住所
-
出身
-
ハンドル名
J-Blueの雑記帳さん
ブログタイトル
J-Blueの雑記帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/king20-io
ブログ紹介文
此のBlogを雑記帳代わりにしたいと始めましたが写真を中心に記録性を高めた内容にしたいと考えています。
自由文
更新頻度(1年)

17回 / 1329日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2015/06/04

J-Blueの雑記帳さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 24511 28941 28578 28230 28050 22826 22886 946361サイト
INポイント 20 10 10 10 0 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
アウトドアブログ 282 340 331 330 330 272 274 11338サイト
軽登山・トレッキング 13 14 13 13 13 11 11 620サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 97742 94999 81406 72732 72889 73371 72971 946361サイト
INポイント 20 10 10 10 0 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
アウトドアブログ 1619 1611 1363 1179 1196 1231 1224 11338サイト
軽登山・トレッキング 110 110 89 76 76 76 72 620サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 26218 26407 28813 26413 26398 26517 24944 946361サイト
INポイント 20 10 10 10 0 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 10 10 0 0 0 0 20/週
アウトドアブログ 550 554 596 553 552 556 522 11338サイト
軽登山・トレッキング 38 37 43 39 39 39 38 620サイト

J-Blueの雑記帳さんのブログ記事

?
  • 新宿御苑散歩とカメラの修理

    2019年1月14日この日、世間では成人式で祭日と言う事らしい。そんな日の意識は全くないまんま「新宿御苑」に来た。しかし「新宿御苑」に来たのはついでで主目的はカメラの修理依頼でした。途中の電車の中や街中「新宿御苑」内に振り袖姿の女性が多い事に気が付きましたが、成人式と云う事が直ぐに思いつかなかった!タイトル写真は「新宿御苑」内日本庭園(上の池)。カメラNikonD7000のメイン電源スイッチが壊れ電源を切る事が出来なく成った。Nikonサービスセンターへ修理に出す。以前から調子が悪かったのだが遂に言う事を聞かなくなった。修理見積もり2万8千円弱。このカメラ、以前にレンズを修理に出したがその時も数万円かかった、中古で買った方が安い位だ。このロウバイの写真はD750で撮った物です。D7000を修理に出した後、新宿駅...新宿御苑散歩とカメラの修理

  • 山梨県「甲州高尾山から棚横手山を周回する」その2(続編)

    山梨県「甲州高尾山から棚横手山を周回する」の続きです。「甲州高尾山」山頂から先はアップダウンしながら下る別ルートなので「甲州高尾山」宮宕山(みやごやま)標高1,091m本来の三角点を確認するまでも無く。登って来た稜線を戻ります。始めの分岐までは大きなアップダウンはない物の、その先「棚横手山」標高1,306m有りますので結構キツい登りになります。タイトル写真は「棚横手山」山頂(1,306m)から南方向を撮った物で、この山頂で遅めの昼食にしました。山梨県「甲州高尾山から棚横手山を周回する」前回のBlog記事に於いて若干記述内の誤記と写真数枚が非表示に成り(スマートホーンで確認)、「文」だけ表示されてしまします。リンクの張り直しと本文の修正を致しました。今後この様な事が無い様に気を付けます。前回と同じ地図です。一端分...山梨県「甲州高尾山から棚横手山を周回する」その2(続編)

  • 山梨県「甲州高尾山から棚横手山を周回する」

    2019年1月8日近場で登りやすい山は何処だろうとかねてより調べ「甲州高尾山」と云う山が有る、正月の怠惰な生活でなまった身体を元に戻すには丁度良い感じです。しかし、この山はどうも車で行くのがベストのようです。電車の場合は「JR勝沼ぶどう郷駅」からタクシーで行く事になる。「甲州高尾山」は奥多摩の高尾山と違い、交通は不便で山も険しい、標高も1,091m有る同じ高尾山でも天地程の差がある。今回歩いたトレースは赤い線になっています。その他往路を赤矢印、復路を青矢印に分けました。「大滝不動尊」駐車場から登り始めますが、「大滝不動尊」近辺が赤い線がごちゃごちゃしていますが、これは不動堂へストックを忘れ、引き返し取りに戻った軌跡で往復1時間程ロスタイムとなりました。このアクシデントで可也へたれて仕舞いました。(地図はカシミー...山梨県「甲州高尾山から棚横手山を周回する」

