ひらび久美 さん プロフィール

  •  
ひらび久美さん: 人生にロマンスとミステリを
ハンドル名ひらび久美 さん
ブログタイトル人生にロマンスとミステリを
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/k-hirabi
サイト紹介文ロマンスとミステリが大好きなひらび久美のブログです。電子書籍紹介、実務翻訳、日々のことを綴ります。
自由文蜜夢文庫『フォンダンショコラ男子は甘く蕩ける』『恋愛遺伝子欠乏症 特効薬は御曹司!?』、ベリーズ文庫『フキゲン課長の溺愛事情』、プリシラブックス『恋するブーランジェ――丸ごと食べてほしいの』。電子書籍『イケメンシェフの恋レシピ 残念女子に愛のスパイス』『恋編み――緑の瞳に魅せられて』『あなたに愛のカクテルを』『恋はメイクの後で』『プレイボーイお断り!』など発売中!男女恋愛、ハピーエンド専門です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2013/11/09 08:33

ひらび久美 さんのブログ記事

  • いろんな仕事があるもんだ
  • 11月末までは書籍翻訳でスケジュールがぎっちぎちなため、ほかの翻訳会社さんのお仕事はセーブしています。1週間に○枚(少し)しか引き受けられないと伝えているので(もちろん、丁寧に!)実質、どこからも依頼がありません(それはそれで不安。収入ないし)。でも、メインでお仕事をいただいている翻訳会社さんから、たまに電話で依頼があります。「ほかに引き受けてくださる翻訳者さんがいなくて」とか「前回も訳していただい [続きを読む]
  • 無駄に疲れた……
  • kidsが楽しみにしていたプールに連れて行ったのですが、なんと休業日!暑いなか、自転車こぎこぎして行ったのに〜。っていうか、ちゃんと調べろ私!でも、8月中は(通常なら月曜は閉館している)図書館が月曜に開いてるから、プールも月曜日やってると思ったんだもん。ごめんよ、kids。明日行くことになったけど、明日は昼から長男の心臓検診なので、3時間しか遊べない。っていうか、3時間遊べば十分なのだが、うちのkidsには「 [続きを読む]
  • 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖7』
  • 三上延著『ビブリア古書堂の事件手帖7』ようやく読めました〜!ついに完結!かと思いきや、あとがきで番外編やスピンオフを考えている、というようなことが書かれていました。まー、この二人もあんまりいちゃこらしてませんしね(っていうか、これはそういう本じゃないから、きっといちゃいちゃしないんでしょうけど)。シリーズ化は想定されていなかったそうですが、1からちゃんと伏線が収まる形になっているのはすごいな〜。本当 [続きを読む]
  • 『辛口な彼の不器用な溺愛』完結しました!
  • メクるさんで連載中の『辛口な彼の不器用な溺愛』とうとう完結しました!約3ヵ月間、連載にお付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました。前回の『フォンダンショコラ男子』のヒロインとはまた違ったタイプの女性が主人公ですが、最後はしっかりハッピーエンドなところは一緒です!スキやコメント、評価、ミニコメなど、本当に励みになりました!大切に大切に心に刻んでいます(そしてときどき読み直して元気をもらいま [続きを読む]
  • 泣きました。
  • 子どもたちとポケモンの映画を見に行ってきました。泣きました。子どもの映画だと思ってたのに、侮ってちゃいけませんね。ピカチュウが重傷を負いながらもモンスターボールに入るのが嫌いな理由を説明するシーン。この瞬間だけ、人間の言葉をしゃべるのですが、「いつも……いつも一緒にいたいから」っていうセリフに、ズッキューンと胸を撃ち抜かれました。いや、このズッキューン感、久しぶり。キュンキュンとかはたまにあります [続きを読む]
  • うはうは。
  • 次男が学校のプール開放に行って、お友達を(勝手に)家に招待しました(笑)。昼ご飯食べたら来る、とのこと。いやー、ひらび家は母が片付け苦手で散らかってるんですよね。「え、この状態で来てもらうん?」と言ったら、次男、「片付けする!」と掃除機をかけはじめまして。けなげよのぅ……というわけで、母も手伝い、子ども部屋を片付けました。学習デスクが2つ置かれているので狭いですが、我が家で一番きれいだ!(笑)とい [続きを読む]
  • 夏休みです。
  • そうですね、夏休みですね。時間がぜんぜんないです。子どもたちは放置していたら宿題しないので、やっぱりそれなりに誘導しなくちゃいけませんし、学校のプールに行っている間だけでも仕事しようと思いますが、1時間なんてあっという間。戻ってきたらお昼ごはんだし、インドアな長男はいいとしても、次男は「公園行きたい」(校区外の公園しかないので、親が付き添わないといけません)、「トランプしたい」「ママとオセロしたい [続きを読む]
  • 自分のずぼらさのせいじゃない、と思いたい!
