juliemiddy さん プロフィール

  •  
juliemiddyさん: リタイアした二人暮らしに起きること
ハンドル名juliemiddy さん
ブログタイトルリタイアした二人暮らしに起きること
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/juliemiddy
サイト紹介文夫の腎臓病食作りは夫の協力で楽になりました。 食事療法の関係で、二人で旅行に行けないのが残念です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/02/27 10:04

juliemiddy さんのブログ記事

  • 82歳でもご覧のとおり
  • 3月31日に「オシャレもあと何年?」と題して、70歳くらいまででオシャレはしないんじゃないかと思うことを書いたが、先日テレビの「爆報! THE フライデー」に、芳村真理さんが出演していた。芳村真理さんお写真はネットからの借り物です芳村真理さんは、82歳でとてもオシャレだ。H&Mがお気に入りの店で、真っ赤なコートを選んでいた。いくつになっても、これくらいじゃなきゃダメだ。体がお元気でおられるのが、根本にあるか [続きを読む]
  • 便利なグッズ
  • また、ベルメゾンで、便利なグッズをみつけました。今度購入したコーナーラックは、左側の三角のものです。火からおろしたばかりの熱いお鍋も置くことができます。料理の終わったお鍋を移動することで、コンロがひと口 空きます。とても便利です。 [続きを読む]
  • オシャレもあと何年?
  • 今、61歳だ。家計は倹約を宗としてきた。だが、70歳を過ぎても、ネットで素敵な服を捜したり、ショッピングモールや、大きなスーパーのシャレた衣料品売り場を歩いて試着したり・・・するのだろうか。もしかして、オシャレしようとするのはあと10年なんだろうか。健康を害して、出歩けるからだではなくなっているかもしれない。今も着ているパジャマは30代の頃に買ったものもある。最近タンスの整理で何枚も古いパジャマは捨てたが [続きを読む]
  • 静かなまぼろし♪ 昔の恋
  • 松任谷由実さんのアルバムで「流線形’80」のカセットを20代の頃買った。私は今61歳だが、これをずっと聴き続けている。その中に「静かなまぼろし」という歌がある。歌詞の最後は、  昔の恋をなつかしく思うのは  今の自分が幸せだからこそ       もう 忘れてという一節が出てくる。店の中にいると、ドアがあいて、昔の彼が入ってきて、誰かとメニュウを選ぶささやきが聞こえるが、振り向く勇気がない、という場面の歌 [続きを読む]
  • 元気のない年のひな祭りは
  • 元気があまりない年は、ひな祭りでもひな人形を出してやれない。昨年は、それまで続いていた相続のいろいろなことが終わって、おひな様を飾った。ブログに書いた。(50年前のおひなさま)今年は還付の確定申告も提出して、日常は、まあ、平穏に過ぎてはいるのだが、おひな様を出す元気が出ない。20年以上前になるが、当時住んでいた団地から一番近い駅のショッピングモールの中に、手芸屋さんがあった。そこで、季節ごとに素敵なタ [続きを読む]
  • お風呂のふた(これが主流なの?)
