住所
-
出身
-
ハンドル名
viscode11さん
ブログタイトル
気になるデータを可視化してみる
ブログURL
https://www.tukuttemiru.biz/
ブログ紹介文
気になるデータを可視化して分析したりしています。現在のテーマは、財務諸表分析です。
自由文
更新頻度(1年)

21回 / 13日(平均11.3回/週)

ブログ村参加:2019/01/11

viscode11さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 24242 22448 20626 18867 17529 16282 16761 946513サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 20 70/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 0 30 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 151 139 134 120 111 106 105 9417サイト
財務・経理 7 7 8 8 8 7 7 256サイト
教育ブログ 315 300 285 265 241 234 245 8931サイト
eラーニング 1 1 1 1 1 1 1 58サイト
IT技術ブログ 76 65 64 58 55 52 52 7379サイト
プログラム・プログラマー 8 7 7 6 7 7 8 743サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 55346 57223 57832 51555 51212 51303 49397 946513サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 20 70/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 0 30 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 219 210 218 196 194 194 183 9417サイト
財務・経理 4 4 4 4 4 4 5 256サイト
教育ブログ 628 651 662 622 600 599 574 8931サイト
eラーニング 2 2 2 2 1 1 1 58サイト
IT技術ブログ 104 106 110 79 79 85 80 7379サイト
プログラム・プログラマー 13 13 12 10 9 8 9 743サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946513サイト
INポイント 0 10 10 10 10 10 20 70/週
OUTポイント 0 10 0 0 20 0 30 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 0 0 0 0 0 0 0 9417サイト
財務・経理 0 0 0 0 0 0 0 256サイト
教育ブログ 0 0 0 0 0 0 0 8931サイト
eラーニング 0 0 0 0 0 0 0 58サイト
IT技術ブログ 0 0 0 0 0 0 0 7379サイト
プログラム・プログラマー 0 0 0 0 0 0 0 743サイト

viscode11さんのブログ記事

?
  • メガネ屋さんの財務諸表を比較してみる

    一昨日、四季報の業界地図2019年版を購入しました。このブログで取り上げる業界や会社の物色のためですが、今日のネタ探しになんとなくページをめくっていたらメガネ業界のページに目が留まりました。私の場合、小学校の頃からメガネをかけているのですが、ここ15年程はメガネの三城にお世話になっています。年齢とともに度数もそれほど進まないので、買い換えるのはせいぜい5年に1回程度ですが、身近なところで本日はメガネ屋さんを取り上げます。業界地図では、売上順に、メガネトップ、三城HD

  • XBRLから棚卸資産回転日数を可視化してみる

    経営効率を在庫に着目して計る指標に棚卸資産回転日数があります。棚卸資産とは、製品や仕掛品、原材料などで、貸借対照表の流動資産に計上されています。計算は、棚卸資産を1日平均売上、若しくは1日平均売上原価で割って求めます。経営分析の教科書でも、売上ベースで説明しているものと、原価ベースのもの、或いは両方掲載しているものもありました。どちらで計るのが良いのかは、業界に依るのかも知れませんし、個別の会社の事業内容に依るかも知れず、ここでは両方表記することにしました。可視化処

  • 首都圏の私鉄、地下鉄の財務諸表を可視化してみる

    前回は、JR各社の財務諸表チャートを取り上げましたが、ついでに首都圏の私鉄及び東京地下鉄の財務諸表を取り上げてみます。東京の地下鉄は都営線といわゆる東京メトロがあり、どちらも上場会社ではありませんが、東京メトロは株式会社で財務諸表はEDINETからXBRLで取得できます。私鉄からは、東急、西武、小田急を選んでみました。まずは、貸借対照表からです。首都圏の私鉄、地下鉄の財務諸表チャート(2018年3月期)どの会社も、巨大な固定資産で事業を行う会社の特徴が良くて

  • JRをXBRLで切ったらリニア新幹線が見えた。

    今日は、開発中のXBRL可視化システムで、JRの財務諸表を取り上げてみます。JRには、北はJR北海道から南はJR九州までの旅客鉄道6社、加えてJR貨物がありますが、ここでは、JR東日本、JR東海、JR西日本の財務諸表を可視化して比較してみたいと思います。まずは、比例縮尺によるBS、PL対比チャートから。JR3社のBS、PL(2018年3月期)鉄道業界に詳しくないのですが、3社の規模にはこんなに偏りかあるのかとびっくりです。売上では、JR東日本が明らかに大きい

