住所
-
出身
-
ハンドル名
hiroaki-itohさん
ブログタイトル
人生100年時代の先頭集団を走る!
ブログURL
https://www.mentorjapan.org/
ブログ紹介文
経営者の自己客観視、リーダー層のスキルアップ、人生の楽しみ方、幸せになる方法などメンターがナビゲート
自由文
更新頻度(1年)

35回 / 35日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/01/14

hiroaki-itohさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 949134サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 20 20 30 10 20 110 210/週
経営ブログ 0 0 0 0 0 0 0 9462サイト
中小企業社長 0 0 0 0 0 0 0 414サイト
哲学・思想ブログ 0 0 0 0 0 0 0 12823サイト
人生・成功哲学 0 0 0 0 0 0 0 828サイト
ライフスタイルブログ 0 0 0 0 0 0 0 65440サイト
コミュニティライフ 0 0 0 0 0 0 0 124サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 74557 0 0 0 0 0 0 949134サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 20 20 30 10 20 110 210/週
経営ブログ 321 0 0 0 0 0 0 9462サイト
中小企業社長 14 0 0 0 0 0 0 414サイト
哲学・思想ブログ 1541 0 0 0 0 0 0 12823サイト
人生・成功哲学 41 0 0 0 0 0 0 828サイト
ライフスタイルブログ 6695 0 0 0 0 0 0 65440サイト
コミュニティライフ 6 0 0 0 0 0 0 124サイト
今日 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 02/12 全参加数
総合ランキング(PV) 15744 16026 14983 14877 12978 13106 13217 949134サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 20 20 30 10 20 110 210/週
経営ブログ 83 82 74 75 65 68 66 9462サイト
中小企業社長 3 3 3 3 3 3 3 414サイト
哲学・思想ブログ 244 248 229 224 194 197 198 12823サイト
人生・成功哲学 9 9 9 9 9 10 10 828サイト
ライフスタイルブログ 1438 1459 1384 1373 1231 1237 1250 65440サイト
コミュニティライフ 1 1 1 1 1 1 1 124サイト

hiroaki-itohさんのブログ記事

?
  • いつまでも滅私奉公を求める組織は近々滅びる

    そんな組織に残っていても未来はない。 今経営に携わっている人はだいたい50歳以上。 彼らの中にはギリギリで滅私奉公を経験したのち、長く居るという理由で昇格した人も多い時代だ。 その経験から「今時の若者は堪え性がない。」などとのたまう。 だが、今の40代以下は滅私奉公が日の目を見ない社会人生活を送っている。 労働力を搾取されっ放しで未来もない。 彼らに「頑張れ!」などと言っても何の解決にもならないし、頑張る気持ちなどさらさらある訳がない。 今の時代、年収が400万を超えた辺りからは、好きな物がある程度は買え、たまの贅沢も叶う。 だが現実の日本の労働者は、年収が400万に満たない人々が半数を超える…

  • 起業支援と云う名の労働力搾取ビジネスモデル

    街頭で、「こんにちは! 横浜のお菓子屋さんでーす!」とか、 「京都のお菓子屋さんです!」とか、声をかけられた事はありませんか? 多くのブロガーが「買ってみた」的な記事も書かれていますね。 これ、どんなビジネスモデルなのかここで書くまでもありませんね。 仕入れに優位性を持っているわけでもない会社が、起業支援などと謳って、若者に街頭販売をさせている、くらいは誰でも想像つきます。 (写真はイメージです、と一応書いておく) 実際のところどうなんでしょう。 購入した多くのブロガーさんが語っている様に、商品的にも価格的にも魅力のない商品を街頭販売しているだけなんですね。 売っているのは圧倒的に野心的な若者…

  • 「運」は味方につけやすい、とても簡単に!

