うさうさのプチファーム さん プロフィール

  •  
うさうさのプチファームさん: 北安曇野ぶどう畑とワイン
ハンドル名うさうさのプチファーム さん
ブログタイトル北安曇野ぶどう畑とワイン
ブログURLhttp://usafame.naganoblog.jp/
サイト紹介文長野県大町市と池田町でワイン専用ぶどうを栽培。北アルプス、ワイン、ワインぶどう栽培のお話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2012/03/19 11:30

うさうさのプチファーム さんのブログ記事

  • 食われてる、食われてる
  • 大町市社(やしろ)のワインぶどう畑。ぶどうが食われています。きれいに食べてあるから、ハクビシンでしょうか?食害に慣れてきて、ショックを受けなくなった。ネットをはっても、たぶんネットの上から食べる。電気柵もハクビシンには効かないらしい。近所の人が言っていたから、電気柵はやめた。(確かに、ネットと電気柵で囲われたトウモロコシがやられていた)来年からは、本気でぶどうの仕立て方を変えよう。 [続きを読む]
  • 巣立ったようです
  • ぶどうの木にあった小鳥の巣。きれいに作ってありますね。雛は無事巣立ったようなので、撤去させてもらいました。親鳥はぶどう畑のどこかでチーチーないてます。まだよく飛べない子が近くにいるようです。 [続きを読む]
  • 2016年うさうさのプチファームワイン
  • 2016年に収穫したぶどうのワイン(サンプル)が届きました。醸造先は伊那ワイン工房です。松本のワインカフェ Sarto サルト に持込み、ソムリエの木下真奈美さんと一緒に試飲しました。赤ワインと白ワイン、白の泡が1本です。赤白共に2015年より味わい深く、初めての泡も美味しく出来ていました。サルトのお料理はどれも美味しくて、雰囲気もサービスも良かったです。2016年ワインのリリースは、秋以降かな。今は、栽培 [続きを読む]
  • もう食べてあった
  • 信州安曇野、池田町のワインぶどう畑。色がついてきたぶどうもあります。よく見ると、もう食べられた跡が・・・、試しに自分も食べてみた。スッパイ、渋い、固い、何者がこんなぶどうを食べるのか?色づいたところだけキレイに食べてあるので、鳥ではない、ハクビシンかな。野生の味覚と人の味覚はずいぶん違うものだ。 [続きを読む]
  • 穴の中の虫をやっつける
  • ぶどうの木の根元に、木屑のような塊がついていたら、コウモリガの幼虫がいます。ぶどうの木に穴を開けて、中を食べているのです。放っておくと、やがてぶどうは枯れます。ふんの塊を取り除き、コウモリガの穴を見つけます。ティッシュペーパーを丸めて、殺虫剤に浸し、ピンセットで穴に突っ込みます。針金でグイグイと押し込みます。殺虫剤は臭いので、防除用マスクを忘れずに。 [続きを読む]
  • 小鳥の巣がありまして
  • 赤いテープをはった幹の上に、小鳥の巣があります。屋根のように覆いかぶさっていた枝を切ってしまったので、育児放棄するか心配しましたが、大丈夫でした。そっと覗いてみると、黄色のくちばしを大きく開けた雛が3羽いました。親鳥が、どこかでチーチーないてます。巣があると、消毒の時も気を使います。早く巣立って欲しいな。 [続きを読む]
  • 北アルプス国際芸術祭が終わった。
  • 北アルプス国際芸術祭が終わりました。パスポートを買って、全部見ようと思ったけど、7月になって忙しく無理だった。「うさうさのプチファーム」のような小さな農家民宿にも芸術祭関連のお客様が見えて、なかなか大変でした。8月は、たぶん登山のお客様がメインだろうな。登山の方には、「うさうさのプチファーム」の自炊設備が好評です。 [続きを読む]
  • メニエール病と付き合っていく
  • 体調不良で数日寝てました。メニエール病の症状で、一日は吐き気、吐き気がおさまった後は体力の回復。炎暑の中、頑張り過ぎたかな。初めて、症状が出た3年くらい前はひどくて、3日間嘔吐、フラフラで総合病院で点滴3日、色々検査して異常なし。退院の時ドクターが「原因不明ですが、症状はメニエール病ですね」以後、症状が出そうな時が分かるようになって、入院という事態には至っていませんが、吐き気は辛い。体力、一気に消耗 [続きを読む]
