘南遺産」・「関東富士見百景」・「かながわの公園50選」に選ばれている湘南の名所となっており、早咲きの菜の花と富士山がコラボした絶景を楽しみに早朝から出かけてきました。二宮駅裏から約300段の急階段に取りつきますが、朝から多くの花見客が列をつくっており、人気スポットですね~階段を登りきると、我がふるさと福井の花「越前スイセン」が満開となって海風になびいて可憐な姿で仄かな香りを放ち寒中の花として誇りを見せていました。さらに坂道の先には、浅間神社が鎮座しており、木花咲耶媛を祭神とする花の咲き匂うような美女だそうで縁結びの神様となっています。浅間神社からさらに急坂を登ると、山頂付近の展望台からは雲...吾妻山・菜の花ウオッチング

  • 第44回 神奈川銘品盆栽展

    県内の盆栽家による銘品の盆栽が約100点出展された「第44回神奈川銘品盆栽展」が、藤沢駅近くで開催され、知人の紹介で展示会を観てきました。以前には、さつき盆栽を長年やっていましたが、単に小さく育てていただけで、樹形などに拘った訳ではなく苦労ばかりで止めてしまいましたが、樹齢が長い盆栽の景観には興味も多く、盆栽というと一つの鉢に1本の樹を樹形に拘って作り上げる技は難行ですね。会場の入口には、大木感を感じる立派な五葉松が置かれ、入場者を迎えていました。盆栽は色々な角度から見るとその姿も表情を変えて見応えある姿が見られました。繊細な枝先が延びて美しい姿の「ウメモドキ」花は咲いていませんが、見事な三角形の「長寿桜」白い幹肌と緑のコントラストな「真柏」で市長賞を受賞されていました。長く伸ばした枝先に白い花が咲き始めた「野...第44回神奈川銘品盆栽展

  • どんど焼き

    小正月(1月15日)恒例の伝統行事である『どんど焼き』が、地域の市民センターの広場で地区青少年育成協力会の主催で行われ実行委員として参加しました。朝からボランテイア会員が集まり、それぞれの役割を分担して予め準備していた青竹や門松などで約5Mの火櫓組みなどの準備作業に追われ、その後子ども達や地域住民から持ち込まれた正月飾りや書初めを櫓に組上げていましたが、持ち込まれる飾りの中にはプラステイックや燃えないごみの分別作業に苦労しました。三色団子づくりでは、餅つき班が櫓への点火前から搗き始め経験豊富なシニアの搗き手で経験を活かして体力・気力勝負でしたが、今年も昔取った杵柄で臼取りを担当し、お神酒でお浄めを行い威勢良い掛け声を掛け合い無事搗き終えました全て準備を終えて集まった子ども達に「どんと焼」の起源やいわれなどを説明...どんど焼き

  • 大磯左義長

    正月も過ぎて小正月に各地で開催される伝統の火祭り「左義長」が大磯海岸で行われました。「大磯の左義長」は、道祖神(セエノカミサン)の火祭りで数百年の歴史を有し国指定の重要無形民俗文化財に指定されていて家内安全・無病息災を願ってきました。今年も北浜海岸には、9地区の道祖神と高さ7~8mの火櫓(サイト)が設置され、ダルマや松、竹、しめ縄、正月飾りなど縁起物が飾られて夜の海岸を鮮やかに彩っていました。火櫓(サイト)の先端には、大穂竹(おんべ竹)が突出て穂先には御札や書初め、極彩色の飾りが飾られ天にお帰りの準備され、櫓の周りは長い竹の竿に団子を取りつけてサイトに火が付くのを待つ大勢の人で囲まれていました。櫓の前には、村の守り神の庚申塚や道祖神が祀られ、お神酒と十日豆腐が飾られていますが、八百比丘尼の人魚の肉を食べて八百歳...大磯左義長