    よく聞くのは「どうしたら運がよくなるの?」待ってたって運なんて寄ってきません。でも、とても多いんですよね、この質問。実はこれほど簡単なことってないんです。でも、ほとんどの人が教えてもやらない。「そんなことで運がよくなるはずがないっ!」って言うんです。やるのにお金がかかるわけでもないし、スキルも要らないし、時間も必要ないのに。ここで言います。これを信じないから、あなたは「運が悪い」んです。運が良い人って、素直なんです。こうしたら「運が良くなるよ!」って云うと、その通りやります。そして運を享受できるんです。大谷翔平選手が高校生活で自分に課した「マンダラート」ご存知ですか?ちょっとググれば、たくさん…

  • 相手は「悪」じゃなくて、ただ単に「意見が異なる」人

    「あいつが悪い!」と自分の怒りを相手にぶつける事は楽です。 自分のアタマを使わずに、反射的に「相手が悪い」と決めつけると、そこで結論が出て終わりになっちゃいます。 これが結果になって、不幸に陥ります。 自分は正しい、でも相手とぶつかる、だから相手が悪い。 本当にそうでしょうか? 世の中、そう結論出して相手を責める事が多いですね。 でも、実際はそう簡単じゃありません。 どう違うかって言うと、この構図って、 「自分の正義」vs「相手の正義」なんですね。 相手もあなたの事を「あいつが悪い!」と思ってるんです。 自分の中の正義感と照らし合わせて、あなたが「悪」なんです。 お互いに「自分が正義」だと思っ…

  • 働き方改革を生かす人、殺す人

    「働き方改革で早く帰れるようになった結果、家でTVを見てるだけ」と云うニュースが話題になりましたね。 ちょっと意識の高い系は、月10万、20万の副業を目指す人も増えているようです。 今日ココで書きたいのは、折角の働き方改革ですから「もうちょっと頑張って、スキルアップに投資しませんか?」って事です。 人生100年時代、これまでの定年年齢の後にまだ20年、30年働く必要があります。 60歳を超えたあなたは、今の収入を維持した第2の仕事を見つけられるでしょうか? 今贅沢な暮らしを維持するために10万、20万の、スキルアップに繋がらない副業は危険ですね。 副業を選ぶなら、自分のスキルアップに繋がる仕事…

  • 嫌な気分にする相手を必要以上に我慢してはいけない

    必要以上に我慢しない事は、人として普通に生きていくためにとても大事なことです。 あなたのワガママ放題で生きると云うことではありません。 悩みを抱える人は、この我慢しない加減がよくわからない人が多いのです。 失礼な人、悪意のある意見やイヤミ、敬意のない発言、人を軽視する人、見下す人、怒っている人。 こんな相手はできるだけ遠ざけてください。 我慢すればするほど、嫌な気分になります。 彼らのためにあなたが悩む必要はありません。 あなたには彼らと距離をおき、あるいは適当にあしらって、自分の心を健康に保つ自由があります。 これは「自由という自らの選択」に他なりません。 これが、我慢しないという事です。 …

  • 幸せに生きるには良質な休養が絶対に必要だ。

    35年程前 社会人になってから、仕事は楽しくて好きで、最低限寝られれば良かった。 何故だか判らない焦燥感もあって、自分にとっては休みなく働く事が生き甲斐だった。 基本的には今でも変わってない。 休日も仕事の事を考えるのが大人だと思っていた。 だが今はもう若く無いので、集中力が途切れる事が多くなってきた。 そうなってくると判ってくる事がある。 何も考えないで休養する時間を作らないと、思考の質が低下するのだ。 休み無く働いて問題解決していると判らない、思考の質の低下が起きている。 広い視野で物事を見る事が出来なくなり、目前の課題をやっつける事で仕事をしている気になってくる。 人の行動は、潜在意識が…

  • オレはプロだからタダじゃやらないよ。の時代の終焉

    政府の働き方改革が上手くいってる様には思えないけど、そもそも自分たちで考えて政府に要求するのがホントだよね。そんなわけで、全く脈絡が無いけど世間では、越境リーダーシップ・プロボノ的な活動もホンの少しずつは根付いてきたかしら?一昔前は「オレはプロだからタダじゃやらないよ。」って何の疑いもなく宣言してたし、宣言されてましたね。じゃあ、今は違うのか? って云うと、違ってもいいし 実際、違ってきてます。そもそも何のプロなのか?ってこともありますが「プロ=お金がもらえる」って定義しちゃうと「タダじゃやらない」事に説得力があります。ですが、「プロ=その分野で多くの人を引き付けるスキルやテクニックがある」っ…