  • 「亀工房」発見
  • 今日(2017年7月11日)信濃毎日新聞の記事に「亀工房」さんが出てました。ハンマー・ダルシマーのことは、米国の打弦楽器と書いてありました。「亀工房」のサウンドは、子供からお年寄りまで楽しめるので、お年寄りサロンに向いているかもしれません。お年寄りの皆さん楽しい時間を過ごされたことでしょう。 [続きを読む]
  • 家の中に黒部ダム
  • 栗林 隆 「だいいち黒部ダム」建物の中とは思えない迫力の壁。見上げると、黒くがっちりした太い梁。土壁と木材の力強い組み合わせがいいなと思いました。2階には黒部ダムと足湯があります。どこから上るのかと思ったら、一度外に出て、3分くらい歩いて建物の裏へ。狭い階段を上がると、立山連峰、黒部ダム、足湯がありました。裏の入り口手前が立山連邦、その向こうに黒部ダム、足湯狭くて急な階段 [続きを読む]
  • 北アルプス国際芸術祭 Takase River Garden
  • 北アルプス国際芸術祭、高橋 治希 Japanese Alps Takase River Garden高瀬川は大町市を流れる川です。流麗な線と繊細な植物。部屋の外をぐるりと回って見ます。細部まで美しい会場の下を流れる水北アルプス国際芸術祭開催中の 7月1日(土)大町市塩の道ちょうじやにて「亀工房 ハンマーダルシマー&ギター コンサート」をやります。芸術祭の後は、大町産ワインと心地良い音楽をお楽しみください。詳細はこちらhttp://usaputi. [続きを読む]
  • 「龍の棲家」 北アルプス国際芸術祭
  • 岡村 桂三郎の「龍の棲家」 大きな焼板を岩彩で着色し、削り、表現しています。圧倒的な板の存在感。闇から浮かび上がるような顔や獣。神話の世界を歩いているようです。黒い線は板を削ってあります。鱗のようです。北アルプス国際芸術祭開催中の 7月1日(土) 大町市塩の道ちょうじやにて「亀工房 ハンマーダルシマー&ギター コンサート」をやります。芸術祭の後は、大町産ワインと心地良い音楽をお楽しみください。詳細は [続きを読む]
  • 北アルプス国際芸術祭 Arc ZERO
  • 北アルプス国際芸術祭、仏崎観音寺の「Arc ZERO」 ジェームス・タップスコット。まるで茅の輪くぐり。茅の輪をくぐってもぬれることはありませんが、こちらは少しぬれます。茅の輪より、穢れが洗い流されるような気がしてしまう。何と言っても、大町のきれいな水が使われてますからね。北アルプス国際芸術祭開催中の 7月1日(土)大町市塩の道ちょうじやにて「亀工房 ハンマーダルシマー&ギター コンサート」をやります。芸術 [続きを読む]
  • 「みすずかるしなの」 北アルプス国際芸術祭
  • 北アルプス国際芸術祭、湊 茉莉 「みすずかるしなの」 大町の市街地を何本もの水路が通っています。この作品の会場にも水が流れています。大町のきれいな水を再認識する作品です。北アルプス国際芸術祭開催中の 7月1日(土) 大町市塩の道ちょうじやにて「亀工房 ハンマーダルシマー&ギター コンサート」をやります。芸術祭の後は、大町産ワインと心地良い音楽をお楽しみください。詳細はこちらhttp://usaputi.com/e210012 [続きを読む]
  • 大町市野平ラベンダー祭
  • 大町市野平(のだいら)でラベンダー祭をやっています。国道19号野平信号近くです。花はつぼみが多いのですが、香りはしっかりあって、摘み取り300円はお得です。無料振る舞いタケノコ汁が美味しかったので、朝採りタケノコ買ってきました。屋台村もあります。ラベンダー祭会場に、7月1日(土) 大町市塩の道ちょうじや「亀工房 ハンマーダルシマー&ギター コンサート」の招待券が少し置いてあります。コンサート詳細はこち [続きを読む]
  • ジミー・リャオのファンになりました。
  • 北アルプス国際芸術祭、ジミー・リャオ(台湾)の作品。大町名店街の中にあります。丁寧に書き込まれた絵と可愛らしいキャラクター、何より命をいとおしむ優しさが絵に溢れていて魅了されました。台湾の方が、台湾でも芸術祭をやりたいとおっしゃっていました。そしたら、ジミー・リャオの作品を訪ねて台湾に行こうかな。北アルプス国際芸術祭開催中の 7月1日(土)大町市塩の道ちょうじやにて「亀工房 ハンマーダルシマー&ギタ [続きを読む]