つくつく坊や さん プロフィール

  •  
つくつく坊やさん: 手作り大好き つくつく坊や
ハンドル名つくつく坊や さん
ブログタイトル手作り大好き つくつく坊や
ブログURLhttp://tuku-tuku.seesaa.net/
サイト紹介文手作りと繕い物。ぽちぽちしている日々をご紹介。
自由文作るのは好きだけど、捨てることができない・・・
なので、どうしてもリフォームと繕い物の日々を送ってしまいます。
それでも家にあるものを使って、すてきなものが作れたらいいなと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/10/01 18:38

つくつく坊や さんのブログ記事

  • お財布の外側だけを新しく
  • 角がすりきれてきたので、これと同じ財布を作ってほしいと妹に頼まれました。確かに、ゴムっぽい素材の表面がはがれて、見苦しくなっています。  中はこんなふうになっていて、カードが15枚入って、小銭入れが大きく開きます。ポケットは内側に2つ、外にマチ付きのが1つ。お札入れには、仕切りがついています。  小銭とカードがとりだしやすくて、今まで使った財布の中でこれがいちばん使いやすいのだとか。でも、これと同じ [続きを読む]
  • 「ミャオ族の民族衣装 刺繍と装飾の技法」
  • 興味を持っていると、それについてのあれこれが引き寄せられるようにやってくること、ないですか?折据のことを考えているときのこと、「古典にみる折り紙」という本を読んでいたら、新聞にさらに古い折り鶴の図柄が見つかったという記事がでました。そして、その翌日には、「ダイヨの教育おりがみ」の会社が破産したというニュース。でも、一番びっくりしたのは、この本でした。折据のような中国の糸入れを見たのは、「One Needle [続きを読む]
  • みんぱく「ビーズ」の展覧会
  • ビーズといえばガラスビーズ、それから、木の実、種、貝のビーズ。みんぱくの展示でみた、ダチョウの卵の殻のビーズに鉄のビーズ。それくらいだと思っていたら、びっくりするようなものまでビーズになっていました。サカナのウロコや骨、スズメバチの頭、サルの歯、人の歯!かたくても穴があけられて、数があって大きさがそろっていたら、人はなんでもビーズにしてしまうのでしょうか。世界中のビーズを飾ったものがいろいろ展示し [続きを読む]
  • 経移動組織の織り
  • たて糸をむりやり左右に動かして、よこ糸を入れて織っていくというかんじです。動かしたところは、いつかもとにもどさないといけないのですけれど。試しに、いろいろ動かして織ってみました。これは、こまめにたて糸を移動させて織りました。  インカの整然とした織物の写真と。下のは、たて糸を何本かずつに分けて織ってから、三つ編みにしたり交差させたり。そのあいだを、全部いっしょに平織りしてつなげています。  そして [続きを読む]
  • 折据の糸入れのこと その3
  • 折据を折っていたら、中国の糸入れのことを思い出しました。本で見たのですが、折据を並べた糸入れと同じようなものでした。もしやと思ってネットでさがしたら、ほとんどがねじって開けるタイプでしたが、折据の糸入れとおなじ形のものもありました!気になる方は、"zhen xian bao"で検索してください。それをもとに現代風のものを作っている人もいて、たくさんの画像や動画がありますよ。そこで、またちがう折据の折り方をみつけ [続きを読む]
  • 折据の糸入れのこと その2
  • 本にあった折据を見ながら、あーでもないこーでもないと折っていたら、またちがうものができました。使う紙は、たて:よこが1:2です。短い辺の半分の長さが、できあがりの正方形の一辺の長さになります。初めに、右のように折り線をつけておきます。…は谷折り、-・-は山折りです。緑の→のところは、開いて平らにします。もう片方も、同じように折ればできあがります。・最初にできた紙の表側が花になる折据6は左側は5の谷折 [続きを読む]
  • 板杼
