ハンドル名
源三さん
ブログタイトル
ポンドFXマニア
ブログURL
https://fxwinner.net/
ブログ紹介文
ポンドFXトレーダー歴10年です。ポンドFXをスリリングに楽しむ方法を発信しています。
自由文
更新頻度(1年)

15回 / 55日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2018/04/05

源三さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 41046 36761 36443 949662サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 40 40 50 60 30 60 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 0 0 0 0 557 487 491 16798サイト
ポンド円 0 0 0 0 12 10 10 368サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 25658 24515 22337 21983 20129 20831 20402 949662サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 40 40 50 60 30 60 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 208 196 177 170 152 163 157 16798サイト
ポンド円 12 11 11 10 10 10 9 368サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949662サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 40 40 50 60 30 60 280/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 0 0 0 0 0 0 0 16798サイト
ポンド円 0 0 0 0 0 0 0 368サイト

源三さんのブログ記事

?
  • 2月12日の為替相場を読む!

    2月も中旬です。 本日の東京市場は、日経平均で今年最大の上げ幅となりました。 先週からの大幅安の反発と米中通商協議進展の期待から動いたようです。 この株式市場の動きに反応し、ドル円では大幅に円安に動きました。 市場の動向 日経平均は、20,864.21の+2.61% ダウ平均は、25,053.11の-0.21% 為替相場は、17:00現在 ポンド円 142円39銭 ドル円 110円60銭 今日はここまで、ドル円は大幅に円安トレンドに。 ポンド円は、レンジ相場といったところです。 OANDAを活用して分析 2月12日17:00現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 グラフとしては、昨日とほぼ変化がありません。 流れは円安です。どこまで円安に動くかといったところです。 111円は少し重いようです。 きっかけがあれば、112円を超えてもおかしくないとは 思いますがどうでしょうか。 もうしばらく110円台かもしれません。 続いてポンド円です。 円高に動いていましたが、ドル円の円安の流れをうけて 17時前より、少し戻している状態です。 まだ、売り優勢だと思いますが、 少し円安になってから再度円高の流れに戻るかもしれません。 まとめ ここ数日流れが変わることが多いです。 ちょっとしたきっかけで、大きくトレンドが変わるので、慎重なトレードが必要なようです。 この後、一時円高に動き、深夜時間に戻しの円高になるかもしれませんね。 何より本日は、無理をしないトレードがよいかと思います。 では、今日も良いトレードをしましょう!

  • 2月11日の為替相場を読む!

    ちょっとご無沙汰してしまいました。 この空いてしまった期間に、ポンドは円高方向に動きが変わりました。 今日は日本では祝日ですが、この後どう流れるかを考えて行きたいと思います。 いつも夜、深夜の動きと書いているので、今回から できる限り夕方以降に分析していきたいと思います。 市場の動向 日経平均は、20,333.17の-2.01% ダウ平均は、25,106.33の-0.25% 為替相場は、18:35現在 ポンド円 142円21銭 ドル円 110円21銭 今日はここまで横ばいのようです。 今のところ、大きなきっかけとなる発言や動きはなさそうです。 OANDAを活用して分析 2月11日18:30現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 ポジションとしては、買い優勢のようです。 注文量をみると大きいものはないので、 ネタが無い状態でしょう。 109円95銭あたりの買いポジションが4.0を超えており、 ここは大きい流れを作り出しています。 といっても、これが円安のきっかけになる理由もなさそうなので、 このレンジでの均衡が続きそうです。 続いてポンド円です。 ポジションは、売り優勢でしょう。 下げ相場の中にありますので、円高への動きが強いようです。 注文でも、143円10銭に強い売り注文がありますが、 これは利益確定の為の注文ではないかと思います。 140円あたりまで動く可能性はありそうです。 まとめ 今日は、週明けで東京市場は祝日で休みです。 動くとしたらこの後、ロンドン、ニューヨーク時間になるので、 この流れを続けるのか、反発がおこるネタが発生するのかをよく見極めて いきたいですね。 休み明けの相場は、流れが変わる要素もありますので、 あまりリスクは取らずにいきたいものです。 では、今日も良いトレードをしましょう!