  • ”引き寄せ”はオカルトっぽくても効果を発揮する

    ”引き寄せ”の効果として現われる大きなものが2つあります。1つは「プラシーボ効果」で、2つ目は「確証バイアス」と言います。脳に「効果がある」と信じさせてしまえば、実際に効果が現れてしまうのが「プラシーボ効果」であり、実際には何も効果がなくても効果があったと錯覚させるのが「確証バイアス」です。まず、この現象を起こさせるのが、”引き寄せ”なんですね。(引き寄せには他の効果もあります。) これって、実はうまく使えるんです。例えば「運」について考えてみましょう。「確証バイアス」をうまく利用することで、簡単に「運が良い」人になれるんです。何もしないで「運」が良くなるって云うのは「脳が信じない」ので、何か…

  • 商売の王道は「高く売る!」なんだよ。

    2019年の成人の日、休日出勤で食堂がお休みなので、そんな時のワクワク 近所の丸源ラーメン(肉そば)まで行ってみた。 ここはラーメンも旨いが、商売も上手い。 ラーメンと炒飯のセット等、セット物もそれなりにあって、そのままでも十分満足なんだが、ここに「糖質50%カット麺」をプラス80円で提供しているのだ。 ラーメンと炒飯セットも、ラーメンと餃子セットも、ちょっとダイエット!なんて思っている層が多い中、「糖質50%カット麺」は気持ち罪悪感を軽くしてくれる。 ラーメンのカロリーが半分になるわけでもないが、ダイエットを気にしている客からも、客自身の負担で満足を提供し、なおかつ客単価を上げると云う商売の…

  • “しんどい人生” を “喜びと幸せ溢れる人生” に変えましょう!

    この“たられば”って方の文章が好きでTwitterもフォローしてます。 この文章の中で特に好きなのは「孤独はバカを加速させる」の周りのくだり。 そして、締めの「しんどいですよねぇ。」のくだりです。 メンター/コーチはこの「しんどさ」を解決して「喜び」に変える手伝いができると考えていますが、この方の様に自己分析出来ている方だと、高い効果が短い時間で達成できる事が多いんですね。 ほんの少しのヒントで、なぜ「しんどい」のか、何が「喜び」に変わるのかを理解しやすいし、そのための行動力は元々備わっているからです。 逆に、何も考えずに日々を過ごしている人に対しては、長い時間コストをかけてもなかなか効果が現…

  • メンターコーチを活用するワケ

    先進国の中でメンター/コーチの活用度がダントツに低いのが日本ですね。 日本人は他人の知恵を活かすのがとても苦手。 一般的には「賢い」方が人の意見を聴かないんだとか。 それが日本ではイノベーションが起きない原因かどうか判りませんが、もったいないことです。 さて「良い事しかない」メンター/コーチの活用ですが(だいぶ言い過ぎ)以下の様な事を考えている方、意識の方に、特に効果が期待できます。 まだメンター/コーチを活用してない方は、1日も早く活用して、自身が思い描く未来を現実のモノにしちゃいましょう。 ・自分自身の強みを理解しているが、弱みをあまり理解できていない ・自分自身の弱みの克服に苦心している…

  • コワーキングスペースの運営ノウハウをベンチマークしたい

    “コワーキングスペースのある銭湯”って面白いコンセプトですね。 元々人が集まるスペースなので、コワーキングを目的とした人が集まると言うよりは、集まってきた人達によるコワーキング参加を目指すんでしょうかね? それとも「ついでにコワーキング」とか「エンタメ系コワーキング?」でしょうか? 何れにしても“コワーキング”自体が、世間に浸透していない言葉なので、当初はファシリテーションや提供コンテンツによって成否が決まるのかもしれません。 私自身、地域課題や中小企業の課題解決のためにコワーキングスペースを運営したいと思っていて、今は様々なアプローチでこの様なスペースが生まれては消えてゆく中から、ノウハウを…

  • コスト削減には、ちゃんとコストをかける

    客先の、そのまた先の客の話なんで、そこが将来的にどうなろうが、どーでも良いっちゃどうでも良い。けど、クライアントにはこんなアホなことやって欲しくないなぁ。業務の中で「無駄」を排除してコスト削減するのは、常套手段。コスト削減のためのコストは発生しない。そう思われがちだけど「無駄を見つける」のにもコストかかります。例えば「業務・システム最適化計画策定指針(ガイドライン)」にある図表を例にとると、 ・業務の流れを可視化して・業務の無駄を見つけて・業務の流れを短くする・短くした内容を必要な人に説明するって云うコストが必要ですね。つまりゼロコストではできないので、なんらかのコストが必要です。ウチはなんの…

  • 企業も起業もコーチを活用しなきゃ!

