住所
-
出身
-
ハンドル名
ニラサワさん
ブログタイトル
家を売る
ブログURL
https://ieouru.blog.so-net.ne.jp/
ブログ紹介文
家を売るための手続きや、住宅ローン中でも売るための方法などについて。
自由文
更新頻度(1年)

19回 / 169日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2018/08/07

ニラサワさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 58549 0 0 0 0 0 58549 946444サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 1159 0 0 0 0 0 1159 23147サイト
引越し・住み替え 17 0 0 0 0 0 17 371サイト
住宅情報 35 0 0 0 0 0 35 711サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 113057 0 0 113057 112869 112918 113042 946444サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 2394 0 0 2394 2402 2439 2449 23147サイト
引越し・住み替え 27 0 0 27 26 25 24 371サイト
住宅情報 57 0 0 57 59 55 56 711サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946444サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
住まいブログ 0 0 0 0 0 0 0 23147サイト
引越し・住み替え 0 0 0 0 0 0 0 371サイト
住宅情報 0 0 0 0 0 0 0 711サイト

ニラサワさんのブログ記事

?
  • 家を売る いつから

    家を売るのにいつからが良いか?一般には春と言われてます。 これは春になると暖かくなるから活発に人が動きだすという理由が大きいです。 なので「春」は間違ってはいませんが、大家をやっていて不動産売買に詳しく、ファイナンシャルプランナーの資格ももつ私がお答えするなら・・・ 「季節に関係せず今すぐ!」です。 不動産の売買は縁です。 特に、今の景気がさほど悪くないなら、株価の大暴落などになる前にすぐに売り出すべきです。 先日も日経平均株価が2万円を切りましたが、ああいうニュースを見たら、中古の家を買おうとしている人は消極的になり、結果、不動産屋に来るお客さんが減ります。 あと、冬には売れないから不動産屋に行かない人も多いみたいですが、間違いです。 春に引っ越ししたい人は冬の間に購入します。 また、税金のことを考慮する人も、課税のタ..

  • 家を売る いくら

    家を売るのにいくらになるか?気になるところですよね。 2,000万円か?1,500万円か?もしくは土地だけの価値しかなくて1,000万円しないんじゃないか?とか・・・・ で、いくらか知るには不動産屋に査定を出してもらうしかありません。 ただし、査定をもらう会社によって査定額は大きく違ってくることがあります。 なぜなら、不動産屋が売値を決める際には基本となる計算式でいくらか出した後に、「自社ならいくらで売れるか?」を考慮して調整するからです。 だからあなたの家を売るのが得意な不動産屋に頼まないと何百万円も大損することにつなりがます。 対処方法は、複数の不動産屋から査定をもらい、一番高い値段のところに依頼することです。 これで、いくらで売れるか?だけでなく、どこに頼めば良いか?も同時に分かるんです。

  • 家を売るなら

    家を売るならまず最初にやることは 正しい価値を知ることと ローン残があるかどうかの確認です。 ローンが残っていれば売り渡せません。 で、この場合、一括返済するのが基本です。 ただし、次に家を買う場合には 次の家のローンに今の残ローンを足して 大きなローン1本にすることも可能です。 ただし、担保設定を大きくする必要があったり 年収条件が厳しくなるので難しいです。。。 で、それらを少しでも負担軽減させるために 家を売る時の売値(価値)を 高く判断してくれる不動産選びが欠かせません。 高く判断してくれるということは 他の不動産屋より高く売ってくれるからです。 一括査定を利用して、複数業者から査定をもらい 最高値の業者に依頼すれば万全です!

  • 家を売る 売れない

    家を売るのに売れないという悩みを良く耳にします。 そうした人の多くは共通点がありました。 共通点は不動産屋選びを適当にしているということです。 家が売れない原因は、売却依頼している不動産屋と家のミスマッチがほとんどなので、不動産屋選びを間違えると売れなくて当たり前なんです。 で、どうやれば相性が良い不動産屋が見つかるか? 複数の不動産屋から査定をもらい、最高値の業者を選ぶしかありません。 これを簡単に実現できるのがネットの一括査定になります。 一括査定なら、匿名・無料で利用ができるので安心です。 それに、何よりも、高く売ってくれる業者が簡単に見つけられるので、手間をかけずになおかつ完璧な業者選びもできてしまいます。

  • 家を売る 空き家

    家を売るのに空き家なら、2つ注意をするだけで売れやすくなります。 それは、家の掃除と不動産屋選びです。 家の掃除は最初にダスキンなどに入ってもらえば、数万円でプロの仕上がりにしてくれますし、時間があれば自分で行うのも良いかもしれません。 ただし、プロに入ってもらえば「ダスキンが掃除してます」なんてアピールにも繋がりますよ。 また、仕上がりは素人とはやはり違います。 特に、生活臭などの匂いは激減しますね。 匂い対策はすごく大事なことです。 あとは、不動産屋選びです。 あなたの家と相性が良い不動産屋を選ばないとまともには売れません。 不動産屋には、売りなれてる家と売り慣れてない家があります。 例えば、木造ばかり売ってる人は鉄筋コンクリートは顧客をもってないことが多いから苦手なことが多い・..