  • 板杼を作りました。3×20×900?の板を半分に切って、45?のを4本。電動糸のこで切って、あとはヤスリでがんばりました。ヤスリは、夫のを拝借。どれも金属用らしく、これはアルミ専用だとかあれこれうるさいですが、関係なく使わせてもらいました。金属のほうが固いから、木はサクサク削れるのではないかと思って。さいごに、サンドペーパーをかけました。これから、幅の広いショールを織ります。グレンチェックの予定でしたが、 [続きを読む]
  • トルマッシュ家秘伝の組みひも
  • 組紐・組物学会のワークショップで、習ってきました。これは、秘伝だったんですよ…イギリスのトルマッシュ侯爵家に保管されていた、15世紀の家事書にあったヒモの作り方だそうです。それを今、組むことができる幸せ。角浦節子先生、川辺千佳代先生、依田章子先生の指導で、たくさん見本を組んできました。右の写真にあるヒモは、輪にした2本の糸を指にかけて組んだものです。輪にした糸? 指にかける? という方は、「クテ打ち [続きを読む]
  • 折据の糸入れのこと
  • 教えてもらった折据と前に見た折据のちがいが気になって、折り方をさがしました。ネットでみつけたのは、「新・珍獣様のいろいろ」というブログにあった「お姫さまがたしなんだ江戸時代のおりがみ「糸入れ」」 →★展覧会で見たものを、自力で折った動画が公開されています。でも、その折据にはツメがあって、またちがう形でした。そこで紹介されていた「おりがみ新発見 3」という本をみたら、これもまた、ちがう!写真と図はあ [続きを読む]
  • 手袋を干すときに使う型
  • 折据のことも気になるけれど、手袋の仕上げもしなくてはいけません。できた手袋を夫にはめてもらったら、甲のまわりがやや大きくて、指はぴったり。縮絨して指のところが細くなったら困るので、ソックブロッカーの手袋版を作りました。木で作りたいけれど、材料と自信がなくて針金で。さがしたら、ちょうどいい太さの園芸用支柱が残っていましたし。針金の長さが70cmだったので、人差し指と中指、くすり指と小指、それから親指用に [続きを読む]
  • 折据(おりすえ)の糸入れ
  • 折り紙の話を聞きに行ったときに、折据の折り方を教えてもらいました。  花のところが持ち手で、それをひっぱると左右に開いて、立体的な箱になるというすぐれものです。これを並べた糸入れを知っていたので、裁縫箱にはいる大きさに折って、糸入れにしました。残り糸を入れておくのですが、サッと糸をとりだせるのが気持ちいいです。  教えてもらったのは紙の裏が花になるもので、紙の表を花にすることもできるというお話でした [続きを読む]
  • サンカ手袋
  • 手袋を編むつもりで細い糸を紡いでいたら、先生にサンカ手袋を編むようにすすめられました。でも、サンカ手袋は目数が多くて、親指の付け根のところなんて110目もあるんです。編むのが、たいへんなんですよ。しかも、紡いだ糸は0号針で編んでも、この目数だと巨人の手袋になるようなゲージ。これではサンカ手袋はムリでしょう、編まなくてもいいでしょうとホッとしていたら、先生からのダメ押しで、アディの0号棒針がやってきまし [続きを読む]
  • エプロンのポケットは、移動ポケットに
  • はずしたエプロンのポケットでティッシュ入れを作ろうと思ったときに、移動ポケットのことを思い出しました。10年くらい前に、布を何回か折って両脇を縫うだけという作り方に感動。いくつも作って、そのたびにすごい!って思っていました。そのときの移動ポケットは、ティッシュ入れのうしろにポケットがあってふたがついているもの。服につけるクリップはついていませんでした。これはクリップつきですが、1つでいいのか、2つが [続きを読む]
  • エプロンを小さい子どものエプロンに 2枚め
  • 2枚めの子どもエプロンは、右側のエプロンから。昔々、飛行機に乗ったときにもらったエプロンで、全面に世界各地の観光都市のイラストがはいっています。ポケットがないのですが、いつ何のためにはずしたのか忘れてしまいました。それくらい古いエプロンです。大きい胸当ては、肩ひものつけ根を裏側に折りこんで幅をつめました。上の紺色のところだけ、ミシンで縫っています。腰で面ファスナーにとめるようになっていた肩ひもは短 [続きを読む]
  • エプロンを小さい子どものエプロンに
