住所
-
出身
-
ハンドル名
ソーシャル元気人さん
ブログタイトル
ブンブンの日記
ブログURL
http://so-syarugenkijin.hateblo.jp/
ブログ紹介文
健康オタク歴48年、健康、ダイエットについて投稿しています。
自由文
更新頻度(1年)

71回 / 404日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2017/12/16

ソーシャル元気人さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 946562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 0 0 0 0 0 0 0 29774サイト
健康的な生活 0 0 0 0 0 0 0 1775サイト
健康の豆知識 0 0 0 0 0 0 0 554サイト
ダイエットブログ 0 0 0 0 0 0 0 22251サイト
ダイエットの豆知識 0 0 0 0 0 0 0 375サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 0 0 0 0 0 0 0 946562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 0 0 0 0 0 0 0 29774サイト
健康的な生活 0 0 0 0 0 0 0 1775サイト
健康の豆知識 0 0 0 0 0 0 0 554サイト
ダイエットブログ 0 0 0 0 0 0 0 22251サイト
ダイエットの豆知識 0 0 0 0 0 0 0 375サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 0 0 0 0 0 0 0 29774サイト
健康的な生活 0 0 0 0 0 0 0 1775サイト
健康の豆知識 0 0 0 0 0 0 0 554サイト
ダイエットブログ 0 0 0 0 0 0 0 22251サイト
ダイエットの豆知識 0 0 0 0 0 0 0 375サイト

ソーシャル元気人さんのブログ記事

?
  • 人生を気楽に生きる方法<03>

    「一緒」という幸せがある。 「1人」という幸せもある。 「みんなと一緒にいたい」 「1人になりたい」 どちらも、時と場合に応じて変わります。 どちらが正しいということではありません。 どちらも正解です。 両方の状態を楽しめるように、 気楽に考えていいのです。 みんなと一緒にいるときには 「一緒」という幸せを楽しみましょう。 1人でいるときには 「1人」という幸せを楽しみましょう。 たとえば、寂しがり屋の人は、 みんなと一緒に行動したがります。 1人になると不安になります。 つい、無理をして用事もないのに 友達に電話をかけてしまいます。 もし、1人になったら、 そのときの状態に素直になります。 …

  • 人生を気楽に生きる方法<02>

    失敗したときは 「いい経験ができたなあ」と声に出そう。 自分の人生はうまくいっていると 考える人は、ハッピーな人です。 ハッピーな人は、 自分の人生に無駄はないと考えています。 今の自分が存在しているという 素晴らしい事実は、 過去のすべてがあったおかげです。 成功だけでなく、失敗があったおかげで、 今の素晴らしい自分が成り立っているのです。 ということは、 過去のすべてに無駄はないということです。 すべての失敗に無駄はなく、 今のあなたが生活する上で役立っています。 失敗するからこそ 「次から気をつけよう」と思いますよね。 過去に失敗したおかげで、 今の強いあなたがいるのです。 過去の無駄が…

  • 人生を気楽に生きる方法<01>

    間違っても大丈夫。 行動できない人に共通するのは 「間違ってはいけない」という 心の習慣を持っていることです。 「間違うと笑われる。 頭が悪いと思われる。ばかだと思われる」 そうした恐怖感に怯おびえています。 なぜそういう気持ちが分かるのかというと、 私も以前、同じように考えていたからです。 みんなの前で恥をかくことが恥ずかしくて 「間違ってはいけない」と考えていました。 いつも行動するのが怖くて、 びくびくしていました。 いつもびくびくしていることに だんだん疲れた私はある日、 思いきって逆のことをしてみました。 「間違っても大丈夫。大したことはない」 すると、気が楽になり、 行動しやすくな…

