Mr.トレイル さん プロフィール

  •  
Mr.トレイルさん: Mr.トレイルのオーディオ回り道
ハンドル名Mr.トレイル さん
ブログタイトルMr.トレイルのオーディオ回り道
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nishikido2840
サイト紹介文オーディオに関する「基礎的項目の見直し」に重点を置いて、試行錯誤や実験をしています。そして、もっと音
自由文「音質アップ」をテーマに、原理・原則を考え、科学的なアプローチをして行きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/25 16:17

Mr.トレイル さんのブログ記事

  • 私の目指すサウンド
  • 私の目指すサウンドは、一貫して「生演奏の雰囲気のあるサウンド」を目指しています。何処に行っても「電気仕掛けのサウンド」を感じてしまいます。サブシステムやサブサブシステムでは、私のシステムでも「電気仕掛け」のサウンドだと思います。「生演奏の雰囲気のあるサウンド」とは「ただの音」です。普通一般に皆が会話したり、外界の騒音を聴いている、太鼓が面前で轟いている・・・そんな自然の音を出したいと願っている。た [続きを読む]
  • JBLのユニットの音質
  • JBLのスピーカーは「オリジナル状態」で使う事が当たり前だと考えている方が多い。ごく一般的にはそれで良いと思う。しかし、同じ型番のユニットでも20年〜30年もかけて作られている事は知っていて欲しい。以前LE15AやD130をシリアル番号(製造番号)で追っかけて試聴した事が有る。それぞれ初期型(1940〜1950年代)、前期型(1960年代)、中期型(1970年代)、後期型(1980年代)と製造され続けていた。実際にそれらを試聴して見 [続きを読む]
  • 私のシステムのサウンドはちょっと変わっている
  • 私の作り上げたJBL3大ホーンシステムは、一般のJBLのサウンドとは大いに違っている。むしろ良く出来た「コンデンサー型SP」の様なサウンドだと思う。「威圧感」のないサウンドです。一般に中域に使っている#375のJBLオリジナルのサウンドは私には「バタ臭く」(ふん詰まっている)感じる。大概の方はその吹っ飛んでくる音とエネルギー感と、低域・高域の音のバランスを取るのに苦労している。私の対策品の#375では「透明感のある [続きを読む]
  • 部屋の問題はまだ先の事
  • オイーディオの大きな問題点として、①機器の問題、②電源やケーブルの問題、③部屋の問題の3つが有ります。自分的には、①と②の問題点はクリアしていると判断している。もっと上を望めばキリがないが・・・。現状は①と②への対策をした結果を「引き出せない部屋の環境」が有ると云う状態だと思っている。部屋の問題については、何度か引っ越しをして音の出方や振動に対して経験を積んだ。「こんな作りの部屋を持ちたい」と云う [続きを読む]
  • メインシステムのソース機器も固まった
  • 5年間、CD以外のソース機器を探してようやく固まって来た。プリアンプのXLR入力が3系統有り、CD・DAT・MDと3系統が埋まった。RCA入力にもFMチューナーを増設し、テープデッキ回路にもMD機を準備した。これでソース機器の増設は終わりにする。過去15年のうち、初めの10年はCDオンリーだった。その後2TR38やカセットデッキも使って見たが、取り扱いの大変さと音質の面で諦めた。チューナーも1970年代のモノを集めて比較したが、「ノ [続きを読む]
  • どちらをメインの録音MDにするか?
