住所
世田谷区
出身
世田谷区
ハンドル名
kokekokkoさん
ブログタイトル
今日のデザイン
ブログURL
http://design-craft.hitoridept.com
ブログ紹介文
デザインからクラフトまで気になるアイテム、イベントなどをご紹介。
自由文
更新頻度(1年)

22回 / 19日(平均8.1回/週)

ブログ村参加:2019/01/04

kokekokkoさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(IN) 7777 7907 7248 6996 6783 5925 6231 946445サイト
INポイント 0 30 60 40 30 50 30 240/週
OUTポイント 0 80 60 40 20 40 30 270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
インテリアブログ 199 199 188 177 179 169 175 15784サイト
シンプルモダンインテリア 12 11 10 10 10 9 9 680サイト
雑貨ブログ 43 43 38 32 31 24 32 13919サイト
インテリア雑貨 5 4 5 5 5 5 6 1893サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 24911 23071 22309 22756 22258 20981 19602 946445サイト
INポイント 0 30 60 40 30 50 30 240/週
OUTポイント 0 80 60 40 20 40 30 270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
インテリアブログ 558 531 537 550 548 537 512 15784サイト
シンプルモダンインテリア 35 34 35 34 34 35 34 680サイト
雑貨ブログ 124 116 110 109 110 105 95 13919サイト
インテリア雑貨 8 7 6 6 6 4 3 1893サイト
今日 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 01/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946445サイト
INポイント 0 30 60 40 30 50 30 240/週
OUTポイント 0 80 60 40 20 40 30 270/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
インテリアブログ 0 0 0 0 0 0 0 15784サイト
シンプルモダンインテリア 0 0 0 0 0 0 0 680サイト
雑貨ブログ 0 0 0 0 0 0 0 13919サイト
インテリア雑貨 0 0 0 0 0 0 0 1893サイト

kokekokkoさんのブログ記事

?
  • ダンスクコベンスタイル

    1956年、ダンスクより発売されたコベンスタイルは発売以来60年以上経つ現在でも、魅力を失わない琺瑯鍋の名作。 鍋敷きとしても使える特徴的な蓋の持ち手の十字、細く繊細な美しいフォルムのハンドル、軽くて扱いやすく、こげつきにくく、汚れが落ちやすい。また日々使い込むことでより魅力が増す。すこし琺瑯が剥げているくらいが美しい。実と美を兼ね備えた鍋として人気である。

  • TOUMEI ガラスウエアブランド|作り手

    今月の&Premium3月号で見つけた、素敵なガラスウエアブランドTOUMEI。 2016年に福岡県宗像市を拠点に高橋漠と和田明子が立ち上げたガラスウエアブランド。日常使いの花器やグラス、アクセサリーを工房にハンドメイドで制作しているそう。 北欧のガラスのような色使いと柔らかいフォルムが魅力的。

  • まもなく終了! ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男 がまもなく終了(世田谷美術館)

    イタリアのアーティストであり、デザイナーであったブルーノムナーリ。 10代の終わり頃、伝統的な表現を否定し、新時代の美術を想像しようという前衛芸術運動の「未来派」と出会う。イタリアの未来派の一員として活動し、同展覧会のタイトルにもある、代表作「役に立たない機械」など数々の作品を発表する。

  • フリークス ストア別注 カリタナイスカットG

    フリークス ストアがカリタに別注したコーヒーミル。ありそうでなかったベージュカラー。主張しすぎない優しいカラーでキッチンにもリビングにも自然と馴染む、美しいカラー。 ミルはカリタのナイスカットGを使用。業務用を家庭向けに小型化したモデルで、優れた刃は切れ味がよく、豆を酸化させてしまう熱を極力抑えることができる。

  • ARTEK COMES TO TOKYO 今春アルテック路面店が表参道にオープン!