  • 1月30日の為替を読む!

    昨日のポンド円のトレンドは円高でした。 朝方円安に少し戻したところで、再度大きく円高に振れました。 とはいえ、まだまだロングのトレンドで円高になるとは言いがたく、 様子見といったところでしょう。 市場の動向 日経平均は、20,664.64の+0.08% ダウ平均は、24,579.96の+0.21% 為替相場は、7:22現在 ポンド円 142円77銭 ドル円 109円30銭 1月は株式市場は、ほぼ横ばいです。 為替は円安トレンドの中にあって、昨日は円高にいきました。 OANDAを活用して分析 1月30日7:00現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 若干売り優勢のポジションです。 注文を見てみると、レンジ相場の流れです。 あまり大きな動きはないかもしれません。 ポンド円を見てみます。 大量の買いポジションがありますが、流れは円高です。 どこかで一段落して、最後円安と考えますが、どうでしょうか。 注文では、142円の大きめの売りが近づいてきました。 ここまで下がると、勢いがつく可能性がありますので 注意が必要ですね。 まとめ 今日は、まだ週半ばの水曜日です。 いつものことですが、夜、深夜の動きに注意が必要です。 昨日の円高トレンドに流れるのか、反発するのか、 様子をよく見て判断したいところです。 では、今日も良いトレードをしましょう!

  • 1月24日の為替相場を読む!

    本日の為替相場を考えて行きます。 ここのところポンド円は円安トレンドの流れで、 昨日は大きく円安に動きました。 市場の状況 日経平均:20,544.11の-0.24% ダウ平均:24,575.62の+0.70% 9:40現在の為替相場 ポンド円:143円49銭 ドル円:109円61銭 ポンド円の143円台は1ヶ月ぶりです。 30分足のチャートを見てみます。 上がドル円。下がポンド円です。 どちらも1月10日くらいから上昇(円安)トレンドの流れであることがわかります。 1日の中では上下しますが、このトレンドを抑えておけば、 大きく負けることは少ないハズです。 現在は円安へのトレンドですので、「買い」メインです。 売りですと大きく負ける可能性があります。 ドル円は115円くらいまで。ポンド円は150円近くまで上昇する可能性はあります。 ただし、既に2週間上昇トレンドの流れですので、 そろそろ反発する可能性もあります。 円高への流れがきたら、すぐに切り替える必要はあります。 OANDA分析 OANDAの状況を見てみます。 1月24日9:30の状況です。 ドル円です。1日の流れはレンジ相場の中で ドル円にしては振れ幅の多少あった1日でした。 現在は、109円50銭ほどのところで上下しています。 ダウ平均は堅調ですので、110円を目指す中で、多少上下しながら上がっていくように思われます。 続いてポンド円です。 ポンド円は、注文は相変わらず大きく売りが2本あります。 今日には144円の大きな1本を超えそうですね。 それよりもポジションで143円ほどのところに4.0を超える 買いポジションがあります。 買いの方が現状は優勢ですね。 144円を超えたところで、一応様子見は必要かと思います。 利益確定の注文であれば、まだまだ円安に伸びる可能性もあります。 まとめ 本日の流れとしては、この2週間のトレンド、円安トレンドの流れを受けて 円安方面にいくと考えられます。 長期的にはポンドは148~150円、ドル円は115円を目指す流れです。 本日に関しては、上下するレンジ相場をしながら、夜に上がるにしろ下がるにしろ アクションがあると思われます。

  • 1月22日の為替相場を読む!