  • お風呂のふたを5年ほど前に、それまでのくるくる蛇腹のものから、10cm幅くらいの屏風式のものに買い替えていた。ところが、初めはいいと思っていたが、1枚ずつの両端が、小さな穴のあいた部品で封をするような構造になっていた。使い始めてすぐにはなかったことだったが、その部品がよく外れるようになった。それぞれの折り目の部分にも汚れやかびがつくようになってしまったし、困ったものだ、と新しいのを考えていた。すると [続きを読む]
  • 巻き肩
  • TBSの「ゲンキの時間」で肩関節が前側に傾いている「巻き肩」をやっていた。私は、母も姉も腕が前側に倒れており、そういう人は猫背になっているという。遺伝でこうなっているのだろうと、治せないものだと思っていた。インナーマッスルの小胸筋が凝っているために、肩甲骨が開いて、猫背になるらしい。ふだん、肩が前側に倒れているとは言っても、生活に支障はないのだが、姿勢としては格好悪い。横向きで寝る人がなりやすいとい [続きを読む]
  • トゲが刺さると
  • 子どもの頃は周囲に木材の物が多かったので、よくトゲが刺さった。     指先が痛いと切ったわけでなく、トゲであることがよくあった。母のところにいくと、母は針を使って、よく取ってくれた。最近は身近に木材を触るような状況もないし、家もトゲが刺さるような、木の製品がない。少し大きくなってからは、自分で針で、トゲを取った。茄子の調理をして、トゲがささることもあって、茄子をいじるときは、用心をする。夜になっ [続きを読む]
  • 実家のあとは今は・・・
  • 実家は2015年に売った。初めは家の中の物は遺品を引き取ったあと、すべて処分して、家ごと買い取ってほしかった。買い手はつかなかった。空き家を長く放置しておくのはご近所にご迷惑だ と親族で話し合い、結局業者が土地を買うことになり、すなわち家は取り壊すことになった。数年たった。ストリートビューを見ると、実家のあとは、きれいな新築の家が建っている。小学生がいるという。     平成28年度のNHK全国短歌大会 [続きを読む]
  • 最近のすぐれピーラー
  • ピーラーと言えば、プラスティックの簡単なつくりの軽いもので、ディスポーザーに流れ落ちて、ディスポーザーを壊してくれた。もう一種は、握り手の長い木製の本体に、刃がついているタイプ。新しく購入する必要がでて、日用品1割引きの日に、刃の部分がセラミック製の良さそうなのを見つけて、買ってきた。それが、↓ だ。これがためしに使ってみたら、皮を数段薄く?けるスゴワザの逸品だった。大根おろしを作るときに、夫は大 [続きを読む]
  • 医療費を確定申告する方へ
  • ときどき、確定申告のために、医療費の領収書を整理するのに苦労している、とブログで読むことがある。私の家も、入院が無くても、年間にすると医療費はかなりの額に上る。私は、税務会計事務所に9年ほど働いていた。3級ではあるが、ファイナンシャルプランニング技能士の資格もあるので、ここに私が職務上、経験して、私も家庭で実践している便利な方法を書いておこうかと思う。それは、誰でも思いつきそうなやり方なので、お読み [続きを読む]
  • 転倒して頭を強打
  • 2017/1/6の金曜の深夜、キッチンで膝くらいに設置してあるティッシュをかがんで、1枚引き抜いて、起き上がろうとした瞬間、しりもちをついて、そのまま後ろに転倒した。仰向けに倒れたとき、真っ暗になり、紫色の火花が出た。倒れている状況が、なんのことだか、さっぱりわからない。足が滑った記憶もないし、よろけた記憶もない。頭は打ったが、頭から外傷の血は出なかった。そのかわり、舌を歯で噛んでしまい、何か所も傷ができ [続きを読む]
  • ウォーキングシューズ
  • よく電車でご高齢者の女性の方々が、紐のついた地味な色合いの靴を履いていらっしゃる。よく言えば「ウォーキングシューズ」。失礼な言い方をすれば、「婆さん靴」。なんでもっと靴にオシャレなものを選ばないのだろうと前々から思っていた。履きやすいとか、疲れないとか、もちろん機能を優先しているのだろうということは想像できる。私は試着したこともなかった。パンプスで、血豆ができたり、長く歩けなかったり、足が疲れるこ [続きを読む]
  • 日本って捨てたもんじゃない
  • 長い話になるが、ご勘弁頂きたい。今日、街に出る用事があって、藤沢駅に来た。いくつかの用事を済ませるとお昼時になってお腹がすいたので、イタリアン・トマトのCafe Jrの手軽なイタリアンのランチを食べた。最近は、服にシミが飛んだりするのがいやなので、おばあさんでもあるし、胸に白い大判のハンカチをつけて、膝にも大判のハンカチを広げることにしている。少食になってしまった私には、ちょうど良い程度のパスタと [続きを読む]