  • 新春の集い・2019

    新春恒例の地域の自治会連合会主催の「新春の集い2019」に実行委員として参加して、地域の各団体・グループとの交流・交歓を行ってきました地域の自治会連合会の主催で開催し、賀詞交歓を兼ねて地域の社会福祉協議会・体育振興協議会・防災・防犯・青少年育成など各団体や自治会、サークルなどが参加して市民センターで開催し、今年も主催者側を含めて約170人が集い、日頃の地域の話題や活動について語り合い楽しい交流会となりました。我が藤沢市の市歌および市民憲章「元気で働き明るい家庭、健康な心と体を鍛える、互いに親切を、ルールを守り良い風習を、教養を高めて文化の高い街を・・・」を参加者全員で唱和して確認し合いました市長や来賓挨拶の後、関係者による鏡開きが行われ参加者全員の元気な乾杯で新春のスタートを祝いました。我がライフタウンが開発さ...新春の集い・2019

  • 富士見ポタリング

    新年一番の快晴となり、富士見ポイントを巡ってポタリングしてきました。芙蓉CCの丘の上から富士見の絶景ポイント赤羽根の富士見ファームへ向かうと、期待通りの雄大な霊峰富士の雄姿が望めて新年を祝っていました。ファームから西光寺に立ち寄り参拝しましたが、境内には阿弥陀如来座像が美しい表情でお迎え頂きました。山門の横には古木のタブノキと供養塔が立ち、由緒ある古刹の雰囲気を感じられました。西光寺から激坂を上りスリーハンドレッドCCの富士見ヶ丘からは、茅ヶ崎や平塚の街並みが眼下に拡がり、その先に富士山や大山の絶景が眼下に拡がっていました。スリーハンドレッドCCから成就院に立ち寄ってみました。境内には、不動明王や弘法大師像、太師堂、石佛などが鎮座し、創建四百年以上の伝統ある重さが感じられました。富士見ポタリング

  • 江ノ島岩屋洞窟探訪

    江ノ島サムエルコッキング苑のウインターチューリップの美しさを堪能し、久し振りに江ノ島の名所である「江の島岩屋洞窟」を探訪してきました。「江の島岩屋洞窟」は、一昨年の台風で洞窟内が被害を受けて閉鎖されていましたが、昨年半年ぶりにオープンされたので、楽しみにしていました。稚児ケ淵海岸の岩屋橋を渡り洞窟に入ると、洞窟は「第一岩屋(奥行152m)」と「第二岩屋(奥行56m)」に分かれていて、背の高さほどの洞窟内は神秘的な雰囲気が漂っていました。入口でろうそくを受け取りその灯りで長い洞窟内を進むと、歴史的遺産の石造物が多く並んでいます。第一岩屋の奥近くには、人が寝そべったような大岩があり、「日蓮上人の寝姿石」と命名されていますが、日蓮上人が訪れたのでしょうか?その奥には、富士山の風穴に繋がっていると伝説の穴倉があり祠が残...江ノ島岩屋洞窟探訪

  • 江ノ島散策~ウインターチューリップ

    新春の初詣客で賑わう江ノ島で走友会の新年会に参加した後、江ノ島のサムエルコッキング苑など島内を散策してきました。江ノ島神社へ向かう階段途中の瑞心門をくぐると、江ノ島誕生の由来となっている白龍・十五童子を従てた「弁財天童子像」が設置されていますが、江ノ島の歴史像となっていました。初詣客で大混雑の江ノ島神社(辺津宮)に参拝。神社前の白龍池には、日本三大弁財天の銭洗白龍王が立ち金運アップを呼び掛けていましたね~中津宮では、朱色の拝殿の向拝には、美しい江ノ島の龍の宮彫りが飾られ恋愛成就の神としてパワーを与えていました。境内の「水琴窟」の手水も由緒ある龍の口から流れ出ていますね~階段を上りきった「サムエルコッキング苑」では、恒例の約2万株ウインターチューリップが咲き誇り花の楽園となっていました。赤やオレンジ、黄色、ホワイ...江ノ島散策~ウインターチューリップ