    昨日のポンドはレンジ相場の流れから、深夜に円安に向かいました。 一方ドルは109円中盤でのレンジ相場でした。 まぁ、想定内といったところで、予想通り深夜に円安でしたので 私は、深夜前に多少利益が出たところで利益確定してしまったので ちょっと残念でした。 では、1月22日を考えて行きます。 市場の動向 日経平均は、20,719.33の+0.26% ダウ平均は、24,706.35 為替相場は、7:45現在 ポンド円 141円34銭 ドル円 109円61銭 英首相のEU離脱に対するアクションはあるものの、 あまりネタがないですね。 このような相場では、ネタ探しが行われますが、 めぼしいものがないのが現状でしょうか。 OANDAを活用して分析 1月22日7:30現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 ドル円は、いつもとグラフの感じが違いますね。 線が小さく見えますが、右側のポジショングラフ、 109円67銭に6.0の量の買いポジションがあります。 これがでかい!売りも4.0ありますのですが、ちょっと買い が大きすぎますね。 ここは円安になりと踏んで、機関投資家なのか 大きなポジションを張ったということでしょう。 円安方面の流れを作ろうとしていますね。 ポンド円を見てみます。 ポンド円は、こちらも買いでの大きなポジションがあります。 注文の方に、この2.0を超える大きな柱が二本売りにあるのは、 ここ数日変わりありません。 ごれが無くならないということは、この幅のレンジで為替が動いているということです。 方向性が定まっていないようですね。 まとめ 今日は流れがまだ読みづらいですが、ドル円は円安方面110円を目指して いくのではないでしょうか。 一方ポンド円は、まだ小康状態でしょう。何かEU離脱の きっかけなどあると動くかもしれません。 夕方以降、特に深夜時間帯に注意しましょう。 では、今日も楽しんでトレードをしましょう!

  • 1月21日の為替相場を読む!

    先週は、アップダウンの少し大きな1週間でした。 今週は、方向性が見えてくるとトレードは楽なのですが・・・・ 市場の動向 日経平均は、20,666.07の+1.29% ダウ平均は、24,706.35の+1.38% 為替相場は、8:00現在 ポンド円 141円20銭 ドル円 109円72銭 今日の株式の見通しは米株高の影響で、日経平均も上がりそうです。 それに伴い、円安に動くとみられています。 ただし、ポンドはまだまだ不安定であり、状況によっては、 ドル円にも影響がでそうですので、注意が必要です。 OANDAを活用して分析 1月21日8:00現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 ドル円は、買いの勢いがありますが、 市場参加者は決済のタイミングが早そうです。 週明けなので、みなさん様子を見て、ポジションを持つでしょうから、 多少最初は円安に動き、その後は様子見からの反応となるでしょう。 ポンド円を見てみます。 ポンド円の注文ポジションは、先週末と変わっていません。 保有ポジションをみると、141円後半での買いポジションが強い ですが、先週末の最後の円安の反動で、多少円高に流れてきているようです。 ここは、夕方以降の状況をみて判断が必要です。 東京市場で日経平均がプラス推移すれば、多少円安に動いていくでしょうが、 英動向でどうにでも変わりそうです。 まとめ 週明けでのすで、急いでポジションを持つことはせずに 市場の様子をよく見て判断していきましょう。 チャートが動き始めたら判断していこうと思います。 では、今週も楽しんでトレードをしましょう!

  • 1月18日の為替相場を読む!

    昨日ポンド円は、円安へ向かいました! 大きく動く時は稼ぐチャンス。 でも、レンジ相場だと踏んで逆張りすると大きく負け越します💦 流れが来ているときはそれに乗る! ここを読む事ができるといいですね。 市場の動向 日経平均は、20,402.27の-0.20% ダウ平均は、24,370.10の+0.67% 為替相場は、7:50現在 ポンド円 141円78銭 ドル円 109円20銭 ドル円は、アメリカ株が続伸した影響もあり、昨日とさほど変わりのない 109円前後になっています。 ポンド円は、イギリス市場が大きく下落しました。日立の原発計画の凍結の影響 があったようですね。 昨晩、大きく円安にふれていきました。 昨日は、夕方まで多少円高方面に動き、夜になり大きく反発しました。 そのまま円安トレンドで動きました。 OANDAを活用して分析 1月18日7:30現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 ドル円は、ポジションとしては買い優勢です。 といっても、現在の109円20銭付近でそれ以上は まだ動きが鈍いようです。 注文をみると、売りで109円台、110円、110円前半での売り注文が そこそこ大きく入っています。 おそらくこれは、利益確定の注文でしょう。 反して、損切りの注文はあまり入っていません。 と、いうことは、円高に行く可能性もあると 市場参加者は考えているといったところでしょう。 今日も動いても110円まで。円高方面は108円後半でしょうか。 ポンド円を見てみます。 ポンド円は、昨日書いたように145円に向けて大きく舵をきりましたね! ポジションでは、141円50銭にかなり大きなポジションがあります。 円安方面で大きくとったこのポジションの利益確定の注文が、142円50銭の売りでしょうか。 また139円にも大きな売り注文があります。 大きな動きはこの141円50銭のポジションです。この資金がどう動くかで、相場は動くでしょう。 どちらかというと円安に動きそうですね。 142円50銭までは本日中に動くのではないでしょうか。 まとめ 今日は金曜日です。