  • コタツの撤去と機器のレイアウト変更で「録音体制」も安定して来ました。現在録音専用にケンウッドDM-9090とTASCAM MD-801Rの2台をセットしています。MD-801Rは局用ですが、XLRの他にRCA端子も装備しています。だからどちらもRCA端子で録再できる様になっています。当然ダビングも可能です。どちらを「メインの録音機」にするか?・・・は「音質」と「動作」を確認してからにしたいと考えています。MD-801Rは以前から「録音専用」 [続きを読む]
  • コタツ撤去
  • 昨日は「嵐」でした。雨風が強く何処にも出かける気がしないので、部屋の片付けや機器のレイアウト変更等をして過ごしました。長らくメインシステムにはDN-980FとDN-991Rを繋いでいましたが、DN-991Rのみにしました。DN-980Fは隣のサブシステムの方に行きました。DN-980F×2台、ADW-B5の3台をRCAケーブルの差し替えで聴ける様にしています。実はこちらにはDN-990Rも1台有ります。(不動品→修理予定)サブサブシステムのBGM用のオ [続きを読む]
  • 同じ曲を何回もかける
  • 同じ曲を何回も繰り返しかけ、一日中流しっ放しにしている。方法としてはCDをプログラムしてかける方法と、CDをMDにダビングして専用のMDを作成し、それを流しっ放しにする方法。自分は後者を選んだ。現在嵌っているのは「ショスタコービッチ:セカンドワルツ」。JAZZ組曲の中の曲だが、3種類の組み合わせを作り、交互に鳴らしている。使っているシステムはサブのサブ機。超小型のプリメインアンプでオンキョウのミニSPを鳴らして [続きを読む]
  • 2台目DN-980Fの出力端子を交換
  • ようやく復帰させたDN-980F。しかしOUTPUTの出力端子がXLRメスになっており、他の機種と互換性が無いのでXLRオスに交換したいと思っています。右側が交換前のDN-980F2号機。左はDN-990Rの部品取り機。出力端子がDN-980F2号機のみ違っています。「XLRソケットのみ交換」を考えていましたが、「XLR出力ソケット」は出力基板に直半田付けでした。部品取り機から基板ごと交換と相成りました。980Fから取り外した基板です。990Rとは全く [続きを読む]
  • 入荷したMD機の「録・再」確認完了
  • 今回入手したケンウッドDM-9090の録音再生を確認しました。最初未設定でMD-801Rの様に録音したら「ブランクディス」のままでした。チョッと焦りました。取説を読むと色々設定をしてあげなくてはならない様で、再設定後、無事に録音が出来る事を確認しました。これで一安心。専用リモコンを手配しました。こちらのDM-7080も録音を取説片手にやって見ました。こちらはスンナリと一発で録音OKでした。こちらの機種は「整備済」の機器 [続きを読む]
  • ケンウッドのMD機
  • ケンウッドのMD機が2台入荷しました。早速「再生」は確認しました。次は「録音」を確認したいと予定しています。この2台とも色々な機能が有る様で、「操作」も一般的なやり方で出来ますが、DM-7080の取説とリモコンが有りますので色々操作を覚えないといけません。復帰しそうな「DN-980F」はどうやら「復帰」する様です。その後もSWを切ったり、再トライをさせたりとやっていますが、「動き」もスムースになって来て、「読み込み」 [続きを読む]
  • ケンウッドMD機2台が入荷
  • 先週手配していたケンウッドの民生用MD機が入荷しました。DM-7080とDM-9090の2台。早速接続して音出し確認。最初にいつもADW-B5で鳴らしていたMDをかけて見ました。MD-7080の鳴らし始めの音の印象は「俗っぽい音」に感じた。SN比や分解能が落ちました。しかしこれは「鳴らし始め」ですから大目に見ないといけません。次にDM-9090の印象。先のDM7080よりは分解能が高そう。しかし良く聴き込んで行くとこちらも俗っぽい。こちらもも [続きを読む]
  • MD機を8台集めてしまった・・・後悔?
  • 今日午後にはケンウッドのMD機が2台入荷します。MD機は現在手元にDENON(DN-990R×2台、DN-980F×2台)、SONY ADW-B5、TASCAM MD-801Rが有ります。他に部品取り機が1台。本当に必要なのは2台くらいで他は余分な機台。ただどの機種が良いかは実際に半年以上鳴らして見てから決める様にしています。いつもの癖で、色々な候補機種を集めては比較して「一番気に入ったモノだけ」を残すスタイルです。最初から「これだ!!」と決めて [続きを読む]
  • 局用MDプレーヤーはバランス伝送
  • オリンパスシステムには3台の局用MD機を接続して使っています。その内2台はDENON製をプリアンプに直接つないで使っています。プリアンプのC-290にはXLR対応の入力が3系統。CDとDAT、MD各1台づつで3系統は埋まってしまいます。そこでMD機1台をXLR→RCAケーブルに変換して使いましたが、DENONの平衡回路(バランス回路)とは相いれません。トッティ部では音がひずんでしまいます。C-290のXLR入力(バランス回路)では対応しています [続きを読む]