  • 藤沢初詣散歩

    正月三が日も過ぎた先日、藤沢の名所の遊行寺・諏訪神社へ参拝してきました。今年も境内には多くの参拝客で賑わい藤沢宿の歴史スポットとして風格ある光景でした。遊行寺のシンボルの大銀杏は、全て落葉して裸の姿でした本堂に参拝して境内を一回りして遊行寺坂を挟んで向かい側にある藤沢宿の総鎮守と言われる「諏訪神社」へ向かうと、参道の階段は赤い大黒天の幟と提灯が飾られて七福神巡りムードとなっていました。拝殿には、龍や鳥の素晴らしい宮彫りが見られ風格を感じますね境内には太子堂・大黒天社・祖霊神・道祖神が並び、七福神の「大黒天社」が一際目立ち小さな黒い大黒天様の前には大きな打ち出の小槌が置かれていますが、とても大黒様には持てそうもない大きさでした(笑)諏訪神社からの帰路に引地川沿いにある隠れパワースポットの柏山稲荷神社に立ち寄ってみ...藤沢初詣散歩

  • ブラ散歩~赤坂豊川稲荷参拝

    先日、東京へ初詣に出かけた帰路に赤坂の名所「豊川稲荷東京別院」に立寄り七福神を巡ってきました。豊川稲荷東京別院は、境内で七福神が揃う名所で毎年訪れるお気に入りスポットとなっています。青山通りと九郎九坂が交差する豊川稲荷・東京別院の山門前は、赤提灯が飾られて赤い坂道となっていました狛犬ならぬ狐さまが護る本殿には、多くの参拝客が並びご祈祷が行われて新春の雰囲気となっていますが、お狐様に招かれて健康・国家安泰を祈願していました。「奥の院」前には家内安全や心願成就の願いを込めた紅白の幟で埋め尽くされてお稲荷社独特の雰囲気に包まれていました。「霊狐塚」では、様々な表情の大小の狐さんが並び、喜怒哀楽の様々な表情を見せているようです。「三神殿」の宇賀神王・太郎稲荷・徳七郎稲荷の前には、様々な表情のお狐様が整然と並び紅白の幟と...ブラ散歩~赤坂豊川稲荷参拝

  • 初詣~東京神社巡り(3)

    東京神社の初詣の最後は、靖国神社から赤坂日枝神社、明治神宮へ参拝してきました。江戸城の鎮守で「皇城の鎮」と言われる「赤坂日枝神社」は、我が家にとっては特別のご縁がある神で、毎年欠かさず親しみを感じて参拝してきました。日枝神社は、日本三大祭の山王祭などで江戸の華の神社となっており、山王下の「山王鳥居」は合掌鳥居とも言われ、山王信仰のシンボルとなっています。今年も拝殿には多くの参拝者で大変な混雑でしたが、本殿から神楽音が聞こえて心洗われる心境で参拝していました。社殿の両側には、狛犬ではなく「狛猿」が子猿を抱いた「神の猿」がパワーを与えていました。神門にも猿の仁王様が見守っていました。境内のパワースポット言われる山王稲荷神社と八坂神社・猿田彦神社を合祀した本殿の前に狛犬が鎮座していますが、神田明神から移設されたもので...初詣~東京神社巡り(3)

  • 初詣~東京神社巡り(2)

    初詣で東京の神社巡りに出かけて神田明神から東京大神宮、靖国神社へと巡ってきました。東京のお伊勢さまと親しまれている「東京大神宮」に着くと、縁結びのご利益のある神社として良縁を願う若い人の参拝客が目立ち飯田橋駅から長い行列となって大混雑でした。東京大神宮は、伊勢神宮と同じ天照皇大神と豊受大神を祀る神宮でその神殿も千木や鰹木など伊勢神宮と同じで、心静かに参拝していました。絵馬やおみくじ売り場も身動きできない大混雑でしたね宝船のような松飾もお伊勢さま飾りも福を呼んでいました。お伊勢様に参拝して日の丸が飾られた早稲田通りを経て靖国神社へ向かいました。靖国神社の神門では、恒例の鮮やかな江戸大凧と大羽子板が飾られてお正月ムードとなっています。新年は、靖国神社御創立150年を迎え、大東亜戦争で戦没された英霊の御霊に感謝し、我...初詣~東京神社巡り(2)

  • 初詣~東京神社巡り(1)