  • 人生を面白くする方法<30>

    人生とは、 秀逸な小説。 その出来事は、 伏線である。 小説の面白さの1つは「伏線」です。 物語の途中にあった、 とある出来事の意味が、 後になって判明します。 何でもない出来事であっても、 実は重大な意味が隠されていることが 珍しくありません。 点と点がつながり、線になった瞬間です。 「なるほど。あの出来事には そういう意味があったのか」と驚き、 度肝を抜かれます。 話のつじつまが合うと、 何とも言えない快感があります。 物語の後半に、 急展開やどんでん返しが待っています。 秀逸な小説は、 伏線の張り方が絶妙かつ巧妙で、 何度も楽しめます。 伏線のある小説を読みながら、 ふとこんなことを思い…

  • 人生を面白くする方法<29>

    「楽しめ、自分!」と言い聞かせると、 何でも面白くなる。 怖いとき、恥ずかしいとき、 面倒くさいとき。 そんな場面があれば、 ぜひ、この一言を唱えましょう。 「楽しめ、自分!」です。 物事の見方が180度変わるでしょう。 ネガティブな感情が吹き飛び、 ポジティブな感情に変わるでしょう。 同じ場所にいるにもかかわらず、 急に日常が明るく変わったように 感じるでしょう。 「楽しめ、自分!」という一言は、 人生を面白くする力があるからです。 たとえば、 面倒くさい仕事があるとします。 面倒くさい仕事をするとき 「楽しめ、自分!」と 言い聞かせましょう。 おっくうな気持ちが吹き飛び、 わくわくする気持…

  • 人生を面白くする方法<28>

    人生をショートカットしても、 楽しみまでショートカットしないこと。 世の中には、手間暇を短縮してくれる 便利な道具やサービスがあります。 便利な家具や家電。 高機能のパソコンやスマートフォン。 24時間営業の コンビニやファミリーレストラン。 代行サービスや外注サービスなど、 多種多様です。 面倒な仕事がスイッチ1つで終わるなら、 それに越したことはありません。 1時間かかることが10分でできれば、 50分の時間短縮が得られます。 そうした便利な道具やサービスを 賢く利用すれば、 人生をショートカットできるでしょう。 スピードが求められる現代社会では、 上手に道具やサービスを利用しながら 生き…

  • 人生を面白くする方法<27>

    成功したから、 はきはき話せるのではない。 はきはき話すから、 成功できる。 成功者のインタビューを見ていると、 ある特徴に気づきます。 どの成長者も 「はきはき話している」という点です。 「必ずうまくいくと信じていました」 「諦めようと考えたことは 一度もありません」 「これからも人と社会の発展に ベストを尽くします」 しっかり前を向いて、胸を張り、 目を輝かせながら語尾まではきはき 話しています。 「です」「ます」で言い切る 口調で話しています。 「成功したから、 はきはき話せるのだろう」 そう思うかもしれませんが違います。 成功したから、 はきはき話せるのではありません。 はきはき話すか…

  • 人生を面白くする方法<26>

    探し物が見つからないときは、 かくれんぼをイメージしよう。 なかなか探し物が 見つからないときがあります。 置いた場所の記憶が曖昧で、 はっきり覚えていない。 思い出そうにも、 きちんと思い出せない。 「どこに入れておいたかな」と ぶつぶつ言いながら、 バッグや引き出しの中を探します。 洋服やズボンのポケットの中も探します。 心当たりのあるところを 探してみても見つからない。 どこかに落ちていないだろうかと、 机やテーブルの下を探しても見つからない。 なかなか探し物が見つからないと、 いらいらします。 急いでいるときにかぎって 探し物が見つからないと、 ストレスで爆発しそうになります。 探し物…

  • 人生を面白くする方法<25>

    無難ばかりの人生ではつまらない。 時にはリスクを取ると、 人生が面白くなる。 慎重なあなたは、 きっと無難な日々を送っているでしょう。 たしかに無難な選択をしたほうが、 生活も人生も安定します。 慣れた仕事なら簡単です。 何度も経験があって、 手段も手順も分かっている仕事なら、 失敗することはありません。 知っている道を 歩いたほうが安心できます。 すでに分かっている道なら、 迷子になることはありません。 行き慣れたレストランに行くと、 ほっとします。 料理も雰囲気も分かっているので、 選び方に失敗することはありません。 親しい人と一緒にいるほうが、 心地よいでしょう。 仲のいい人と一緒にいる…