  • 民事再生会社をXBRLで可視化して見る

    JASDAQ上場のシベールが昨日(2019年1月17日)、民事再生法申請を行い破綻しました。ラスクで有名な会社で、私もお土産でもらった事があります。以前から苦しい経営が続いていたようですが、民事再生に至るまでの状況をXBRLから可視化してみたいと思います。まずは、基本の3諸表から。(株)シベール 貸借対照表推移( 2018年8月期迄)(株)シベール 損益推移(営業利益) 2018年8月期迄(株)シベール キャッシュフロー推移( 2018年8月

  • 巨大な米国の翼も可視化してみる

    XBRLのリボジトリとしては、日本の金融庁のEDINET、米SECのEDGAR、カナダのSEDARがあります。EUは、委員会のホームページだけは随分昔からありますが、実態があるのかよくわかりません。XBRLの解析処理は、Pythonで実装していますが、国に依らず共通化できるメソッドを実装したXBRLクラスをベースに、EDINET、EDGARそれぞれに特化したサブクラスで構成していて、アプリケーションからは、両国のXBRLを同様に扱えるようにしています。いずれカナダ(

  • 日本の翼を比較してみる

    いきなり余談ですが、私が財務諸表に興味を持ったきっかけの一つは、10年ほど前に日本航空が破綻した時、逸早く財務諸表を分析して債務超過を指摘された細野祐二先生の本を読んで感動したことでした。あれから10年、日本航空が、経営の神様、稲盛会長の元で再生を果たしたのは皆様ご存知の通りです。今日は、日本を代表する航空会社2社、ANAと日本航空を比較してみたいと思います。まずは、貸借対照表(2018年3月期)から。ANA 貸借対照表(2018年3月期)JAL 貸

  • 総資産回転率を可視化すると、

    XBRLをベースにした一連の開発では、まず基本3諸表を可視化し、そこから財務分析で使われる様々な指標をチャートなどで表現することを進めています。今回は、総資産回転率です。売上を総資産で割ったもので、資産がどれくらい効率的に売上に結びついているかを計る指標です。総資産の大きさと売上との比は、業界によっても、或いは同業でも会社の事情によって大きく異なるので、回転率が高いから良いとか、低いからどうとか単純に言えるわけではありません。また、総資産と売上の比率は、以前紹介した

  • ドラッグストアを利益率で比較してみる

    街にドラッグストアが溢れ始めたのいつ頃からだろう。自宅の近所では、マツモトキヨシに、トモズ、ぱぱす、スギ薬局、福太郎とあって、トモズに至っては歩いて行ける範囲に3件。トモズのレジで、「ポイントで五百円引きできますけど」とか言われるとその日一日が幸せになる。小市民過ぎか?ポイントがあるので、ついリピートしてしまいますが、これだけドラッグストアがあるとどこが一番安いのか気になります。とりあえずGoogleで「安い ドラッグストア ランキング」と叩いて見たら、トク部(to

  • 比例縮尺財務諸表も作ってみる

    「比例縮尺財務諸表」とは、最近読んだ東洋経済「なぜ、会計嫌いのあいつが会社の数字に強くなった?」に出てくる用語です。前回ご紹介したBS・PLチャートは、同じ会社のBSとPLを同じ座標系に乗せて比例縮尺表示しているわけですが、今回は複数社にまたがる比較チャートを作ろうという話です。ちなみに、前回参考文献として上げた「ビジネススクールで教える経営分析」もこの本も筆者は慶應大学ビジネススクールの先生です。そういう学校に一度は行って見たかった。チャートプログラムは、d3.j

  • BS ・PL比較チャート

    可視化プログラムを書くに当たっては、財務諸表分析の本も何冊か読んでみましたが、その中に日経文庫の「ビジネススクールで教える経営分析」があります。スーツのポケットにも入る大きさの薄い本でありながら、財務諸表の見方の勘所がきっちり書かれています。この本では、一つの会社の貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)を同じ座標系に乗せて比較する形を取っています。BSとPLの大きさの比率は、会社に寄るところもありますが、業界の特色が出てくるところでもあります。この可視化システムでは、BS、

  • 流動比率を可視化してみる

    流動比率は企業の支払い能力を計る指標で、流動資産/流動負債で計算されます。一説には200%はあった方がいいとか、日銭が入ってくる業界ならもっと低めでいいとか、業種によってもいろいろです。流動資産と言っても直ぐに現金化できるものばかりではないので、現金とか売掛金など流動性の高いものだけで計算した当座比率も良く使われます。流動比率は、数値で示されるものですが、ここでは、流動資産、流動負債、それぞれを構成する勘定科目の対比チャートとして可視化してみました。最近ゴーンさんのニュース

  • 債務超過とはどんな状態?

