住所
-
出身
-
ハンドル名
泉大津市会議員  ただち恵子ですさん
ブログタイトル
泉大津市会議員  ただち恵子です
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/0902kibou
ブログ紹介文
私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.
自由文
更新頻度(1年)

69回 / 1357日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2015/05/09

泉大津市会議員  ただち恵子ですさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 18251 17770 17819 15464 14405 14317 14354 946634サイト
INポイント 10 20 20 10 10 10 20 100/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 140 139 139 125 120 119 120 4481サイト
政治家(市区町村) 18 19 18 17 15 15 15 477サイト
地域生活(街) 関西ブログ 380 367 370 357 348 343 346 13767サイト
泉大津情報 1 1 1 1 1 1 1 22サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 89102 92075 93189 93795 0 95423 94591 946634サイト
INポイント 10 20 20 10 10 10 20 100/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 472 491 499 499 0 487 483 4481サイト
政治家(市区町村) 49 52 54 57 0 65 65 477サイト
地域生活(街) 関西ブログ 1463 1546 1562 1549 0 1549 1543 13767サイト
泉大津情報 4 4 4 4 0 3 3 22サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946634サイト
INポイント 10 20 20 10 10 10 20 100/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
政治ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4481サイト
政治家(市区町村) 0 0 0 0 0 0 0 477サイト
地域生活(街) 関西ブログ 0 0 0 0 0 0 0 13767サイト
泉大津情報 0 0 0 0 0 0 0 22サイト

泉大津市会議員  ただち恵子ですさんのブログ記事

?
  • 2019-01-23 23:03:13

    日本共産党新春の集い1月27日(日)午後2時~勤労青少年ホーム2019-01-2323:03:13

  • 訪問理美容サービスについての申し入れ

    外出困難な高齢者や障害者のご自宅を訪問して理容・美容サービスを行うことに対して、行政が支援をするシステムが、岸和田、和泉、高石ではあり、泉大津にはありません。補助の形は、様々。例えば、岸和田では基準料金の4分の1で訪問サービスが受けられるチケットを配布。4分の3は行政から事業者に支払われるそうです。(岸和田市のHPより)今日は、理容組合(正式には大阪府理容生活衛生同業組合泉大津支部)の役員さんが、「泉大津でも訪問理美容サービスを」と市に要望するにあたって、議会の各会派に協力の要請に来られました。お話を聞いて、家でほぼ寝たきりの生活をしている方の、髪を整えて時の嬉しそうな笑顔が目に浮かぶようでした。身だしなみというのは、人間らしい生活の土台、生きる力にもなるのだと思います。「行政の方から、皆さんに協力をお願いする...訪問理美容サービスについての申し入れ

  • 宮本百合子 没後68年

    「しんぶん赤旗」を手に取ってまず読む「潮流」で、今日が宮本百合子の68回目の命日であったことを知る。百合子の文学、評論、日記、手紙のなかの言葉のいくつかは、私の青春の道しるべのように繰り返し読み、何かがあるとまたその言葉を探して全集のページをめくった。そのひとつ。「自信のあるなし」という短い文章。書かれた年月日は定かではないが、全集の中に置かれた位置からして、多分1940年の夏ぐらいなのだと思う。「一体自信というものは、・・・好結果の見通しに対してだけいわれる筈のものだろうか。成功し得る自信というしか、人間の自信ははたしてあり得ないものだろうか。」と問い、自ら答える。「私はむしろ、行為の動機に対してこそ自信のある、なしはいえるのだと思う。あることに動こうとする自分の本心が、人間としてやむにやまれない力におされて...宮本百合子没後68年

  • 「65歳になるのが楽しみ」という時があった

    1980年台から大阪府の老人医療助成制度が改悪、廃止へ。それ以前は、「65歳になれば、お金の心配をしないで医者にいける」時代だった。「65歳の誕生日がくるのが楽しみ」という言葉が聞かれた。今日、お会いした方にそんな話をすると返ってきた言葉。「70歳になったら、医療費1割負担になると思って、白内障の手術を先延ばししてきた。ところが70歳になったら2割負担に。」その方の嘆きの声をもうひとつ。「年金は減った。天引きされる介護保険料は増えた」「・・・大企業には中小企業並みの税負担で4兆円、大株主に欧米諸国並みの税負担を求めるなど富裕層の金融・証券税制の適正化で1.2兆円の財源が生まれます。消費税増税に代わる十分な財源が確保できます。」(「日本共産党の統一地方選挙政策アピール」より)「65歳になるのが楽しみ」という時があった