  • 人生を面白くする方法<24>

    物理上の年齢。 遺伝子上の年齢。 あなたは今、何歳ですか? 「年齢」といえば、 物理上の年齢を考えるのが普通です。 年齢は、母胎からこの世に 誕生した日を基準に計算します。 10代の若い者もいれば、 80代の年配者もいて、さまざまです。 もちろん物理上の年齢もいいですが、 もう1つ意識したい年齢があります。 遺伝子上の年齢です。 物理的に生まれてからの年齢も大切ですが、 遺伝子が生まれてからの年齢も 意識しておくといいでしょう。 遺伝子は、 あなたを作る設計図だからです。 地球が誕生したのは、今から46億年前。 微惑星の衝突や合体を繰り返した結果、 地球が誕生しました。 原始の地球は、水も陸も…

  • 人生を面白くする方法<23>

    苦しくなったらこうつぶやこう。 「さあ、面白くなってきたぞ」 人生では、 苦しい場面に直面することがあります。 勉強で行き詰まったとき、 スポーツでスランプに陥ったとき、 なかなか仕事がうまくいかないとき。 肉体的に苦しいときもあれば、 精神的に苦しいときもあるでしょう。 さて、質問です。 あなたなら苦しくなったとき、 どうつぶやきますか? 「疲れた」 「苦しい」 「しんどい」 「嫌になった」 「飽き飽きした」 ネガティブな言葉を発することが 多いのではないでしょうか? もちろんどれも正直な発言で 悪くありません。 無理をせず、そのまま素直に 諦める選択もできるでしょう。 弱音を吐いたほうが、…

  • 人生を面白くする方法<22>

    夢に未来の日付を加えるだけで、 実現しやすくなる。 あなたに夢はありますか? 夢があることは 恥ずかしいことではありません。 むしろかっこいいことです。 夢があるということは、 人生を前向きに生きている証拠。 自分の可能性を追い求めて 生きている証拠でもあります。 人は誰でも夢を持つことができます。 夢は、 若者だけの特権ではありません。 若い者だけでなく、中年以降でも、 夢を持って生きることができます。 生き生きした生き方をしている人は、 夢を持っているのが共通点です。 夢があるおかげで、 人は未来に希望を持ち、 生き生きした生き方が できるようになります。 手帳やスケジュール帳に 「いつか…

  • 人生を面白くする方法<21>

    発想力を豊かにするために、 驚きの目を取り戻そう。 発想力を豊かにするには、 どうすればいいのでしょうか? それは「驚きの目」を取り戻すことです。 理屈ばかり考えていませんか? 論理的な思考ばかりしていませんか? たしかに理屈や論理は大切です。 難しい問題を解くときには、 理屈から考えなければいけません。 意味や理由を整理して考えることで、 正解に導けます。 誰かを説得するなら、 論理的な話し方が必要です。 筋の通った話だからこそ説得力が高まり、 相手の心を動かせます。 私たちは子供のころ、 驚きの目を持っていました。 見るもの、聞くもの、触れるもの。 すべてのことに「すごい」「面白い」 「不…

  • 人生を面白くする方法<20>

    輝いている人の共通点は、 好きなことをしていること。 世の中には、 輝いている人が存在します。 ・仕事に集中して、 どんどん結果を出している。 ・好きな趣味を通して、 充実した時間を過ごしている人 ・大好きなスポーツで気持ちのよい 汗を流している人 ・多くの人との交流を楽しみ、 人気者になっている人 ・生きがいを追求して、 どんどん夢に近づいている人 あなたの身近にも、 そんな輝いている人がいるのでは ないでしょうか? 生き方やスタイルはそれぞれですが、 どの人も満喫した時間を送っています。 輝いている人を見ると 「自分もあんなふうになりたい」と 憧れる気持ちが出てきます。 そんな輝いている人…