  • 1月17日の為替相場を読む!

    昨日は振れ幅はそこそこ大きい相場となりました。 結構、大きく振れていくので、稼ぎやすい状態ではあったでしょうか。 市場の動向 日経平均は、20,442.75の-0.55% ダウ平均は、24,2017.16の+0.59% 為替相場は、7:30現在 ポンド円 140円47銭 ドル円 109円06銭 ポンド円は、メイ首相の不信任案が否決されたことで、 円安に動きました。 ドル円は堅調で、少し円安になりましたね。 OANDAを活用して分析 1月17日7:30現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 ドル円は、円安に動いてきた影響で、現在値以下でのポジションが多くあります。 特に買いポジションが売りよりも勝っているので、バランス的には利益が出ている ポジションが多いということです。110円までに多少の売り注文(利益確定決済)が あるのが見えます。 流れは円安ですが、まだ信頼に足るネタがあるわけではありませんので、 110円を目安に上下しそうですね。 ポンド円を見てみます。 ポンド円は、140円を超えてきました。 こちらは未だ売りポジションも多くあります。 EU離脱が否決されてしまうと、円高に動くでしょうから、 EU離脱の動向如何によって、まだまだ動きが活発になるでしょう。 安定したトレードをしたい方は、今はポンドには手を出さず、 ドル円でトレードをおすすめします。 左の表、141円10銭に大きな買い注文が入っています。 これは、右側の表の保有ポジションの139円80銭の損切り注文ではないかと考えます。 この流れで行けば、145円付近まで円安に動くとも考えられますし、 逆に動けば138円まで下がる可能性もあります。 なにより、この状況をよく見て、トレードしましょう。 東京時間は大きな動きはさほどないと思いますが、 ある方向に動いたらその方向でいくでしょう。 現状円安方向かと思います。 相場が少し落ち着いてから取引するとよいでしょう。 まとめ 大きな動きのないと考えられるドル円は、 円安方向に動いています。本日もNY時間まではこの方向で 上下するでしょう。 ポンドは、昨日の円安から一転反発が一時あるか、そのまま円安にいくか、

  • 1月16日の為替相場を読む!

    ここ数日所用により、更新する事が出来ませんでした。 この数日間で動きとしては大きく動いていましたね。 昨日はイギリスのEU離脱ニュースの関連で、ポンドが2円ほど下がってから 2円戻すといった流れがありました。 さて、本日はどうか考えてみたいと思います。 市場の動向 日経平均は、20,397.42の-0.77% ダウ平均は、24,065.59の+0.65% 為替相場は、10:45現在 ポンド円 139円12銭 ドル円 108円42銭 ポンドは、ここから荒れそうですね。 首相の離脱案が下院で否決されました。しかもこれが大差での否決でしたので、 イギリス世論としては、EU離脱するな!といった方向なのでしょう。 この不安定な要素で、円が買われました。 一方ダウ平均は、プラスで推移しています。 ドル円に関しては、レンジ相場です。 OANDAを活用して分析 1月16日10:30現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 ドル円は、現在値近辺でのポジションが大きくありますが、 注文はどれも低めの平均的です。 大きな要素がないので、このレンジでの均衡がしばらく続くのではないでしょうか。 何かネタが出たら反応して動く可能性はあります。 ポンド円を見てみます。 ポンド円は、難しいですね。何よりEU離脱がどうなるのか? これが一番のネタとなります。要人の発言一つでも過敏に反応するでしょう。 振れ幅が大きいので、ここ数日のトレードは注意が必要です。 まとめ 本日は、ドル円は円安からの戻りの円高でスタートしています。 ただ、狭いレンジでの攻防となっていますので、こちらは 落ち着いて見ていれば、負けることはないでしょう。 ポンドは昨日大きく振れています。 本日は、今朝早朝の一気の円安からの戻りの流れ。 ただ、これもどこまで戻すかが難しいところです。 あまりチャートを見る事が出来る状況でなければ、トレードはおすすめしません。 夕方までは円高へ動き、イギリス市場が開いてから、どう動くかをよく見る必要が ありますね。あまりリスクを取らずにいくと良いと思います。 では、今日も楽しんでトレードをしましょう!