  • ネットで競馬
  • 競馬と言えば、夫はネットで10年以上前から楽しんでいる。私も一度府中競馬場に行って、大きな馬がドドドドドと走る姿に見惚れたが、あまりギャンブルはしない家庭に育ったせいか、夫がパチンコや、競馬、競輪など買うのをあまり好ましくは思っていなかった。だが、南アフリカの2010年に日本がサッカーのワールドカップに出たあとから、たまにtotoやBIGを買うことがあった。集まった資金は、スポーツの振興に使われるので、 [続きを読む]
  • 無線LAN
  • うちでは、パソコン2台と、プリンターを無線LANでつないでいる。スマホはないので、その関連性もまったくわからない。おととい、朝、インターネットがぷっつり切れた。無線LAN親機のPOWERのところにしか、LEDのランプがつかなくなってしまった。電源を入れ直したり、思いつくことをいろいろとやってみたがだめだった。ネットが使えないので、理由を知ることも、ネットで親機を買うこともできない。ならば、有線で、LANケーブル [続きを読む]
  • ビデオテープをDVDにする
  • 録画と言えばビデオだったころ、自分の部屋用にテレビデオを置いて、好きな番組を録画して観ていた。父は日頃から撮影しては編集し、実家にはものすごい量のビデオテープがあった。11月に、うちにあるビデオをDVD化して、これからも見られるようにしようと思った。テレビデオがあるうちはビデオでも見られるが、テープは劣化するし、カビも生える。問題のないビデオなら、1本398円でDVD化してくれる業者を見つけた。ネッ [続きを読む]
  • 古着
  • 30年くらい前に買った白いセーターが何枚もあった。首元がきっちりしまった形や、カーディガンもある。白いニットが流行りだったのだろう。タンスに平置きで置いていて、夏場は衣替えで衣装ケースに移していたと思う。それが、最近普段着にしようかと着てみたら、肌に接する部分が、ちくちくとして、かゆい。私は、かゆくてかくと、すぐ赤くなってしまうたちだ。白いセーター、カーディガンは、すっかり黄ばんでしまっていた。茶色 [続きを読む]
  • 静かに行列に並ぶ日本人
  • 今日は、運転免許の更新手続きに行ってきた。いくつかの手続の順序にしたがって、各窓口に静かに、穏やかに行列を整然と作っている神奈川県民の姿にまた感心してしまった。今年の確定申告のときの行列についてもブログに書いた。平日の朝とあって、来ている県民は年齢層が高かった。ここへ来れるくらいだから、元気がある年配者とみられる。試験場では、窓口の番号に並ぶ意味があまり詳しく張り紙はしていなかった。でも、ここだな [続きを読む]
  • いしのようこさん(べっぴんさん)
  • いしのようこさんが、NHK朝ドラの「べっぴんさん」でとても良い。主人公すみれの女学校の手芸仲間で、一緒に仕事をしている友人君枝さんの、お姑さんを演じている。いしのさんは、元はお金持ちのお嬢さんだったこの役の雰囲気を的確に演じていて上品なお姑さんがとても合っている。アイドルだったいしのさんも、もうこのような年齢になったのだなと、年月が過ぎたことを思い知るが、その美しい着物姿が映えている。こんな感じだ [続きを読む]
  • 若い女性の感嘆の声
  • テレビの収録で、少しの観客を入れて、拍手や感嘆の声を音声に入れている番組がバラエティによくある。その中で、最近、気になっていることがある。おそらく観客席は、若い女性たちと思われる声が聞こえる。出演者の話で、若い女性たちが感嘆の声をそろってあげるときだ。  「オオオオーー!」と言うのだ。昔なら、若い子たちは  「わぁーーー!」と言わなかったか?「オオオオー」というのが、どうもなじめない。たたえるとい [続きを読む]
  • 母を詠んだ短歌
  • 2014年8月9日に 第63回実朝祭短歌大会で (鎌倉・鶴岡八幡宮にて 神奈川県歌人会主催)、 実は現代短歌社賞を受賞していた歌があります。母が亡くなって、いまは、3年以上月日が経ち、掲載してもよいのではないかという気持ちになりました。「一年は大丈夫よね」余命あと二か月なりし日母が問ひたり [続きを読む]
  • 足のストレッチ グッズあり
  • ずいぶん前に、ストレッチングボードを買った。引っ張り出してきて、最近、少々使ってみた。まず、床の上で、前屈をして、指先を床に着けようと手を伸ばす。私はからだが硬いので、当然、つかない。そこで、ストレッチングボードの登場。つま先が上がるようにストレッチングボードの上に立つ。図解の通りに、ストレッチを3分ほどおこなう。さて、ひととおりストレッチが終わったら、また、床に降りてきて、前屈をする。らくらくと [続きを読む]