  • 人生を面白くする方法<19>

    だらだら本を読むのもいい。 集中して本を読むのはもっといい。 あなたが本を読むとき、 どんなふうに読んでいますか? 受け身の姿勢になって、 だらだら読んでいませんか? もちろんだらだら読むのも 悪くありません。 だらだら読むとはいえ、 きちんとした読書です。 言い方を変えれば、 リラックスしながら読んでいる状態です。 余計な力を入れず、 リラックスしながら読めば、 よいひとときを楽しめるでしょう。 活字に沿ってさらりと視線を動かし、 流すような読み方も悪くありません。 言葉がすっと頭に入ってきて、 ストレスがありません。 しかし、 本の内容をしっかり吸収したいなら、 もっとよい読み方があります…

  • 人生を面白くする方法<18>

    心の解像度を上げよう。 細かい点に気づくと、 ますます世の中が面白くなる。 「面白いことがない」 「毎日つまらないことばかり」 「平凡な毎日で刺激がない」 つまらない毎日を嘆いていませんか? 単調な毎日だと、 刺激や変化が乏しく感じます。 毎日同じ繰り返しだと、 世の中が色あせて見えることも あるでしょう。 しかし、 世の中がつまらないというのは誤解です。 世の中は、つまらないどころか、 面白いことでいっぱいです。 この世は、最高のワンダーランド。 どこを見ても何を見ても、 面白いこと・楽しいこと・ 不思議なことがあります。 毎日見慣れた風景でも、 そこには必ず「ユニークな何か」が あります。…

  • 人生を面白くする方法<17>

    遊び心は、 生活を豊かにするスパイス。 遊び心を取り入れると、 人生の楽しみが倍増する。 真面目に生活をしていませんか? 同じ作業ばかり繰り返していませんか? 知恵も工夫もなく、 上からの指示に従う毎日になっていませんか? もちろん真面目であることは大切です。 つまらない仕事でも文句を言わず、 淡々とこなすのは、たしかに立派です。 嫌いなことでも弱音を吐かず、 黙々とこなすのは、 すごいことでもあります。 しかし、 真面目ばかりではつまらない。 単調な毎日だけでは刺激が足りず、 心身の成長も鈍化します。 疲労を感じやすくなったり、 ストレスをためやすくなったりしている 状態です。 本人は一生懸…

  • 人生を面白くする方法<16>

    陰で人をけなすのはNG。 陰で人を褒めるのはOK。 陰で人の何を話すか? ここは大切なポイントです。 こそこそ陰で話す内容は、 本人がその場にいなくても、 相手に伝わると考えたほうがいいでしょう。 陰で人をけなすのはNGです。 それは単なる悪口です。 陰口ほど印象の悪いことはありません。 「本人がいないところなら 聞かれないから大丈夫」と思いますが、 そういう問題ではありません。 陰で人をけなすのは、 精神的に未熟な人がすること。 見苦しくて低俗です。 自分が言われて嫌なことは、 自分も言わないことです。 意外とこうした悪口に限って、 すぐ相手に早く伝わります。 悪口は噂話の絶好のネタなので、…

  • 人生を面白くする方法<15>

    計画どおりに進むのは面白い。 計画どおりに進まないのはもっと面白い。 スムーズに物事を進めるなら、 事前に計画を立てましょう。 手段なり手順なり、 計画を立てて挑めば効率よくなります。 最短かつ最高の状態で 実現できるでしょう。 人生では、 計画を立てて取り組む場面があります。 たとえば、仕事です。 手間暇のかかりそうな仕事なら、 まず計画を立ててから取り組むでしょう。 仕事が複雑だったり難しかったりすると、 それだけ計画も大きくなります。 あらかじめ計画を立て、 実際そのとおりに進むのは快感です。 「よしよし、この調子」と 嬉しさがこみ上げてきて、 どんどん面白くなるでしょう。 計画がスムー…