  • 大阪府党会議

    1月19日大阪府党会議

  • 第77回大阪府党会議

    日本共産党の大阪府党会議が開かれました。午前中はマスコミに公開され、TVカメラが何台も並んで・・・。地域で職場で、地道な活動を続けている人達の思い、喜びや悩み。たくさん聞けて元気をもらえた一日でした。第77回大阪府党会議

  • 「平和憲法の申し子」さんの投稿

    ここ数日、市民の方からのご相談の電話が、立て続け。その対応に大半の時間を費やしながら、2019年1月の「後援会ニュース」の編集作業。印刷をお願いした方に、曜日の間違い見つけていただいて助かりました。市政報告会の、金曜日を木曜日としていました。いつものように自分で印刷したら、気が付かないところでした。以下は「戦後23年平和への思い」のシリーズ、24回目に寄せられた投稿です。戦争末期、空襲の火の海を、胎内に新しい命を宿し大きなおなかで逃げ惑う女性の姿を想いながら読んだ。戦後73年平和への思い㉔生き残ったいのちこれからも仲間と楽しく1945年(昭和20年)8月15日の終戦記念日。それから1ヶ月もたたない9月8日に私は生まれました。母の胎内にいた9ヶ月を含めると、この73年間は平和憲法の申し子といえるでしょう。父は広島...「平和憲法の申し子」さんの投稿

  • 24年目の1月17日

    あれからもう24年がたちました。24年たっても、忘れることができない朝。赤旗日刊紙の配達をしている途中で、マンションの4階から見たのは包まれる遠くの街。家に帰ると当時中学生、小学生だった子どもたちがテレビの前で震えていた。「今、生きている」ということを、あらためて考える日。今日は朝から、立て続けに相談の電話が鳴る日でした。24年目の1月17日

  • 「生涯学習施設の今後」について利用者団体から意見交換会の申し入れ

    臨時に議会運営委員会が開催されました。主なテーマは意見公開会の開催について。「勤労青少年ホームの名称を変え存続を求める会」からの昨年11月に続いて2回目の意見交換会開催の申し入れがあり、これを受けることを確認しました。「11月に同じテーマで意見交換をしたばかり」「市会議員の改選が近いので、今の時期に行うのはどうか」等の意見もありましたが、議論の結果、団体からの要請に応えて2月2日に開催することになりました。団体からの「申込書」には「公共7施設適正配置計画、図書館移転構想ならびに市民会館跡地活用など、今後の計画の具体的方策について、利用者の視点から様々なアイディア(コンセプト、それにおける効果)などを出し合っております。」とあります。来年度の予算審査を前に、生涯学習施設の利用者の皆さんの意見を聞くことはとても貴重...「生涯学習施設の今後」について利用者団体から意見交換会の申し入れ

  • 子どもは風の子?

    一番小さい○おクンもインフルエンザ。荒い息づかいが聞こえてくるよう。子どもは風の子?

  • 成人式

    晴天に恵まれた成人式でした。全国では125万人の二十歳の皆さんが成人の仲間入りをしたそうです。泉大津では924人。晴れ着姿で集まる若い人たちに、「選挙に行く?行かない?」とシール投票で語りかけるのは、阪南地域の民青同盟の皆さん。3分の1くらいの人が「行かない」にシールを貼っていました。選挙に行かない理由を聞くと「毎日12時間働いてクタクタ。休みの日は寝たい」という言葉に考えさせられます。「8時間働けば普通に暮らさせる」「勉強したい人は、お金の心配しないで学校に行ける」。それが「あたりまえ」になるように、やっぱり選挙に行こうよ!10時から始まった式は、恒例となった祭り太鼓でオープニング。これも恒例の泉大津吹奏楽団の記念演奏とともに、スクリーンに次々と映し出される思い出の写真。それぞれに思い入れのある大切な20年の...成人式

  • 失業給付など 過少給付2千万人!!