    日本とフィンランドの間で外交関係が樹立し、100年目を迎える2019年春にALTEK初の直営店が表参道にオープン。 オープンに先立って先月12月から1年間、日本限定発売のフレンドシップコレクション「スツール60 ウスタヴァ」とテキスタイルの「キルシカンクッカ(桜の花)」が発売。

  • シューメーカーチェア|アノニマスチェア

    このイスのルーツは15世紀頃北欧の酪農家で乳搾りの時に使われていた3本脚のイス。その後、長く同じ姿勢で作業を行う靴職人達が座面を削って座り心地を改善させ、現在の形になっていったと言われている。座るという行為に対して純粋にデザインされたこのイスは、アノニマスデザインの代名詞的なイスである。 現在シューメーカーチェアを製造しているのはデンマークのワーナー社。1970年代に製造をはじめ、伝統的なデザインのシューメーカーチェアに人間工学を取り入れ、理想的な座面に改良。脚の角度を調整し安定性を、貫を入れることで耐久性をもたらした。

  • コーア・クリント

    デンマークを代表する革新的な建築家を父に持ち、幼少期からデザインや建築に触れる。クリントは14歳頃から家具職人として父親をはじめ、カール・ピーターセンや家具作家、ヨハン・ローデのもとで学ぶ。計測に裏付けられたデータや数字に基づく機能主義を唱えたことで知られる。また「リ・デザイン」を提唱。過去の歴史・様式を見直し、それを時代の需要にあうよう再構築することを信念とし、教育を通じ多くのデザイナーに多大なる影響をあたえた、デンマーク家具デザイン界の巨匠。

  • 民藝 MINGEI -Another Kind of Art展 開催中

    21_21 DESIGNSIGHでは2月24日まで「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展 」を開催中。無印良品や、マルニ木工のHIROSHIMAチェアなど様々なプロダクトデザインを手掛ける日本屈指のデザイナーであり、日本民藝館館長でもある深澤直人氏が監修。

  • ボビーワゴン│美しく機能的なワゴン

    「必要なものを無駄なく効率的に収納できないか」という発想から生まれた機能的なワゴン。本体を回転させることで4面すべてが使え効率的、かつ小スペースで、使う場所によっては移動させながら使うことができる。ワゴンは1段、2段、3段、4段とシーンに合わせて収納量を選べる。

  • ウラ・プロコッペの名作 マグカップ│ルスカ

    ウラ プロコッペ デザイン、ルスカシリーズのコーヒーカップ。フィンランドのアラビア社より、1960年代から2000年まで製造されていたシリーズ。特殊な釉薬を使い、表情が一つ一つ違うのが魅力。

  • シンプルな手挽きコーヒーミル|ポーレックス

    鹿児島県にある自社工場で約25年前から塩や胡椒を挽くセラミック製のミルを開発、発売をしているジャパンポーレックス社のコーヒーミル。 トールタイプで約30g、ミニタイプで20gとコンパクトだが、シンプルで機能的なデザイン。自社工場で開発、製造されるこだわりのセラミック製の刃が優秀でストレスなく均一に豆を引くことができる。

  • タカヒロ ドリップポット|プロ愛用のドリップケトル

    TAKAHIROドリップポットはプロも愛用する機能性、耐久性を持ったドリップケトル。 このドリップケトルの最大の特徴は、極細の注ぎ口。手首を軽く傾けるだけで、お湯を細く、一定の量で注ぐ事ができる。お湯を静かに注ぐことで、ドリッパー内でコーヒー豆が無駄な動きをせず、雑味やえぐみが出ないため、コーヒー本来の香りと旨味を楽しむことができるのである。