  • 家を売る手順

    家を売る手順を簡単にご紹介します。 1 5社ほどの不動産屋から査定をもらう 2 最高値の査定の不動産に売却依頼する 3 依頼のスタイルを3つのタイプから選ぶ   (一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約から) 4 売却後に内見が入り、家が売れる 5 登記の移転などの書類を司法書士が作成(通常は不動産屋が手配する) 6 売買代金の授受と登記の移転などの処理が完結して完了 7 代金を受け、家を引き渡して完了 手順としてはざっとこんな感じです。 過去に何度も家を売ってもらった私の経験から、これはどんな時もゆるがない手順だと言えます。 とりわけ、この流れの中で一番重要な箇所は、「1」「2」です。 どんなに良い家でも、家を売るのをお願いする不動産屋さんが腕わ悪いところや、悪徳業者な場合には損をするリスクしか考えられないからです。 私の知..

  • 家を売るときの注意

    家を売るときの注意は、不動産屋選びだけで十分とも言えます。 なぜなら、家と相性が良い不動産屋でないと高く売ることも早く売ることも不可能だからです。 あと、家を売るために欠かせない掃除の推奨や、修繕が必要かどうかの判断なども、不動産屋さんがいい加減だと適当なアドバイスしかもらえず、ますます売れなくなります。 でも、不動産屋さえしっかり選べば、後はアドバイスに従っていればちゃんと売れると言っても過言じゃないんですよね。

  • 家を売る ローンあり

    家を売るのにローンありとなしでは攻め方がまるで違ってきます。 「なし」ならどんな値引きも強気に跳ね返しやすいですがローンありなら値引き交渉などでツッコまれるリスクが大きくなるからです。 不動産屋さんのなかには、売り主にローンが残ってることを知るとそこをついてくる人もいます。 もちろんこれは相手側の不動産屋です。 なので、もしローンありの家を売るなら、返済には困ってないということを演技でも良いので振る舞うのが効果的です。 弱い姿勢は絶対に見せちゃだめです。 内覧者や相手の不動産屋さんと顔を会わせる時には、ローンはあるけど、それが何か?くらいでどっしり構えましょう。 これだけで売値が100万円以上も簡単に違ってくることもあるので、ホントにこのマインドは大切です。 高値で売れなかったらどうしよう・・・ 値引きを求められたらどうしよう・・・..

  • 家を売る 田舎

    家を売るのに田舎で売るならついつい不動産屋は最初から一択にしがちです。 でも、それだとその選んだ不動産屋があなたの家を売るのに向いてるかどうかなんて分かりません。 つまり出たとこ勝負になります。 そんなことしてたら何百万円も安く売ることになって大損してしまいます。 せめて5社くらいの不動産屋から査定をもらい、一番高い査定をくれるところを選ぶくらいはしないと悔やんでも悔やみきれなくなりますよ・・・ だって、不動産屋は数年後に高く売れるより今すぐに安く売れるほうがすぐ手数料が入るからありがたいと思ってるからです。 あと、複数から見積もりをもらえばそれぞれ金額が違うことに気がつくと思いますが、高いところはあなたの家の立地なんかを得意としている証だったりするんですよ。

  • 古い家を売る

    古い家を売る場合、ついつい相場よりも 安く売ってしまうことも多いそうです。 でも、本当に家の価値を分かっている人は 例え古びた外観をしてても、それを修復して 高い値段で売ることができることを見抜きます! ですので、そんなしっかりとした値付けできる業者に 家を売ることができれば、それが一番お得になります。 昔は、そんな業者を見つける事が難しかったんですが 今はネットから簡単な情報を入力するだけで 簡単に最高値で買取りしてくれる業者を見つけられます。 なかには1分で見つけられるものもあるんです!

  • 家を売る 相場

    家を売るためには相場を知っておかないと 簡単に何百万円も損をしてしまうことがあります。 もしも、依頼した不動産屋さんに落ち度がなくても 高く売る力がなければ損させられてしまうんです。 今はそんなリスクを無くすための簡単な方法があります。 それが、ネットから簡単に家を高く買取りしてくれる 不動産業者を見つけてくれるものです。 全国から登録されている大手や各地で有力の 高値買取に自信のある業者から見積りをもらえます。 1000社ほどの登録のなかから厳選された 6社から見積りをもらえるんです! その値段が、まず間違いなく最高値になると思います。

  • 家を売る 固定資産税

    家を売るには、固定資産税が関係してきます。 通常、売った日までの固定資産税を自分が負担し 売却後の分は買主に負担してもらうことになります。 単純に日割り計算をして、売買契約時に処理します。 せいせい数十万円で、家が古い場合には 数万円程度ということもあります。

