ハヤブサ さん プロフィール

  •  
ハヤブサさん: 元気通信
ハンドル名ハヤブサ さん
ブログタイトル元気通信
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mi4017/
サイト紹介文人生をハツラツと生きる。夢の実現に向けて毎日をすごす気づきのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2007/10/14 21:41

ハヤブサ さんのブログ記事

  • 言葉が人生をつくる
  • 言葉は人を動かします。その昔『不思議大好き』というキャッチコピーがありました。名コピーライターは、たった数行の文で何百万、何千万円を稼ぎ出します。そのコピーによって億単位の売り上げを上げるからです。たったひと言で大きなお金が動きたったひと言で... [続きを読む]
  • 『NO!』と断れる身体
  • 日本人は「ノー」の判断をして、それを相手に伝える・・・それが苦手な人が多いようです。『何故そうなのか?』はさておいて、断り方がうまくなると、人生の『風通し』が今以上によくなると思います。とはいえ『断る』なかなか難しい問題でもあります。それは、そ... [続きを読む]
  • 裏があるから表がある
  • 『表裏一体』といいます。例えば人間の皮膚…普段は『表』からみていますが視点を変えて『裏』からみたらどうでしょう?『裏』からみるとは身体の内部から見る…そういう感覚になります。海に潜った経験はみなさんありますね。海の中から見上げたら海の上はどん... [続きを読む]
  • 息が深いこと=身体を整えること
  • 呼吸(息)と健康状態は不可分に関わっています。健康状態とは肉体だけでなく心理状態もふくめてです。さらには、あらゆる芸事・技能・武道、スポーツまで呼吸が極意とされています。知識ではみんな “知っている” はずです。しかし、実践となると「?」ですね。... [続きを読む]
  • 病気も健康も生命の働き
  • 私の趣味は山登りです。先日は九州の久住山に仲間と『山登り』をしてきました。登ったり下ったり六時間は歩いたでしょうか…雄大な景色をみて気分も晴れやかになりました。さすがにその日ぐっすりと眠りましたが翌日は『目』に疲れが残っていました…目を使っ... [続きを読む]
  • 花…理想の姿
  • 暦でいう『穀雨(こくう)』を過ぎて季節感が変わっています。こちら日田では快晴がつづいています。『穀雨になると霜が降りなくなる』と言われていますが、今年はおかしな天候ですからはたしていかがでしょうか?桜はすでに散りましたが季節に咲く花、植物は人... [続きを読む]
  • 『機』をとらえよう
  • お腹が空いたときに食べる…これが『機』です。『機』とはタイミングです。お腹も空いていないのに食べると美味しくありません。あたりまえのコトですが人間はなかなか出来ません。満腹なのに食べて、苦しくなりあとで後悔する…何回後悔すれば『気がすむ』ので... [続きを読む]
  • 身体はもっとも身近な大自然
  • 私たちの『身体・肉体』は実に精巧・精妙に出来ています。例えば、ちょっとケガをして血が出てそれが固まる…。切り傷となってそれが “かさぶた”になってかさぶたが自然にとれて完治する。誰でも一度は経験してますが、よく考えれば身体は自然にそれをやってし... [続きを読む]
  • 風邪をひいてますか?
  • 体力を上げる体質を変えるもっとも確実で自然な方法は何か…?その一つが『風邪を経過させる』ことです。ここでいう体力とは『運動能力』のことではありません。生命力、あるいは『生き抜く力』のことです。それは『元気さ』『身体が軽い』という状態です。…... [続きを読む]
  • ダイエットにはお肉も必要
  • 『ダイエット』という言葉に女性は敏感です。日本など食べ物が豊富にあり、食べ過ぎてダイエットとは、おかしな話ですが、ダイエットをして『美しくなりたい』という『美への追求、憧れ』を人間はそもそも “持っている” のだと思います。ただ、何事もバランスを欠... [続きを読む]
  • 東洋の知恵〜男性と女性〜