    新春の初詣で東京の名所の神社に参拝してきました。始めに江戸総鎮守と言われる神田明神に参拝しましたが、御茶ノ水駅から神田明神へ向かう参拝客の行列となっており、神田明神前は二重三重に列が出来ており境内に入るまで約1時間近くかかりそうな混雑でした。仕事始めの日でしたので、商売繁盛や社運隆昌を願ってのサラリーマンなどでごった返しの状況でした。随神門では、豪華な朱塗りの門の周りには、四神(朱雀・白虎・青龍・玄武)の素晴らしい彫刻が飾られて、日光東照宮に劣らぬ素晴らしさでした。神殿まで約20分かかりようやく参拝し健康祈願を終えて境内を一回りし摂末社にも参拝していました。神殿の横にある「文化交流館」は、創建1300年を記念事業として建て替えられたばかりで素晴らしい景観に変わっています。日本一の石造り大黒様も開運招福の神として...初詣~東京神社巡り(1)

  • 第95回 箱根駅伝競走大会(復路)

    箱根駅伝競走の往路では、想定外の展開となり東洋大の大健闘で往路優勝を果たし、優勝を争うとみられた青学・東海大が遅れて、復路では往路以上の展開を期待しながらテレビ画面に釘付けでスタートシーンを観ていました。この日は、箱根は雲一つない快晴となり富士山も雄大な姿で選手たちを見送っていました。5連覇を狙う期待の青学は、東海大・国学院大・駒大・法大に続き6番目に5分30秒差でスタートし、どう巻き返すか注目していました。山下りの6区では、下りのスペシャリストが時速30キロ近いスピードで駆け下り、青学の小野田選手は4年連続で山下りの6区を快走し区間新を記録し、昨年に続いて区間賞を獲得でした。続く7区でも青学の林選手が昨年自ら記録した区間記録にあと2秒の快走で復路の青学と言われる快走で3位まで追い上げて5連覇に大きな期待が湧い...第95回箱根駅伝競走大会(復路)

  • 第95回 箱根駅伝競走大会(往路)

    新春恒例の「第95回箱根駅伝競走大会」が始まりました。今年は、95回記念大会で例年より2校多い23チームが参加し、青山学院大の5連覇なるかの期待がかかる大会として興味を抱き観戦していました。我が家の新年は箱根駅伝で始まりますが、今年も息子や娘たちが帰省しそれぞれの母校への想いを胸にテレビ観戦し、3区の富士見橋へ応援に行ってきました。今年も連覇が有力視されている青学をはじめ東海大・東洋大・早稲田大など強豪チームが揃い戦国駅伝となり、激戦が予想され手に汗握る展開となりました。大手町をスタートして直後に大東大の選手が転倒するアクシデントが起こり、痛めた足を引きずりながら中継点まで23キロを走り襷を繋いだシーンも見られ、波乱の幕開けとなっていました。エース区間の2区では、留学生の国士舘大のビンセント選手が8人抜きのごぼ...第95回箱根駅伝競走大会(往路)

  • 新春書初め・描初め

    「亥」の年を迎えて一年のスタートに当たり、日頃筆を持つ機会は余りありませんが、久し振りに筆を取って水彩画風に書初めしてみました。新年には元号が平成から「〇●」に変わりますが、兄弟や孫の名前の一部を取り、新しい年へ期待を込めて書いてみました。書を書いた後は筆を変えて水彩画として、猪は余り見かけない動物ですが、イラスト風に描いてみました。描き終えて故郷から取り寄せた故郷ふくいの丸餅を煮込んだお雑煮を頂きながら、帰省している家族達と共にふるさとを想いながら新年への期待を語り合っていました。新春書初め・描初め

  • 初日の出・江ノ島稚児が淵

    新年明けましておめでとうございます昨年は、多くの皆さんにアクセスいただきありがとうございました。新年も、湘南の地から地域の話題などを綴っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。新しい年も湘南地方は天候に恵まれて江ノ島へ恒例の初日の出&初詣に出かけてきました。湘南エリアの初日の出のベストスポットである江ノ島には、早朝5時過ぎから初詣客も加わり弁天橋を渡り参道入口まで20分もかかる大混雑でした。下道を経て稚児ヶ淵に向かうと、日の出時刻の約40分前でしたが、既に岩場には多くの人々で埋めつくされていました。今年は残念ながら日が昇る三浦半島の上空には厚い雲が覆いかぶさり周囲から不安の声も出ていましたが、日之出10分前から東の空が赤く染まり始めて半島の上には雲間が出来て陽が昇り大歓声が湧いていました。約10分のサンラ...初日の出・江ノ島稚児が淵