    昨年から、“まちなかbizあおば”の起業課題解決ディスカッションに 何度か参加させていただいている。 この中で、毎回面白いのは、 人の課題にはバンバン良いアイデア・意見が飛び出すけれど、 多くの人が自分の課題に対してはお手上げ状態だと云う事。 これは参加者も判っていて、だからこそ参加して人に意見を求めるんですね。 勇気のいる事ですが、起業を目指す人にとって、 それくらいで怖気付いてちゃ お先真っ暗ですからね。 皆さん、積極的に参加して、人の意見に耳を傾けている。 これが“起業を目指す”人だから、当たり前に出来ているけど、 既に企業に所属している人ならどうでしょう。 企業内の特定のグループや個人…

  • 起業は誰かが考えたビジネスモデルでは大成功できない

    例えば昔から多い、「脱サラしてラーメン屋を起こす」 ラーメン屋そのものは、日本では歴史のあるビジネスモデルですね。 それ故に1杯五千円とか1万円のラーメンは成立しにくいものです。 たいてい五百円から千円程度が、世間の納得いく相場となります。 1500円なら、多くの人が「高い!」「コスパ悪い!」と評価されるでしょう。 そこで、1000円で提供して、客がワンサカ来店する店を起こそうと考えたらどうでしょう? 既に確立されたビジネスモデルなので、どうやっても原価は300円程度しか使えません。 その許された原価の範囲で、客が引っ切り無しに訪れるラーメン屋を開店するためには、他のラーメン屋に無い独自の特徴…

  • “いい人” になりたかったあの頃

    ちょうど、高校から大学に進学する辺りの時期だった。 とにかく、”いい人” になりたかった。 “いい人” の定義も無いまま、ただ ”いい人” になりたかった。 欲しい物が沢山あった。 やりたい事が沢山あった。 どれも、”いい人” になるには程遠い、真逆の欲求に思えた。 だから、”いい人” にはなれないんだ、そう思った。 人生で、一番最初に諦めた、なりたい自分だった。 “いい人”って、何をする人か判らないまま。 その後の40年間、 誰かが喜ぶ顔を見るのは嬉しかったし、楽しかった。 もうすっかり ”いい人” になる夢は忘れてしまっていた。 今でも 欲しい物はいっぱいあるし、やりたい事も沢山ある。 け…

  • リスクを考慮するときは慎重に、行動は大胆に

    あなたがこの先生きていく上でのリスクは何ですか? かつて、生活はある程度保証されていた時代、 病気や怪我、事故が主なリスクとされていた。 ここ20年から30年前から、 大企業でも倒産する事がある時代になり、 給料は大幅に下がり、また目減りし、 生活の保証が無い時代に突入している。 これ事実だけど、実感のない人が大半。 この実感の無さは、 実感することを潜在意識が避けているから。 犯罪が起きると、必ずと言っていい程、 被害者も悪い、とする意見が出る。 この理由は実は判っていて、 「自分はあの被害者と違うから、 自分があの被害者みたいになる事は無い!」 そう思い込みたい潜在意識によるもの。 そんな…

  • ストレス貯め過ぎは自覚出来なくなるのが怖い

    ストレスチェックって、ストレス抱えてアップアップの人には効果ないんだよ。 ほとんどの場合、ストレスを正しく感じられない状態になっちゃってるから。 つまりストレスを受けてるけど、それを無意識に、 感じない様にどこかで遮断しちゃってる様な、そんな状態の事がある。 でもストレスは受け続けてるので、どこかで無理が爆発する。 リーダーや上司にあたる人がちゃんと見てればそんな事にならないんだけど、 今はそのリーダーや上司がストレス抱えちゃってるから、それどころじゃ無い。 行動見てれば、すぐ分かる事もいくつかあるんだけどね。 1番判りやすいのは、月曜日にちょいちょい遅刻したり、 体調不良で休んだりしだす事。…

  • 人材育成真面目に取り組む社長募集!?