  • 数日前、晩ご飯に夏野菜のカレーを作りました。んで、よりによってそんな日に、次男は白地に黒のボーダーのTシャツを着てまして。はい、ご想像の通り(?)カレーをTシャツにこぼしました。食べ終わったら着替えさせて、青い洗濯石けんでごしごし洗ったのですが、黄色いしみが取れない! そうだ、食器洗い洗剤ならいけるかも?と思いまして、よくCMしてる「こんなちょっとでたくさん泡立つ」系の洗剤で、ごしごしこすりました。そ [続きを読む]
  • メイカーズバザール大阪
  • 私の小説にもよく(?)出てくるATCですが、土日にここで「メイカーズバザール大阪」なるものが開催されていました。ざくっと言うと、デジタルものづくりをする人々の発表の場(?)みたいな?お掃除ロボットみたいなやつから、乗って体重かけて操作したら動く乗り物(?)みたいなのから、古い布地のリサイクル商品、オリジナルアクセサリーまでいろいろ展示販売されていました。んで、うちのkidsはオリジナルのミニ四駆を作ろう [続きを読む]
  • 数日前、おうちで蛍を育てている人のところに行って、蛍を見せてもらいました。思ったより小さかったです。子どもの頃、実家の近くの川で蛍を見たことがあります。ほわ〜って飛んで、ほわ〜って消えて。あのとき見たのより小さい気がするな、と思ったら、種類が違うんだって。大きいのはゲンジボタルだそうで。見せてもらったのはヘイケボタルでした。大学生のとき付き合ってた彼と哲学の道でデートしたとき、彼が「片想いしてた女 [続きを読む]
  • 大きくなったらなにになる?
  • 週末、蚕を持って帰ってきてお世話をするはずが、次男、「お兄ちゃんが虫嫌いだから」と言って持って帰ってこなかった。いや、お兄ちゃん、普通に黒虫とか青虫とか育ててますから!それはさておき、蚕っていつまで育てるつもりなんだろう……と気になりまして。次男に「蚕ってなにになるか知ってる?」と訊いたら、「……テントウムシ?」との回答が!なるかい! どんなでかいテントウムシやねん!そんなに小さくてかわいいものに [続きを読む]
  • 咲きました。
  • 今回はチャレンジ1年生のヒマワリ、咲きました〜!子どもたちだけできちんとお世話してたんですよね。だからかな(おーい)。長男のときはまだ学習机がなかったので、ヒマワリ栽培セットを置くところがなかったんですよ。それで玄関に置いたりベランダに出したり……と中途半端なことをしてたのがいけなかったのかな(なにしろ、green figuresを持ってないもんで)。近所のママさんにもらった黒虫も青虫になって蛹になって、つい [続きを読む]
  • どうしたものか……
  • 長男が通学時に被る黄色帽子がなくなったんですよねぇ……。それも学校で。先週半ばの話です。朝被っていって、教室では洗濯ばさみでツバを挟んで壁にずらりと掛けておくらしいんですが、帰りにはそれがなくなっていたそうです。先生はクラスの全員に間違えていないか確認してくださり、隣のクラスと、あと交流授業があったので、その出入りがあったクラスの生徒にも訊いてくれたそうなんですが……。落とし物箱もちょくちょく覗い [続きを読む]
  • 1ページの作品集
  • メクるさんにはコミュニティとかテーマとかあって、まあ、私はまだぜんぜん使いこなせてないのですが(笑)、前からずっと気になっていたコミュニティに最近、参加しました。『1ページ同好会』というコミュニティですその月のお題を出してくださる方がいて、そのお題を使った1ページの短編を書く、というものです。今月入らせていただいて、3つの作品を書きました。ときどきブログに書いてますが、最近どうにも精神的余裕がなく [続きを読む]
  • もっとまともな嘘をつけばよかった……
  • 某大学の英会話の公開講座に行ってきました。英語でディスカッションってやつです。んで、「各自、嘘か本当かわからないような話をして、最後にクラスのみんなで嘘か本当か当てましょう」みたいな授業だったんですよ。みなさん、ほとんど本当の話をされて、旅先での出来事とか、世界のニュースとかおもしろかったんですよ。んで、私の番になって。翻訳コンテストで優勝して、ミステリを一作訳せることになった、とか。それからずっ [続きを読む]
  • 今年も開催されています! らぶドロップス恋愛小説コンテスト
  • お世話になっているパブリッシングリンクさんがメクるさんで、今年もらぶドロップス恋愛小説コンテストを開催しています。今回で11回目です。私がデビューさせていただくきっかけになったコンテストは第6回でした。当時はそれまでコンテストが行われていた通常部門(12,000〜30,000字)に加えて、新たに長編部門で募集が行われた時期でした……(遠い目)。なんて懐かしんでおりますが、最優秀賞受賞作は竹書房さんから蜜夢文庫と [続きを読む]
  • アマゾンさんでラノベフェア開催中……みたいです。
  • 今日は短いお知らせを。Amazonさんでラノベフェア開催中……みたいです。よくわからないんですが、Kindle版の拙作が1作品を除きすべて半額になっています。というわけで、その1作品は残念なのですが、ほかはすべて半額です(Kindle版のみ)。オンライン書店さんによって、同じ作品でもカテゴリーが違うことがあります。今回対象外の1作品はラノベじゃないと見なされたってことなのかな?〈その辺、よくわからないです)それはさて [続きを読む]
  • 脅かされる平穏な日々……!?