  • 新宿山の手七福神巡り

    2019年正月3日何時もの某SNSイベントで「新宿山の手七福神巡り」に参加しました。総勢23名程の大人数となり、初めて顔を合わせる方も多く、多少の緊張でした。集合時間13時と云うマッタリな感じの七福神巡り、歩く距離も七福神だけ廻る場合5km程の距離と思われます。こぢんまりと少人数で廻る場合は2時間半程有れば廻ってしまう感じです。今回はそれだけでは無く、追加で「成子天神社」に行き富士塚(タイトル写真)へ登ります。この地図は「新宿山の手七福神巡り」公式ホームページから引用です。地図に書き込みを入れました、歩いた道順は赤矢印で示しました。最後の「成子天神社」へは地図に入りませんので割愛しました。JR飯田橋駅13時集合、全員揃った所で出発します。JR飯田橋駅西口を出て「早稲田通り」を右手に行きます。橋を渡り広場で今日の...新宿山の手七福神巡り

  • 2019年元旦

    明けましておめでとう御座います。Blog「J-Blueの雑記帳(近場を歩く)」に訪問して下さった皆様、昨年に引き続き宜しくお願いいたします。昨年中盤以降身体の故障続きで満足に山歩きが出来ずもたつきましたが、今年は何とか頑張りたいと思っています。読者の皆様も健康で穏やかな日々に成る様願っています。2019年元旦

  • 大菩薩峠周回コースを歩く「忘年会登山」その2

    今回の物語は大菩薩峠「介山荘」から始まる、2018年12月9日この日早朝5時にはすでに目が覚めていたが、外は寒いし何より未だ周りが静かだ。今日の日程はゆっくりなので早く起きる必要は無い。しかしそれにしても寒い、夜中に寒いのでダウンジャケットを更に着て布団に入った。布団も短く足の方がなんだか寒い。そんな事から熟睡は出来ず、浅い睡眠のまんま夜明けを迎えようとしていた。夜明けが近そうなので思い切ってカメラを持って外へ出る事にした。タイトルは「介山荘」から見る夜明け前の「塩山の街」。小型三脚を使ったのでぶれずに撮れた。登山中は三脚の出し入れ等は簡単に出来ない、今は時間も有りゆっくり撮影出来る。大菩薩峠周回コースを歩く「忘年会登山」その1前回と同じ地図ですが。今日は「介山荘」から富士見山荘方面へ下山路を取る。「副ちゃん荘...大菩薩峠周回コースを歩く「忘年会登山」その2

  • 大菩薩峠周回コースを歩く「忘年会登山」その1

    2018年12月8~9日一泊2日の予定で大菩薩峠を歩く。某SNSの集まりに参加しました。この日集まったのは男女5人ずつ合わせて10人。今回は初日の集合時間が13時40分という超マッタリ登山、主目的は「忘年会登山」のタイトル通り。タイトル写真は「副ちゃん荘」から唐松尾根を歩く組と富士見山荘方面経由「介山荘」へ行く組に分かれる、私たち4人で唐松尾根の上部に出た時に撮った物です。すでに16時に成り日暮れが迫っていました。今回歩いた地図です。私たち唐松尾根を歩いた方向を赤い矢印で示しました。「副ちゃん荘」で2組に分かれます。右手「介山荘」方面へは50分程ですが左手「唐松尾根」経由方面は2時間程掛かります。介山荘到着は確実に日没後に成ります。(地図はカシミール3Dと国土地理院の地図より)現地集合「JR甲斐大和駅」13時4...大菩薩峠周回コースを歩く「忘年会登山」その1

  • 激混みの八王子市「高尾山」を行く

    2018年11月24日三連休の中日、天気予報では良い天気に成るとの予想、しかし当日は東京23区は雲の多い空模様、前日までに好天を期待して家族ずれでハイキングに行く事にしていた。候補は埼玉県「日和田山」、八王子市「高尾山」のどちらかにする事にしたが、結果的に「高尾山」となった。タイトル写真は「もみじ台」から見た「丹沢山塊」午後と成っていた為雲が多く出始め、光も弱く霞んでしまった。先月に此所を通過した時は紅葉はまだ始まっていなかったが今はすっかり色づいていた。写真は高尾山登山口ケーブルカーの発着駅「清滝」。この日ケーブルカーに乗るには1時間以上待たなければならずこの時間11時40分近いのでのんびり待つ訳に行かない。小学一年生の孫が一緒なので楽そうな6号路から登る事にした。写真の様に登山道が人で数珠つなぎに成りこの状...激混みの八王子市「高尾山」を行く