  • 1月10日の為替相場を読む!

    最近毎日同じパターンの動きが多いですね。 上げたり、下げたりの流れは違いますが、 午前中の流れ、それに反発する夕方・夜の流れ、深夜に少し戻す。 結果としてほぼ同じレンジでの動きになっています。

  • 1月9日の為替相場を読む

    昨日は一時円安に動きましたが、夕方過ぎから円高に戻す流れとなりました。 それでも、明け方には少し円安に戻していきました。 小さなレンジでの相場となりました。

  • 1月8日の為替相場を読む

    2019年も8日になりましたが、やっと1回目の為替相場を読むです。 やっと年末年始のゴタゴタから解放されつつある様相にあります。 市場の動向 日経平均は、20,141.36の+0.51% ダウ平均は、23,531.35の+0.42% 年末年始の日経平均は2万円を切っていましたが、昨日は2万円を超えました。 為替相場は、10:40現在 ポンド円 138円61銭 ドル円 108円52銭 といったところ。 昨日は一時円高に戻りましたが、深夜に円安に大きく戻してきました。 OANDAを活用して分析 1月8日10:30現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 年始より最も円高となった104円台から戻ってきています。 まだ一気に戻すような事はありませんが、ドル買い強めでの動きとなっています。 ダウ平均も上がってきており、これを元に円安に動いている様相です。 ロングでは、円安で動くとみて良いでしょう。 ポンド円を見てみます。 140円手前に大きな売り注文がありますが、利益確定での注文とみると 注文値の変更もあるかもしれません。 こちらも全体的には円安方向で考えて行きたいです。 まとめ 1週間ほどブランクがありましたので、 相場の流れに改めて慣れなければなりません。 年末年始のような極端な変動は無いと思いますが、 相場がしっかりと方向性を持つまで、油断は禁物です。 現状、円安に動いていますが、絶対的なネタがあるわけでは無いので、 要人発言など注意が必要です。 では、今年は大きな利益が獲得できるように頑張っていきましょう♪

  • 2019年トレード開始します

    明けましておめでとうございます。 今年の為替はもう動いていて、楽しそうな動きをしていますが、 正月休みの為、トレードには触れずでした。 12月31日のわらしべFXチャレンジ 12月末で5000円からのチャレンジを一旦締めて、出金しました。 トレード回数9回 プラスが7回、マイナス2回 収益は、+2900円でした。 結果・・・ このようになっています。 12月24日に5000円からスタートして、 トレード日数実質5日間のトレードでした。 +9384円 まぁ悪い数字では無いですが、期待したほどでは無かったですね。 わらしべFXチャレンジの総括と2019年の開始 実際、トレードを5000円からやってみて、日々実践記を書いたり、相場分析をしていると 負ける回数も減るのかな・・・といった印象です。 2019年は、また5000円からチャレンジし、今回は出来れば最長1年やってみたいと思っています。 1月4日の19時くらいから再スタートしました。 実は、1月7日からスタートしようとしたのですが、 久々に相場を見て、あぁ!参戦したかった・・・と後悔したからです。 あまり大きく動く相場は得意ではないのですが、 やはりやってみたくなります。 その結果・・・ 再度5000円を入金し、トレード再開。 トレード回数は、8回。 プラスが6回、マイナスが2回。 見ての通りやらかしましたね。 ちょっとプラスになっていたので、調子にのって反発を狙い・・・ -4840円。これは痛手でした。損切り設定していませんでしたね。 わずか5分足らずの間でしたから、大きく相場が動いていたタイミングでした。 ここは通常、手を出さないようにしていますが、久々だったこともあり、 「いてまえ~」と冷静さを失っていました。 慌てて損切りし、少しリカバリーさせ、昨日のトレードは終了です。 結果は、-1120円です。 2019年のスタートはマイナスでした。 こんなこともあるのは織り込み済みですので、来週月曜日は、また平常心でやっていきたいと思います。 では、良い週末を!