    自分は、今は大手企業に引っ張られてメンターやってますが、近いうちに地元でプロボノ・コワーキングのベースになる場所を作りたいと画策中。 コミュニティカフェくらいの敷居の低いところから始める必要があるなぁ、と感じてるところ。 (コミュニティカフェ運営が敷居が低いと言ってる訳じゃなくて、参加する人にとって敷居が低いと感じてもらう事が大事だと思ってる。) パッケージはどうするか? 具体的には自分にノウハウがある分野で判りやすくて、需要がありそうなサービスをパッケージする必要がある。 オレが学んだ事教えるより、若者が集ってアイデア出し合う場所を提供して、ちょこっとわかる範囲のアドバイス出来る様な形が理想…

  • AIへの誤解によって発生する危惧

    AIが人間の仕事を奪うかもしれない。うん、それはもう実際に起きている。 将来は、語学なんて習わなくてもAIが翻訳してくれる。うん、いまでも稚拙だけどそんな商品もある。それによって、語学なんて勉強しなくてもいい、なんて話題もある。それを否定する意見もあるけど、ちょっとピント外れでもある。 AIが反逆して、または結託して、人類の脅威になる。これはSFの人気テーマだけど、まだまだ想像力が欠けている。 世の中に多いAIに対する大きな誤解の一つは、"AI(コンピューター)は間違えない"というものだろう。だが、そう思うのは、想像力が足りてない。もちろん1+1=2 の様な計算を間違うことはない。これは人間だ…

  • 新人育成は"OJT"と云う無策

    オフィスを構えた企業でも、小売りや飲食サービス業でも、人材募集記事に"OJT"充実!なんて書いてあることが多くあります。ところが、このOJTがきちんと機能している組織なんてほとんどありません。そもそも目的が明確になってない。目的が明確になってないから手段だけ教える。教える側が「なぜ?」に答えられない。 もう、手段が目的化しちゃうんですね。手段が目的なので、教えた通りにやることだけが重要になる。新人が、ちょっと効率の良いやりかたをしようものなら、「なんで教えた通りやらないんだっ!」と叱咤される。場合によってはいじめに発展したりします。 そして、手段を代々受け継ぐことだけを延々繰り返すんです。教え…

  • 訳のわからない道徳や、俺的常識が量産される世界

    世の生き辛さは、量産される、後から取って付けた様な道徳や常識によるものも多い。 キリストに会ったこともないパウロが広めたキリスト教以来なのか、もっと前からわからないけど、現代でもそれは継承されていて、日々息の詰まる世界へ邁進していると言える。 マナー どんな人だって完璧に法律を遵守した生活をおくっている人なんて居やしないのに、芸能人がちょっと法的に不謹慎な発言をしようものなら、ここぞとばかりにマスコミが叩く、ネットが叩く。 理由はひとつって訳ではないけど、道徳には程度が規定されてないのも問題かな。 言うこと聞かない子供に、叱りながら軽く叩く、くらいなら、世間的にはまぁOK、だけどぶん殴るのはど…

  • 想定外の回答を認めないとイノベーションは起きない

    以前どこかの居酒屋で「左右の水槽の水を入れ替える」問題を出されたことがある。血液型による手段の違い(性格の違い?)としてTV放映もされたネタらしい。オレとしては「左右の水槽を入れ替える」と即答したんだが、実際TV放映でもAB型はそうしたらしい。 番組自体はねつ造だったとかいろいろ問題があったらしいが、その問題を出された居酒屋では間違いなくAB型全員が「水槽の位置入れ替え」と即答しているし、AB型以外の人は、道具にこだわってみたり、自動化を図ってみたり、アイデアがそれぞれ異なっていたのが興味深い。 これって、血液型によって回答の傾向を探るような問題だったので、様々な回答が出ることが期待されたけど…

  • 不思議なテーマ一致

    昨夜のディスカッションのテーマを突き詰めると ワカランチンの社長が変われば組織が変わるのに、 そのワカランチンをどう判らせるか?だった。 (だいぶ端折ってるけど) 社員のモチベーションが上がれば生産性が上がるとか、 離職率が下がるとか、いろんな切り口はあるけれど、 そもそも人の話を聞かない、そんな話に興味がない人に、 幾ら言っても結局ワカランチンはワカランチンです。 それじゃダメだよ、自分が変わらないと組織は変わらないよ、 っていいたいんだけど、変わらない。 それ、ブーメランですよね。 相手を変えようと思ったら、自分が変わらないとダメなんです。 それ、自分が一番判ってることのハズですよね。 い…

  • 世の中いつでもチャンスだらけ!