  • 昭和記念公園「日本庭園」編

    天気はこの数日晴天でしたが結構雲の多い日が続きました。この日はすっきりした快晴に成り雲の無い時間が一日中続き、いわゆる写真日よりとでも言える日でした。10時半頃自宅を出発し、JR立川駅から昭和記念公園立川口までゆっくり歩く2018年11月2日、翌日3日から「もみじ祭」などのイベントが始まるようです。昭和記念公園「日本庭園」日本庭園「歓楓亭」(かんふうてい)の脇を通り過ぎ遊歩道を歩く、池の周りを一周する道だ、歩くに従い次々と景観が変化する。池の水面に青空の「青」が反射し、美しい。松の木もよく手入れされている。池に突き出た松の幹の下で初老の方が写生をしていた。タイトルと同じ。池之端に建つ「昌陽」(しょうよう)を左手に観ながら池に掛かる橋を渡ります。この場所は例年「花菖蒲」が咲きますが秋の今は何も無く少し寂しい。この...昭和記念公園「日本庭園」編

  • 台風の後「ママコノシリヌグイ」

    九月末に台風24号の直撃を受けた本州ですが、その影響、爪痕が結構残っていて台風24号が通り過ぎて2日後武蔵野市「都立野川公園」自然観察園に行きました。その時気になっていた「ママコノシリヌグイ」と云う植物写真を撮ろうと思いましたが、台風が持ち込んだ潮風のせいで「ママコノシリヌグイ」が全滅状態なのが判りました。他の植物もかなりやられていて自然観察園では太い柳の木が根元から倒れていて、そのすさまじさが判りました。(昨日も埼玉県の武蔵丘陵森林公園へ行きましたが少し荒れていました)この時自然観察園内は立ち入り禁止でしたが知らずに入り、係に方に注意されましたが写真を撮った後なので助かりました。(もう少し厳重に扉を閉めてほしいな!)タイトルは2年前に撮影した物で開花したての花、一輪の花の大きさは2~3mm位の大きさでとても小...台風の後「ママコノシリヌグイ」

  • バジルペーストを作ってみました

    今年の春買った「バジル」が大きくなり、このまんまでは勿体ないので何か良い使い道は無いかと検討した結果「バジルペースト」を作る事にしました。実は室内で育てたこの「バジル」の葉を刈るのは二回目、バジルは茎を切り詰めるとそこから枝を出しどんどん増えます。一回目は葉を刈った後乾燥して砕き「乾燥バジル」にしました。しかしあまり香りが良くないので使わないまんま保存してあります。タイトル写真が茂った「葉」を付けたバジル。室内で育てたので虫食いは無くきれいなので長く伸びた茎を途中から切り、葉を採りました。二鉢買ったのですが、一つは外で育てたら虫が付き見るも無惨な形で、おまけに種も出来てしまい葉がほとんど無くなり今は半分枯れた状態です。写真が採った葉で48g有りました。水洗いして乾燥している所です。レシピ○バジル48g○塩小さじ...バジルペーストを作ってみました

  • 八王子市「陣馬高原から高尾山縦走」

    この所数ヶ月にわたって山登りが出来なかった。今回の山行はリハビリを兼ねて足慣らしをする。前日に天気が安定している事が判ったので2018年10月10日ハイキングに出掛ける事にした。このコースは若い頃トレーニングコースとして何回も歩いていますが悲しい事に当時の記憶は全く無い、今回歩いてみて距離は長いが比較的平坦な事に驚いた。タイトル写真は影信山山頂から見た景色、八王子市街と思いますがごらんの様に雲が多く他の方角など富士山等の姿は全く見えませんでした。「カシミール3Dマップより」陣馬高原下~陣馬高原登山口~陣馬山~奈良子峠~明王峠~底沢峠~堂所山~白沢峠~影信山~小仏峠~城山~一丁平園地~高尾山~高尾山口駅今回、終点高尾山から下りにリフトを使った。すでに膝が痛く下りを歩く事を避けたかった。写真は陣馬高原バス停でこの時...八王子市「陣馬高原から高尾山縦走」

  • 九州「伊万里の里・長崎・雲仙」編アーカイブ・シリーズ(No9)

    アーカイブ・シリーズNo9は九州の旅となりました。2008年2月28日福岡空港でレンタカーを借りてから西九州自動車道・国道202号線に入る。この日「伊万里」へ行き伊万里の窯元などを見て回り、その後内陸の「武雄温泉」に宿泊します。タイトル写真は翌日長崎に行き「グラバー邸」に行く時「スカイロード」と云うエレベーターに乗り、そこから長崎の街を撮した物です。長崎は坂の街「スカイロード」も坂を上がるための無料のエレベーターです。この日は「唐津」へ「呼子」へ行くために「虹ノ松原」を通ります。数キロに渡り防風林の松原に沿った道を走ります。「呼子」で昼食にします。店内に生け簀が張り巡らされ、そこにテーブル席が有る、といった感じの店で早速「イカ刺し」の食事にします。透き通ったイカ刺しは絶品でテーブルに来た時はまだ動いていました。...九州「伊万里の里・長崎・雲仙」編アーカイブ・シリーズ(No9)