  • こんなエプロンをしていたこともあったんですよ。はるか昔の若いころ。もう使うこともないので、これを4歳くらいの子どもが使うエプロンにします。はじめは、ギャザーエプロンです。ほとんどそのままのかたちで作りなおしたので、とってもかんたんでした。上品な胸当ては、ヒモがついているところの幅が18cmで、はじめから子どものエプロンサイズでしたから。胸当ての下のほうをつまんで折りあげて、長さは子ども用に調整しました [続きを読む]
  • 手織布のブックカバー
  • ペルー両面緯紋織りの布で、ブックカバーを作りました。これは、ブックカバーとしおりに使う長さだけを、なんとか織ってありました。自分で織った布にハサミを入れるのははじめてですが、ほんとに緊張しました。失敗したらあとがないし、これはもう織りたくないし。接着芯をはって、ぜったいほつれないと安心できるまでジグザグミシンをかけてから、やっと裁断しました。作ってみたら、長さがぎりぎり。あと1もよう織っていたらよ [続きを読む]
  • 母子手帳ケース
  • 姪に頼まれて、母子手帳ケースを作りました。二人分のA6サイズの母子手帳とお薬手帳と、カードがはいるのがほしいそう。カードをよこに3枚並べると18?くらいで、縁を1?バイアステープでくるむことにしたら20?。たては、カード入れが2段で11.5?。マチは、手帳はどんどんふくらんでいくときいていたので、2冊で3?にしたけれど、じゅうぶんかどうか…よくわからないけれど、この大きさで作りました。    使った布は、古い [続きを読む]
  • トリのお祝い袋
  • ニワトリのぽち袋を作ったときに、ふつうのトリの形でうまくできたのがありました。このトリを使って、出産祝いの金封を作りました。B4サイズの用紙で、お札を折らずに包める袋が作れます。①赤線に切り込みをいれます。右側が胴と頭で、左側が羽になります。②たての線で山折りして、その山折りに重なるように右端を折ります。両端を裏側に折りこんだ三つ折りです。③横の線で谷折りします。  ④トリを折ります。3は、クチバ [続きを読む]
  • トリもようのカード織り
  • 明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ここに織り方がありました。→★織物の説明は、こちら。→★カード織りで、鳥のところはたったの11枚です。織り方にある「!」の説明がドイツ語(?)だけでよくわからなかったのですが、「ここはカードの回転を不規則に」ということみたいでした。たぶん1回多くまわすとか、1回あともどりするとか。同じ色を織目に出しつつ、そのあとにあるもようの斜線をきれいな [続きを読む]
  • 羊毛フェルトの鏡餅
  • 糸にできない羊毛がたくさんあったので、それを使って鏡餅を作りました。短く刈られた羊毛で、染めたあとに取り除いたものもあるので、色つきもあります。石けん水をつけて丸めたらすぐできると思ったのですが、まとまらず。小さいかたまりをほぐして表面にのばして、こすってのばして…のくりかえしで、やっとお餅のかたちにできました。そのあと、さらに針でついてしっかり形を整えて、できあがり。と思ったら、乾かすのに、また [続きを読む]
  • 床の節穴をうめました。
  • 作るのに書くのがおいつかなくて、書きそびれたことがいっぱいあります。その中から、年末にふさわしい(?)のを1つ。きれいな床で新年をすごしたい方のために。うちの床は節目がある杉材なのですが、年月とともに節目の材がとれてきて節穴がいくつもできました。これは、節穴に足の指をひっかけて痛い目にあった夫の、緊急修理。  何かで使った残りのパテをつめて、紙やすりで平らにして、アクリル絵の具で色をつけています。 [続きを読む]
  • クリスマスリース、2つ
  • ひとつめは、少し前に作ったリース。ミルテの枝にハイキングで拾った木の実、そして、毎年使っている飾りをつけました。今年はミルテの葉に茶色い斑点がでて、きれいな枝は少しだけ。いつも青々としてきれいだったのに、残念です。木の実は、ヤブツバキとヤシャブシかな?メルトボンドを使いましたが、枝につけるのがむずかしかったです。もうひとつは、今日の庭そうじで切ったツタのリース。捨てようと思ってツタを丸めたらリース [続きを読む]