TN9011 さん プロフィール

  •  
TN9011さん: TNさんの阪急日誌
ハンドル名TN9011 さん
ブログタイトルTNさんの阪急日誌
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/tn9011
サイト紹介文阪急電車の動向を主に書いています。 阪急や鉄道模型に興味がある方はぜひご覧下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/08/20 04:31

TN9011 さんのブログ記事

  • 赤い電車
  • こんばんは最近京急にハマっております。昨年9月に撮影に行った際にはリラックマラッピングを撮ってきました。京急のリラックマラッピングは阪急よりもキャラが大きくラッピングされていたので目立っていいですね。この日は黄色いのも撮れました。模型を買うか悩んでいます。。。現在リバイバル塗装となっている8231編成です。この編成はリバイバル塗装のまま廃車になりかねないので通常塗装を撮っててよかったです。他にもかなり [続きを読む]
  • 赤い電車
  • こんばんは最近京急にハマっております。昨年9月に撮影に行った際にはリラックマラッピングを撮ってきました。京急のリラックマラッピングは阪急よりもキャラが大きくラッピングされていたので目立っていいですね。この日は黄色いのも撮れました。模型を買うか悩んでいます。。。現在リバイバル塗装となっている8231編成です。この編成はリバイバル塗装のまま廃車になりかねないので通常塗装を撮っててよかったです。他にもかなり [続きを読む]
  • 阪急3081×4R 箕面線仕様
  • こんばんは事業者限定鉄道コレクション阪急3000系から製作した阪急3081×4R 箕面線仕様です。主な加工点は以下の通りです。・車体再塗装・床下機器を3Dプリンター出力品に交換・クーラーフック取り付け・クーラー、屋根、床下機器など塗装5132×4Rと並べて箕面線風に。因みに看板はジオマトの製品を使用し、タミヤのNATOブラウンでウェザリングしています。箕面線の看板はこの茶色く汚れていた印象が強いので是非とも再現したかっ [続きを読む]
  • 阪急3081×4R 箕面線仕様
  • こんばんは事業者限定鉄道コレクション阪急3000系から製作した阪急3081×4R 箕面線仕様です。主な加工点は以下の通りです。・車体再塗装・床下機器を3Dプリンター出力品に交換・クーラーフック取り付け・クーラー、屋根、床下機器など塗装5132×4Rと並べて箕面線風に。因みに看板はジオマトの製品を使用し、タミヤのNATOブラウンでウェザリングしています。箕面線の看板はこの茶色く汚れていた印象が強いので是非とも再現したかっ [続きを読む]
  • 未更新の3300系8連が消滅
  • こんばんは先日阪急京都線の3315×8Rが運用を離脱し、部品の取り外しが行われているようです。3326×8Rが先に廃車となっており、3315×8Rが廃車になると未更新の3300系8連は消滅となります。3315×8Rより先に廃車となった3326×8R。3315×8Rも運用を離脱し廃車になると思われます。これにより快速急行や準急桂行きなどの8連車限定の運用に未更新の3300系が就くことが無くなります。思い返せば3年ほど前までは8連の未更新3300系など [続きを読む]
  • 未更新の3300系8連が消滅
  • こんばんは先日阪急京都線の3315×8Rが運用を離脱し、部品の取り外しが行われているようです。3326×8Rが先に廃車となっており、3315×8Rが廃車になると未更新の3300系8連は消滅となります。3315×8Rより先に廃車となった3326×8R。3315×8Rも運用を離脱し廃車になると思われます。これにより快速急行や準急桂行きなどの8連車限定の運用に未更新の3300系が就くことが無くなります。思い返せば3年ほど前までは8連の未更新3300系など [続きを読む]
  • 阪急8315×8R 床下機器更新後仕様
  • こんばんはグリーンマックス製阪急8300系3次車から製作した8315×8R 床下機器更新後仕様です。主な加工点は以下の通りです。・車体クリアーコート・床下機器、屋根、クーラー等塗装・クーラー、ベンチレーター、インバーター、フィルタリアクトルを3Dプリンター出力品に交換・パンタグラフをPT71Bに交換機器更新後のスカスカの床下も再現しています。 [続きを読む]
  • 阪急8315×8R 床下機器更新後仕様
  • こんばんはグリーンマックス製阪急8300系3次車から製作した8315×8R 床下機器更新後仕様です。主な加工点は以下の通りです。・車体クリアーコート・床下機器、屋根、クーラー等塗装・クーラー、ベンチレーター、インバーター、フィルタリアクトルを3Dプリンター出力品に交換・パンタグラフをPT71Bに交換機器更新後のスカスカの床下も再現しています。 [続きを読む]
  • 阪急8302×8R床下機器を更新し運用復帰
  • こんばんは機器更新工事の為運用離脱していた阪急京都線8302×8Rですが、先月中旬より運用に復帰しています。工事内容は8315×8Rと同じく床下機器の更新のみのようで、その他に目立った変更点は見当たりませんでした。なお、今回は検査も同時に実施され全体的に綺麗な状態での出場となりました。こちらは2015年に機器更新し出場した8315×8Rですが、今後も機器更新車が増えるのか気になるところですね。 [続きを読む]
  • 阪急8302×8R床下機器を更新し運用復帰
  • こんばんは機器更新工事の為運用離脱していた阪急京都線8302×8Rですが、先月中旬より運用に復帰しています。工事内容は8315×8Rと同じく床下機器の更新のみのようで、その他に目立った変更点は見当たりませんでした。なお、今回は検査も同時に実施され全体的に綺麗な状態での出場となりました。こちらは2015年に機器更新し出場した8315×8Rですが、今後も機器更新車が増えるのか気になるところですね。 [続きを読む]
  • 阪急8040×4R 箕面線仕様
  • こんばんは松本商事製阪急8040形から製作した阪急8040形 8040×4R箕面線仕様です。クーラーやインバーターなどのパーツは3D出力品を使用しました。また、車体は一度塗装を剥がしてから再塗装しています。5132×4Rと並べて現代の箕面線を再現できるようになりました。 [続きを読む]