  • 新しい事を始める前に・・・
  • 新しい事を始める前に「懸案」を片付けねば・・・と思います。どんな「懸案」かと云いますとFMエアーチェックの「録音・再生」系を安定させる事です。現在はTASCAM MD-801を録音専用に使っています。再生系はDN-980Fと991Rが有りますので特に問題はない。残るは専用ケーブルの作成くらい。問題は「録音」系です。DN-990Rや991Rでやりたかったのですが、ピックアップの消耗を考えると高望みしない方が良いと結論しました。代わりに [続きを読む]
  • そろそろ新しい事を・・・
  • そろそろ新しい事(今までにやったことのない事)をと思っているが、MDの録音がイマイチの状況なので、なかなか抜け出せずにいる。一つ引っかかるとなかなか抜け出せない自分がいる・・・困ったものだ。20年前や30年前の中古機器はなかなか難しい処が有る。中でもCDレコーダーやMDレコーダーは「ピックアップ」が消耗品であるし、使われなくなってから10年以上もたっているし・・・正常な機台が残っていない。しかし、MD機の上級機 [続きを読む]
  • また別のMD録音機を手配した
  • MDは生産を終了して20年近くたっているので正常な録音の出来る機台が少なくなっている。MD機を10台ほど購入して来たが、現在録音ができる機種はタスカムMD-801しか手元にない。ピックアップが消耗品なので日々劣化していると思う。そろそろ予備機を準備して置きたいと考えている。録再できる機種を選定中・・・と云いながら、取り敢えず1台手配を掛けた。来週には入荷するだろう。MD機は「整備済」のものに限定して今後は購入して [続きを読む]
  • 新作SPケーブルの試聴終了
  • 新作のSPケーブルの試聴も4日経ちました。そろそろ実力も判って来ました。音のバランスは申し分ないのですが「音数」と「音圧」が足りません。しかし、一般的なケーブルと比べれば十分な実力を持っています。ケーブル断面積的には3本合わせぐらいにすれば相当なグレードになると思います。ただしその場合は、ケーブルの長さも3倍いる訳で・・・。上位から3番目のケーブルを追加で足して見ました。一変に音数が増えて力感も増して満 [続きを読む]
  • 今日は春めいた日和・・・「この世の果て」を聴く
  • 最近はちょっと忙しい日々と荒れた天気の日が続きゆっくり出来ませんでした。今日は朝から穏やかに晴れ渡って、桜の開花も進む事でしょう。朝からドリップコーヒーを入れて、ニキータの「この世の果て」をリピートして聴きながら飲んでいます。中学1年生の頃、女子たちがこの歌を訳してその内容を話していたのを思い出します。久しぶりにのんびりした一日に出来そうです。明日は花見をしようと思っています。 [続きを読む]
  • SPケーブル試聴継続
  • 新しく作った濃青色のSPケーブルの試聴を続けています。銀メッキ銅単線の心線で力感を感じられ、低域から高域までのバランスも良く、「良く歌う」中域で非常に気に入りました。最高級ケーブルと比べれば、音圧ダウンや繊細感・エネルギー感のダウン等有りますが、十分楽しめるケーブル材だと思います。単体でこれだけの音を出してくれれば十分満足です。次はラインケーブルを作成したいと予定していましたが、そんな時に限って色 [続きを読む]
  • 新しいスーナーケーブルのサウンドを確認する
  • 新しいスーナーケーブルをラインケーブルに使う事を書いていましたが、いきなりラインケーブルにはしません。まずはSPケーブルにして「素」の音質を確認します。2.5m仕様のSPケーブルに仕上げました。端末は「鉛レス半田」仕様の至極シンプルな姿にしています。早速SPに付けて「音出し確認」です。今回はいつも聴いている取り付けが簡単なD208システムにしました。アンプはサトリのミニプリ+パワーアンプです。今回は「最高グレー [続きを読む]
  • ケーブル作成準備つづき
  • 試作に使ったRCAプラグは、根元でケーブルを切っていますので、プラグの中に配線材と封止樹脂が入っています。再利用する為には、まず内部の線材と樹脂を取り除かなければなりません。やっと重い腰を上げて作業に取り掛かりました。プラグのプラス側半田付け部の除去には気を使います。ここに熱をかけすぎるとプラグ自体が使い物にならなくなります。(絶縁樹脂を溶かさない様に・・・)、不具合品は+と−電極が導通してしまいま [続きを読む]
  • ケーブル作成準備
  • 久しぶりにラインケーブルを作ろうと思っています。増設したソース機器(FM、DAT、MD他)の為に作らざるを得ません。「最高級グレード」のケーブルを作るのは何かと大変ですので、その前に簡単な構造のケーブルで作業を確認しながら「慣れ」て行こうと思います。練習用ケーブルはこのケーブル(100m)を使おうと思っています。一応これも同軸のスーナーケーブルです。色々な線材を試しています。多分このケーブルは一般の方は知ら [続きを読む]