    厚労省の「毎月勤労統計調査」に不正な調査結果が使われていた結果、雇用保険や労災保険の給付額が過少となっていた問題が浮上。「またか」という思い。不足分は「遡って追加支給」と言いますが、2004年以降の長期にわたって「過少給付」されていた実態がどこまで明らかにできるのか?たとえ遡って支給されたとしても、「必要な時に受け取れなかった」ことは、取り返すことができない。なぜこのようなことがおこったのか?しっかりと解明して欲しい。失業給付など過少給付2千万人!!

  • 日本が売られる

    著者堤未果発行書幻冬舎日本が売られる

  • 介護する人、される人

    昨日と今日と、お話聞かせていただくなかで、介護にまつわるご苦労話がたくさんありました。車いす生活の夫の介護。老々介護です。「少しだけでも、ほっと息抜きする時間が欲しい」と・・・。「外に一人で出るのが不安。病院にも行けない。自費でヘルパーを頼み、タクシー代とで高い高い通院費用。「買い物、掃除に来てくれるヘルパーさんが大好き。」と言う言葉に救われました。お会いしたことのない元気で朗らかなヘルパーさんの顔が浮かびます。重たい宿題を抱えて帰って来ました。介護する人、される人

  • 「図書館構想」のパブリックコメント受付中です

    昨年3月、今年度の施政方針の中で「図書館の駅前への移転構想」が打ち出されました。唐突で政策決定のプロセスには疑問があり、質問もしてきました。「移転」を前提とした議論が進められ「構想」の案が、示されました。今日からパブリックコメントが始まっています。詳細はコチラから。図書館を良く利用される人、たまには行く人、全然行かない(行けない人)、この機会に「図書館」について考えてみませんか?パブリックコメントンの期間は今月の28日までと限られています。1月の「広報いずみおおつ」には案内がありましたが、HPにアップされたのは今日でした。短い期間ですが、一人でも多くの方の意見が寄せられることを願っています。「図書館構想」のパブリックコメント受付中です

  • 人日の節句

    1月7日。「人日の節句」と言うのですね。「七草がゆ」ではないけれど、冷蔵庫の残りの野菜、緑の葉を刻んでいただきます。バタバタと時間に追われる朝夕の暮らしに、ふと立ちどまるゆとりの時を大切にしたい。元旦にいただいた年賀状にやっと返信。「遅くなってごめんなさい。チビさんたちがいたもので・・・」と言い訳しながらポストに投函。人日の節句

  • 元気になって帰って行きました。

    2泊3日の滞在中、誰かが体調崩していました。でも早く回復して、皆元気になって帰っていきました。それぞれの場所へ。私も明日から元の暮らしのリズムが戻ります。元気になって帰って行きました。

  • 新年互礼会&「病児保育」&市民相談&・・・

    1月5日は毎年恒例の新年互例会。そう言えば、年末からの風邪をこじらせて朝、起き上がることができず参加できなかったことがありました。今年は、私自身は元気なのですが、家に来ているチビさんたちとその母親が体調不良。それが気になって参加はしたものの早々に退席しました。小さな子ども3人+母親の4人が、順番に同じような症状でぐったりしたと思うと、また順番に元気になって。元気になると「お腹がすいた」と言うし、消化がよくて栄養のあるものを食べさせてやりたいし・・・市民の方からの相談の電話も次々とかかるし、分身の術を使えないものか?!と思う一日でした。夕方は宣伝カーからの新年のご挨拶、3日に回り切れなかった地域にお邪魔しました。新年互礼会&「病児保育」&市民相談&・・・

  • 議員団ニュースの配布

    12月議会報告の「こんにちは日本共産党議員団です」を配布しています。約300枚持って出て、もう少しというところで、電話とLINE。長女一家と入れ替わりで、今日から里帰りしている次女の子ども達3人。数日前から〇ちゃん、〇きクンが体調崩して心配していたのですが「もう大丈夫」と言ってやってきて、元気だった〇おクンが突然、嘔吐。急いで帰りました。子どもの体調は、ほんとに急変します。水分の補給も気をつけてあげないと。議員団ニュースの配布