  • 人生を面白くする方法<14>

    運命を変えるのは、 大きな出来事だけではない。 小さな出来事でも十分な影響がある。 「運命を変える場面」 そう聞くと、 どんな場面を思い浮かべるでしょうか? 素晴らしい人と出会ったとき。 衝撃的な一言を言われたとき。 大きな事件が起こったとき。 好意を寄せていた人と 交際することになったとき。 奇跡的な幸運に恵まれたとき。 どれも運命を変える代表的な場面。 もちろんこうした場面でも運命を 変えることはできるでしょう。 インパクトの大きな出来事があれば、 価値観や考え方が一変して、 その後の生き方に影響を及ぼすはずです。 しかし、 運命を変えるのは大きな出来事しかないと 思っているなら誤解です。…

  • 人生を面白くする方法<13>

    「素晴らしい」という一言は、 感謝と感動を引き出す言葉。 平凡な日常から、 感謝と感動を引き出す言葉があります。 「素晴らしい」という一言です。 どんなに平凡なことでも 「素晴らしい」という一言を使えば、 感じ方がポジティブに変わり、 感謝と感動を引き出せます。 たとえば、青空を見たとき 「素晴らしい」と思ってみましょう。 いいかげんな気持ちで 「素晴らしい」と思うのではなく、 心から本気で「素晴らしい」と 思うのがコツです。 見慣れた光景かもしれませんが、 立派で壮大と認めることで感じ方が 変わります。 普通に感じていた青空が、 素晴らしく感じるようになるでしょう。 素晴らしい天候に感謝でき…

  • 人生を面白くする方法<12>

    世の中につまらない仕事はない。 つまらない仕事を面白くさせるのが面白い。 あなたのメンタルを鍛える機会は、 つまらない仕事にあります。 普段の仕事で 一番つまらない仕事は何ですか? つまらない仕事は 1つもないならすでに幸せでしょうが、 実際はつまらない仕事を 受け持つことも多いでしょう。 つまらない仕事は、 なかなかやる気が出なくて、 重い腰が上がりません。 気合も入らず、集中もしにくく、 だらだらした対応になりがちです。 その上、 ちょっとしたトラブルがあるだけで 諦めやすくなります。 しかし、つまらない仕事を、 嫌々対応するだけではメンタルを 鍛えられません。 嫌がっていると、 嫌悪感が…

  • 人生を面白くする方法<11>

    運の良しあしは、 すべて自分で決めることができる。 欲しい商品が売り切れていて 「ついてない」と思っていませんか? おみくじで「凶」を引いて 「運が悪い」と決め付けていませんか? テレビの今日の運勢コーナーで結果が 悪いと「残念」と思っていませんか? 私たちは、 出来事の表面上の結果だけを見て、 運の良しあしを決める傾向があります。 その考え方は要注意です。 実のところ、運の良しあしは、 あってないようなもの。 すべての運の良しあしは、 自分で決めることができるからです。 たとえば、電車に乗る場面です。 駅のホームに入る直前、電車が出発して、 ぎりぎり間に合わなかったとします。 そんなとき 「…

  • 人生を面白くする方法<10>

    好きになることは自由。 とにかく好きなことを増やそう。 突然ですが、あなたに質問です。 「好きなことが少ない人生」と 「好きなことが多い人生」の 2つがあるとします。 どちらの人生のほうが、 幸せな人生になるでしょうか。 普通に考えるなら 「好きなことが多い人生」を 選ぶのではないでしょうか? そのとおりです。 好きなことが少ないより多い人生のほうが、 楽しむ機会もわくわくする機会も増えるため、 幸せを感じやすくなります。 性別・年齢に関係なく、 誰に聞いても同じ答えになるでしょう。 では、ここからが本題です。 好きなことを作るには どうすればいいでしょうか? 実は、何かを好きになるのに、 特…

  • 人生を面白くする方法<09>

    変なことを考える人は、 ばかとは限らない。 むしろ天才の素質がある。 ふと変なことを思いつき、 人に伝えると、笑われることがあります。 「ばかばかしい」 「本当にくだらないね」 「もっと真面目になれよ」 自分でも変なことだなと思いつつ、 のりと勢いで変なことを 言ってしまうこともあるでしょう。 正直に思いついたことを 言っているだけでも、 なかなか人に認めてもらえません。 時には、 見下されたりののしられたりなど、 失笑の対象になることもあります。 ばかにされると、 むっとするかもしれません。 もしくは、自分の頭の悪さに 自信がなくなるかもしれません。 しかし、 落ち込む必要はありません。 変…