  • 阪急8040×4R 箕面線仕様
  • こんばんは松本商事製阪急8040形から製作した阪急8040形 8040×4R箕面線仕様です。クーラーやインバーターなどのパーツは3D出力品を使用しました。また、車体は一度塗装を剥がしてから再塗装しています。5132×4Rと並べて現代の箕面線を再現できるようになりました。 [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その5 屋根・小物類塗装
  • こんばんはかなり間が開きましたが阪急8040F製作記 その5です。今回は屋根と小物類の塗装を行います。まずは屋根の塗装です。屋根はジャーマングレーで塗装しました。ついでにクーラー等も塗装しました。これらはグレーFS36270で塗装しています。スカートはライトグレーFS36495で塗装しました。また、いつも通り肉薄に見えるように断面の半分を艶消し黒で塗装しています。その他パンタも塗装してから、パーツを組み立てました。床 [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その5 屋根・小物類塗装
  • こんばんはかなり間が開きましたが阪急8040F製作記 その5です。今回は屋根と小物類の塗装を行います。まずは屋根の塗装です。屋根はジャーマングレーで塗装しました。ついでにクーラー等も塗装しました。これらはグレーFS36270で塗装しています。スカートはライトグレーFS36495で塗装しました。また、いつも通り肉薄に見えるように断面の半分を艶消し黒で塗装しています。その他パンタも塗装してから、パーツを組み立てました。床 [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その4 インレタ・シール貼り付け
  • こんにちは阪急8040F製作記 その4です。今回はインレタ・シールの貼り付けとクリアー塗装を行います。種別幕のシールはGMのものを、方向幕のシールは付属のものを使用しました。また、車番と社紋のインレタは付属していないのでそれぞれジオマトとGMのものを使用しました。インレタなどの貼り付け後にクリアーで表面保護を行います。今回はここまでです。次回の記事はこちら前回の記事はこちら [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その4 インレタ・シール貼り付け
  • こんにちは阪急8040F製作記 その4です。今回はインレタ・シールの貼り付けとクリアー塗装を行います。種別幕のシールはGMのものを、方向幕のシールは付属のものを使用しました。また、車番と社紋のインレタは付属していないのでそれぞれジオマトとGMのものを使用しました。インレタなどの貼り付け後にクリアーで表面保護を行います。今回はここまでです。次回の記事はこちら前回の記事はこちら [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その3 車体塗装
  • こんばんは阪急8040F製作記 その3です。今回は車体の塗装を行います。途中の写真を撮り忘れていましたが…、車体はサフ→マルーン→アイボリーの順で塗装しました。アイボリーは若干太めになるように塗装しています。貫通扉も塗装します。使用した塗料はMr.カラーのウッドブラウンです。ここはそこまで大きな面積でもないので筆でも十分塗れますが、エアブラシで塗った方が綺麗に塗れるのでエアブラシで塗装しています。準備や片 [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その3 車体塗装
  • こんばんは阪急8040F製作記 その3です。今回は車体の塗装を行います。途中の写真を撮り忘れていましたが…、車体はサフ→マルーン→アイボリーの順で塗装しました。アイボリーは若干太めになるように塗装しています。貫通扉も塗装します。使用した塗料はMr.カラーのウッドブラウンです。ここはそこまで大きな面積でもないので筆でも十分塗れますが、エアブラシで塗った方が綺麗に塗れるのでエアブラシで塗装しています。準備や片 [続きを読む]
  • 阪急宝塚線7015×8R
  • こんにちは先月、阪急宝塚線の7015×8Rがアルナ車両に入場したようです。今回の入場もリニューアル改造のためと思われますが、宝塚線所属車両では初のリニューアル工事となります。7015×8Rの写真を探してみましたがまともなものが見つかりませんでした。ようやく見つかったのが2015年撮影のこの写真です。同編成は昨年にC#7115の連結器を交換しており、写真の姿は過去のものとなってしまいました。ある意味貴重な写真と捉えれるで [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その2 床下加工
  • こんばんは阪急8040F製作記 その2です。写真を撮るのを忘れていましたが、製品は8000系1/2次車用のものが取り付けられていたので8040形用のインバーターに交換します。まずは、元のインバーターの部分を台座ごとカットします。その後同箇所に3Dプリンター出力品を取り付けます。ついでに床下機器と台車を塗装しました。塗装したインバーター装置です。なかなかいい感じではないでしょうか。今回はここまでです。次回へ続く。前回 [続きを読む]
  • 阪急8040F製作記 その1 車体加工
  • こんばんは今年の8月に阪急8040形箕面線仕様が松本商事から発売されました。グリーンマックスが製造元なので車体などは8300系3次車と共通のようです。しかし、シールは専用のものが用意されていました。また、ワイパーも近年の黒ワイパーが印刷されています。車番も印刷済みなので手軽に加工できるのがいいですね。しかし、残念だったのが塗装がかなりひどいことです。前照灯周りにアイボリーが回り込んでいないためマルーンが見え [続きを読む]
  • 6014×4Rが箕面線の代走に
  • こんばんは8月下旬に阪急宝塚線所属の6014×4Rが箕面線の代走運用に就きました。これまで箕面線の代走は5132×4Rか5134×4Rが行っていましたが、現在は両編成とも箕面線専属編成となったため6014×4Rが箕面線予備編成となり今回の運用に就いたようです。なお、C#6014が先頭に出るのは約15年ぶりのようです。 [続きを読む]