  • 富士山女子駅伝2018

    年の瀬を迎えて今年の陸上競技を締めくくる「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝競走)」が、富士山の麓で開催され応援に出かけてきました。今年も全国の22チームの大学の精鋭が集い富士山本宮浅間大社前から富士総合運動公園陸上競技場までの7区間、43.4キロで日本一を競う駅伝大会です。スタート前に富士山本宮浅間神社に参拝してきました。入母屋造りの楼門や拝殿は、徳川家康公ゆかりのもので朱色に塗られた姿は実に風格を感じます。本殿は、二重の楼閣は浅間作りと言われる素晴らしい国宝級の景観でした。境内には、南極奥地で採集された「南極の石」が奉納されていました。境内の御手洗橋からは間近に富士山も望める絶景が見られます。一の鳥居傍には、休館でしたが逆さ富士の世界遺産センターが見られました。参拝を終えて間もなく22チームが大社の鳥居...富士山女子駅伝2018

  • ブラ散歩~引地川親水公園

    快晴の冬空となり近くの引地川親水公園から大庭城址公園をブラ散歩していました。親水公園の引地川には、帰ってきたユリカモメの台群が飛び回っており、春以来の賑やかな光景が見られ、カモメたちは人懐っこく散歩人の近づいてきますね~数匹のサギたちも加わり久しぶりだな~と呼びかけているようでした。下流では、カワウも加わって飛び交い楽しそうな雰囲気のようですね~親水公園から大庭城址公園へ向かうと、年末を迎えて散歩人の姿も無く静かな園内でしたが、10本の大木のクロガネモチには赤い実が沢山実っていますが、正にクロウしてカネモチになるようなえんぎを感じましたね花の広場では、冬桜のジュウガツザクラは可憐な花も散っており、代わってコブシが蕾を膨らませていました。三椏も白い蕾が膨らんで寒さを忘れる暖かさを感じました~約1時間のブラ散歩でし...ブラ散歩~引地川親水公園

  • 湘南海岸ポタリング

    寒い一日でしたが、久し振りに湘南海岸へポタリングしてきました。途中、富士見ポイントの富士見ファームからは、広い田園地帯の先に雄大な冬の富士山が望めて、名前の由来ともなっているシーズン最高の景観でした。田園地帯には、鳩の大集団が雀のように餌を求めて飛び交う珍しい光景も見られました。一走りして辻堂海岸からもやや雲がかかっていますが、大磯の湘南平や箱根連山と共に富士山が聳えて冬の湘南の光景がみられました。遠くには真鶴半島や伊豆大島も望め、寄せる荒波と海風が融合し波音が繰り返し、冬の湘南でした。浜辺のみちを走り鵠沼海岸からの海に浮かぶ江の島ですが、この日は冷たい海風でサーファーの姿も少なく寂しい光景でした。引地川河口には、帰ってきたユリカモメ達が群れを為して潮風に打たれていました。寒さを感じて退散しました。湘南海岸ポタリング

  • ぶら散歩~銀座・カレッタ汐留

    先日、久しぶりにクリスマス雰囲気が残る銀座界隈を銀ブラしていました。有楽町交差点のソニービルの跡地には、「銀座ソニーパーク」として期間限定で生れ変り、「アヲGINZATOKYO」として、世界各地から集めた特別な植物を購入出来る「買える公園」となっていました。園内には、珍しい樹齢千年のオリーブやアカマツ、白樺などが販売されていました。園内フロアには、エルメスのゲームが出来るステージが設置されて大人気でした。晴海通りの有名ショップのウインドウデイスプレーには、銀座ならではの素晴らしいアート作品が陳列されています。銀座四丁目の和光では、巨大なシロクマなどのキャラクターがバンドを編成して「奏」を演奏していましたが、素晴らしい演出ですね~銀座通りをぶらついてGINZASIXへ向かうと、館内の中央吹き抜け空間には、巨大な光...ぶら散歩~銀座・カレッタ汐留