  • 12月31日の為替相場を読む!

    2018年最後の1日です。 なんだか曜日の感覚がなくなっており、今日は月曜だと必死に自分自身に言い聞かせています。 市場の動向 日経平均は、20,014.77の-0.31% ダウ平均は、23,062.40の-0.33% もっとも株式市場は、12月29日から1月3日までお休みですので 現状の数値だけです。 ※上記は12月28日の終了時間のものということ 為替相場は、7:20現在 ポンド円 140円02銭 ドル円 110円25銭 といったところ。 本日の為替市場では、株式市場の動きには反応が無いので、 主に各国主要人物の発言によって、変動があると見られます。 年末の動き(2017年) 昨年の年末の為替相場の動きを確認してみます。 昨年は本年同様に、それまで円高になだらかに動いていました。 上(左)がドル円 下(右)がポンド円です。 12時間足なのでグラフ上短いラインですが、赤丸部分が、 昨年の年末12月30日の状況です。 これを確認すると、ほとんど変動なくといった感じがありますね。 年明けしてから、大きく動いているのがわかります。 OANDAを活用して分析 12月31日7:30現在のOANDAを見てみます。 まずはドル円です。 ドル円は先週金曜日に円高に大きく流れてきています。 ですので、現在値より上のポジションが多くなっていますね。 注文では、損切りの注文は少なく、110円より円高になると 考えているトレーダーは少ないようです。 特に変動するネタも無いので、110円近辺での攻防でしょう。 個人的には若干円安に戻すと踏んでいます。 110円から111円の間での動きと考えます。 ポンド円を見てみます。 こちらですね。 ポンドは11月9日の149円よりここまで円高に向かってきています。 既に50日ほどですね。その前は8月15日の140円を切るところで反発して からの円安トレンドでした。約80日ほどでしょうか。 前回の底値が139円90銭ほどでしたので、反発してもおかしくはありません。 今回は139円54銭まで12月28日に下がっています。 私としては、低いレバレッジで買いロングでもつのもありかなと考えています。

  • 口座による使い勝手の違い

    今年も残すところ2日。明日のトレードが終わると 年明け2日からの開始となりますね。 今日は、FX口座について少し触れてみます。 私が現在使用している口座は、前にも触れましたが、 海外FX口座です。該当記事→わらしべFX実践記 時間帯を狙い打ち でも、私が初めてFXを始めたのは、日本の会社でした。 外為ドットコムです。そこから外為オンラインになり、 様々なFX会社を試しに使い、現在に至ります。 今回は、その試しに使った中で、使い勝手の良かった DMMFXの口座について書いてみます。 私が使い勝手が良いと感じる口座は、スマホでの 操作性、見やすさを重視します。 外為オンラインとDMMFXは、アプリの操作性、 入金・出金手続き、チャートの確認において非常に 使いやすい印象があります。 口座の広告(説明文)でアピールされるポイントは スプレッド(買いと売りの幅)や取引通貨です。 確かにこれは重要な要素ですが、 非常事態や、日付変わりでのスプレッドの幅も重要です。 いくら少額を謳っている会社でも、大きく動いた時や 日付変わりで、スプレッド幅を大きく取る会社もあります。 上記2社は、その意味では優秀でした。 また、取引が決済されるスピード、売り買い両方のポジションでの 両建て注文など、この分野でも問題はありません。 DMMは私が現在利用しているXMと同様にトレードポイント制が ありました。取引すればするほどポイントが入るので、 デイトレーダーには良い口座と言えます。 興味があれば、開設しておくのも手かもしれませんね。