  • みんな元気で!またね🎵

    年末年始を一緒に過ごした長所の一家が帰りました。静かになった夜は年賀状の返信です。みんな元気で!またね🎵

  • 子ども医療に続いて、学校給食無償化へ

    新年2日目。今日もさわやかな一日でした。年末に届いた新聞、機関紙の新年特集号に目を通しています。その中で「全国商工新聞」の記事に、目がとまりました。「2021年から全小・中・高校でオーガニック無償給食を全面実施。」残念ながら、日本の話ではありません。ソウルです。ソウル市の素晴らしいのは、単に「無償化」だけなく、化学肥料や農薬、遺伝子組み換え食品の害から子どもたちの体を守ること、食の安全を大切にしていること。記事中のパク市長の言葉を引用します。「無償給食が施行されれば、3万9千人の生徒が給食費の受給申請をしなくとも良くなる。受給者の烙印を押されることが恥ずかしくて申請しない生徒もいたが、ご飯を食べる時にも差別を受けずに友達と付き合えるよう、私たち社会が努力しなければならない。」かつて乳幼児の医療費助成は、ごく限ら...子ども医療に続いて、学校給食無償化へ

  • 眩い太陽が海面を照らす

    大津大橋から初日の出を見る会市役所から出発して日の出を待ちます。眩い太陽が海面を照らす

  • 新しい年に向かって

    まもなく2018年が終わります。今年もまた、忘れることのできない別れ、そして出会いがありました。出会えたことに感謝し、新たなステージに踏み出した年でもありました。今年もたくさんの方にお世話になりました。皆さん、どうぞ良いお年を!新しい年に向かって

  • 初日の出を見る会でお会いしましょう

    元旦は大津大橋から初日の出を。もう20年?くらい、連続参加しています。今日、御挨拶したある方に「来年も行かれますか?」とお声をかけると、「そのつもりです」という返事。昨年は、御病気で病院のベッドから拝んだ日の出だったとか。お元気になられて何よりです。「それなら私も・・・」。昨年までは市民会館集合で大津大橋まで歩くコースだったのですが、もう建物も取り壊されています。今年は、市役所第2駐車場に6時集合、6時15分出発です。きれいな太陽が見られるほうが少ないのですが、来年はどうでしょうか。日の出が見られても、雲に隠れて見えなくても、夜明け前に出発し、ピリッと冷たい空気の中で「今年もよろしく」とあいさつを交わしあうことが、すがすがしい新年のスタートになります。一度参加したら、癖になります。初日の出を見る会でお会いしましょう

  • 今年最後の朝市

    事務所前の野菜朝市。夜明け前に収穫し、届けて下さる後援会員さんに、いつもいつも感謝。今年最後の朝市

  • みんな元気が一番!

    6人、そろいました。みんな元気が一番!

  • なぜ今、ダブル選挙?

    大阪市長、大阪府知事がともに辞職、出直し選挙?数日前の新聞の見出しに「まさか!」と思ってスルーしたけれど、そのまさかは本当らしい。それにしても「民意を問う」と言いながら、選挙は民意とは関係なく、自分の都合でお決めになるのか?誰が一体、今、知事・市長の選挙を臨んでいるのだろう。来年秋の任期満了を待たずに、前倒しして選挙をすることの理由が、公明党との間のゴタゴタだと言うのだから、これほど府民をバカにしたやり方があるだろうか。都構想は3年前に住民投票で決着済み。やる必要のない選挙に公費を使うことと「身を切る改革」を旗印。その整合性をどう説明してくれるのか?なぜ今、ダブル選挙?

  • 「子育て世代への投資を拡充する」と確かに言ったはず・・・

    昨日、「地方分権改革の」の対応方針を閣議決定。その中で、「学童保育の職員配置基準を自治体判断で引き下げられる」ということが含まれる。2015年、「40人の1クラスに原則2名の職員」が「従うべき基準」として定められた。学童保育について国の基準が定められたのは初めてだった。それからわずか3年で、市町村判断で引き下げ可能な「参酌基準」にしてしまおうと言うもの。市町村が判断すれば、無資格の指導員1人体制でも運営できることに。昨年秋の、衆議院解散総選挙にあたって、消費税10%への引き上げで「全世代型社会保障」「子育て世代への投資を拡充」と言ったのは安倍首相だった。そもそも社会保障は「全ての国民」を対象に、「全世代型」であるのは当然で、「子育て支援」を消費税増税の言い訳に使うのは、筋違い。そのうえ、その「言い訳」さえも反故...「子育て世代への投資を拡充する」と確かに言ったはず・・・

  • 「世界で一番の贈り物

    マイケル・モーパーゴ作評論社「世界で一番の贈り物

  • 世界中の子ども達、皆に幸あれ!

    夢の中でサンタさんに会えたかな?世界中の子ども達、皆に幸あれ!