  • 東京スカイツリー・イルミネーション

    東京スカイツリータウンで開催された「カラフルクリスマス」を観てきました。最大の見どころであるスカイツリーの搭体に映し出されるプロジェクトマッピングですが、今年も夜空に聳えるスカイツリーは光り、星が飛び回る光景が見られました。プロジェクトマッピングが始まると、「天空から舞い降りた贈り物~」のテーマで、天空の星や森などが色鮮やかに塔の支柱に描かれて幻想的な宇宙のような空間を創り出していました。塔の中央の空間には、天空から降りてきた舞姫と王子の舞を観るような映像も見られました。約10分のショーが終わると、色鮮やかな約8mの花のツリーもカラフルにライトアップされてドリームワールドを描き出していました。スカイツリーと背比べする花のツリーもインスタ映えスポットとなっていました。光ガーデンには、大きな星の花が光り輝いていまし...東京スカイツリー・イルミネーション

  • 丸ノ内仲通りクリスマス

    丸ノ内のクリスマスイルミネーションの名所の「東京ミチテラス」・「丸ノ内ブライト」を観て隣接するJPタワーの「WHITEKITTE」を観てきました。「KITTE」では、本物のモミの木を使って巨大なクリスマスツリーが、アトリウムの吹き抜け空間に聳えて真白き雪が降り積もった白銀の世界を創出されていました。ライトアッププログラムが始まると、吹き抜けの上から雪が舞い散る中でホワイト・オレンジ・バイオレット・ブルー・グリーンなどに色変わりにライトアップされて別世界になっていました。JPタワーから仲通りへ出ると、ストリートギャラリーが開催されており、獅子や白い鳥などが設置されクリスマスムードを盛り上げていました。新年の干支の亥飾りで描いたイノシシアートです。マイプラザでは、今年もレトロな建物と融合したクリスタルガラスのクリス...丸ノ内仲通りクリスマス

  • 東京ミチテラス・丸の内

    丸ノ内の冬の風物詩である「東京ミチテラス」が始まりました。今年も会場の「ひかりのスタデイオン(行幸通り)」へは、永代通りから長い行列が出来て会場まで約10分を要する大人気でしたが、今年は「ひかりのゲートウェイ」をテーマに、光の列柱に映し出される炎や水、風をモチーフにした映像が煌めき優雅なみちを描き出していました。行幸通りの正面の東京駅丸の内駅舎には、光のラインや色の変化で「ひかりの円舞曲」と題した景観を描いて撮影スポットとなっていました。会場から押し出されるように仲通りへ出ると、約1.2kmに亘り200本の並木にシャンパンゴールドのLEDの光が輝きクリスマスイヴを祝っていました。丸ビルのマルキューブ会場では、約8mの北欧風のクリスマスツリーが豪華な装飾と光と音楽でロマンテイックな雰囲気を創出しています。吹き抜け...東京ミチテラス・丸の内

  • 横浜山手西洋館・世界のクリスマス

    クリスマスを迎えて横浜山手西洋館で開催されている「世界のクリスマス」を観てきました。外国人居留地であった山手西洋館で世界各国のクリスマス文化が紹介されていました。イタリア山にある「ブラフ18番館」では、フィンランド共和国をテーマに、伝統的な暖かいクリスマスとスタイリッシュなクリスマスのイメージの装飾が飾られていました。ブラフ18番館前庭には、山手西洋館のジオラマ風景が作られています。イタリア山庭園では、幾何学的にデザインされた花壇にハボタンで❤が描かれています。「外交官の家」では、スペイン王国のを模したクリスマスの伝統のお菓子がテーブルに並び、別室ではキリスト生誕の様子が再現されていました。イタリア山から山手本通りを進むと、「日本の道百選」に選ばれている道には、カトリック山手教会やフェリス女学園などが並びクリス...横浜山手西洋館・世界のクリスマス