  • 人生を面白くする方法<08>

    知らない道を歩くのは、 小さな冒険の旅だ。 「冒険の旅に出る」 そう聞いてイメージするのは、 どんな場面でしょうか? ・1人で海外に旅すること ・無人島に行ってみること ・バスや電車を乗り継ぎながら、 遠くまで一人旅に行くこと 冒険の旅といえば、 やはり危険を承知の上で遠くに出かける イメージをする人が多いのではないでしょうか? もちろんどれも 冒険の旅と呼べる代表的なアクションです。 危険を承知の上で行うことは、 すべて冒険の旅と呼んでいいでしょう。 しかし、大きな危険を冒す必要が あると思っているなら誤解です。 冒険の旅に、スケールは無関係です。 大がかりもいいですが、小さくてもいい。 小…

  • 人生を面白くする方法<07>

    「自分の周りにはつまらない人しかいない」と 言っている人にかぎって、本人が一番つまらない。 どんな人がつまらない人なのか? 話が面白くない人。 真面目でユーモアがない人。 ファッションが地味な人。 たしかにどれも「つまらない人」に 関係しているポイントでしょう。 話が面白くないと、退屈してしまいます。 ユーモアがないと笑いがありません。 ファッションが地味な人は、 冒険心と遊び心が不足しています。 しかし、どれも微々たる影響です。 実はもっとつまらない人がいます。 「つまらない」という 口癖のある人なのです。 ときどき「つまらない」という 口癖のある人を見かけます。 「学校がつまらない」 「仕…

  • 人生を面白くする方法<06>

    習慣は法律ではない。 たまには破ってみると、 よい息抜きになって面白い。 あなたにはどんな習慣がありますか? 必ず朝食を食べる 毎日きちんと読書をする 週末は必ず運動をする 夜9時以降は食べない 夜12時前には寝る ポリシーやこだわりがあって、 習慣にしていることがあるでしょう。 習慣の目的も人それぞれ。 「健康のため」「美容のため」 「夢を叶えるため」など、多種多様です。 習慣を始めた当初は、 違和感があって大変ですが、 慣れてしまうと楽になります。 習慣が生活の一部になると、 勝手に体が動き始め、 無意識のうちにできるようになります。 それをしないと、 体がうずうずするほどです。 夢や成功…

  • 人生を面白くする方法<05>

    仕事ができない人は、 1週間を月曜から始める。 仕事ができる人は、 1週間を日曜から始める。 仕事ができる人とできない人には、 1週間の開始タイミングに差があります。 仕事ができない人は、 1週間を月曜から始めるのが特徴です。 仕事は平日の月曜から始まるので 「1週間も月曜から始まる」という 感覚があります。 週末の休日は、 娯楽をしっかり堪能します。 1日中ゲームをしたり、 仲のいい友達と飲みに行ったり、 好きな趣味に熱中したりです。 地元を散策したり、 旅行に出かけたりする人もいるでしょう。 思いきり遊びにはじけることで、 ストレスも発散できます。 もちろん娯楽に専念する過ごし方も いいの…

  • 人生を面白くする方法<04>

    得するほうより、 面白いほうを選ぼう。 人生では、 選択肢に迷う場面があります。 本選びで迷ったとき、 仕事選びで迷ったとき。 そんなとき、 よく選ぶ基準になるのは「お金」です。 お金は「数字」として表現できるため、 メリットも具体化しやすい。 「100円の節約になる」 「1万円の得がある」など、 具体的な数字でメリットの程度を計れます。 お金は、最もシンプルで分かりやすい 基準と言っていいでしょう。 そのため選択に迷ったときも、 経済的メリットを基準にして、 決めてしまいがちです。 「少しでも安いほうを選ぶ」 「少しでも稼げるほうを選ぶ」などです。 経済的なメリットが大きいと、 コストパフォ…