  • 埼玉県「日高市」高麗「巾着田(きんちゃくだ)」編アーカイブ・シリーズ(No8)

    季節柄丁度見頃と成った「ヒガンバナ」2008年9月25日にBlog記事にしていました。アーカイブ・シリーズ(No8)として写真を載せます。埼玉県「日高市」高麗にある巾着田へ行った時の記録です。巾着田は「高麗川」が蛇行して丁度巾着袋の様に中州状成った所にあります。近くには「日和田山」がありハイキングコースに丁度良いのですが、まだ登った事はありません。タイトル写真は白い彼岸花偶然背景が黒く写り花の白さが際立ってお気に入りの写真と成りました。「巾着田(きんちゃくだ)」2008年09月25日ヒガンバナは圧倒的に赤系が多い。しかし同じ赤でも個体差があり微妙に色合いが異なる。また撮影の際光りの当たり方でも発色が違ってくるのでおもしろい。とにかく花の数は圧倒的に多く、迫力がある。シーズン中なので人も沢山いますが、それ程気にな...埼玉県「日高市」高麗「巾着田(きんちゃくだ)」編アーカイブ・シリーズ(No8)

  • 玉川上水の花と木の実を観る

    閑話休題、アーカイブ・シリーズを中断して今回は何時もの散歩コース、玉川上水沿いに咲く花及び木々の実の観察記録をBlog記事にしました。この夏、遂に山に行けず入院やら腰痛やらで夏山シーズンを棒に振る事になった。ようやく腰痛も何とかなり、普通に歩けるように成り散歩に出掛ける事が出来るように成った。タイトルは咲き始めた「曼珠沙華」(彼岸花)玉川上水沿いは赤系の花で同じ色合いの花ばかりで色の変化が少ない、黄色や白系のヒガンバナが有ると思いましたが見当たりませんでした。この花は「ボタンヅル」もしくは「センニンソウ」しかしどうも葉の着き具合から「ボタンヅル」と思えます。「ミズヒキ」マクロレンズと三脚が無いためこれが限界でした。「ハナトラノオ」園芸品種のようで、結構咲いていました。「ナンテンハギ」と思えます。「ヒガンバナ」日...玉川上水の花と木の実を観る

  • アーカイブ・シリーズ(No7)「広島県鞆の浦・尾道・厳島神社・山口県岩国」

    山陽新幹線福山駅に降り立ったのは2007年11月25日14時に近かった。この駅でレンタカーを借り、真っ先に「鞆の浦」(とものうら)へ行く。この日の宿泊場所でもある。タイトル写真は「厳島神社回廊」。この時間は丁度満潮の時間らしく、回廊の床近くまで潮が上がっていました。この時の旅のBlog記事は6回シリーズに分けて6枚の写真をタイトルとしました。この時の写真の枚数は100枚以上ありますので、その中から記憶に残る写真を選んで、アーカイブ・シリーズBlog記事を綴って行きます。Blogタイトル「鞆の浦」2007年11月29日このシリーズからカメラが変わりNikon-D-80に成ります。それまでのアーカイブ・シリーズに使用したカメラはNikon-E-5700です。写真は新幹線「福山駅」秋も深くなり日が陰ってきています。「...アーカイブ・シリーズ(No7)「広島県鞆の浦・尾道・厳島神社・山口県岩国」

  • アーカイブ・シリーズ(No6)「北海道・函館・中富良野」編

    タイトル写真は「トラピスチヌ修道院」からの景色。函館山が見える。ツアーの旅で羽田から飛行機で行く。一番最初に訪れたのは「トラピスチヌ修道院」。2007年6月17日。割と遅い時間の飛行機でこの時、窓から撮った下界の写真が無い事から真ん中の席だったらしい。トラピスチヌ修道院2007年07月11日「修道院」「聖母マリア像」函館の街を散策します。高台にある「函館ハリストス正教会」から港方面を撮った所です。割と急な坂道で、登りはきつそうです。赤レンガ倉庫街へ行きます。「夜景」函館にて2007年07月08日この日は函館に宿泊。夕食後夜景観賞で函館山からの夜景を見る。翌日は「大沼公園」へ、「大沼公園」から見る「北海道駒ヶ岳」(標高1,131m)活動中の火山で現在は標高900m付近までしか行けないようです。次に「洞爺湖」へ行き...アーカイブ・シリーズ(No6)「北海道・函館・中富良野」編