    財務諸表の可視化プログラムを開発を進めながら、テストも兼ねていろんな会社の財務諸表を可視化してその状態をチェックしているため、随分多くの財務諸表と出会いました。その中の一つに債務超過という状態があります。債務超過の会社の貸借対照表をそのまま可視化すると、バランスシートがバランスしない状態で描画されます。借方の資産より貸方の負債が上回った状態となり、純資産の部がマイナスになってしまうためです。ネットで調べると、こういう場合は純資産の部を借方側に表示してバランスを取って表示する

  • XBRLの可視化(キャッシュフロー計算書)

    キャッシュフロー計算書は、ネット上でも可視化した例がいくつかあるようです。どのように表現すれば、お金の流れがわかりやすいだろうかとアイディアを練っては見たのですが、結局各キャッシュフローを棒グラフで並べるだけにしました。ウォーターフォール的なものも検討しましたが、どのキャッシュフローがプラスとかマイナスとか一見してわかる程度のシンプルな形にしてみました。EDINETのXBRLの計算リンクベースでは、キャッシュフロー計算書は、role名「ConsolidatedSta

  • XBRLの可視化(損益計算書)

    損益計算書の可視化をするといっても、損益には、売上総利益から営業利益、経常利益、税引前利益、最終利益とあります。最終利益までを可視化することもできますが、見たいのは本業の状況であり、ここでは営業利益を対象にしてみることにしました。可視化では、借方の費用科目(売上原価、販管費)を左に、貸方の売上を右側にそれぞれスタックチャートで描画します。ただここでも開発上問題になったのは、業界によって勘定科目の構造が一様でないことです。一般的な業界のXBRLの計算リンクベー

  • XBRLの可視化(貸借対照表)

    財務諸表と言えば、貸借対照表(BS)に損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CF)でワンセット。今回は、XBRLデータから貸借対照表の可視化について取り上げて見たいと思います。財務会計の教科書では、貸借対照表は一般に以下のように図示されます。 資産負債 純資産今回の開発では、できるだけこの形のまま表現したかったので、借方、貸方それぞれをスタックチャートにして組み合わせてみました。XBRLでは、各科目の構成要素も定義されていて、計算リン

  • 財務諸表を可視化してみる

    上場会社の財務諸表は、金融庁のEDINETに、XMLの一種であるXBRL(eXtensible Business Reporting Language)でデータベース化されています。このXBRLを上手く利用できれば、チャートや財務分析など、様々なコンテンツに応用することが可能です。また、XBRLは米国でも採用されていて、米SECのEDGARから取得できるので、米国の上場会社の財務諸表も同様に取り扱うことができます。このブログでは、XBRLをチャートやテーブルなどに展

  • iOSでの外国語の読み上げ算が復活

    前回のiOSバージョンアップから使えなくなっていたiOS上での多言語読み上げ算ですが、直近のiOS12.1へのバージョンアップで復活しました。何か対策がないのか、本格的に調べようかと思っていたところでしたが、様子見で正解でした。  

  • iOSでの外国語の読み上げ算について

    最近フランス語の勉強を始めたので、フランス語で読み上げ算をして、数字の聞き取りを練習しようとしたところ、フランス語を指定しても日本で読み上げられてしまった。どうやら、最近のiOSのバージョンアップで、javascriptの音声合成ライブラリSpeechSynthesisUtteranceの動作がおかしくなっている模様。どの言語を指定しても日本語(OSに指定の言語)で読み上げられてしまう。音声合成による読み上げ部分だけのプリミティブなプログラムでもテストしてみましたが、

  • そろばんアプリの動画を投稿

    せっかくアプリを作ったので、YouTubeにこのサイト用のチャンネルを作って、そろばんアプリの動画を投稿してみました。https://youtu.be/c_jUQXX2XHI初めての動画投稿だったのですが、以外に簡単で逆にびっくりしました。いくつか投稿しましたが、上は英語の読み上げ算。外国語の数字の聞き取りが苦手は人には、ヒアリングの素材にもなるかと思います。音声合成の発音にはくせもありますが。このサイトは、まだ画像も何もなく殺風景なので、今後

  • 見取り算について

    そろばん自習アプリで、まず着手したのは見取り算でした。そろばんの練習を始めた当初、ネットでも無料の教材を探したのですが、PDFで提供されるものが殆どで、自宅にプリンタのない私は画面に表示して使うしかありません。どうせ画面で使うなら答え合わせもインタラクティブにやりたいし、作り置きの問題でなく日々違う問題にトライしたいし。ということで、まずは試しに桁数をそろえた乱数を並べるところから始めて一通り作ってみました。ちなみにヘルプは作っていないのですが、計算の答え合わせは、答