  • 男性と女性…『性差』というのは永遠のテーマです。男女がいなければ、子孫は続きません。お互いに求め合えど、そこに理解出来ない『溝』と『謎』が残る。それは仕方ないかもしれません。『性差の違い』をあいまいにし、どうしても人間は自分の色眼鏡で相手を見て... [続きを読む]
  • 東洋の知恵〜陰極まって陽転する〜
  • 『陰極まって陽転する』モノゴトは『極(ピーク)』に来たら反転する…逆に向かうという意味です。山登りにたとえましょう。登りが続いて『頂上(ピーク)』があり、そして下りがある。永遠に登りが続く…そんな山はありません。季節も同じです。寒い冬…氷点... [続きを読む]
  • 東洋の知恵 〜 無常 〜
  • 無常とは『常なるものは無い』、すべて変化する、ということです。この世のあらゆるモノゴトは『陰陽』から成り立つ…それが東洋思想の根本です。見えるモノ(物質世界)見えないモノ(風・空気・心・気)すべて変化し続けます。物質…例えば鉱物などは一見変化... [続きを読む]
  • 役立つ知恵・東洋思想
  • 東洋医学は東洋思想から生まれています。簡単にいうと、東洋思想は『この宇宙の仕組みは、どうなっているの!?』…それを紐解いた考え方、モノの見方です。その始まりは三千年以上前・・・いつ頃か定かではありません。しかし、途絶えることなく受け継がれてきまし... [続きを読む]
  • 「断糖」のすすめ
  • 断糖とは『糖』を断つこと…理想としては完全に断ちます。期間は十日から二週間です。『人間は自分の身体が要求するモノを食べればいい…』『身体は自分の要求するモノがわかっている』『頭(思考)がそれをジャマしている』これは野口整体でいわれる『食』にたい... [続きを読む]
  • カメは『見事』です
  • わが家には長年共に暮らすペットがいます。“カメ” です。カメはお世話にあまり手がかかりません。・水を替えること・エサをあげること・日光浴をさせること…くらいでしょう。ペットとしておすすめです。カメは冬の間、冬眠に入りまったく動きません。本当に... [続きを読む]
  • 三月を迎える心得
  • 日中は温度が上がり、春が近づいています。新月を過ぎて…そして3/6の『啓蟄(けいちつ』が一つの節目でしょう。『啓蟄』は大地が温まって、冬ごもりをしていた虫たちが目覚めます。穴から顔出し、もぞもぞと出てくる頃。・・・『春だ〜春だ〜』…と歌いながら…?... [続きを読む]
  • 口呼吸より鼻呼吸
  • 呼吸は鼻でするのが正しいやり方です。まず鼻を通ることで細菌やウイルス、ごみなどが除去されます。フィルターのようなものです。だから口呼吸していると、風邪などの感染症にかかりやすくなります。また脳への影響も大きいです。鼻腔の中を通ることで、細かな振動... [続きを読む]
  • 閃いたら動く
  • 暦の上では節分を境に変わります。自然界、人、経済、国家の動向…すべてが動きだしてくるでしょう。すでに昨日あたりからずいぶん気温が上がっています。気温だけでなく『氣』『雰囲気』『モード』が変わるのが暦です。動植物などは『それを』敏感に感じて動いて... [続きを読む]
  • 安らぎの空間をつくろう
  • ほっとする場所…それはありますか?イス一つのスペースでかまいません。あるいは座布団一枚の広さでも。そこに座って一息つく。一服吸う…(タバコは有害ですが、呼吸は深くなります)お茶、コーヒーを飲む。それは公園のベンチでもいいし、行きつけの喫茶店で... [続きを読む]
  • 生きる力…『勢い』
  • 勢いが感じられる人は元気です。たとえ熱が出てようが、元気に走り回っている子供がいます。そういう場合は、必ずスムーズに経過していきます。勢いが萎(な)えると、指先をちょっと切ったくらいでも卒倒します。健康に限らず、勝負事でも勢いのある方が勝つよう... [続きを読む]
  • 食べる自由、食べない自由
  • 昔といっても、いつからかはっきりはしません。明治・大正以前でしょうか?日本人は『一日三食は食べていなかった』そうです。実際に一日に「三食食べねばならない」という根拠はどこにもありません。朝食抜きで大丈夫という人もいますし、それは身体によくない…と... [続きを読む]