  • 親の家を売る

    親の家を売るには、資産を売却するための代理人とならないといけません。 法的手続きを経てからでないと、この「代理人」にはなれないんです。 代理人にさえなれれば、あつは通常の売却と同じように自分の判断で進められます。 また、法的手続きについて、依頼するところにあてがない場合には、不動産屋さんか、土地家屋調査士さんなどに声をかければ紹介してくれますよ。

  • 家を売る 税金

    家を売ると税金が掛かってくることがあります。 税金というくらいですから、利益に該当する金額が発生した場合になります。 例えば、ローンが無い家なら、売却額にそのまま税金がかかります。 もしも、ローンが1000万残ってて、売却額が1500万の場合には、500万が利益という扱いになり、500万円に対して課税されます。 ただし、課税には2種類のタイプがあります。 その家を売った年の1月1日の時点で、保有期間が5年以下なら税率の高い短期譲渡所得の扱いになります。 また、5年を超えて保有していた家なら、長期譲渡所得となり、税率がやや安くなります。 短期譲渡所得 所得税30% 住民税9% 長期譲渡所得 所得税15% 住民税5% このような税率になります。 また、これらには、自分の住んでいる家屋と土地を売った場合には最高で3,000..

  • 家を売る 三つの注意点 売却体験記

    家を売る時に大切な三つの注意点があります。 多くの売却体験記と、私の体験談からしますと。 (私、中古の家を賃貸に出す事もしてて、売買経験も複数あります) まず、売る時には、多くの不動産屋に声をかけることです。 その理由は、業者によっては、少しでも高く売ろうとして時間をかける事もあったり、早く売ろうとして相場より激安で売るリスクがあるからです。 お金も時間もどちらもリスクがあります。 次に、ホームページに物件情報が見やすく掲載している業者を選ぶこと! もし、あなたの家が掲載されても、見づらいものや、写真が小さいと、ひと目につきません。 最後に、不動産屋業者の名刺やHPに書かれている  (カッコのなかの数字)が1とか2は避けた方が無難です。 (例)7の例 ◯◯県知事免許 (7) 第123456号 このカ..

  • 家を売る 手数料

    家を売るには手数料がかかります。 通常は不動産屋さんに買い手を紹介してもらうので その場合には、売買の手数料が必要になります。 不動産屋の手数料は計算式で出るんです! 取引価格 × 3% + 6万円 + 消費税 1000万円で売れた場合には= 36万円+ 消費税 3000万円で売れた場合には= 96万円+ 消費税 となります。 これが最も大きな手数料で、この他には契約書の作成にかかる 印紙税や登記にかかる費用が発生します。 ただし、それらは1万や2万円程度のものですので 合わせても3万円程度で収まることが多いです。 ですので、気にしておかなければいけないのは 不動産屋さんへの手数料だけでいいかもしれません。 もしも、購入者を自分でみつけてきた場合には 不動産屋への手数料は、..

  • 家を売る ローン

    家を売るためには、 ローンが完済していないと 売ることができないという話が一般的です。 でも、実は、ローン会社との話し合いがつけば 支払い途中の家でも、自由に売ることができるんです。 もちろん、そのためには売却額でローン完済をすることを 前提とした話をローン会社としておかないといけません。 また、売りたい家に住み続けながら売ることもできますので 無理にどこかに引っ越しをする必要もないんです。 ただし、家を少しでも高く売るためには内見をしてもらう必要があります。 なので、いつ突然に、内見者がきても良いように 普段から家の中を綺麗に使っておく必要があるんです。

  • 家を売る手続き

    家を売る手続きはまず家の売却価格を決めるところから始まります。 ただし自分の家がどの程度の金額にすれば良い日はなかなか一般の方では決められないと思います。 そのため普通は不動産業者に見積もりを出してもらいます。 築年数や土地の値段が同じ家がよそにあったとしても、エリアによっては金額が100万円200万円すぐに違ってくるので、その辺の調整具合は不動産屋さんでないとできません。 ただし不動産屋さんによっては値段の付ける具合も変わってきます。 下手に安く値段をつけられてしまって損をしてしまわないように、ネットの一括見積もりサービスを使って自宅の本当の価値を調べてみる事は必須とも言われています。

  • 家を売る 絶対に知っておきたい三つの注意点

    家を売る前に、絶対に知っておきたい三つの注意点があります。 それは、家の売却価格について、本当の価値を知っておくこと。 次に、高く売ることに繋がる掃除 最後に、いつ売るか?です。 私自身、中古の家を購入したり、売買していますが その経験からも、この3つは特に注意しておきたい点だと思ってます。 もちろん、売却には不動産屋さんに任せる部分もありますが 売値を上げるための工夫は自分でやるしかありません。 業者さんは手数料がもらえればいいので 家を少しでも高く売ろうという気持は多分無いんです。 高く売るよりも、そこそこの値段で早く売りたいみたいです。 その方が、手数料がすぐ手に入るから・・ ちょっとでも高く、それでいて早く売るための話も これから書いていければと思ってます。 あ、でも、家..