    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」 福沢諭吉の、超有名になった言葉であることは言うまでもない。 これをちゃっかり「人間はみな平等である」と、教育に上手く利用しちゃって、 オレなんてそのままうっかり信じちゃって、ホント「騙された感満載」です。 最近になって、ちゃんと原書を読んだし、webにもいっぱい取り上げられて 今更、福沢諭吉スゲー! ってなってます。 まだ知らん!って方のために、超現代語訳にしとくと、 人はみんな平等だって言うけどさ、 賢い奴もいるしアホもいるし、 金持ちもいるし貧乏人もいるし、 身分の高い人も低い人もいるじゃんね? おかしくない? でもそれはね、勉強すれば 賢くな…

  • 人に慕われるリーダーになりたい

    皆さんは、Starwars という映画シリーズをご覧になったことがあるでしょうか? ミリオンダラーベイビー、セッション、ベスト・キッドは? カンフー映画はどうでしょう? これらの映画の中では、師弟関係が重要な位置づけを占めています。 Starwarsの中で、日本語で「師」と訳されている部分は、原語では「MENTOR」です。 カンフー映画では儒教を背景とした師弟関係が描かれたものが多く、 正義のヒーローと悪役の戦いの中で、より強く、立派な人格を備えたヒーローとなるために、 師弟関係が描かれています。 そしてほとんどに共通するのは、師匠は誰でも簡単に弟子にするわけではないこと。 お互いに信頼関係を…

  • ビジネスの定番スーツって結構大事

    服装なんか仕事の能力と何の関係もない。 オレはスーツになんか価値を見出せないし、着ないよ。 うん、その意見はもっともだ。 もっともな意見だけど、気を付けたい点が2つある。 一つ目は、 人はやっぱり見た目で判断されるってこと。 付き合いが始まってしまえば、そうそう問題ないけれど、第一印象って、ホント大事です。 人の印象って9割以上、第一印象で決まるって言われてます。 無難なドブネズミ色、って言われるスーツを着てるだけで、 土俵に上がれるかどうかが決まってしまうこともあります。 逆に、スーツ着てるから土俵に上がれないってことは滅多にありません。 「あいつ、スーツ着てるような奴だから、話したくないな…

  • おまえには黙秘権が

    「おまえには黙秘権があるっ!」てのはTVドラマの犯人逮捕シーンでおなじみの台詞。 これは法律で言わなきゃいけない、てことになってるらしい。 街にあるいろんなサービス業でも、おなじみの台詞でいっぱい。 「ポイントカードはお持ちですか?」 「店内ご利用ですか?」 「お砂糖、ミルクはあちらからご自由にどうぞ!」 「お水、お茶はセルフになっております」 マニュアルに書いてあるし、言わなきゃいけないから言ってます。的に聞こえるし、実際そうなんだろうなと思うけど、犯人逮捕の台詞を思い出させるくらい、義務感だけで口が動いてて、心こもってない。 何百人も相手してるのに、忙しいのに、いちいち心こめてなんて言って…

  • 疲れちゃった人と、元気な人が、同じ空間を共有して、それぞれが気づきを得られる場所を作りたい。

    向上心に富む都会の人と、ここいら辺の人たちでは、温度感がずいぶん違うなぁ!と思ってた。もちろん都会だって、みんなってわけじゃないのは知ってるけどさ。 大都市では、コワーキングとか、越境リーダーとか、掛け声だけじゃなくて、実際に結構活動が行われている。この辺の人たちも、都会まで出かけて、そんなの参加してるのかもしれないけど、全然伝わってこないし、都会まで出かけてくのも結構面倒だし。 そんなわけで、自分で作っちゃおうかなー。と思ってた。 一方で、心底ダメなわけじゃないけど、社会的にあまり手当されてない、仕事に疲れちゃった人たちや、そもそも働いたら負けとか思ってる人に、ただそこに居るだけ、って云う居…