  • レ・クリント フルーツランプmodel101

    デンマークデザインの父と呼ばれたコーア・クリントデザインのmodel101。 別名フルーツランプと呼ばれ、ブランドのロゴマークにデザインされるなど、レ・クリント社を代表するペンダントライトの一つ。 発売から70年以上経つ現在まで永く愛され続けている。 一枚のプラスチックシートを職人が一つ一つ手織りし、作りあげるレ・クリントの照明の中でも、プリーツが印象的なデザインである。 サイズは3種類あり、ダイニングやリビング、カフェなど店舗などシーンに合わせて選ぶことができる。 個人的には一番小さいmodel101 Aの多灯使いが美しいと思う。

  • 美しい所作を生むデザイン ケメックスコーヒーメーカー

    美しいデザインの道具とは、その道具を扱う者の所作をも美しく魅せるものである。 本日紹介するケメックスのコーヒーメーカーはそんな美しいデザインの一つである。1940年アメリカの科学者ピーターシュラムボーム博士がデザインしたケメックス。もともと実験器具のフラスコをコーヒーメーカーの代用として使っていたことにヒントを得て生まれたデザインである。

  • 家庭用電動コーヒーミル みるっこ

    業務用の機能はそのままコンパクトサイズに。有名珈琲店でも使用されるなどプロ仕様の高品質で丈夫なコーヒーミル。 このミルの特徴は静音性、挽きの良さ、そしてコンパクトであること。

  • 冷蔵庫の中のデザイン ハーベスト

    焼き物の街、愛知県瀬戸市に1973年創設、当初よりデザイナーと瀬戸の伝統技術のコラボレーションにより、優れた多くのプロダクトを生み出してきたセラミックジャパンと数々のデザイン賞を受賞してきた荻野克彦氏がデザインした名作。 臭い移りの少ない半磁器は冷蔵庫への保存は持ちろん電子レンジの使用も可能。作り置きの料理をハーベストで保存し、温め直してそのまま食卓にならべられる。角形でスタッキング可能なデザインは冷蔵庫内のスペースを無駄なく使える高い収納性も合わせ持つ。

  • 誰もが見やすいウォールクロック RIKI CLOCK

    日本デザイン界のパイオニアである、渡辺力 デザインの名作。大きめに描かれた数字。太さと、長さの異なる短針、分針、秒針の組み合わせが、高い視認性実現。子供からお年寄りまで、誰もが見やすい視認性の高いウォールクロック。

  • シンプルで美しいグラスの名作 イッタラのカルティオ

    イッタラのカルティオ。言わずもがなシンプルで美しいグラスとして有名なグラス。 このグラスは、1958年フィンランドのデザイナー、カイ・フランクによってデザインされた名作。

  • マックス・ビルの名作 ウォールクロック number

    1861年にドイツにて創設、精度を追求した時計作りに定評があるユンハンス。 このウォールクロックはバウハウスの最期の巨匠と呼ばれる、マックスビルによる無駄のないシンプルなデザイン。マットなアルミニウムのケースに鏡面仕上げの針、計算されつくした文字盤。視認性も高く、機能性と美しさを兼ね備えた時計の名作。

  • 今注目のジャパニーズウイスキー 嘉之助蒸留所

    世界中から注目が集まるジャパニーズウイスキー。 そんなジャパニーズウイスキーの世界で、今注目を集めているのが、鹿児島県の蒸留所 嘉之助蒸留所 である。2018年に始動したばかりではあるが、母体は1833年創業の老舗焼酎メーカー という個性的な蒸溜所。

  • BOSE SLEEPBUDS 今年買って良かったもの

    通常のイヤホンのように耳に装着するとBOSE独自のマスキング技術により、周りのノイズをほどよくかき消してくれる。(不快なノイズに対して内蔵されたヒーリングサウンドで覆い被すイメージ)

  • HOT TRIVET(ホットプレート)

    38mmという業界最薄のスタイリッシュなボディは鍋をおいても高さを気にすることなく使用できる。またワイヤレスコントローラーを採用したことによりプレートの設置場所や向きを気にすることなく置けるなど機能的。卓上での調理は勿論のこと、鍋料理の保温などにも手軽につかえて、便利である。