  • 昨日、マンションで火事がありました。すんごい消防車の音がするな〜と思いながら仕事してて、ずっと鈍い音がしてるのが気になって窓から外を見たら、マンションの敷地に消防車が停まってる!kidsが帰ってくるときびっくりするだろうと思って迎えに下りたら、マンションの周囲をぐるりと消防車が囲ってる! 5〜6台はいましたよ! 管理人さんと話をしていたママさんが、「上の階でてんぷら油が燃えてスプリンクラーが作動したら [続きを読む]
  • 『辛口な彼の不器用な溺愛』第2回更新しました。
  • メクるさんで連載中の『辛口な彼の不器用な溺愛』第2回更新しました。ようやく小野塚くんのフルネームがわかりました(笑)。相変わらずいつになったら甘くなるんだろう的展開です。なにしろ彼は辛口で不器用な男性ですから(笑)。それから、表紙イラストの募集も始まりました。まだ第2回なのでイメージを掴むのが難しいかもしれませんが、描いていただけたら跳び上がって踊り回って喜びます(見えへんっちゅ〜ねん)。編集部員 [続きを読む]
  • 大学に行ってきました
  • 今まで公開講座を受けていた施設が閉鎖されてしまい、大学本体で開催されている公開講座を受けに行きました。まー、交通費も倍になったし、行くのに30分余計にかかるので、どうしようか迷ったのですが……たまには外界と交流を持たねば(笑)、というわけで、年会費の切れる今回を最後として、申し込みました。駅からバスに乗らなければならず、駅を出たらバス停には学生の長蛇の列が!うひー、私も大学時代、こんなふうにバス通学 [続きを読む]
  • メクるさんで新連載開始しました!
  • メクるさんで『辛口な彼の不器用な溺愛』を連載させていただくことになりました。といっても、今年の初めには書き終わっていまして、修正しながらUPして行く形になりますので、私の中では結末までできています(ニヤリ)。結構紆余曲折をもりもりしましたので、お楽しみいただけると嬉しいです。よろしくお願いしま〜す。 [続きを読む]
  • サッカーが好き、というわけではないけれど
  • だんなが学生の頃サッカーをやっていてサッカーが好きなので、私もそれなりにサッカーに詳しくなりました。それまではぜんぜん興味がなくて。オフサイドのルールを知ったのなんて、二十代半ばです(笑)。まあ、そのおかげか、ワールドカップ某大会ではオフィシャルページの翻訳に関わることができまして。それ以外にも、サッカーをネタに小説を書くこともできまして。だんなに付き合って試合を見に行くことはあったけど、最近は大 [続きを読む]
  • ええええええっ……
  • だんなのお母さん、つまり私のお義母さんですが、最近家族で泊まりで訪ねたとき、すんごいびっくりすることを言われました。お義母さんは子どもが小さいときにご主人を亡くし、義理の母と同居して働きながら子ども(だんな)たちを育て上げました。んで、子どもの手が離れたら、まあ、趣味や旅行など、自由な生活を楽しんでいたみたいです。数年前、お義母さんに乳がんが見つかりまして。そのときも「しんどいから会いに来ないで! [続きを読む]
  • ん?
  • フライトアテンダントをしている友達がいます。外国の航空会社に勤めているので、たぶん、もう10年くらい会ってなくて、かろうじてFacebookでつながっているだけ。でも、私がほとんどFacebookを見ないので、たまに見ては「あ、ラマダンではこんなことしてるんだ」とか「今度はシンガポールにステイしてるんだ」とか思っていました。んで、今日。「婚約しました」との書き込みが。ん? んん?ちょっと待ってくだされ。キミ、10年前 [続きを読む]
  • 原書来た
  • 捨てる神あれば拾う神あり、とはよく言ったもので。春休みに書籍翻訳の仕事がキャンセルになった、と嘆いていましたが、もう縁が切れたのではと思っていた(笑)翻訳会社から連絡があって、別の書籍翻訳の仕事をいただきました。んで、その原書が届いたのですが。ぶ、ぶっとい!いや、まあわかってたんですけど。前回はこのぶっとさの書籍を確か11ヵ月後の納期で受けたのです。が、今回は半年後。できるんか、私、大丈夫なんか!?で [続きを読む]